Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

就職時の職種の正しい選び方・失敗しないポイント・必要な目線

就職時の職種の正しい選び方・失敗しないポイント・必要な目線

皆さんこんにちは、今回は「就職時の職種の正しい選び方・失敗しないポイント・必要な目線」と題して、「就職時の職種の正しい選び方・失敗しないポイント」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「離職時の職種選びを踏まえた就職方法」を具体的にご紹介します。


離職前に必要な知識について

就職時の職種の正しい選び方・失敗しないポイント・必要な目線

離職する際には必ずしておかなければならない3つの項目があります。まず1つ目は「次の職種をある程度でもよいので見つけておくこと」、2つ目は「離職するための手続き円滑に進めること」、そして3つ目は「次の職種を見付けるための方法を取得しておくこと」です。

特にまず2つ目の「離職するための手続き円滑に進めること」というのは、離職を決めた時点から職場で始めておかなければならないことであるため、できるだけ早くそれについての知識を持つようにしておきましょう。

退職届の提出のタイミング

これは会社で働く人すべてに言えることですが、離職する際には「前もってきちんとその離職する旨を上司・会社側に伝えておく必要」があります。そしてその離職の旨を伝えるタイミングは最低でも「3か月前」であることを確認しておきましょう。

特に役職に就いている人であれば(会社にもよりますが)基本的に「半年前に離職の旨を伝えておき、その間に、その人が離職してもよいようにそのポストの穴埋めをしておくこと」が大切になります。

つまり、上位の役職に就いている人であればあるほど、離職時にはその分の穴埋め作業があるため、「離職する際にその旨を伝えるタイミングが早くなる」ということになります。

まだ働いているうちに次の職種を検討する

先でもご紹介しましたが、離職する際には「まだその職場で働いているうちから、次の職場をどこにするかについて検討しておくこと」が大切になります。つまり、その会社を辞めても次の会社・職場へスムーズに移行するための準備をすることになります。

この方法として一般的に多く見られるのは「ハローワークでの仕事の検索」や「インターネットによる職種の検討」などで、つまり会社帰りでも自宅にいるときでも「手軽にできる職種探し」をするという身近な職探しの形となります。

離職票の確保

就職時の職種の正しい選び方・失敗しないポイント・必要な目線

次に「離職票の確保」についてですが、離職票というのは「次の会社・職場に移行するための必須アイテム(書類)」となるもので、この離職票がなければ「まだその人は前の会社に所属している」と世間において認識されることになります。

つまり「離職票を確保していること」によって前の会社を辞職していることが明らかとなり、その離職票を所有していることによって「次の会社に所属できる資格」を持つことになります。

離職票が交付されることによって、前の会社で加入していた雇用保険の名義を「次の会社で使う雇用保険」の名義とすることが可能となるため、この離職票の確保は確実に行なっておきましょう。離職票はどの会社・職場でも、必ず離職時に会社から手渡されます。

離職前には次の職種のめどをつけておく

先述しましたが、「離職前から次の職種についてのめどを立てておくこと」は大切で、このめどを早期に立てておけば、離職した後でもスムーズにハローワークやインターネットでの職種検索を行なうことができるでしょう。

離職してから「次の職種」を探す場合も確かに多く見られますが、その場合は「自分にとってどんな職場がよいか」ということへの疑問と不安が以前より増しやすく、それによって気疲れ・焦りにつながってしまうことも多々あります。

インターネットの利用

就職時の職種の正しい選び方・失敗しないポイント・必要な目線

離職してから次の職種を探す場合、やはりインターネットを利用して職種を検索する方法が最も手っ取り早く、さらにじっくりと「自分に適した職種」を見付けられやすくなるでしょう。


たとえばハローワークで職種を探す場合でも、必ず職員はインターネットを利用して職種を検索してくれ、その場で「最適な職種」や「自宅から最寄りの職種」など、いろいろな分野での職種検索を行なってくれます。

その職種検索をあらかじめ自分で行なっておくことにより、ハローワークでの職種選びの負担を少しでも軽減しておき、その分、「具体的な職種選び」が可能になるでしょう。この場合でも職種の選び方は「就職した後でも無理のないペースでできる仕事」を選ぶことが大切です。

ハローワークの活用

ハローワークでの職種の選び方はいくつか方法がありますが、まず最も多い選び方は「その人の能力に見合っている職種の選び方」、「自宅から近く、就職後でも無理なく通勤できる職種の選び方」、また「この職種であれば実力をさらに伸ばせるだろうと想定される職種の選び方」などでしょう。

