Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

産廃の仕事内容・きついのか・給料の目安・職種|営業/運搬

産廃の仕事内容・きついのか・給料の目安・職種|営業/運搬

産業廃棄物、いわゆる産廃を収集・運搬したり、処理したりする仕事は、「きつい・危険・汚い」という3Kの仕事として倦厭されがちです。はたして、本当にきつくて危険で汚い仕事なのでしょうか。産廃事業所の仕事内容、収入、就職の仕方などを詳しく紹介します。

初回公開日:2018年07月20日

更新日:2018年07月20日

記事に記載されている内容は2018年07月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ドライバーの転職や就職ノウハウを知るならドライバーワークスへ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

また、転職しないという場合にも知識をつけておけば無駄になることはありません。

業界が人材不足という事もあり未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!
ドライバーの転職や就職ノウハウを知るならドライバーワークスへ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

また、転職しないという場合にも知識をつけておけば無駄になることはありません。

業界が人材不足という事もあり未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

産廃とは?

産廃とは産業廃棄物のことです。産業廃棄物の処理を行う会社を、産業廃棄物処理業者と言います。

廃棄物の種類は?

一般的に「ゴミ」と言われる廃棄物には、「産業廃棄物」と「一般廃棄物」があります。建設現場や医療施設から排出される廃棄物は「産業廃棄物」、一般家庭から出る廃棄物は「一般廃棄物」です。

「一般廃棄物」はゴミ収集車が回収していき、その後の処理に一般家庭は責任を持ちません。しかし「産業廃棄物」は、排出する企業が収集・運搬、中間処分、最終処分までの処理を産業廃棄物処理業者に委託し、それらをマニフェストという書類で管理する必要があります。

産廃の仕事って何をする?

産業廃棄物処理業は資格が必要な仕事です。その資格を取得して初めて、産業廃棄物、いわゆる産廃を運んだり(収集・運搬業)、有害な産廃を無害化したり(中間処理業、最終処分業)することができます。

産廃の処分は厳しく手順が決められ、マニフェストという複写式の書類によって処理の流れが管理されています。産廃の処分は、産廃処理業者はもちろん、それを委託する産廃排出企業にも重い責任があります。

産廃業者の仕事の重い責任

産業廃棄物処理業の資格を持っていない者が、他人の産廃を処理することは、犯罪となります。近年、不法投棄の問題は後を絶ちません。産廃処理業者がしっかりと仕事をこなしていても、一部の心無い人達による犯罪で産廃処理方法が問題化している状況です。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

産廃に携わる仕事の職種は?

産廃事業所に勤めるといっても、さまざまな職種があります。産廃事業所の事務所か工場かでも労働条件や労働環境が異なります。

自身の適性や給与など総合的に照らし合わせて、どの職種を選択するのかも慎重に検討していきましょう。

収集・運搬業

産廃を排出する会社や工場にトラックで向かい、産廃を積み込んで、処理場まで運ぶ仕事です。一般的には、運転手と運搬者に業務が分かれているわけではなく、どちらもこなすことになります。

そのため、必ずしも大型・中型免許が必要ではありませんが、普通自動車免許は必要で、トラックを運転する必要は出てくるでしょう。ちなみに、普通自動車免許でも、3.5トンまでのトラックは運転することが可能です。産廃を一度に多量に運搬・収集する業者は、大型免許が必要になります。

運搬・収集の仕事は、有害物質を含んだ産廃の運搬や、非常に重いものや大きいものを運搬する必要もあるため、有害物質の知識がある程度必要であり、また腰や膝を痛めることもあります。

いわゆる「3K」の仕事と言われていて倦厭される仕事ではありますが、誰かがやらなければいけない仕事であり、環境問題にもかかわる重責の仕事です。

営業職

特別な資格が必要な産廃処理事業ではありますが、待っているだけでは仕事は増えません。そのため、実際に産廃を収集・運搬する人以外に、営業職も必要になります。

営業職の人は産廃を排出する企業に赴き、自社の利用を勧めたり、行政への報告や法的な対応方法を提案したりするなど、幅広い業務を行います。

営業職の業務の中には、無駄を削減するための提案をするなどコンサル的な業務も含むため、産廃に関する法律的な知識はもちろん、環境問題に対する知識や思考も必要になります。

事務職

産廃事業者では、廃棄物の流れをしっかりと把握し、正しく処理されたことを確認する必要があります。そのため、顧客管理は非常に重要な業務で、それを行う事務職の業務量は多いでしょう。

近年はITを駆使してネットワーク管理を行うなど、産廃事業所の事務職に求められる仕事も増えています。また、営業による業務拡充を目指す会社では、営業事務の仕事も求められるでしょう。

年齢や病気などで、運搬収集の仕事を退きたい場合、会社によっては事務職への移行を勧められることがあります。

仕分け作業・重機オペレーター

産廃処理工場では、資源ゴミが含まれる場合、収集・運搬されてきた廃棄物を処理工場のラインに流して分別が行われます。

状況に応じて、作業者が処理内容物を木材・プラスチック・ガラスなどに手で仕分けたり、大きなものになると重機を操作して廃棄物を所定の場所に分別します。仕分け・分別された廃棄物は、次に中間処分として、圧縮・溶融・破砕され、リサイクル可能な素材はリサイクル業者へ引き取られます。

重機の操作には、フォークリフトなどの資格が必要で、分別作業者の採用時にはそれらの資格を持っていると就職しやすくなります。

産廃処理事業所の給料は?

Bottom banner

産廃の仕事の給与は20代で18~25万円で、正社員の給与の相場は25万円前後です。朝から夕方までの規則的な勤務がほとんどで、職種によって特別な手当てがつく場合があります。

会社による格差は?

