Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

年間土日と祝日数の差・日数・毎年同じなのか・回数数え方|計算

年間土日と祝日数の差・日数・毎年同じなのか・回数数え方|計算

働いている人にとっても学生にとっても、年間の土日や祝日の数は多いに関心がある事項でしょう。土日の数は毎年ほぼ変わりませんが、祝日と土曜日が重なることで年間の休日の数は変動します。休日の取り方から自身の生活のリズムを見つめ直しても良いでしょう。


年間土日と祝日数の差

年間土日と祝日数の差・日数・毎年同じなのか・回数数え方|計算

誰でも学生の時カレンダーを眺め、土日が早く来ることを望んだ経験があるでしょう。年間を通して祝日がどのくらいあるのかを数えて一喜一憂していたという人も少なくはないでしょう。友人と遊びに行ったり旅行の計画を立てたりするのに、年間の土日の日数や祝日の数は重要なポイントであることは間違いありません。

祝日の増減

年間の土日と祝日の日数は毎年一定ではありません。そもそも1年は365日なので7日で一括りの曜日とはズレが生まれてきます。また祝日については定められた日については同じですが、それが土日とかぶってしまうことも大いにあります。さらには法令の改正などで年間の祝日は増えたり減ったりすることがあります。

2018年の年間の祝日数

年間土日と祝日数の差・日数・毎年同じなのか・回数数え方|計算

実際に2018年には年間を通して祝日は何日あるのでしょうか。私生活の予定を立てることはもちろん、会社員にとってはスケジュールの管理という面でも年間の祝日を把握しておくことはとても重要です。2018年の年間祝日は以下のとおりです。

1月01日(月) 元日1月08日(月) 成人の日2月11日(日) 建国記念の日
2月12日(月) 振替休日3月21日(水) 春分の日4月29日(日) 昭和の日
4月30日(月) 振替休日5月03日(木) 憲法記念日5月04日(金) みどりの日
5月05日(土) こどもの日7月16日(月) 海の日8月11日(土) 山の日
9月17日(月) 敬老の日9月23日(日) 秋分の日9月24日(月) 振替休日
10月08日(月) 体育の日11月03日(土) 文化の日11月23日(金) 勤労感謝の日
12月23日(日) 天皇誕生日12月24日(月) 振替休日

振り替え休日

年間を通しての祝日の中には、振り替え休日というものが存在します。例えば2月12日は、前日2月11日の建国記念日が日曜日と重なることによる振り替え休日です。12月24日は、前日12月23日の天皇誕生日が日曜日と重なることによる振り替え休日です。振り替え休日の有無は年間を通しての休日の数に影響してきます。

土曜日に振り替え休日は無い?

振り替え休日は、年間を通して日曜日と祝日が重なった場合、翌日の月曜日が休日となる制度です。つまり土曜日が祝日と重なった場合は、振り替え休日はありません。なので年間を通しての休日の日数は、どれだけ土曜日と祝日が重なっているかに影響します。

年間土日の日数

年間土日と祝日数の差・日数・毎年同じなのか・回数数え方|計算

1年は365日で1週間は7日なので、年間約52週の曜日を繰り返します。つまり年間の土日の数はそれぞれ約52日であることがわかります。暦により1年が始まる曜日が一定ではないので毎年同じ日数でないことを覚えておく必要があります。

年間の土日数は毎年同じなのか

年間土日と祝日数の差・日数・毎年同じなのか・回数数え方|計算

2018年の年間土日祝日日数の合計は117日です。このうち21日は祝日でありさらにこのうち8日は土日とかぶっているため、土日と重なっていない祝日は13日です。つまり年間104日土日があります。土曜日と日曜日それぞれ52回ずつです。

2017年と2018年の違い

2017年の土日は土曜日は同じく52日ですが、日曜日は53日ありました。つまり年間を通して毎年の土日の数は異なることがわかります。しかし土日の数は年間通して104日または105日であり、「土曜日52日曜日52」「土曜日53日曜日52」「土曜日52日曜日53」の組み合わせしかありません。

年間土日の回数の数え方

年間土日と祝日数の差・日数・毎年同じなのか・回数数え方|計算

年間を通して土曜日と日曜日が何日あるかは簡単な計算式で導き出すことができます。また計算方法がわからないという人であっても、1年が365日であることを知っていれば、カレンダーを見ながら全ての土曜日と日曜日を数えるという方法を使うこともできます。それほど時間がかからないでしょう。

計算方法

Bottom banner
年間土日と祝日数の差・日数・毎年同じなのか・回数数え方|計算

計算方法は簡単です。1年は365日である1週間は7日であるので、365割る7で1年が何週間であるか導き出すことができます。365割る7は約52であるので、1年は約52週であることがわかります。このことから土曜日も日曜日も1年を通して約52日あることがわかります。

