Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

安定企業の特徴・ランキングTOP3・就職する方法・見分け方

安定企業の特徴・ランキングTOP3・就職する方法・見分け方

就職や転職活動の際に、安定企業であるかどうか大きなポイントになるでしょう。今回は安定企業の特徴や見分け方、ランキング、都道府県別の安定企業などをご紹介していきますので、安定企業への就職を希望する人は是非参考になさってください。


安定企業の特徴って何?

安定企業の特徴・ランキングTOP3・就職する方法・見分け方

就職するなら安定企業にしたいと誰しも思う事でしょう。就活を機に安定企業に照準を絞って調べるという人も多いのではないでしょうか。そもそも安定企業とはどの様な企業について当てはまるのか、どの様な企業のことを安定企業というのかをまずは把握しておきましょう。

「安定企業」のイメージ

まず思い浮かぶのは、「大手」で「名前が知れた会社」を安定企業と感じるでしょう。実際に政府系機関や公務員の他、大手のグループ会社は潤沢な資産がバックにあるため、子会社や関連会社が万が一の際の受け皿になるので、比較的安定していると言えます。

その他業界でいうと金融業界は他の業界よりも安定している傾向にあり、電気・ガス・水道や鐡道などの各種インフラ系の会社も安定していると言えるでしょう。生活に密接に関係しており、なくてはならないものを商品として扱っている会社は他の業界に比べて潰れたり倒産したりという事が少ないのが特長です。

その他皆が良く知っている大手企業、つまり各業界のTOP3は比較的安定しています。経営が傾くことはあってもすぐに倒産という事がなく、転職や退職も急かされることがないため、安心して働くことができます。

定義するとしたら?

安定企業を定義するとどのようなものになるでしょうか。何をもって「安定」とするかですが、一般的に言う「社員の勤続年数」や「会社の創立年数」に加え、「世の中の流れについていける」企業のことを安定企業といえるでしょう。

世の中のニーズは刻一刻と変化していきますし、顧客があってこその会社です。前述のインフラ系や金融系が安定企業と呼ばれる所以もここに起因します。つまり、人々にとって間違いなく必要なものだから会社がなくなりません。反対にニーズに対応できなくなる会社は存続しないと言えます。

よって、グローバル化に対応できる能力、顧客のニーズの変化を敏感に察知・分析し提供していく能力を兼ね備えている会社が安定企業であると定義することができるでしょう。

安定企業ランキングTOP3はこちら

安定企業の特徴・ランキングTOP3・就職する方法・見分け方

次に、安定企業ランキングTOP3を見ておきましょう。以下のようになっています。

会社名特長
3位ソニー世界に進出している。事業の多様化。世界的に知名度がある。
2位グーグル知名度が高い。社員への待遇が良い。将来性がある企業。
1位トヨタ自動車世界でも知られている日本の代表企業。将来性がある。給料が良い。

共通している点をチェックすると

「安定している」「知名度がある」「事業に将来性がある」「待遇が良く働きやすそう」といった理由からランクインしている企業です。いずれも人々にとってなくてはならない商品を扱っており、従業員数、創立年数、ニーズ対応力において申し分ない企業で、転職先としても人気を集めています。

安定企業へ就職・転職する方法!

安定企業の特徴・ランキングTOP3・就職する方法・見分け方

では、安定企業に就職・転職するはどのように対策していけばよいのでしょうか。当然のことながら企業研究をしっかり行う必要がありますが、その際のポイントをお伝えしていきます。安定企業かどうかを知るポイントとして経営状態のチェックがあげられます。

離職率が高すぎないか、経営方針がしっかりとしているか、商品やサービスの展開が新しくニーズに即したものになっているか、若手をどんどん起用し、重役に就かせているか、どのような企業と取引をしているかをチェックしましょう。先輩社員やWEBサイトから得られる情報をまとめておくと良いでしょう。

大手でも中小企業でも、どの様な理念を会社が持っているのか、そして人はどうであるかをきちんと把握することで安定企業を選ぶ力が育まれます。また、自己PRもまとまりやすくなるので、企業研究を念入りに行ってください。

志望動機の書き方は?

自分が学生時代にどのような成果を上げたかを連ねても人事の心には響きません。自分が努力してきた事でどのような能力を得て、それを会社にどう活かしていきたいかをアピールする必要があります。つまり、自分にはどのような力があるかを積極的に伝える必要があります。成し遂げたことはそのおまけにすぎません。

転職の際も同じで、自分が積み上げてきた実績をアピールするばかりではなく、持っている能力を会社にどう還元していけるかをアピールしていきましょう。人事は人柄を見ていますので、コミュニケーション力や判断力、情報収集能力があることを積極的にアピールしてください。

上記の能力は世の中のニーズに柔軟に対応し、会社を長く存続させていける人材を育てるために必要な能力だからです。

採用されるポイントは?

前述のとおり、培ってきた能力をどのように会社で活かしていけるかをアピールすることです。特に歓迎される能力としてはコミュニケーション力や情報収集能力です。転職の場合はそれ加えて社会人としてのマナーや前職での実績も重要となり、今までの頑張りをしっかりと伝えていきましょう。

安定企業の見分け方が知りたい!

