Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

月収80万の手取り・目指せる職業・所得税・生活|家賃/貯金

月収80万の手取り・目指せる職業・所得税・生活|家賃/貯金

アイデア次第で大儲けできる時代の今、月収80万は夢のようで、非常に現実的な金額です。ほぼ年収1000万円に近い額で、裕福な生活が期待できます。月収80万はどれくらい税金を払い、どれくらいの手取りなのか、またどんな職業が月収80万を稼げるのかご紹介します。

月収80万の生活

月収80万の手取り・目指せる職業・所得税・生活|家賃/貯金

働くなら月収が大いに越したことはありません。年収で何億円も稼ぐことが難しいことはわかりますが、例えば月収80万円であれば、現実的で自分でも稼げそうな気がしてきます。とはいっても、実際にこれだけ稼いでいない人には、リアリティーのある月収80万とはどんなものなのかは想像がつきません。

そこでここでは月収80万円の場合、いったいどんな生活が待っているのかをご紹介します。

例えば家賃は?

月収80万もあれば、まずはいい家に住みたいです。よく芸能人の家賃などが数十万円という話も聞きますので、それくらいいいところに住めるとは間違いありません。立地がよくて、高層マンションの上層階に住むことだって夢ではないでしょう。

では、月収80万ではどれくらいの家賃がおすすめでしょうか。もちろんどんな生活をするかによってかなり変わりますし、趣味や嗜好でどんな場所にするかなども影響してきます。しかし、一般的には家賃は給料の30%が上限の目安と言われています。

後述しますが、月収80万の場合手取りはやや減ります。ここでは目安ですので、あくまでも月収80万で計算すると、24万円が30%です。芸能人ほどの高級マンションは難しいですが、普通に考えればかなりいい部屋を借りられることは間違いありません。

食費はどれくらいかけられるか

給料に対する食費の割合をエンゲル係数と言いますが、先の家賃と同じように考えると、月収に対する食費の割合は15~20%が適正だと言われます。これに当てはめると、12万円から16万円が食費だと考えて差し支えありません。

仮に15%の12万円としても、かなり豪勢な食事が期待できます。平日は3000円に抑えれば、週末に1万円以上はかけられますから、外食も料理の値段を気にせずに食事をすることができます。

やはり、月収80万には夢があります。

月収80万の所得税

月収80万の手取り・目指せる職業・所得税・生活|家賃/貯金

さて、月収80万円となると、気になるのがどれくらい所得税を支払うのか、です。もちろん自営業や業種によって税金の計算方法と手取額は異なってきますが、ここでは一般的な会社員が月収80万を稼ぐとした場合にどれくらい所得税を払うのか、ご紹介します。

仮にボーナスがない場合、80万円×12ヶ月ですので、年間課税所得は960万円になります。控除額や社会保険料などがありますので、諸々を差し引くと年間の所得税は107万5200円になります。かなり大きな額です。

これにボーナスが例えば4ヶ月分加わると、所得税は年間で196万2000円になりますちょっとした車が購入できる金額です。

できるだけ節税する方法は?

自営業の場合ですと、備品の購入や経費などで節税が可能ですが、会社員などのサラリーマンが節税する方法もいくつか存在します。

例えば民間の生命保険に加入すると控除を受けることができます。結婚などで家族ができれば扶養控除、高額の医療を受ければ医療費控除、家を買えば住宅ローン控除などといった、各種控除で節税ができます。

さらに、近年では特定の地方自治体に納税するふるさと納税があり、返礼品を受け取れる上に節税対策にもなります。また、株やFXなどのオンライン金融取引で損失があれば、それを翌年に持ち越すなどで税金をやり繰りすることも可能です。

会社員だからといっても、数多くの節税対策があります。

月収80万の手取りをもらうということ

月収80万の手取り・目指せる職業・所得税・生活|家賃/貯金

一般的には月収80万と言った場合、税引き前の額です。ここから年収などを割り出す(単純に12ヶ月をかけ算し、プラスボーナスを含む計算方法)など、実際に受け取っている金額とは違うことが多いです。

上記ではあくまでも月収80万のケースで話を進めました。もし月収80万の場合、実際に手にできる金額、つまり手取りは63.6万円くらいになります。

この額から家賃を30%と計算すると、19万円くらいが上限になり、食費は9.5万円程度になります。それでも多いですが、月収80万で計算するよりはだいぶ下がってしまいます。

どれくらい稼げば80万の手取りになる?

