Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

ブラック企業の見分け方・面接・求人での見分け方・見分ける質問

ブラック企業の見分け方・面接・求人での見分け方・見分ける質問

現在多くの企業が求人者を求めていますが、中にはブラック企業も含まれています。ブラック企業に入社しないためにも見分け方を身につける必要があります。ここでは、状況別でのブラック企業の見分け方を紹介しているため、ブラック企業か否かを判断する際の参考にしてください。


ブラック企業の見分け方は?

仕事を探しているときに気にすることは仕事内容や給料などですが、ブラック企業であるかないを見極める必要があります。なかには、何の根拠もなくこの会社は大丈夫と決めけ、見分け方をしない場合も多いです。しかし、ブラック企業のほとんどが自社がブラック企業であることを隠しているため、見分け方を知っていて損をすることはありません。

ブラック起業かどうかの見分け方は、まず相手の会社のことを知る必要があります。そのため、仕事探しをしている場合は、焦らずにじっくり会社のことを調べるようにしましょう。仕事探しに焦ってしまうこともありますが、ブラック企業に就職しては元も子もありません。ブラック企業の特徴を把握し、自然と見分け方ができるようにしましょう。

就活の場合

就活するときに、ブラック企業がどうかの見分け方は難しい場合が多いです。新卒の人が就活をする場合は、学校側が大きく助けてくれたり、おすすめの就職先を絞ってくれるため、ブラック企業に就職することは少ないです。

しかし、社会人になってから就活する場合は誰の助けもなく一人で会社を選ばなければなりません。そのため、会社の雰囲気を知ることができず、面接を受けてしまうことが多いです。特に、年齢不詳や経験者優遇という記述がある場合は「自分なら受かるかも」という気持ちが芽生え、履歴書を提出してしまいがちですが、ブラック企業の可能性があるので注意しましょう。

転職の場合

転職する場合のブラック企業の見分け方は、転職したい職業で働いている知人に話を聞くことをおすすめします。就活する場合は、再び現在と同じ職種に就くこともあり、自然とブラック企業の見分け方が身についている場合が多いですが、転職の場合は違う職種に就くため、転職先の職種の情報が少なく、個人でブラック企業を見分けることは難しいです。

現在働いている人に聞くことで、説明会や求人情報に書かれていることの違和感に気付くこともできるため、一人で転職先を決めずに同じ職業の人に相談してみましょう。

新卒の場合

就職は主に大学生がすることが多いですが、高校卒業と同時に就職する人もいるため、高校生も就活をしている場合があります。どちらでもまだ定職に就いた経験がないため、ブラック企業の特徴や見分け方が分からない場合が多いです。そのため、初めて就職した会社がブラック企業の可能性もあるため、より会社選びには慎重にする必要があります。

新卒者のブラック企業の見分け方は、説明会にできるだけ多く参加することがおすすめです。説明会では、ブラック企業がボロを出す可能性が高いため、見分け方も比較的簡単です。うますぎる条件や会社の良い面しか説明しない会社はブラック企業の可能性もあるため注意しましょう。

また、お世話になった先輩に相談することもおすすめです。就職している先輩から、就活の際に役に立ったことや後悔したことを聞くことで、就活の知識を付けることが可能です。

ブラック企業とは?

ブラック企業の見分け方・面接・求人での見分け方・見分ける質問

ブラック企業の見分け方を身につける前に、ブラック企業の特徴を知っておく必要があります。ブラック企業とはどのような会社なのかを知らないまま、見分けようとすると自分にとって不都合な会社は全てブラック企業になってしまいます。

ブラック企業になる条件は曖昧で、しっかり決まっているわけではありません。しかし、次に紹介することが多く当てはまっている場合は、ブラック企業の可能性が高いため、慎重に話を進めましょう。ブラック企業の特徴を知ることで、ブラック企業の見分け方が職種に関係なく使えます。

残業が多い

ブラック企業の見分け方・面接・求人での見分け方・見分ける質問

残業が多い会社はブラック企業の可能性が高いです。求人情報には、残業の有無や一カ月の平均残業時間を記入する項目があります。そこに、残業はあると示されているものの、正確な残業時間が示されていない場合はブラック企業の可能性が高いです。

残業時間を書いていない理由は、労働基準法に触れてしまう可能性があるためで、ブラック企業という証拠にもなります。残業は従業員にとって大きな負担になるため、会社選びには欠かせない条件です。そのため、ブラック企業の見分け方の一つである残業時間の有無をしっかり確認しましょう。

また、残業時間や残業の有無を求人情報に記載していても、残業代を支払わない会社もあるため注意しましょう。残業をすればその分の賃金をもらう義務が従業員にはあるため、無償残業はブラック企業の典型的な行いです。

パワハラ・セクハラがある

ブラック企業の見分け方・面接・求人での見分け方・見分ける質問

パワハラやセクハラを行う上司がいる会社もブラック企業です。会社全体的に見ればブラック企業ではないこともありますが、従業員からして働きにくい環境の場合はブラック企業という見分け方をしても問題ありません。仕事上の立場を利用してパワハラやセクハラをしているため、悪質な行為です。そのため、最近ではニュースに取り上げられることもあります。

就職しようとしている会社がパワハラやセクハラを行っている会社かを見分け方はありません。その理由は、セクハラやパワハラは、実際に働いてみないと悪質な行為が日常的に行われているかどうかが分からないからです。セクハラなどを相談できる窓口が会社にあれば信頼できますが、必ずパワハラやセクハラが行われていないという証拠にはなりません。

