Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラックドライバーになるにはどうすればいいのか・必要なこと

トラックドライバーになるにはどうすればいいのか・必要なこと

ここではトラックドライバーになるには覚えておきたい、資格やきついこと、事故ったら弁償義務はあるのかなどトラックドライバーになるには難しいステップの手順はあるか、給料、メリットからデメリットまで少し参考にして貰えることまでご紹介をしています


トラックドライバーになるにはどうするべきか

トラックドライバーになるにはどうすればいいのか・必要なこと

皆さんの中には1度は、トラックドライバーになってみたいと憧れをいだいた人も多いことでしょう。トラックドライバーと聞くと大変、つらい、しんどいなどマイナスイメージが付いてしまい人気がない職種と捉えがちです。

しかし、今現在ネット通販を幅広く利用する方が多くなったのもあり、またトラックドライバーが注目をされ、憧れの職種にかわりつつあるのを知っている方もいることでしょう。 ここでは、トラックドライバーになるにはどうすれば良いのか説明をしていきます。

トラックドライバーになるには?向いてる人は?

どんな人がトラックドライバーに向いているか知っていますか。ただ給料が高いから、仕事で色んな所に行けるなど、これは少し違います。

では、どんな人が向いているのかと言うと、絶対条件は体力がある人と精神的に強い人です。トラックドライバーになるには帰れない日も続いたり、地方に行けば道の都合上、渋滞や細い道、工事中の道。お風呂も入れない、食事の時間が中々ないと言ったことも考えられるでしょう。

精神的に強い人でないとストレスの原因になってしまいます。その他にも長距離運転が好きな人が向いてると言えるでしょう。

トラックドライバーになるのに必要なこと

トラックドライバーになるのには、特に必要な特別な資格とかなくても大丈夫なのですが、体力が一番必要とされたり、未経験者よりは経験者を優先されてしまうケースが多いです。

しかし、忘れてはいけないことがあります。特別な資格がなくても大丈夫ですが、トラックの種類によっては、普通免許では運転できないトラックもあるので気を付けましょう。トラックドライバーになるには、特に難しい必要なことはないので体力と経験をアピールすれば問題はないです。

トラックドライバーになるためのステップ・手順

トラックドライバーになるにはステップ、手順ですが、難しく考える必要はないです。初めに経験を多く積まなければいけないので、運送会社などに採用されることを目標にしましょう。中には大型トラックを目指してる方も多くいるのではないでしょうか。少し説明します。(注)下記の免許改正を確認して下さい。

そこから自分で経験を積んでいき、大型車の免許は普通免許を所得してから約3年と言われているので18歳で取得した方で21歳には大型免許が取得できることになります。

大型免許を取得していてもトラックドライバーになるには、運送会社に入ってから、運転技術が上達するまでの間は、先輩ドライバーの方に指導を受け、一緒に横乗りをする見習い期間があります。一定期間の厳しい研修期間が終了してから晴れて一人前のトラックドライバーとしての一歩を踏み出せます。

免許改正後は

平成29年3月12日以降に取得した、普通免許の運転区分
車両総重量 3.5トン未満
最大積載量 2トン未満
乗車定員 10人以下
となっています。

トラックドライバーになるには特別な資格が必要なの

トラックドライバーになるには、特別な資格は特には必要ないです。しかし、トラックドライバーになるには、経験と普通免許以外にも豊富に免許取得をしたほうが良いでしょう。

トラックドライバーになるには学歴は関係あるか

学歴では、例えば高校を中退、中学校しか卒業していない、大学に行っていないとありますが、基本トラックドライバーになるには、経験や体力が重要視されるので、学歴問わず普通免許やその他の免許を取得しているのであれば、トラックドライバーになるには問題ないでしょう。

トラックドライバーになるのに知っておくべきこと

トラックドライバーになるのに知っておくべきことは、当然あります。仕事によっては週1回帰れるかわからない状況、1ヵ月帰れない人も中にはいるでしょう。そしてトラックドライバーになるには、自分の会社だけではなく、相手の企業の名前を背負って運転をしなくてはいけないので安全運転に心がけると言うことです。

給料はピンきり

トラックドライバーになるには給料は、誰もが気になるのではないでしょうか。運転をするトラックの大きさ、あるいは運行距離によって、かわってくると考えたほうが良いでしょう。 少し説明をしていきます。

どこで給料がかわるのかと言うと、地場、セールス、長距離ドライバーと分かれるのですが、この中では長距離を基準にしていくと平均で約27万円~33万円の給料になります。そして大型トラック、中型トラックなどと給料がかわってくるので、ピンきりと言えるでしょう。

フォークリフトの免許があれば仕事の幅が広がる

トラックドライバーになるにはどうすればいいのか・必要なこと
Bottom banner

トラックドライバーになるには、フォークリフトの免許を取得しておいたほうが良いでしょう。荷物の積み下ろしなど、場所によっては自分でしなくてはいけなくなるからです。 手で運ぶのにも重さにより限界があるので、フォークリフトの免許は取得したほうが、仕事上良いと考えておきましょう。トラックドライバーになるにはフォークリフトの免許は必要不可欠な免許ともいえます。