では、実際に手取りで月に80万円を稼ぐとしたら、それはどれくらいの金額を毎月稼ぐ必要があるのでしょうか。所得税や住民税などをすべて払い、受け取れる額が80万円に近い支給額をご紹介します。

手取り80万を受け取る人の月収は、100万円を超えます。実際に額面が100万円ジャストの場合、手取りは78.8万円レベルです。つまり、100万円ジャストでは80万円にすら手取りが届きません。100万円以上稼ぐ必要があります。かなりハードルが高いです。

月収80万にかかる住民税

月収80万の手取り・目指せる職業・所得税・生活|家賃/貯金

月収80万に限らず、日本人として日本で暮らす以上、国に税金を納める義務があります。そのひとつが所得税です。そして、会社員の給料では毎月さまざまものが給料から引かれています。そのひとつにある代表的な税金が住民税です。

住民税は月収80万の場合にはどれくらいかかるのでしょうか。

ざっと計算すると、ボーナスのない人の場合(年収960万円の場合)は住民税は年間71万3500円です。ボーナス(4ヶ月分)ありの場合(年収1120万円の場合)、住民税は年間で101万9500円ほどかかります。

税金を多く払っている人は誇りを持っていい

日本で働いている場合にかかってくる税金は主なところでは所得税と住民税になります。特に住民税は累進課税という制度を採用しているため、所得が多くなるほど所得税率が上がり、納める税金の金額も高くなります。

つまり、月収80万は実際にはかなり限られた人であり、税金をたくさん払っている分、損をしているような気分になることは実際にはあります。しかし、それだけ支払われた税金が多くなれば、見えないところで社会貢献をしていることにも繋がります。月収80万の人は漏れなく自分に誇りを持っていいのではないでしょうか。

月収80万の社会保険料は?

月収80万の手取り・目指せる職業・所得税・生活|家賃/貯金

会社員が給料から払わなければいけないのは所得税や住民税が主になりますが、ほかには社会保険料もあります。社会保険は健康保険、雇用保険(失業保険など)、年金があります。

このうち健康保険と厚生年金は標準報酬月額を用いて計算するので後述するとして、社会保険料全体では、ボーナスなしの人だと年間に137万円、ボーナスありで187万円が年間の負担額になります。

年金はどうなる?

健康保険と厚生年金の計算は標準報酬月額を使うのですが、これは上限が62万円までですので、それ以上の場合、同じになります。つまり月収80万の人も70万円の人も、逆に90万円の人も同じ額です。

そして、実際の負担額は健康保険が3万9144円、厚生年金が5万6730円になります。計算方法や税率は自治体や年度で違うので、これはあくまでも目安です。

月収80万の貯金の目安は?

月収80万の手取り・目指せる職業・所得税・生活|家賃/貯金

これはかなり難しい問題です。ライフスタイルによってかなり違いますので、一概にいくらくらいだということは言えません。ただ、最適な貯金の方法だけは話すことができます。

それは、ファイナンシャルプランナーに相談することです。お金のプロに運用の方法や貯蓄の方法を考えてもらい、それによって貯金や将来のために資産運用を行います。今日本の銀行は低金利で、物価上昇の方が早いとただ銀行に預けているだけでは資産が目減りする可能性があります。そのため、月収80万もあれば資産運用も始めたいところです。

憶えておきたい利息にかかる税金

案外知られていないことに、銀行の利息に対しても税金がかかっている事実があります。給料と同じく、所得税や住民税が引かれていて、年間利率はおよそ20%です。利息が銀行が決めた日程で年に2回ほど支払われますが、そのときにこれらの税金がかかっています。

ただ、すでに銀行側がこれらを引いた額を振り込んでいるので、受け取っている分はすでに手取りですし、のちのち確定申告などをする必要はありません。しかし、月収80万くらいなると貯蓄も増えるでしょうから、そのときにはより多くの税金を支払っていることになります。

