Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

日本の平均年齢・計算方法・勤務者の平均年齢・転職可能・推移

日本の平均年齢・計算方法・勤務者の平均年齢・転職可能・推移

皆さんこんにちは、今回は「日本の平均年齢・計算方法・勤務者の平均年齢・転職可能・推移」と題し、「日本の平均年齢・計算方法・勤務者の平均年齢」についての詳細情報のご紹介をはじめ、さまざまな分野別での「平均年齢による関連情報」についてご紹介します。


日本の平均年齢

日本の平均年齢・計算方法・勤務者の平均年齢・転職可能・推移

日本の平均年齢について調べたことがあるでしょうか。昨今から日本は「長寿国」としてかなりの先進国と見なされる傾向にありますが、現代の日本人口比率における平均年齢は「46.35歳」と言われており、これは2015年統計によっては最高年齢として認められています。

つまり、それだけ「日本国民の平均寿命が伸びてきている」ということで、医療の躍進や生活水準の進歩がかなり高い位置にあることが判明したと言えるでしょう。

世界各国の平均年齢も向上

先述での「日本の平均年齢」に引き続き、世界各国での平均年齢についてですが、これについて調べてみても非常に興味深い年齢区別が見受けられます。日本に次いで平均年齢が高いとされる国はイタリアで、その平均年齢は「45.91歳」とかなり日本に近い平均年齢となっています。

次に平均年齢が高い国はドイツであり、その平均年齢は「45.89歳」とこれまたイタリアの平均年齢と僅差の形で認められます。その次はポルトガルで、平均年齢は「43.91歳」と少しイタリアやドイツからは離れますが、それでも40歳を超えている平均年齢として認められます。

平均年齢の計算方法

日本の平均年齢・計算方法・勤務者の平均年齢・転職可能・推移

基本的に「平均年齢の計算方法」として扱われている計算法は、「平均年齢=年齢の和数をその年齢を提示した人数で割った数値+0.5」という算出法の形になります。

この「0.5」という数字は「享年」などでも表されているように、「人は誕生日を迎えてからその次の誕生日までの年齢が加算されることになるため、端数が平均年齢にオートで加味されることになります。この端数部分の数値を「0.5」を足すことによってあらかじめ相殺しておき、いわゆる四捨五入の形で算出することになります。

職種別勤務者の平均年齢

現代の日本では実に多くの職種が認められ、各職種における社員の平均年齢も年々変動してきています。この平均年齢を算出する場合でも基本的には先述でご紹介しました「平均年齢=年齢の和数をその年齢を提示した人数で割った数値+0.5」という算出法が用いられますが、場合によっては企業別の雇用形態の加減で算出法が変わってくることもあります。

企業や会社

会社や企業に勤めているいわゆる「サラリーマン」の平均年齢についてですが、このサラリーマンが所属する会社の形態というのは実に多くあるため、まずはその企業間の線引きがむずかしくなることでしょう。

一般的に言われるサラリーマンの平均年齢は「35.6歳」と言われており、かなり「若い社員」がその年齢層を占めていることがわかります。少子高齢化時代と言われてはいますが、まだまだ少子化による煽りを受けている企業は少なく、ほとんど会社では20代から30代の若年層が働いている現実が見られます。

保育士

保育士の平均年齢についてですが、現在では保母さんや保父さんといった「男性・女性」の比率が平均化されてきている実情もあるため、ここでご紹介する平均年齢は「男性・女性を混合した保育士の平均年齢」という形になります。

一般的に保育士として働いている従業員の平均年齢は「34.8歳」と言われており、この場合でもサラリーマンと同じく少子高齢化による影響はほとんど受けておらず、従業員はほとんど「20代から30代の若年層」であることがわかります。

役員

役員というのはいわゆる「社長」、「部長」、「課長」などをはじめとする、いわゆる「役職に就いている社員」のことを指すため、この場合の平均年齢はかなり高くなることが予想されます。

