Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

月給25万の生活・生活費・貯金・税金の目安|家賃/食費/交遊費

月給25万の生活・生活費・貯金・税金の目安|家賃/食費/交遊費

月給25万円での生活費はどのような生活項目に、どのくらいの金額がかかるのかご存知でしょうか。今回は月給25万円での生活はどのようなものか、税金などの目安や貯金はどのくらいできるのかなどをご紹介します。月給25万円での生活を考えている方は参考にしてみてください。

月給25万の生活

月給25万の生活・生活費・貯金・税金の目安|家賃/食費/交遊費

月給25万円の生活とはどのような暮らしになるのでしょうか。今回は、月給25万円での生活実態がどのようなものかわからないという方のために、月給25万円での生活について、手取りや税金など、どのような生活水準になるのかをご紹介します。

家賃・光熱費・食費など、生活に必要なお金と、貯金や娯楽費といったようなお金の考え方などを知ることによって、月給25万円での生活がどのような暮らしになるのかわかるようになります。ぜひ参考にして月給25万円での生活を、ご自身でも考えてみてください。

月給25万円の手取りはいくらか

月給25万円というと、毎月手元に入るお金が25万円のように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。それは少し違っていて、実際に給料として手元に入ってくる金額は、月給25万円の中から「社会保険料」「所得税」などが引かれたものという事になります。

「手取り」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょうが、このような税金や保険料を引いたものになりますので、月給25万円で手取りとして貰える金額は、20万円前後になります。

実際の給料の金額と手取りの金額は違うという事を頭に入れておくと、「月給25万円」であっても実際は25万円はもらえないという事がわかり、給与明細を見ても混乱することもなくなるのではないでしょうか。

月給25万円の年収と控除額

月給25万円で計算すると1年が12ヶ月ですので、年収300万です。手取りでは年収はいくらくらいになるのかというと、月給25万円の手取りがおよそ20万円前後で、ボーナスなども含めると、やはり年収は300万円程度になります。

給与の所得控除が108万円、社会保険料が43万円、所得税は4,600円で住民税などがおよそ10,000円程度控除され、奥さんやお子さまがいらっしゃる世帯ですと、扶養控除などが計算に加わりますし、40歳以上の場合介護保険なども加入するため、その分の金額も計算が変わります。

生活にかかわってくる税金や保険料などを自分でも計算してみることで、月給25万円での生活を見直すこともできるでしょう。

単身

月給25万の生活・生活費・貯金・税金の目安|家賃/食費/交遊費

単身世帯であれば月給25万円の生活でも十分な貯金ができるのではないでしょうか。単身世帯で月給25万円の生活を送る場合、家賃は手取りの3分の1程度に抑えるのが一般的です。手取りが20万円前後ですので、6万円から7万円ほどの家賃で生活をはじめることがおすすめになります。

家賃は固定費として毎月支払わなければいけないお金です。家賃の他にも光熱費や食費、スマートフォンなどの通信費、職場への交通費なども含めるとおよそ12万から13万が毎月の出費として手取り額から引かれることになります。

単身世帯は娯楽費やローン関係の金額を差し引いていくらになるか考えて生活する必要があり、毎月の決まった支払額を決めておくことで、月給25万円での生活が見えてくるでしょう。

二人以上の世帯

月給25万の生活・生活費・貯金・税金の目安|家賃/食費/交遊費

二人以上の世帯になった場合、月給25万円という金額が変わらないまま生活をしなければいけませんし、固定費としての家賃は変わりませんが、食費や光熱費、二人でスマートフォンを使う事を考えて2台分の通信費がかかります。二人以上の世帯になった場合は、二人分の金額が生活にかかることになります。

子どもを持つ世帯であればそこに教育費や家族で過ごす娯楽費などもかかってきます。二人以上の生活を月給25万円で過ごす場合、家賃を抑えたり娯楽費を減らしてみるなど、生活するうえでの工夫が必要になってきます。

月給25万の生活費内訳

月給25万の生活・生活費・貯金・税金の目安|家賃/食費/交遊費

月給25万円での生活をするためには、生活費の内訳も考えなければいけません。一般的な月給25万円で手取りが20万円前後と考えた時の生活費を、家賃や光熱費などでどのように振り分ければよいのかをご紹介します。

生活水準をどのくらいに設定するかによっても、生活費の内訳は変わってきます。一般的な生活費を参考に、一人暮らし世帯なのか、あるいは複数での世帯なのかなども考えてみると良いのではないでしょうか。

月給25万円での生活は決して贅沢な生活とよべるものではありませんが、同じような生活レベルの人はたくさんいますし、それほど贅沢な生活を送らなくてもこまるというほどでもありません。

月給25万円でも十分衣食住に困ることはなく生活していくことができます。コツコツと節約をすることも楽しみの一つになり、生活に張りが出るのではないでしょうか。

家賃

月給25万円での家賃は、手取り金額を20万と考えても、3分の1の金額である70,000円程度がおすすめです。一人暮らし生活であれば、狭くても家賃を抑えた部屋に住むことで、家賃の出費を減らすことができるのではないでしょうか。

地方都市などでは7万円の家賃では、少し広めの部屋を借りることができる場合があります。立地条件や交通手段などを考えて、家賃の相場と照らし合わせてみるとよいでしょう。