閏年

日本の暦には閏年というものが存在します。4年に一度年間通して1年の日数が366日になる年で、2月29日が存在する年です。暦は太陽や地球の周期に影響するため、毎年ではなく4年に一度2月29日を作ることで調整しています。

閏年でも増えない

閏年の年は土曜日と日曜日の日数は増えるのでしょうか。結論から言うと閏年だからといって土曜日と日曜日の日数は増えません。365日が366日に増えるだけなので影響はありません。同様に閏年だからといって祝日が増える都行ったこともありません。とはいえ4年に一度現れる2月29日が珍しいことも事実です。

1月1日を起算日とした場合

一般に一年の始まりは元日の1月1日とされることが多いです。西暦も12月31日と1月1日を境に変わりますし、干支など1月1日から始まるものも多くあります。年末年始は多くの企業などでは休日を取るのが一般的なので、あまり土日について考えたことがないという人も少なくないでしょう。

1月1日が日曜日の時

先ほど1年を通して土曜日と日曜日の数は「土曜日52日曜日52」「土曜日53日曜日52」「土曜日52日曜日53」の組み合わせしかないと書きましたが、そのほとんどは「土曜日52日曜日52」の場合です。そして「土曜日52日曜日53」となるのはワンパターンしか存在しません。

1月1日が日曜日であるパターンのみ、「土曜日52日曜日53」となります。これは土曜日と日曜日が連続しているためです。

4月1日を起算日とした場合

企業や会社などでは決算などの理由で4月1日が一年の始まりとされることも多いです。また学校なども4月から新学期が始まることから、学生には4月1日が始まりであると認識されている可能性もあります。また4月1日はエイプリルフールなのでそちらの印象の方が強いという人も存在するでしょう。

4月1日を起算日とした場合、4月1日が日曜日である場合のみ「土曜日52日曜日53」になります。その他の多くは「土曜日52日曜日52」になります。土曜日と日曜日は土日の2日でひとくくりだと考えている人も多いので、それぞれの日数に関心がある人の方が少数派でしょう。

年間の土日と祝日を合わせた休日数

年間土日と祝日数の差・日数・毎年同じなのか・回数数え方|計算

2018年の年間を通しての土日の数は「土曜日52日曜日52」です。そして年間を通しての祝日の数は21日です。しかし年間の土日と祝日を合わせた休日数は単純に「52+25+21」をすればいいというわけではありません。それは土日と祝日が重なっている場合があるためです。

日曜日に祝日が重なった時は振り替え休日ができるため、正確には土曜日と祝日が重なった場合のことを考える必要があります。年間の土日の数は104で、年間の祝日の数は21日です。祝日21日のうち土日に重なっている数は9日あります。つまり年間を通して純粋な土日祝日は117日です。

祝日ではない特別な日

年間土日と祝日数の差・日数・毎年同じなのか・回数数え方|計算

日本では祝日ではないものの、カレンダーに記載されるような記念日が多くあります。例えば母の日、父の日、こどもの日などは休日ではないものの、年間を通して特別な日として認識されています。母の日父の日が土日であれば、両親に贈り物をしたり食事をしたりするといった人も少なくないでしょう。

記念日

全ての人には当てはまりませんが、特定の人にのみ関係する記念日も存在します。例えば、学校の開校記念日や企業の設立記念日などがこれにあたります。また学校や企業などのイベントが土日に行われた時に、翌日の月曜日が振り替え休日になることもあります。

また夫婦の結婚記念日や誕生日なども大切な記念日と言えます。土日であれば誕生日会を開いたり旅行を計画したりする人も少なくないでしょう。

クリスマス・ハロウィン

近年日本においてはハロウィンやクリスマスなどのイベントも特別な日として認識されています。特にハロウィンが土日に重なった時には大規模なイベントも開催され、年間を通してイベント業務を行っている企業なども多く存在しています。

ハロウィンは10月31日、クリスマスは12月25日と決まっているため、たとえそれらの日が土日に重ならなくても、前後の土日にイベントをする人も多くいます。人が集まりやすいという理由で平日より土日に楽しむ人たちが増えてきています。

今後は土日と祝日は増えるのか

年間土日と祝日数の差・日数・毎年同じなのか・回数数え方|計算

今後祝日が増える可能性は十分にあります。欧米に代表されるように、効率的な働き方が社会に求められてきています。働く人にとっても学生にとっても、休日が増えるということを嬉しいと感じる人は多いでしょう。土曜日に重なってしまうと振り替え休日が生まれないので、土曜日と重ならないことだけを祈るばかりです。

働き方が変わっていくにつれて、個人によって休日の捉え方が変わっていっていることも事実です。土日や祝日に関心を持ち、自身の生き方を見つめ直してみるのもいいでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人