Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

大型二種の合格率・学科試験・卒検・一発・難易度と対策方法

大型二種の合格率・学科試験・卒検・一発・難易度と対策方法

大型二種の免許取得の合格率は何%ぐらいでしょうか。一つ一つの試験の内容はどんなものなのか順を追って見ています。大型二種を取得するにはどうしたらいいのか、教習所に行くべきかどうかを書いていますので是非ご参考にしてください。


大型二種とは

大型二種の合格率・学科試験・卒検・一発・難易度と対策方法

大型二種とはバスやタクシーなど乗客させて走らせる時に必須の免許です。正式名称は大型自動車第二種免許です。ここでは大型二種と略させて頂きます。

私たちが普段家で乗る自家用車では、第二種免許を取らなくても家族を乗せたりできますが、バスやタクシーなど、乗客を乗せて走らせる旅客運送の場合に第二種免許が必須になります。

簡単に言うとお客さんを乗せてお金をもらう仕事の場合は、第二種免許が必要ってことになります。最近では、運転代行の業務をする場合も第二種免許が必要ということになります。

ここでは、第二種免許の中でも大型二種の免許取得についてみていきましょう。

大型二種の免許を取るには

大型二種の合格率・学科試験・卒検・一発・難易度と対策方法

大型二種の運転免許を取得するには、指定自動車教習場で卒業検定に受かり学科試験を受ける。もしくは技能検定と学科試験どちらも飛び込みで受けに行く方法があります。大型二種の合格率は普通自動車免許の合格率より下がります。いかに難しいかはこの後説明します。

次に、大型二種の取得条件をあげてみます。

大型二種の免許取得の条件

大型二種の免許取得にあたっては以下の条件があります。
21歳以上であること
他の第二種免許を現にもっている、または大型第一種、中型第一種、準中型、普通第一種、大型特殊第一種免許のうちいずれか通算して3年以上であること。ただし免許停止期間は除きます。

ちなみに大型二種の免許を取ると免許証には大二と記載されます。ほとんどの車に乗れることになりますが、けん引は別の免許が必要なのでけん引や特殊車両以外はほぼ乗れることになります。ただし大型二種でも自動車限定で大型自動二輪は乗れません。

指定自動車教習所がおすすめ

指定自動車教習所がおすすめな理由は、大型二種の試験が非常に難しいからです。

第一種免許に比べると乗客の生命を預かり、また公共の安全を一種免許以上に注視する意味において、特に技能試験の合格点が80点以上と採点内容の基準が高くなっているために合格率が下がっていますので、教習所に通う方が確実でしょう。

大型二種の合格率

大型二種の合格率・学科試験・卒検・一発・難易度と対策方法

大型二種の合格率は指定教習所に通わずに飛び込みで試験を受けた場合は、約1割程度の人しか受かりません。つまり合格率が10%以下になります。それだけ技能試験が難しいです。

第一種運転免許、仮免許の技能試験は70点以上です。大型仮免許・中型仮免許の技能試験は60点以上なのに、大型二種の技能試験は80点以上となっており非常に厳しく設定されてます。

全体の合格率は30%~50%

大型二種の合格率は一発試験と指定教習所に通った人、免許失効から取り直した人、中型一種を持っていて大型二種を受けた人、全ての人の統計で出した合格率は30%~50%程度になっています。

平成14年度以前よりは合格率が上がっています。平成14年度に道路交通法改正で、普通免許のように大型二種も指定教習所で取得できるようになったからです。

大型二種の試験科目

大型二種の合格率・学科試験・卒検・一発・難易度と対策方法

それでは、大型二種の試験内容について見ていきましょう。試験内容については以下の3つの科目からなっています。
・適性検査
・学科試験
・技能試験

以上から構成されています。

適性検査

適性検査とは学科や技能を受ける前に運転するにあたって必要最低限な適正テストです。

視力

大型、中型、準中型自動車およびけん引と同じく全ての第二種免許において片目0.5以上、両目で0.8以上となっています。普通免許や大型特殊免許と比べると基準がやや高めになっています。

深視力

深視力とは立体視における遠近感、立体感を測る視力検査です。3回の検査のうち平均誤差2cm以下でないといけません。

色彩能力・聴力 ・運動能力

上記2項目に加えて、色彩能力・聴力 ・運動能力の5項目です。

学科試験

Bottom banner

学科試験はマークシート形式で95問になっています。そのうち文章問題90問で、イラスト問題5問です。合格基準は90点以上になります。第一種の学科試験に比べると応用問題が多く、難易度も高くなっています。また、第二種運転免許に関わる運転区分に関する問題も数多く出題されます。

学科試験は他の第二種免許を取得している場合は免除されます。

技能試験

技能試験は指定自動車教習所で行う卒業検定と基本的に同じです。特に技能試験における合格点は80点以上と採点内容の基準が非常に厳しくなっています。技能試験の試験車に関しては、大型第二種用の車は車長11メートルで乗車定員30人以上のバス型の車両となっています。