もちろん自分で職種の選び方を学んでおき、とにかく「自分の能力や性格に適した職種選び」をすることが最善の策となるため、他人任せの職種の選び方ではなく、「自分本位での職種の選び方」を常に心に留めておきましょう。

求人票で見るべき3つの点

ハローワークで職種を検索する場合、誰でも必ず「求人票」という物をもらいます。これは、ハローワークで特定の会社・職場を紹介してもらうための公式書類となるため、確実に取得しておく必要があります。

この求人票には主に「特定した会社の基本情報・採用人数・アクセス方法・仕事内容」などが記載されており、つまり「その会社で主に行なう仕事の方法や、具体的な仕事環境など」が明記されている書類となります。

この書類の中で注目すべき点は主に3つで、1つ目は「自宅から職場までの距離が近いこと(通勤できる範囲であること)」、2つ目は「仕事内容が自分の能力に適していること」、3つ目は「シフト体制に無理がないこと」でしょう。これらの情報を元にして、自分に見合った職種選びを工夫しましょう。

就職時の職種の正しい選び方

就職時の職種の正しい選び方についてですが、この場合で特に注目すべき点は「以前に勤めていた会社での仕事と、そうかけ離れていない仕事を見付ける職種の選び方」と、「これまでしてきた仕事とはまるで違う職種でも、自分が一度はやってみたかった職種の選び方」の2点の視点を持つことです。

就職するということは「その後も勤続する職種を見付ける選び方」に直結するため、離職後からずっと働いていける職種を特定できる選び方でなければなりません。そのための情報収集をまず心がけておき、自分にとってその後もずっと勤続できる「最適の職種を見分ける選び方」をしましょう。

合同企業説明会に参加する

離職時に多く勧められるものに「合同企業説明会への参加」というのがあり、これは「多くの企業が集まって仕事内容の説明会が行なわれ、そこで興味のある職種が見付かった場合はその場で面接し、その後の選考に進める」というありがたい機会・場所となります。

この合同企業説明会でもまず「自分の能力や性格に適した職種の選び方」を忘れず、とにかく「勤続できる職種の選び方」をもって将来設計のための糧とすることが大切になります。

仕事内容を見る

Bottom banner
就職時の職種の正しい選び方・失敗しないポイント・必要な目線

この「仕事内容を見る・確認する」というのは、先でもご紹介しました「合同企業説明会」の折りでもハローワークで職種を見付ける際でも同じく、「就職後もずっと続けていける職種の選び方」に直接つながる大切な要素となるため、就職活動時はいつでも心がけておく必要があります。

いくら就職が決まったからと言って、自分の能力に適しておらず、勤続できなければ意味がありません。そのため、離職後から就職するまでの職種の選び方は非常に重要な項目となり、特定の会社を見付けた場合はその会社の「事前調査」をしっかり行なっておくことが大切です。

実際に働いてみる

多くの場合、就職活動時には「体験入社」というものがあるため、この体験入社を利用して「その職場が本当に自分に適しているかどうか」を確認することも、特定の会社・職場を見付けるためのベターな方法となります。

この「実際にその職場で働いてみる」という経験によって、その後の職種の選び方にも大きな影響が得られる場合が多く、その「よい影響」によって「その後の自分にとって最適の職種・職場の発見」にもつながっていくことになります。

アルバイトでの経験を参考にする

就職といっても、それまでにしていたアルバイトで経験してきたことを生かせる内容が多々あります。アルバイトの場合でも「1つの会社・職場に所属して、そこで課される仕事に勤続していること」には変わりなく、就職して働く内容と環境的には同じになります。

就職するまでにいろいろなアルバイトを経験してきた人はやはり特典が多く、そのいろいろなアルバイト先で経験した仕事内容を参考・流用することによって、いまだ知らない職種であってもそれがどのような仕事内容であるかが自ずとわかる場合が多いでしょう。

目先だけを考えない

就職活動時、離職後の職種の選び方を考慮する場合には、とにかく「目先の利益や特典だけに注目しないこと」が大切で、たとえ「一流企業でブランドがあり、そこで働くことができればどんなにいいか」と夢見た際でも、「その就職後に、本当にそこで勤続できるかどうか」が確認できなければ、就職してもまったく意味をなさないことが多々あります。

つまり、一流企業に就職できてもたとえば「3日で仕事について行けずに辞めてしまった場合」は、かえって他の企業で勤続できた方に特典が認められることになります。この場合も「自分にとって最適の職種の選び方」を常に持つことの大切さが問われ、とにかく焦って職種を選んでしまわないように注意することが重要となります。