役員として働いている社員の平均年齢は一般的に「社長の場合で61.1歳」、「専務取締役として従事している場合で57.8歳」、「常務取締役として働いている場合で58.7歳」、「取締役として働いている場合で58.3歳」となっています。

やはり取締役として働いている場合は「それなりの実績・キャリア」が必要となるため、若年層での所属・従事という傾向はほとんど見られません。

ソフトバンク

いわゆる大手携帯会社としてその名を馳せている「ソフトバンク」ですが、このソフトバンクで働いている社員は比較的若年世代の若者である場合が多く、確かに支店によってその平均年齢は変わりますが、日本全国規模の視点で見た場合には「30代であること」がわかっています。

一般的に統計によって算出されているソフトバンクで従事する社員の平均年齢は「31.9歳」とされており、やはり大手携帯会社である分、若手の進出がかなり目立っていることがわかります。

ソフトバンクだけではなくコンピューター関係に従事しているその他の企業でも、その平均年齢は「30代」と若い平均年齢が算出されている傾向があります。

NECなど

日本の平均年齢・計算方法・勤務者の平均年齢・転職可能・推移

いわゆる大手電機メーカーのNECの平均年齢についてですが、やはり先述しました「ソフトバンクに従事している社員が若年世代が多い」ことと同じく、このNECの場合でもその平均年齢がかなり低いことが予想されます。

日本電気(NEC)で働いている社員の平均年齢は一般的に「43.0歳」と言われており、ソフトバンクをはじめとする大手携帯会社から見ると若干世代が上がりますが、それでも「40代前半」というのはまだまだ若年世代が活躍している傾向が見られます。

タクシードライバー

タクシードライバーに従事している人の特典としては「法的に定年制度が設けられていない」という点で、その事実もあるため「タクシードライバーとして働く人の平均年齢」はかなり高いことが予想されます。

一般的にタクシードライバーとして従事している人の平均年齢は「58.4歳」とされており、やはり定年してからこのタクシードライバーとして働いている傾向も多く見られるため、その平均年齢がかなり高くなる事実はきわめて自然と言えるでしょうか。

大学教授

Bottom banner

大学教授として働こうとする場合にはまず、「40代でなければ従事することはできない」とあらかじめ法律によって決められた規定条件があるため、その平均年齢は確実に「40代以上になること」がわかります。大学教授になる前には准教授や大学教授助手として働くというキャリアが必要となるため、いきなり大学教授になれるということはありません。

大学教授として従事している人の平均年齢は一般的に「57.0歳」と言われており、やはり「60代に近い年齢」ともされるかなり高い平均年齢が認められます。

用務員

用務員というのは一般的に「学校や会社などにおいて雑務・雑用に携わる従業員」のことを指すため、この用務員として働いている人の実情に配慮する上でもタクシードライバーと同じく、「定年後に働く人」や「転職した後に就職する人」などといった「平均年齢が高くなる傾向」が自ずとうかがえます。

用務員として働いている従業員の平均年齢は一般的に「55.8歳」とされており、やはり正規職員・社員として働いている人たちの平均年齢と比べてかなり高い平均年齢となっています。

守衛

守衛というのは主に「建築物・公共施設などの警備をしたり、その建物へ出入りする人を監視・管理をしたりする用人」のことを指すため、この守衛の職種に携わる人の経緯に配慮する場合でも用務員と同じく「ある程度のキャリアを積んだ後で就職する」といった平均年齢が自ずと上がる傾向が見受けられます。

守衛として働いている人の一般的な平均年齢は「56.9歳」と言われており、やはりどこかの会社に勤めてから中途採用の形で就職する経緯が多く見受けられます。

ボイラー工員

日本の平均年齢・計算方法・勤務者の平均年齢・転職可能・推移

ボイラー工員というのはいわゆる「ブルーカラー職」という呼称で呼ばれることもあり、ビルメンテナンス、警備、運輸業、組み立て工員、溶接工などで多く見られるクラフト(技術工員)の部類に含まれるエンジニアを指す職種名となります。

