Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

運行管理者の給料の目安・相場・安いのか・おすすめの資格|タクシー

運行管理者の給料の目安・相場・安いのか・おすすめの資格|タクシー

運行管理者というのは、自動車運送業に置いて大切な安全確保のために必要な資格を持った国家資格です。気になる点は国家資格だからこそ、給料がどうなのか気になるでしょう。給料などの正しい知識を得て、運行管理者について学んでみましょう。

初回公開日:2018年07月12日

更新日:2018年07月12日

記事に記載されている内容は2018年07月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ドライバーの転職や就職ノウハウを知るならドライバーワークスへ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

また、転職しないという場合にも知識をつけておけば無駄になることはありません。

業界が人材不足という事もあり未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!
ドライバーの転職や就職ノウハウを知るならドライバーワークスへ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

また、転職しないという場合にも知識をつけておけば無駄になることはありません。

業界が人材不足という事もあり未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

運行管理者の給料はどのくらいか

国家資格でなることのできる運行管理者の気になる給料ですが、実はそこまで高くありません。年収で言えば400万程が相場になるでしょう。

なぜここまで安いのかといえば、国家資格ではありますが運行管理者はサラリーマンになるタイプの国家資格だからです。独立して稼ぐタイプの国家資格に比べて組織に所属して給料をもらう安心はありますが、給料自体はそう高いものにならないことを覚悟しておきましょう。

運行管理者の業務内容

運行管理者というのはどういった仕事をするのか。それは乗務員に対しての配車の手配、運転手のスケジュールの管理から安全確認や安全要項の管理など多岐にわたった業務になります。仕事内容としては内勤がメインの仕事ですが、長時間の勤務になることが多く安全管理や運転手の睡眠などの手配などもあるため非常に体力を使う仕事と言えます。

運行管理者の注意点

運行管理者になる方に注意点があり、運行管理者はドライバーと兼任ができないことです。ドライバーを管理する立場である運行管理者なので、当然ながら兼任してしまうと管理の本分から外れてしまいます。

そのため、ドライバーとして給料をもらいながら運行管理者としての仕事もするということはできません。ドライバーとしての仕事が好きでドライバーを続けていきたいという人は気をつけてください。

賞与はどのくらいの相場なのか

国家資格であるため、給料が据え置きな分を賞与などで補填している仕事も多いですが、運行管理者は賞与が出ていないところのほうが多く、出ていても15万程が平均です。

そのため、賞与などで多くもらえるとおもっていると少々がっかりする結果になります。会社の規定によって変わるため賞与が出るかどうかもしっかりと確認をして会社を選ぶと良いでしょう。

旅客運行管理者の平均給料

運行管理者の資格をとる場合には、2つの種類があります。こちらでは、旅客運行管理者についての説明をします。旅客バスなどを中心にした旅客運行管理者の平均給料は300万から450万程になります。

バスの運行管理者は規則の改正が続き、現在では20両ごとに1名の運行管理者が必要と定められるようになりました。そのため、雇用する枠が増えてその分給料の一人あたりの額が少々少なくなったと言えます。

雇用枠が多いけども、一人あたりの給料があまり高くないのが旅客運行管理者と言えるでしょう。

タクシー運行管理者の場合

国家資格にはもう一つタクシーの運行管理者があります。タクシーの場合は営業所毎に運行管理者を30台につき一人の割合で専任しなければなりません。そのため、台数に対しての雇用する枠は少ないと言えます。給料は400~500万が平均です。人数が少ない分高くはなりますが、その分業務の忙しさは大きいと言えます。

雇用枠は多くないものの、給料が高く業務が忙しいのがタクシーの運行管理者です。

勤務体系で変わる運行管理者の報酬

国家資格ではありますが、運行管理者の立場には実は少ないもののアルバイトと契約社員があります。当然ながら給料や勤務時間が立場によって変わってきます。運行管理者の仕事は安全管理など責任のかかる仕事です。自分のライフスタイルに合わせた立場で働くことで少しでも負担を減らして自分にあった運行管理者としての仕事をしていきましょう。

運行管理者アルバイトの給料

運行管理者の仕事は基本的には大きく責任の係る仕事のため、すぐに辞めることができてしまい立場としても責任のかかりにくいアルバイトの求人は非常に少なくなっています。どちらかといえば運行管理者の補助業務になりがちです。また、アルバイトで雇う理由の中には正社員などでは起用しにくい夜間の業務をメインにしたいからというものもあります。

給料としては実働8時間で時給900円程が平均となります。勤務形態は基本的には夜間が多く、日中となると時給800円も珍しくないので、そこには注意が必要になります。

運行管理者派遣社員の給料のケース

運行管理者の派遣社員の場合には、派遣先次第で少々値段が変わりますが平均的には時給1000円から1200円が平均的な価格になります。

また、派遣社員の場合は企業側が2ヶ月を超える雇用契約を結ばなければなりません。そのため、正社員の方が多くなります。勤務については正社員で雇わない分夜間の業務が多く、またハードな内容になりがちです。夜間勤務が苦でない人であれば派遣も選択肢としては十分に考えられます。

運行管理者正社員の給料の場合

さて、最後に説明するのは正社員です。運行管理者の正社員の給料というのは基本的には中小企業であり300万から400万になります。

大手の運行会社であっても運行管理者の給料は600万から800万と平均的なサラリーマンと比べて少々低いです。福利厚生や資格手当などはありますが資格手当も出たとしても1万円程で、最高額になるためあまり大きな影響にはならないとも言えます。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

