Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

履歴書と職務履歴書の違い|自己PR/サイズ/封筒/志望動機

履歴書と職務履歴書の違い|自己PR/サイズ/封筒/志望動機

履歴書と職務経歴書は記載項目が似ているため、どのような違いがあるのか悩みます。特に、両方記載する自己PRと志望動機は内容が重複するため、困っている人が多いです。ここでは、履歴書と職務履歴書の違いと人事担当者の目に留まる書き方を紹介します。


履歴書と職務履歴書の違い

履歴書は、就職、転職をする時に企業宛に送付したり持参します。履歴書で書類審査を行い、面接するかどうかを決めることもあり、応募企業にアピールする履歴書を書くことはとても重要です。職務経歴書の提出を求められることもありますが、職務履歴書はどういったものでしょうか。

職務経歴書がどんなもので、どんな時に必要なのが、履歴書と職務経歴書の違いについて説明します。

履歴書とは?

履歴書と職務履歴書の違い|自己PR/サイズ/封筒/志望動機

履歴書は、通学・卒業した学校や職業の経歴、免許や資格について記載する書類です。就職や転職の時に選考の基本的な資料として使われ、採用後は人事情報として保管されます。日本の履歴書では写真を添付する必要があります。

履歴書に法律で定められた書式はありませんが、日本工業規格(JIS)の履歴書用紙が文具店などで手に入ります。会社によっては規定の履歴書を使用する場合もあります。免許や資格の種類によっては、証明する書類や免許証や資格証のコピーを添付して提出します。必要かどうか、あらかじめ応募企業に確認しましょう。

履歴書に書く項目

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 学歴
  • 職歴
  • 資格・免許・特技・趣味
  • 得意な学科・研究成果
  • 自己PR
  • 志望動機
  • 写真
  • 印鑑

転職するときの履歴書

転職する時の履歴書も就職する時と同じもので大丈夫ですが、履歴書以外に職務経歴書も必要です。履歴書と職務経歴書は似ているように見えますが、内容も目的も違います。応募するときには、履歴書に職務経歴書を添えて提出します。

職務経歴書は、「転職用」として販売されている市販の履歴書に封入されていますが自作することもできます。

職務経歴書とは?

職務経歴書には、これまでの仕事の内容と経験、スキル、資格、志望動機、自己PRを書きます。人事担当者は、職務経歴書を元に今までどんな仕事をしてきたのかを確認し、募集している仕事に対して実務能力を持っているか、仕事に対して意欲があるのか、転職目的はなにかを判断します。

どんな会社でどんな仕事をしてきたか、その経験を今後の仕事にどう生かすのかできるだけ詳しく書く必要があります。内容を詳しく知ることで、人事担当者は入社後のイメージを描きやすく採用につながります。

履歴書と違い、仕事の能力ややる気をアピールできます。できるだけ詳しく書く必要がありますが、分量はA4サイズで2ページを目安にします。1ページでは少なく、3ページでは多い印象を与えます。

記入項目の履歴書との違いは、写真と押印の必要がないことです。履歴書と職務経歴書を提出する場合は、履歴書にのみ写真を貼付します。

職務履歴書に書く項目

  • 氏名
  • 職歴の要約
  • 勤務した会社の概要
  • 資格・免許・特技
  • 時系列または職種別の職歴
  • 職歴から得た経験・知識・技術
  • 自己PR
  • 志望動機

職務履歴書に退職理由を書く?

履歴書と職務履歴書の違い|自己PR/サイズ/封筒/志望動機

履歴書と違い、職務履歴書は職歴を詳しく書く必要があるため、前の職場、あるいは現在の職場の退職理由を書くか悩む人が多くいます。履歴書と違い職務経歴書には、記載ルールが特にないため、応募企業から見てプラスになる内容だけを記載することが可能です。

退職理由を書くケース

スキルアップ、キャリアアップを目指すといった応募企業がメリットと感じることであれば記載しましょう。例えば「接客業からパソコンの資格を取得して事務職を得た」「営業職から免許を取得して調理師になった」など、前向きな気持ちで転職したケースを書くのであれば印象がアップします。

現在の職種が応募している職種と違う場合は、職種が変わっても生かせるスキルやこれまでの経験を次の職種でどのように活かすかを詳しく書きます。

退職理由を書かないケース

退職理由の記載に悩むのであれば書かなくても問題はありません。転職回数の多い人は、履歴書と職務経歴書に違いがないかよく確認しましょう。

履歴書と職務経歴書は手書き?