一般的にこのボイラー工員として働いている人の平均年齢は「52.7歳」と言われており、この場合も中途採用などで就職した人が多いことと、ある程度の熟練した技術を持ち合わせている人がどうしても「ベテラン技士に多いこと」などが大きく影響している傾向が見られます。

ビル清掃員

いわゆるビル清掃員というのは「清掃員」や「ビルメンテナンス工員」などと呼ばれることが多く、特に特定の区域のビル清掃を定期的に受け持つ「アルバイト・パート・派遣社員による業務」として認められています。

一般的にこのビル清掃員・ビルメンテナンス工員として働いている人の平均年齢は「49.5歳」と言われており、この場合でも何らかの事情によってそれまで勤めていた会社を退職し、その後にビルメンテナンス工員として働くことになったという中途採用のケースが非常に多いことが考えられます。

洋裁師

洋裁師・洋裁工員というのはその名のとおり「生地からさまざまな衣類・家具製品などを生産する職業に就く人」のことを指し、たとえば歴史を俯瞰してみる場合、この洋裁師の仕事というのはかなり広い分野で活躍した職種として認められます。

一般的にこの洋裁師として働いている人の平均年齢は「53.0歳」と言われており、戦後頃から現代に至るまでさまざまな発展・進歩・躍進を遂げてきた洋裁師の職種ですが、現代でも多くのベテラン技士たちが活躍する「クラフト職」として認められています。

マイホームを購入する平均年齢

マイホームを購入する人の平均年齢についてですが、マイホームというのは当然「マンションやアパート」などと違い「一戸建ての家」を指すことになるため、それなりの社会的地位の充実度や年収の高さなどが問われます。つまり、若年世代でマイホームを購入するケースは非常に珍しいということです。

マイホームを購入する人の平均年齢は一般的に「40.1歳」と言われており、ある程度の貯蓄を持った人がやはり一戸建てを購入するというケースが目立っています。このケースは過去から現代を俯瞰する上でもそれほど変わりませんが、やや昔に比べて現代の方が平均年齢は上がっているとされています。

転職が可能な平均年齢

転職が可能な平均年齢についてですが、これは「転職する人個別」によって変わってくるため、一概に「○歳」とは言えません。しかし一般的に言われている転職する人の平均年齢は「33歳前後」と言われており、この平均年齢は過去の日本における転職状況から見て「次第に下がってきている」と言われています。

平均年齢の推移

日本の平均年齢・計算方法・勤務者の平均年齢・転職可能・推移

わが日本における平均年齢の推移についてですが、この平均年齢の統計というのはだいたい「過去10年間」を目安に算出されることが多く、10年単位での平均年齢・平均寿命の割り出しが一般的に行われています。

まず1990年頃から2016年頃までの日本人口の平均寿命を見る上では「年々向上していること」がわかり、1990年の平均寿命が「81.90歳」だったのに対し2016年では「87.14歳」にまで向上しています。

この平均寿命に比例する形で平均年齢も上がってくるため、先述でご紹介しました日本人口の平均年齢が「46.35歳」というのも自ずと頷ける年齢値となるでしょう。今後においてはさらに平均年齢が上がることが予測され、その土台としては平均寿命が向上していることが認められます。

日本の平均年齢を正確に把握しましょう

日本の平均年齢・計算方法・勤務者の平均年齢・転職可能・推移

いかがでしたか。今回は「日本の平均年齢・計算方法・勤務者の平均年齢・転職可能・推移」と題し、「日本の平均年齢・計算方法・勤務者の平均年齢」についての詳細情報のご紹介をはじめ、さまざまな分野別での「平均年齢による関連情報」についてご紹介しました。

一国の人口の平均年齢を調べる際には、まずその国の「平均寿命」を算出しておくことが第一ステップとなり、その平均寿命の伸び率によって「平均年齢も比例する形で変動する」ということを把握しておきましょう。

日本の平均年齢は平均寿命の向上とともに確実に伸びてきており、今後の伸び率においても医療や生活水準の向上によって益々飛躍することが予想されます。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人