運行管理者の給料はどうなのか

Bottom banner

国家資格であり、また規則で運行管理者を会社の所有する車両の台数で雇い入れる数が決まっています。

ある意味では需要の多い仕事だと言えますが、はっきりといってしまえば、運行管理者の給料は他業種に比べて安いです。国家資格を取るためにかかる勉強の手間などを考えた場合には決して運行管理者は簡単で高い給料の仕事とは言えません。

運行管理者の資格を取るコスト

ここで気になるのは運行管理者になるために必要な資格を取るコストでしょう。まずは運行管理者になるために受講資格が必要になりますが「国交省が認定した基礎講習を受講していること」または「一年以上の実務経験を有していること」が条件になります。この条件を満たさないと骨格資格に挑戦をすることはできません。

そして受講料は6000円(非課税)となっており、交通費や諸経費を合わせると1万円を目安にするといいでしょう。行われるのは毎年3月と8月に1回ずつなのでチャンスは2回となっています。

試験を受けなくても運行管理者になる方法

実は、ある条件を満たすことで運行管理者の資格試験をうけること無く運行管理者になることができます。5年以上の実務経験を有して規定の講習を受けることです。

実務経験を5年以上と言う時点で少々敷居は高いですが実は国家資格である運行管理者の試験の合格率は20%という狭き門のため、試験に自信のない方の場合は実務経験を持って講習を受けると簡単に運行管理者になることができます。

コストの面でも実際に働きながら講習だけで良くなるので勉強をする必要もなくある意味ではおすすめの手段と言えます。

なぜ運行管理者の給料は安いのか

国家資格であるはずの運行管理者がなぜ給料が安いのでしょうか。

それは運送業界自体が不況の状態にあるからです。理由としてはさまざまではありますが規則が厳しくなっているのに苛烈な価格競争で同業者での低給料化が大きくなっているのも一因です。とはいえ、現代社会にとっては最早欠かすことのできない、決して無くならない安定した職業であるとも言えます。

資格を持ってさえいれば、確実に需要がある。そういう意味では取り回しがきく仕事だと言えます。

運行管理者になるメリット

先程も述べたように、運行管理者になるメリットとしては難易度の高い国家資格ということもあり、規則で決まっている必要な枠だからこそ常に需要があり続けることです。運行管理者を募集している会社は多く、また事業を大きくして保有する車両数が増える毎に運行管理者の必要な人数は増えていきます。つまりは儲けている会社であるほど需要が高くなることです。

運行管理者の先を考える

ここまでだと、運行管理者は就職に有利なだけで給料が安いだけの仕事のように思えてしまいます。しかし、最も大きいメリットは実績を積むことでステップアップがしやすいことです。

内勤の仕事であり、管理職としての側面が強いので実績を積めば現場の仕事よりも役職を得ることが簡単にできます。部長や役員になることで手当が増えて給料が上がるのでこういった面では、運行管理者は現場よりもメリットが大きいと言えます。

運行管理者の給料を上げるためには

運行管理者として働くのなら自分の給料をもっと高いものにしたいというのは当然でしょう。しかし、何をすればいいのでしょうか。やはり小さいところでは資格手当を持つことで給料を高くしていくことが重要です。

業界自体の低給料化もありますが、資格などを持っている強みは確実に給料に反映されます。塵も積もれば山となるように小さな手当てでも積み重ねれば同じ立場でも大きく給料が変わってきます。

整備管理者資格を持つ

この資格は車両の点検整備、車庫の管理や点検を行う人に必要な資格です。運行管理者と同じく一定台数以上を持っている会社では整備管理者を専任する必要があります。この資格を持っている場合には運行管理者と兼任することができるので給料も大きく上がりまた会社の中で頼られ実績を上げる可能性も大きくあがります。

危険物乙種第4種の資格

危険物乙第4種というのは、ガソリンや灯油、軽油、重油などの引火性液体を取り扱うために必要な資格になります。

車両を扱う仕事である以上は、ガソリンなどの引火性液体の資格は必要になる可能性もあるため持っている方が有利になります。また、他の仕事をする際にこの資格を持っている方が有利になる場合もあるため持っておいて損はない資格です。

安全管理者の資格を持つ

安全管理者というのは、文字どおり職場における安全管理についての責任者です。この資格を持っている人しか任命できない安全管理者の選任もあるためこの資格も手当が発生して給料を上げることにつながる資格だと言えます。

こちらも運行管理者と同じく国家資格のため難易度の高い資格になりますが、持っていることでメリットが大きく、手当などを考えれば難しくても、講習を受けて取るべきでしょう。

運行管理者になるべきか

運行管理者はたしかに大変ですが、安全管理という大きな責任があり頼られて、今後の需要も高い仕事です。なることのメリットは非常に大きいです。逆に言えば責任が大きい仕事が苦手な人や内勤ではなくドライバーとしての仕事が好きな方にはあまり向いてないでしょう。

現在ですと運送業界は非常に価格競争が厳しいですが、徐々に改善されている状況です。また、オリンピックなどで需要が上がることを考えると今のうちにとっておくことで将来的に大きく稼ぐことができる可能性があります。

運送会社でのやりがいを求める人、運送会社の役員を目指すのであれば運行管理者はぜひなるべきです。

ドライバーの転職や就職ノウハウを知るならドライバーワークスへ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

また、転職しないという場合にも知識をつけておけば無駄になることはありません。

業界が人材不足という事もあり未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人