Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

日給5000円のおすすめの仕事・探し方|最低賃金/時給/安い

日給5000円のおすすめの仕事・探し方|最低賃金/時給/安い

日給5000円の仕事の仕事はアルバイトでもパートでもネットの仕事でも、自分に合った仕事があるでしょう。副業として、日給5000円の仕事をする場合は次の仕事の足がかりとしたり、資格や免許取得の際の資金にする事もできます。日給の仕事は自由度が魅力となります。


日給5000円のオススメの仕事って何?

日給とは時給とは違います。主に日雇いやアルバイトでも時間が限られていたり、仕事の密度が濃くない仕事です。知り合いの店を手伝ったり、ちょっとしたお店のピンチヒッターを買って出たりと人によりさまざまな仕事があります。

おすすめの仕事は、学生ならば、ラーメン屋での接客業や郵便局の年賀状の区分けや配達です。男性ならば、引越しの手伝いやチリ紙交換のような、廃品回収なども時間によりますが、日給5000円ほどになります。

アルバイトの場合

アルバイトならば、フルキャストなどの登録制のアルバイトなども肉体労働ですが、日給5000円以上になります。登録の派遣アルバイトの場合、こちらの都合はあまり考慮されないので、短期で大きな収入を得るためには登録制のアルバイトを利用しても良いでしょう。

静かな環境で仕事がしたければ、図書館での仕事や区役所なども仕事もあります。日給5000円の仕事と割り切れば、応談しだいで短時間での仕事も可能です。お店なども日給5000円ほどのアルバイトもあります。しかし大きな会社はなかなか日給5000円の仕事はしたくても、それ以上の労働を求められるでしょう。

パートタイマーの場合

男性でもパートタイマーで働く事はあります。女性の場合はクリーニング店やクリスマスの時期のケーキ屋なども、日給5000円になります。アルバイトではなく、非正規社員の人をパートタイマーと呼ぶ企業は社員を大切にしている会社です。

寿司や魚を扱う、ちょっとした河岸やお店の仕入れなどにも同行するだけで、日給5000円になります。パートタイマーという働き方をする場合は、日給5000円に限ってという希望はなかなかとおりにくいでしょう。それ以上働く意志がないと仕事自体が見つかりません。

日給5000円のオススメの副業って何?

今、副業というとネットを利用した仕事の方がやりやすいでしょう。フリーライターやamazonやヤフオクを利用した仕事や、ネットを利用してする仕事は選べるほどあります。自分のスキルとできることがマッチすればネットでの仕事の幅は広がります。

学生ならば、近所の子供の家庭教師やベビーシッターなども、仕事があり、引き受ければ日給5000円ほどになります。いざ仕事をするとなると、なかなか日給5000円という範囲では収まらなくなるので、それ以上、働く意志を働き先に示す必要があるでしょう。

日給5000円は最低賃金を満たしているのか?

今、東京都の最低賃金は1時間950円です。関東圏で一日8時間仕事をする場合、日給5000円では最低賃金を満たしていない事になります。それ以上仕事をして都合が悪い場合や、4時間ほどで日給5000円となれば、割の良い仕事になり、最低賃金を満たしている事になります。

日給というワードは警備員や非正規雇用として働く人の、雇用形態です。あくまで副業として割り切って仕事をするならば、4時間で日給5000円ほどになる仕事を選ぶようにしましょう。

時給で計算する場合

時給で計算する場合は働く時間にもよりますが、日給5000円の場合、8時間ならば時給は425円となります。これは関東圏の場合で、地方に行けばもっと日給も時給も安くなります。

時給や日給でも、最低賃金を守っている企業で働くようにしましょう。4時間で日給5000円ならば割の良い仕事になりますが、4時間で日給5000円となる仕事はなかなかないです。始めから時給で働くようにすれば、日給で仕事するよりも時給の方が待遇もよいこともあるので、良く会社や仕事自体を選ぶようにしましょう。

日給5000円の賃金は安い部類に入るのか?