大型二種の学科試験の合格率

大型二種の合格率・学科試験・卒検・一発・難易度と対策方法

大型二種の学科試験の合格率は割と高めです。学科試験は勉強し理解すればそこそこ点数の取れる試験です。ただ試験内容は騙されやすいように書かれていたりしますので要注意です。

中には一発で合格したという人から3回も受けてるのに受からないという人までいますが、内容を理解して、標識などは全部暗記するようにしましょう。そして騙し問題に引っかからないように注意して問題文を読むことが、合格率が上がる近道になるでしょう。

大型二種の卒検の合格率

大型二種の合格率・学科試験・卒検・一発・難易度と対策方法

大型二種の卒業検定の合格率は80%~90%程度です。高めの合格率ですが10人に1人は落ちてる割合になります。

まず卒業検定は減点方式で100点あるところから80点以上でないと卒業検定に合格できません。また指定教習所の場合は、卒業検定に落ちたかといっても受けなおすことができます。ただし追加料金が発生しますので、できれば1回で合格したいところです。

大型二種の一発試験合格率

大型二種の合格率・学科試験・卒検・一発・難易度と対策方法

ここでは大型二種の一発試験合格率をみていきましょう。いわゆる飛び込み試験です。こちらの合格率は受けた人の1割未満、約10%程度になります。

いかに一発試験が難しいかが合格率が物語っています。今では指定教習所に通ってから試験を受けに行く人が多いので、その割合も人数の低さでさらに低くなっています。

平成27年度は7.2%

毎年だいたい10,000人~15,000人の受験者がいますが、平成27年度は12,000人弱が一発試験を受けています。そのうち合格者は900人弱で、合格率は7.2%となっています。

また平成19年6月に法改正があり、大型二種一発試験にも路上試験が追加されました。試験場内のコースだけであった技能試験が路上での試験も増えました。試験車両は8メートル~9メートルほどの中型のバスから、11メートル~12メートルの大型バスに変更されているのも、合格率が低い要因の一つと言えます。

大型二種の合格率の難易度と対策方法

大型二種の合格率・学科試験・卒検・一発・難易度と対策方法

現在では合格率が平成14年度以降に比べると上がっています。それは一つ指定教習所で大型二種も受けられるようになり、技能試験が卒業検定でいけるようになった事が大きな変化です。

ここでは大型二種の合格率アップの方法を紹介していきます。

試験科目を徹底的に頭に入れる

学科試験は基礎ができていてからの応用問題が多数出題されます。免許を持っていることが取得条件なので当たり前なのですが、この基礎をきっちりと頭に叩き込みましょう。

100点形式の学科試験には1問1点の文章問題が90問と、1問2点のイラスト問題が5問でます。合計90点以上で合格となります。イラスト問題は1問に3つの答えを出さなければなりません。その3つの中の1つでも間違うとそのイラスト問題は0点になります。

学科試験の80%程度は、一種免許の問題と20%弱が二種専用問題となってます。問題集などをよく解いて理解することが大切になります。

シュミレーション

教習所に通う場合は技能の第二段階でシュミレーターを使って『危険を予測した運転』や『夜間の走行』や『悪条件の走行』など、機械を使って疑似体験します。

このシュミーレーターでは、短い時間にいろいろなアクシデントを想定した運転体験ができるとうメリットがあります。また自分の運転を客観的に見れるので、今後の運転技術に役立ちます。合格率を上げるために自分の運転を見つめ直すことも大事です。

公安委員会指定校に通い技能試験をパスする

公安委員会指定校とは大型二種の取り扱いがある指定教習所のことです。一昔前は教習所では大型二種の扱いがなかったのですが、法改正に伴い教習所でとれるようになりましたので、確実に取りたい人は教習所に通い卒業検定を合格できれば、後は免許試験センターで学科のみになるのでおすすめします。

教習所なので学科と実技とありますが、実技では一発試験と違い教官が注意しながら走行の練習ができるので、合格率はこちらの方が高いと言えます。

大型二種を取得するなら

上記に大型二種の合格率を説明してきましたが、合格率を上げるには日々の運転を丁寧にすることです。周りをみて予測運転をすることが、今まで以上に大切になります。

大型二種は乗客の生命を預かりかつ安全運転を務めるという義務があります。簡単に取れないようになっているのは当たり前です。ですが道路交通法など理解すれば絶対に取れない免許ではありませんので、合格率をアップさせるために覚えることは覚えましょう。

卒業検定で技能試験はパスしたけど学科が通らないという人は問題集をやり込みましょう。ただし解くだけでは大型二種の試験には受かりません。大型二種用問題を含めなぜその答えになったのかが一番重要なことです。間違っていても正解していても解説を読んで理解しましょう。それが合格率アップへの一番の道です。

今までの合格率30%~50%というのが合格率が低いからしょうがないと思わずにできることから覚えていけば合格できるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人