履歴書、職務経歴書も、必要事項を記入した後Webサイトからダウンロードできるものもあります。特に指定がない限り、履歴書は手書きを好ましく感じる人が多く、職務経歴書はプリントアウトしたものが好まれます。

手書きとプリントアウトの違いは、基本的な人物像を知ろうとしている履歴書と応募した人物の経歴や知識、技術を知ろうとしている職務経歴書の違いですが、どちらでも構わない会社もあります。応募要項に手書きやプリントアウトの記載がないかよく確認しましょう。

履歴書と職務履歴書の自己PR違い

履歴書と職務履歴書の違い|自己PR/サイズ/封筒/志望動機
Bottom banner

履歴書にも職務経歴書にも同じように自己PR欄があります。履歴書と職務経歴書の自己PRの違いは何でしょうか。

履歴書の自己PR

履歴書と職務経歴書の自己PRは、内容がかぶってしまい、違いがない、どう書いたらいいかわからないという人が多いです。履歴書の自己PR欄はスペースが限られており、たくさん書くことができませんし、まったく同じ文面では工夫がありません。

履歴書の自己PRは、職務経歴書の自己PR欄に書いていることを要約して書いたり、特に強調したい点をまとめて書くと良いでしょう。

職務経歴書の自己PR

職務経歴書の自己PRは、自分の強みやスキルを伝えて、入社後に活躍できることや採用したい人物像に近いことを伝えます。企業の採用担当者は、履歴書と職務経歴書を見て、初めて応募者の人物像を知ります。この情報の中で、面接するかどうかを決めなければいけません。

自己PRには、分かりやすく、経験やスキル、知識、入社にあたっての抱負を書きましょう。特にWebを使った応募では、ありきたりの文章では採用担当者の目に触れる可能性が少なくなってしまいます。ポイントを絞って書きましょう。

履歴書と職務履歴書の志望動機の違い

履歴書と職務履歴書の違い|自己PR/サイズ/封筒/志望動機

履歴書と職務経歴書の両方に志望動機を書く欄があります。履歴書と職務経歴書の志望動機に一貫性があり、人事担当者の目に止まる志望動機を書きましょう。履歴書と職務経歴書の志望動機の書き方の違いを紹介します。

履歴書に書く志望動機

履歴書の志望動機は簡潔に書く必要があります。職務経歴書と違いを出そうとせず、職務経歴書に書いたことを要約したり、強調すると一貫性のある分かりやすい文面になります。履歴書と職務経歴書の志望動機に違いがありすぎると、何ができる人なのか、何をしたい人なのか曖昧になってしまい熱意が感じられなくなってしまいす。

職務経歴書に書く志望動機

職務経歴書の志望動機は、経歴やスキルに関連づけたアピールができるため特に重要です。

職務経歴書の志望動機には、職務経験をしっかりと書いた後、自分のスキルや資格、経験を活かせる経歴と経験の強みと、応募企業だからこそ自分のキャリア目標が実現できる、やりがいを持って仕事ができる、仕事をするという、応募した企業への熱意の2つをアピールする必要があります。

なぜ、この会社、この仕事に応募したのかを人事担当者に伝え、人事担当者が採用後の仕事ぶりや貢献度を想像できるようにしましょう。

履歴書と職務履歴書のサイズの違い

履歴書と職務履歴書の違い|自己PR/サイズ/封筒/志望動機

履歴書と職務経歴書のサイズに違いはあるのでしょうか。履歴書と職務経歴書の両方を送付する場合、サイズは同じでも違いがあってもかまいません。履歴書と職務経歴書のサイズの違いについて、見てみましょう。

履歴書と職務履歴書の用紙のサイズの違い

履歴書には、B5(B4二つ折り)とA4(A3二つ折り)の2種類しかありません。正社員、アルバイト、転職で違いはなく、どちらのサイズでも使うことができます。どちらのサイズの履歴書を使っても、採否に違いはありません。受け取ったあとの、応募企業の人事担当者が取り扱いしやすいかどうかで選びましょう。

転職で職務経歴書を提出する場合は、職務経歴書がA4サイズなため、履歴書もA4サイズを使います。

封筒

職務経歴書はA4サイズと決まってるため、封筒はA4サイズを選びましょう。転職の場合で、B5の履歴書を利用する場合でも、A4サイズの職務経歴書を折ってB5の封筒に入れないようにA4サイズの封筒を用意しましょう。

履歴書と職務履歴書の違いを知って書こう

履歴書と職務履歴書の違い|自己PR/サイズ/封筒/志望動機

履歴書と職務経歴書は、企業の知りたいことに違いのある別の書類です。記入する項目は似ていますが、履歴書で求められていることと職務経歴書で求められていることの違いを自覚して書くようにしましょう。

履歴書と職務経歴書は、面接時に話題になったり確認されることを念頭に書きましょう。特に、職務経歴書では経歴を羅列するだけでは不十分です。この職歴からこのような経験をした、スキルを身につけたことを理解してもらえるような書き方をしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人