むしろ以前にそのようなことで問題があったため、相談窓口を作った可能性もあるので信用しすぎないように注意しましょう。

労働基準法を守っていない

労働基準法は、労働者を守る法律であるため、守っていない場合はブラック企業の可能性が高いです。また、会社には就労規則という書類を作成していますが、それが守れていない場合も違法になるため、ブラック企業になります。就労規則は、会社の規模に関係なく会社内にあるはずです。そのため、就労規則を見せようとしない場合もブラック企業の可能性が高いです。

労働基準法を守られていない会社をブラック企業と判断できますが、現実はあまり簡単ではありません。その理由は、労働者が労働基準法を正しく把握していないからです。その結果、ブラック企業でも社長のいい分に負けてしまい、ブラック企業であることを否定されてしまう場合が多いです。

そのような状況になると労働者は泣き寝入りするしかありません。そのようなことにならないためにもブラック企業を見分けるポイントとなる労働基準法を正しく理解しましょう。

求人情報と違う

ブラック企業の雇用条件は違法な可能性が高いため、本当の雇用条件のまま求人情報に掲載しても雇用者は集まりません。また、掲載する側もブラック企業に利用者を就職させるわけにはいかないため、厳重にチェックをしています。それでもブラック企業に就職してしまう理由は、求人情報に偽りの情報を示しているからです。

そのため、求人情報をうのみにしないことでブラック企業に就職することを防げます。求人情報のうその見分け方は、他社と比べることでうそを見抜ける場合があります。例えば、同じ職種にも関わらず月給が多い場合は注意しましょう。特に、ほかの5社はほぼ同じ月給に対して、1社だけ10万円程多い場合は注意しましょう。

面接時にブラック企業と見分け方は?

ブラック企業の見分け方・面接・求人での見分け方・見分ける質問

就職するためには面接を受ける必要があり、従業員と話せるため、会社の詳しい情報を入手できます。面接は、面接官が求人者の情報を入手するための場と考えていますが、求職者が会社の情報を入手する場でもあります。次に、面接時のブラック企業の見分け方を紹介知しますので参考にしてください。

Bottom banner

態度が悪い

ブラック企業の見分け方・面接・求人での見分け方・見分ける質問

上記でも説明したように面接とは、互いの情報を交換する場です。しかし、面接官の中には自分の方が立場が上で選ぶ側だという誤った認識をしている場合があります。そのような人は態度が悪い傾向が高いです。そのため、面接時の見分け方で面接官の態度が悪かったり、上から目線で話す場合はブラック企業と判断できます。

質問にすぐ答えられない

ブラック企業の見分け方とは少し異なりますが、質問にすぐ答えられない面接官の場合は、その人物が会社に関心が無い証拠です。また、上記のように質問する立場であることだけを認識していたため、突然の質問に答えられない場合もあります。この場合も、怠慢な性格の可能性が高く、そのような人を面接官に指名した会社はブラック企業の可能性があります。

求人情報と話し内容が違う

求職者も面接官に質問する権利があるため、求人情報で分からないことがあれば質問しても問題ありません。例えば、求人情報には残業がなしになっているにも関わらず、面接時は状況によって残業があると言う場合は、ブラック企業として判断をしても問題ありません。

求人・説明会でのブラック企業の見分け方

ブラック企業の見分け方・面接・求人での見分け方・見分ける質問

説明会でもブラック企業の見分け方があります。説明会は、会社のことを紹介する場でもあるため、最もブラックであるかどうかを見極められます。

いつも求人募集が出ている

ブラック企業の見分け方で、求人情報が常に掲載されていたり、説明会の頻度が多い場合はブラック企業の可能性が高いです。求人情報や説明会の頻度が多い理由は、それだけ雇用者が必要な状況だからです。その会社の従業員の出入りが激しいことが原因なため、職場環境になんらかの障害があると考えて問題ありません。

ハードルが低い

説明会でのブラック企業かどうかの見分け方は、話している内容を注意する必要があります。どのような人でも雇うことができる準備があるとか極端に合否のハードルが低いことを強調する場合は、ブラック企業の可能性が高いです。上記と同じように、少しでも早く人手が欲しいという気持ちが隠れているため、出入りの激しい会社であるという証拠です。

精神論をキャッチフレーズにしている

会社にはキャッチフレーズが存在します。特に大手メーカーには必ずと言っていいほどキャッチフレーズがあります。キャッチフレーズは会社の運営方針を言葉で表しています。ブラック企業の見分け方にキャッチフレーズからも見分けられます。「頑張ろう」や「笑顔を大切に」などの言葉を掲げている会社は注意しましょう。

アットホームな感じを出している

企業の中には、アットホーム感を全面的にアピールしている場合がありますが、そのような企業のほとんどがアットホームとはかけ離れた職場環境です。アットホームの職場を目指しているため、現状は真逆の職場の可能性が高いです。

ブラック企業を質問での見分け方は?

ブラック企業の見分け方・面接・求人での見分け方・見分ける質問

ブラック企業かどうかを質問することでの見分け方は、何事も疑問に感じたことは質問をすることです。ブラック企業であることを隠しているため、質問されることを嫌う傾向が強いです。そのため、立て続けに質問して不快な態度をとる場合はブラック企業の可能性があります。

ブラック企業の見分け方を身につけよう

ブラック企業の見分け方・面接・求人での見分け方・見分ける質問

ブラック企業であることはさまざまな見分け方をすることで判断できます。ブラック企業側もできるだけ隠したい気持ちがあるため、簡単に見極めることは難しいです。しかし、見分け方を知っているのと知らないのとでは大きな違いがあるため、これから就活を始める人は企業に選んでもらうのではなく、自分が選ぶ側だという認識を持ちましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人