食費

月給25万円で生活するための食費は、きちんと自炊を心掛けることが必要になってくるでしょう。月30,000円程度に抑えることで、余計な出費を控え、貯金などに回せるようにすると良いでしょう。

お小遣としての金額も食費に使う場合、ランチや急な飲み会などは交際費と割り切って、食費と一緒には考えない方がおすすめです。家計簿をつける際に、食費ではなく交際費だったという事や、計算してみたら赤字だったなどという事がないように、分けて考えましょう。

あくまでも食費は自炊をし、お弁当でお昼を済ませるなど工夫をすることで抑えることができる金額です。贅沢をするなというわけではありませんが、設定した金額を超えないように考えて生活をすることが大切です。

日用品費

月給25万円で生活をするうえで、一人暮らしでも二人以上の暮らしでも、生活に欠かせないのが日用品です。シャンプーやコンディショナー、歯ブラシや歯磨き粉などの消耗品の他にもさまざまな日用品があります。

壊れたら買い足せばよいという考えではなく、毎月の日用品費として、金額を設定しておくことが大切です。大まかな数字で言えば10,000円程度を設定しておくと良いでしょう。その月に使わなかった分は、翌月の日用品費として蓄えておいても良いですし、そのまま貯金としてしまうのもおすすめします。

光熱費

月給25万円で手取りが20万前後だとすると、「水道代」「電気代」「ガス代」などの光熱費は、人数が増える分料金も比例します。一般的な一人暮らし世帯の水道光熱費は平均すると「水道料金」は2ヶ月分の集金が基本で、ひと月あたりおよそ2,000円程度、「ガス代」は3,000円程度、電気代は5,000円程度です。

一カ月にかかる水道光熱費は10,000円程度をおおよその目安にするとよいでしょう。

ガソリン代

ガソリン代は走行距離などにもよりますが、普通車でひと月およそ10,000円弱はかかってしまう場合があります。車での通勤などが主な移動手段の方は固定費として設定しておくと良いでしょう。会社などで交通費をある程度負担してくれる場合もあります。

ガソリン代の他にも車には、自動車税や駐車場代、車検やローンなどがかかり、車の維持費としては、月平均30,000円程が使われています。

通信費

通信費はいわゆる電話にかかるお金です。格安料金の通信会社にするなどの工夫をすることで、通信費を安く抑えることができます。月平均にすると7,000円前後が毎月の通信料として使われています。

保険

月々の保険料は保険会社にもよりますが、生命保険のひと月の金額は3,000円前後で自動車の保険などと合わせても10,000円程度でまかなうことができます。年齢が上がるにつれて保険料は高くなっていくものですので、若いうちから加入しておくことも考え方の一つではないでしょうか。

医療費

医療費は急な出費となる場合が多いですが、5,000円くらいをひと月の目安で考えておくと良いでしょう。

交際費

残りの金額を考えると、交際費はお小遣も含めて25,000円に設定します。残りの金額を貯金に回すことで、今後急な出費などがあった際にも安心して生活することができます。

月給25万生活での貯金

月給25万の生活・生活費・貯金・税金の目安|家賃/食費/交遊費

月給25万円での生活で貯金ができるのかと心配に考える方もいらっしゃいますが、月給25万円の生活で貯金をしていくことは決して難しいことではありません。貯金をしようと考えていらっしゃる方は、節約やお小遣カットなどのようにストイックに貯金をしていくのではなく、ポイントを守って手軽に貯金をすることができます。

貯金額は決めておこう

月給25万の生活・生活費・貯金・税金の目安|家賃/食費/交遊費

月給25万円での貯金を手軽にはじめたいという方は、ポイントとして貯金額を決めておくことが大切です。残ったお金を貯金するのではなく、はじめに貯金額を決めておくことで「今月は貯金ができなかった」などという事がなくなります。

月給25万生活での税金の目安

月給25万の生活・生活費・貯金・税金の目安|家賃/食費/交遊費

月給25万円での生活で税金はどのくらいかかるのでしょうか。住民税や社会保険料などがいくらかかるのかご紹介します。

住民税

月給25万の生活・生活費・貯金・税金の目安|家賃/食費/交遊費

住民税の計算は課税対象額に税率の10%をかけて、均等割5,000円を足し、底から調整控除額を引くことで計算します。賞与などのない月給25万円の場合、月額およそ10,000円程度になります。

社会保険料

月給25万の生活・生活費・貯金・税金の目安|家賃/食費/交遊費

社会保険料は、健康保険・厚生年金・雇用保険などをいいますが、基本的には年収の14.22%になるため、賞与などがない月給25万円の方の場合、年収が約300万円で計算すると42.7万円程度になります。

月給25万の生活スタイルを考えよう

月給25万の生活・生活費・貯金・税金の目安|家賃/食費/交遊費

月給25万円での生活スタイルをシミュレーションできたでしょうか。今回は月給25万円での生活について、保険料や内訳などを紹介しました。月給25万円では貯金ができないと考えていらっしゃる方もいらっしゃるでしょうが、ポイントさえ押さえていれば貯金もすることができます。

家賃・光熱費・食費など、生活に必要なお金と、貯金や娯楽費といったようなお金の考え方などを知ることによって、月給25万円での生活がどのような暮らしになるのかある程度想像できたのではないでしょうか。

月給25万円は贅沢とはいえませんが充分生活することができる金額です。自分でも節約など工夫をすることによって、月給25万円での生活を楽しく過ごしてみてはいかがでしょうか。

Related