日給5000円の仕事を選ぶ人はそれなりに理由のある人です。定年後で年金をもらいながら、仕事をしている場合や、ボランティア活動の一環で、賃金をもらう形になっている場合もあり、今している仕事が好きで、仕事への充実感や達成感があれば、人により仕事の価値観は変わってきます。

試験の勉強をしながら仕事をする場合や、資格取得の合間に仕事をする場合は、日給5000円ほどの仕事でも構わないという人はそれなりにいます。

日給5000円の仕事の主な探し方とは

Bottom banner

友人の会社や店を手伝ったり、焼肉店での皿洗いなど、日給5000円の仕事を探すのは難しい事ではないです。それらのツテがない場合は、ネットでの仕事を探したり、日給5000円という金額に拘らずに探して、面接の際に日給5000円分の仕事をしたいと面接官に言えば、対応してくれる会社もあります。

目が離せない子供の面倒を見たり、親の介護などをしている場合は、日給5000円の仕事でないといけないということもあるので、今まで勤めていた会社で嘱託職員として働いてもよいでしょう。

働く時間によっても日給が違ってくる

実際に実働した時間によっても日給は変わってきますが、夜勤帯などで仕事をする場合は日給5000円以上の仕事が舞い込む事があります。自分が思っていたよりも、日給5000円の仕事が少ない事がわかるでしょう。

自分の希望が通りにくいのはもちろん、企業でアルバイトなりパートタイマーとして働く場合はなかなか、日給5000円という範囲での仕事は探しにくいです。

契約社員や派遣社員にステップアップしよう

日給制の仕事はそれなりに魅力的ですが、なかなか日給5000円の仕事自体がないのも現状です。契約社員や派遣社員になれれば、非正規雇用でも雇用保険や厚生年金、健康保険なども完備している事もあります。いつまでも日給で仕事をすることは今の世の中は難しいです。

おひとりさまと言われる人も増えて、晩婚化も進んでいます。社会保障がなければ、なかなか安心した老後を送る事ができません。日給で働くのは期限付きにして、契約社員や派遣社員などにステップアップすることも必要になります。

一日仕事をして5000円を得ると言う事とは

日給で一日5000円を稼ぐと言う事は、非正規雇用での仕事になります。かなり割の悪い仕事をしなければ、5000円という金額にはなりません。副業としての日給では5000円でも構わないと思う人もいますが、メインの仕事にはできないでしょう。

違う仕事への足がかりとするか、夢を叶える知識を得るための仕事だと割り切る必要があります。

自分のしたい事があれば日給5000円を探そう

他に目指す仕事があり、資格や免許の取得中であったり、その資金を稼ぐためには日給5000円ほどの仕事は人によっては、魅力的に写ります。

音楽家や芸術家になりたくて、楽器屋で仕事したり、デッサンのモデルとして働く場合はしたいことのために技術を得るということも踏まえて、仕事を選んでいきましょう。日給5000円の仕事をいくつも掛け持ち、自分の可能性を確かめる方法もあります。

月10万円を稼ぐのが難しい時代

時給や日給で働く人はもちろん、正社員でも手取り20万円稼ぐのはかなり難しい時代になっています。アルバイトやパートタイマーならば、月10万円の収入を得るのは簡単ではないです。通信機器の維持費や食費を考えると、月10万円という収入はとても不安定です。

非正規雇用が時代の流れとなっていますが、このまま行けば大手企業も生き残ることが難しくなります。それだけ収入を得る人が少ないので、物が売れなくなるからです。

まずは日給5000円から始めよう

仕事に関してブランクがある人や、アルバイトから始めて体を徐々に慣らしていきたい人は、日給5000円の仕事を探すようにしましょう。知り合いや友人の会社や店を手伝う事も可能です。それらのツテがない場合は、ボランティア活動や簡単なアルバイトから探してみましょう。

日給の仕事をして次の仕事への足がかりとしよう!

副業でも、メインで日給5000円の仕事をする場合も人それぞれの理由があります。資格や免許を取るためだったり、仕事を通じて技術を得るためだったり、理由は仕事によりさまざまです。

日給の仕事を探すのは難しいですが、心当たりがある知り合いを頼ったり、ネットでの仕事を探したり、方法は一つではないです。また副業として日給の仕事をすることになっても、次の仕事への足がかりとなるように努力していきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人