譲れる条件と譲れない条件を選別

ハローワークで職種を選ぶときでも、インターネットを利用して職種を検索する場合でも、「あらかじめ自分にとって、これだけは叶えておきたい」という職種に対する希望を決めておきましょう。

たとえば「給料は○万円以上」や「自宅から30分圏内の仕事場」、あるいは「デスクワークだけを希望する」や「肉体労働を希望して、デスクワークは絶対しない」など、自分にとって「この方法・環境であればその職種を続けることができる」という確固とした指標を決めておくことが大切です。

この指標も持ち方1つによって、その後の職種の選び方も大きく変わり、やがては離職後の職種の選び方がかなりハイレベルな選び方になる場合も多々あります。

就職時の職種の選び方で失敗しないポイント

就職時の職種の正しい選び方・失敗しないポイント・必要な目線

「就職時の職種の選び方で失敗しないポイント」についてですが、まず「自分にとって勤続できる最低条件」を決めておくことが大切です。先述しましたように、「給料は○万円以上」や「自宅から30分圏内の仕事場」、あるいは「デスクワークだけを希望する」などといった、「自分が続けられる職種の条件」をきちんと持っておきましょう。

このように、指標・目標をはっきり明示しておくことによって、離職後から再就職するまでの期間でも「次の職種選び」に目標のブレが生まれず、初めから希望していたとおりの(あるいはそれに近い)職種の選び方ができるようになるでしょう。

就職で職種の選び方に必要な目線

就職時の職種の正しい選び方・失敗しないポイント・必要な目線

まず離職後から再就職に向けて必要な目線としては、「次の職場で必要な能力・スキル・資格」などに配慮しておくことが大切です。たとえば以前の職種が介護福祉士であり、その次の職種が図書館司書であった場合、介護福祉士と図書館司書では「必要となる資格」がまず違い、その仕事内容も大きく変わってきます。

このように、離職前後の職場の情報や環境をしっかり熟知しておき、「新しい職場で必要とされる能力や資格の差異」を埋められる視点を持っておき、その視点によって得られる「必要な情報・作業」を満たしておくことが大切になります。

自分の能力に適した就職先の選び方

先でもご紹介しましたが、効率のよい新しい職種の選び方はまず「自分の能力に最適の職種を見付けること」にはじまり、その次に「その職場で仕事をしてもずっと続けていけるかどうか」を事前に確認しておくことです。

この点では「アクセス方法」も非常に重要なポイントとなり、いくら「自分の能力に最適の職種」を見付けられたとしても、その職場が自宅から2時間・3時間も離れていたのでは、勤続する際に大きな障壁になってしまう場合もあります。

これらの障壁をなくしておくためにも、事前に「自分にとって最適の職場」の情報収集を徹底し、「必ず無理なく続けられる職種の選び方」を習慣付けておくことが大切です。

就職時は理想と現実との差をしっかり認識する

就職活動時にはよく「理想は高く持て」などというキャッチフレーズを聞かされるものですが、しかし「自分の能力に適していない職場」や「通勤する際にとても困難な状況が生まれてしまう職場」に就職したのでは、その後の会社生活に大きな支障をきたしてしまうことになってしまいます。

つまり、「理想的な職種を先に選んでいても、その職種・職場でマイペースをもって働いていけるか」という現実的な視点を持つことを忘れず、いつでも「現実においてその職種・職場が自分にとって最適であるかどうか」に配慮しておくことが大切になります。

この「理想」と「現実」とを斡旋することも、正しい職種の選び方においては大きな必要事項となります。

離職時の正しい職種の選び方を熟知しましょう

就職時の職種の正しい選び方・失敗しないポイント・必要な目線

いかがでしたか。今回は「就職時の職種の正しい選び方・失敗しないポイント・必要な目線」と題して、「就職時の職種の正しい選び方・失敗しないポイント」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「離職時の職種選びを踏まえた就職方法」を具体的にご紹介しました。

離職というのは一般的に誰にでもその機会が訪れ、また離職後には「次の職種・職場の正しい選び方」が求められ、その離職後も「ずっと働き続けられる職場選び」を実践していくことが必須の方法として認められます。

この「正しい職種の選び方」をマスターするためにはまず、「理想とする特定の職種・会社の基本情報」を前もって調査しておくことが大切であり、その上で「自分の能力や性格に見合った職種」であることを見極めることが重要になります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人