月収80万の人の小遣い目安とは

月収80万の手取り・目指せる職業・所得税・生活|家賃/貯金

月収80万の人のお小遣いもまた、貯金と同じようにこれだという金額がありません。実家住まいの独身でしたらほとんどを小遣いにできますし、ひとり暮らしなら生活費などを工面したあとの残りが小遣いになるでしょう。

ただ、すでに申し上げているように、月収80万といっても実際の手取りは63万円程度になります。ひとり暮らしであれば小遣いに50万円というのはかなり難しいことは容易に想像できます。あくまでも生活費など必要経費のあとの余剰分の中で貯蓄と小遣いのバランスを決めていくしかありません。

結婚したら月収80万でも裕福に過ごせない?

小遣いの点で話せば、やはり月収80万もあったところで結婚して養うべき家族がいる場合、そう大きな金額を小遣いとして使うことはできません。ましてや子どもがいれば学費や万が一のケガなどのために貯金は必須になります。

ただ、先に述べたように扶養控除もありますから、こういった制度を利用して、できるだけ手取りを増やしていくことをおすすめします。

月収80万が目指せる職業はこれ!

月収80万の手取り・目指せる職業・所得税・生活|家賃/貯金

ここまで月収80万円について税金や家賃などを考えてきましたが、実際に月収80万円を稼げる職業とはいったいどんな仕事なのでしょうか。具体的なことを調べてみました。月収80万に憧れている人は必見です。特に若ければ若い人ほどチャンスが多くなることは間違いありません。

会社員だとしたら?

一般的な会社員で月収80万はかなりエリートです。一般的には弁護士や医者などが月収80万の水準だとされます。それくらいすごいことです。ただ、まったくチャンスがないわけでもない点は夢があります。

会社員で月収80万を稼ぐということは、年収が1000万円を超えることです。その可能性があるのは、広告代理店やテレビ局など、誰でも知っている大きな会社であることは間違いないでしょう。その代わり、会社員で月収80万はかなり激務であることを覚悟してください。

職人系ならこんなのもある

雇われる身としては職人も月収80万を稼げる可能性が捨てきれません。建築関係の職務や、伝統工芸などでより特殊でほかにはない技術を持っているなど、そんな職が手についている人なら月収80万は夢ではありません。

パイロットや船の船長なども月収80万は余裕で稼げることでしょう。ただし、その分努力が必要です。

やっぱり芸能人?

やはり派手な仕事ですと、月収80万は稼ぎやすいです。わかりやすいところでは芸能人です。ただ、芸能人は芸名を使っていても顔はバレていますから、プライベートはほとんどなくなります。また、才能がないとやっていけないですし、あくまでも一握りの人たちだけです。

それであれば、最近は動画をアップして広告収入を得る仕事もあります。これはアイデア次第でヒットすれば月収80万は簡単に稼げるでしょう。ただ、あくまでもヒットするネタを持っている人に限られます。

スポーツでも公営競技なら

スポーツ選手もまた月収80万は比較的簡単に稼げます。もちろんそれなりに活躍することが重要ですし、スポーツの場合はジャンルで大きく変わります。稼げるスポーツとそうでないスポーツがあるからです。

スポーツ選手も才能が必要ですが、競馬や競輪、競艇、オートレースといった公営競技をスポーツと見るなら、才能がスポーツ選手ほどなくても活躍でき、稼げるチャンスがあります。こういった競技は養成所があるので、そこで基本を学べるため、サッカーや野球よりは門戸が広いです。

月収80万円はやっぱりいいに決まっている!

月収80万の手取り・目指せる職業・所得税・生活|家賃/貯金

前項で紹介したように、月収80万円を稼げる職業はかなり限られています。しかし、今の世界はずいぶんと様変わりしています。というのは、職業という言葉に縛られない仕事が増えているからです。

例えばテレビゲームのプロがいます。登山や旅行のプロもいます。このように、あらゆるジャンルで稼ぎを自ら創出することができる時代になっています。誰でもアイデア次第で月収80万を稼げるようになっていますから、むしろ数年前よりも月収80万は難しいように見えて、現実的です

手取りはやや下がるものの、月収80万は決して悪くありません。例えば子どもがいれば充分にいい教育などを与えるチャンスもあります。月収80万は誰がなんと言おうと魅力があります。

Related