産廃の仕事は、ほかの職種に比べて収入は決して低くありませんが、収入や福利厚生などの面で、会社によって大きな差があります。例えば、社員の平均年収は300万円から700万円までの開きがあります。

また、収入だけでなく、福利厚生・保障など、しっかりと下調べをして会社を選択しましょう。

産廃の仕事はきつい・汚い・危険なの?

産廃を処理する仕事は、必要性の高い仕事です。しかし、産廃を処理する仕事は、「きつい・危険・汚い」の3Kと言われる仕事でもあります。そのため、産廃の仕事は嫌厭されることもあります。

収集・運搬業

産廃の中には有害な物質を含んでいたり、非常に重いものや大きいものであったりする場合があります。有害な物質を含んだ産廃を運搬・処理する過程で、作業者は危険を伴ったり、有害物質で汚染されたりする可能性もあります。

また産廃の量が多い場合は、重い産廃を抱えて、何度もトラックと保管場所の間を行き来することもあり、体への負担は大きいです。体力に自信のない人は、長く続かないでしょう。

さらに、中間処理・最終処理する過程でも、有害な産廃に接触する可能性があり、有害物質に汚染されたり、体に負担がかかったりする場合があります。

事務職・営業職

産廃事業所でも一般の会社と同様、営業職や事務職の人はスーツや事務服を着て、産廃に触れることはありません。そのため、3Kの仕事ではありません。

まれに、小規模の会社で営業職がいない場合は、収集・運搬作業者が営業をこなすこともあり、この場合は危険な場合や汚れる場合があります。

産廃事業所に就職するには?

各企業のホームページ、転職サイト、求人情報誌、ハローワークなどで求人を見つけることができます。履歴書を送付し、書類選考を通過すれば、面接、健康診断を経て採用となります。

また、企業のホームページには企業方針や産廃処理業・ISOの資格の有無など、さまざまな情報を得ることができるため、必ず確認をしましょう。

求められる資格や適性

事務職、営業職、収集・運搬作業者、仕分け作業者は未経験者可である場合が多いでしょう。

一方、作業をする人は経験者であったほうが就職や転職に有利です。重機を操作するオペレーターは重機の資格を、産廃を収集・運搬する作業者は大型免許を持っていると有利です。

また、廃棄物の処理施設を維持管理する職員を監督する「廃棄物処理施設技術管理者」の資格を有している場合、より専門的な仕事内容に取り組むことができるため、持っていると武器になる資格です。

産廃処理事業所に採用が決まった人、またこれから産廃事業所への就職を希望している人は、検討してみてください。

求人の傾向

環境ビジネスを売りにして飛躍が期待できる産廃事業所などでは、営業事務職など求人も幅広く募集していることがあります。

現在、廃棄物処理場は全国に多数あり、比較的幅広い年齢層の求人の募集を行っています。また作業の種類も細分化され、求人数が多いため、この業界は求人の間口が広い傾向にあります。

会社の情報を収集しよう!

産廃処理は都道府県からの許可が必要で厳しく管理されています。履歴書を送付する前に、産廃処理業の許可を得ている企業かどうかの確認は、必ずしましょう。

また、優良な企業のホームページは、手順や方法、かかる費用などさまざまな情報をわかりやすく公開しており、収集車数や従業員数なども確認できるでしょう。透明度の高い企業は、それだけ安心につながります。

産廃事業所の中には、残念ながら悪質な業者も存在します。そういった会社では、いったん就職したら、退社するのも難しくなります。そういった危険性を避けるためにも、事前の情報収集は必要不可欠です。

給与だけにとらわれることなく、付随する手当てや福利厚生、会社の企業方針、会社の透明性、環境問題への考え方などなるべく多くの情報を確認しておきましょう。

産廃の仕事の将来性とは?

産廃処理事業者は、適切な手順と方法で行わないと不法投棄とみなされ、委託元である顧客の信頼を大きく損なうばかりか、場合によっては、顧客企業の企業イメージに大きなダメージを与えてしまうことになります。つまり、産廃事業所と産廃排出企業は、大きな信頼関係で仕事が成り立っています。

また産廃事業所は、環境に対する責任と、企業に対する責任、二つの大きな責任を負った仕事です。産業廃棄物を資源燃料へリサイクルを行っている環境ビジネス企業は、勢いを増しています。

産廃の仕事は3Kと言われる大変な仕事ですが、最近では工場施設内では処理技術の向上に伴い、クリーンで効率的な職場環境を目指す企業が増えつつあるため、「きつくて汚い仕事は嫌だ」と全く選択肢に入れないのは、もったいないことです。

産廃事業所に就職しよう!

産廃業者に就職するハードルは比較的低く、特に運搬処理作業者、仕分け作業者などは、間口が広いと言われています。また、収入も決して低くはありません。

しかし、産廃の中には有害物質を含んでおり、大きく重いものも多いため、それらを扱う仕事は「きつくて汚くて危険な仕事だ」と認識されています。

また、産廃処理の仕事は社会にとって必要な仕事ですが、地域住民にとっては近くに処理場が建設されるのを嫌う人もいます。偏見を持った親戚や知人に、仕事を見下すような言い方をされることもあるでしょう。

しかし、社会や環境に対する貢献度や、ほとんどの業界で将来性が不安定な中、将来的に大きな需要が見込まれる産廃の仕事は魅力を感じる面もあるでしょう。

ただし、悪質な業者も存在するため、適切な会社を選ぶ必要があるものの、就職や転職する際に一度は検討に値する仕事です。

ドライバーの転職や就職ノウハウを知るならドライバーワークスへ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

また、転職しないという場合にも知識をつけておけば無駄になることはありません。

業界が人材不足という事もあり未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人