安定企業の特徴・ランキングTOP3・就職する方法・見分け方

安定企業への就職方法についてお伝えしてきましたが、実際に安定企業の見分け方にはどのようなポイントがあるのでしょうか。いわゆるブラック企業と比較しながら、それぞれ項目を分けてみていきます。

安定していない(ブラック企業)の特徴

四季報など、第三者が提供する情報において離職率が高い、昇進率・昇給率が低いなどの会社は要注意です。給料に関する記載に幅がある場合(例350万~800万)も注意が必要で、若手がやめてしまい、上の立場の人ばかりが残っている可能性があります。

また会社説明会で精神論を強く説いて来たり、若手社員ばかりの先輩社員が多いところもブラック企業である可能性があるので注意しましょう。先輩社員が労働時間に関する質問に答えたがらなかったりする場合は赤信号です。

求人の特徴は?

ホームページなどで求人期間が異様に長い場合は警戒しましょう。いつまでも人が集まらなかったり、激務ゆえに人がすぐにやめてしまっている可能性があります。しっかりと新卒の就職活動期間に合わせた募集期間を定めていたり、転職者向けのサイトに期限を設けて掲載しているか確認しましょう。また、前述のとおり給料の幅が大きい場合も注意して下さい。

選考への時間のかけ方

Bottom banner

安定企業の場合は内定までの道のりが慎重です。その会社を担っていく人物を採りたいと考えていますので、順を追って先輩社員や人事担当の上層部、役職面接へと慎重に進んでいきます。面接以前に学力試験と一般常識試験を兼ね備えた試験があり、試験を突破した者のみ面接へと進むことができるという流れです。

面接は平均4~8回程行われる場合があり、会社毎に異なるので注意して下さい。

反対にブラック企業と呼ばれる企業は内定までの道のりがやたら短く、すぐに内定が出ます。その後の拘束が厳しく、他の会社へ行かせないように囲い込みをするケースもあるため注意しましょう。

株価はどう見る?

安定企業と株価の人気(安定株・人気株)は必ずしも一致するとは限りません。大手会社の株は人気株として購入されることが多いのですが、業績が下がると一気に投資家たちから手放されることがあるため、株価が上がっているから安定企業、またはその逆とは言えないでしょう。

たまたまその時のトレンド商品を開発・提供している会社の株価は急激に伸びますが、一気に下がることもあります。業績が停滞した際にも同様のことが言えます。株価は投資家たちが常に目を光らせており、敏感に動くものであることから、安易に株価の動きのみで安定企業を判断することはできません。

残業代や休暇等の提示

この部分はしっかりと公開しているかどうか、または先輩社員が隠さずに話してくれるかをしっかり確認しておきましょう。安定企業と呼ばれる会社であるほどしっかりと休暇を取らせる傾向にありますし、勤怠管理もしっかりと行っています。ホームページなどで記載されている情報に加え、先輩社員の生の情報をぜひ入手してください。

ブラック企業に勤める先輩社員の話においては休暇や残業の話はタブー視される傾向にあるので、ここでの情報はとても重要です。

都道府県別安定企業一覧をチェック

安定企業の特徴・ランキングTOP3・就職する方法・見分け方

それでは最後に、都道府県別に安定企業をチェックしていきましょう。各都道府県にどのような会社があるのか参考にしてみてください。

大阪

安定企業の特徴・ランキングTOP3・就職する方法・見分け方

りそなホールディングス、日本生命保険、ダイキン工業、オリックス、シャープ、サントリー、日本ハム、東レ、旭化成などの会社があげられます。いずれも業界のトップに数えられる会社です。

広島

マツダ、アヲハタ、オタフクソース、エブリイホーミイホールディングスがあげられます。エブリイホーミイホールディングスは地元密着のスーパーマーケットを経営している会社で、食の総合プロデュースグループとして多様な取り組みを行っていることで人々に必要とされつつも時代の流れにうまく対応しているのが特長です。

福岡

TOTO,西鉄グループ、お仏壇のはせがわ、レベルファイブ、ブリヂストン、ケンコーコムなどがあげられます。レベルファイブは「妖怪ウォッチ」など子供をターゲットにアニメやゲームなどを手掛け、エンターテイナー先駆けとして君臨している会社です。子供からの支持を得ることは大きな業績アップにつながり、躍進は止まりません。

神奈川

ファンケル、日産自動車、江ノ島電鉄、豊島屋、横浜銀行、タカナシ乳業などがあげられます。鎌倉などの観光地が多い神奈川県ならではで、豊島屋や江ノ島電鉄などの観光により確固たる地位を築いている会社が目立ちます。「古き良き」を守ることでも安定企業として存続できることを証明している会社です。

東京

伊藤忠商事、大塚ホールディングス、三菱電機、野村ホールディングス、日本電産、ヤフー、オリエンタルランド、ソニー、三井不動産、みずほフィナンシャルグループ、トヨタ自動車、NTTドコモ、デンソーなど、日本を代表する多くの会社が東京に集結しています。各業界TOP3はほぼ東京に集約されているといっていいでしょう。

各都道府県で特徴ある会社が多数ありましたが、それぞれ世の中の動向を良くみていることがわかります。私たちは社員勤続年数や創立年数だけで判断するのではなく、多角的にみて安定企業であると判断しなければなりません。

企業研究をしっかりと行って安定企業を目指そう!

安定企業の特徴・ランキングTOP3・就職する方法・見分け方

いかがでしたでしょうか。安定企業についてさまざまな角度から見てきましたが、安定企業であると判断するためにはその企業をしっかりと知ることが一番重要です。就職や転職の際には説明会やホームページの情報をフルに活用し、安定企業を見分けていきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人