仮にトラックドライバーになれなかったとしても、フォークリフトの免許を取得しておくだけで、仕事の幅が広がります。
フォークリフトの免許を所持しているだけで面接時には優遇されたり、重宝されるので取得可能であれば取得しておきたい免許です。

未経験は横乗り期間が長い

トラックドライバーになるには、先輩ドライバーの横に乗る横乗りがあります。未経験者や経験者によって、この横乗りの期間は変わってきます。未経験の場合、当然ながら横乗りが長くなります。

先輩ドライバーの横に乗るのが、早い期間で1か月~2か月程度、会社によっては約2年~3年位という会社もあります。その間先輩から多くのことを教えてもらい経験を積みます。たまにあるのですが、先輩ドライバーが途中で退職してしまうこともあり、その場合は早く横乗りを卒業できる可能性も広がります。

拘束時間が長い

拘束時間は少し差がありますが、長いと言っても良いのではないでしょうか。当然トラックドライバーなのですから会社を出てしまえばそれっきりと言うことはないからです。きちんとこまめに連絡をしなくてはいけないし、今はGPSなどもあり、カメラが付いているトラックもあるので拘束時間は長いと言えるでしょう。

サイズが給料に比例する

トラックドライバーになるには給料も考慮すべきです。当然ながらトラックのサイズで給料に比例するのですが、例えば同じ長距離で2トンでも大型でも、あまり給料はかわらないと考えたほうが良いです。なぜなのかと言うと同じ長距離を運転するのでサイズは特に関係がないと言えるでしょう。

事故を起こせば弁償義務がある

トラックドライバーになるには、事故の弁償義務に付いても理解しておきたいところです。事故を起こしてしまい、トラックを壊してしまえば弁償義務があります。心配になる方も多いことでしょう。当然弁償義務はありますが、生活が危うくなるほどの多額の弁償を要求されることはないと考えたほうが良いでしょう。

しかし、事故を起こしてしまえば、多かれ少なかれ弁償義務も発生するので気を付けましょう。 例えば弁償の金額が高いのであればきちんと話し合いをして、払える額で毎月弁償することが良いでしょう。

仕事内容は

トラックドライバーの仕事内容ですが、トラックの大きさや自分が所得している免許にもよると考えたほうが良いでしょう。例えばフォークリフトの免許を持っているのであれば、当然ながら荷物の積み下ろし、他にも長時間運転したり、2人で相乗りならばお手伝いをしたりとこのような仕事内容が考えられます。

ドライバーの仕事はきついのか

トラックドライバーの仕事には、重い荷物や長時間座って運転をしたり、休憩が少なかったり、渋滞などで正直疲れてしまいきつく感じることもあるでしょう。 例えば多少は個人差もあるのですが、腰痛や古い傷がある方、車の中で寝れない方には、きつい仕事におもえてしまいます。

求人はどこで探すのか

トラックドライバーの求人なのですが、ハローワークや求人誌などがあります。いちばん自分に合ったトラックドライバーの仕事を見つけるには、ネットでドライバー専門求人があるので、みつけるほうが良いでしょう。 登録をしておいただけでもスカウトメールで教えてくれるので便利です。

今すぐトラックドライバーになるには、ハローワークで相談するのがおすすめです。求人誌には記載されていない求人が数多くあり、また、先方次第ですが即面接や近日中の面接が可能です。なんと言ってもハローワークには紹介状があるので、紹介状をもっての面接は有利です。トラックドライバーになるには、ハローワークが近道と言えるでしょう。

免許の種類は

トラックドライバーになるには免許の種類が大切です。必要なのは大きくわけて普通免許の他に中型、大型、フォークリフトの免許が必要になります。 中型免許は普通免許取得して約2年以上経過していたり、大型免許は普通免許3年以上経過を条件として取得できるので、これらをクリアしていれば問題はないと言えるでしょう。最低限でも持っておいたほうが良いです。

トラックドライバーになるには睡眠時間は?

睡眠時間の確保は、トラックドライバーになるには大切なことではないでしょうか。睡眠時間は自宅で睡眠を取るのは大切ですが、運転中も2時間~3時間位はきちんと睡眠をとりましょう。 しっかりと睡眠をとらなくては、安全運転ができなくなってしまいます。

また、トラックドライバーになるには自分だけではなく、相手の企業の名前を背負ってハンドルを握っていることを忘れず、平均でも2時間~3時間は睡眠が大切と言えます。例えば睡眠がとれる時間がない場合、自分で時間の調整をして、長い時間ハンドルを握ったのであれば仮眠ぐらいの時間は心がけましょう。

トラックドライバーのメリット・デメリット

トラックドライバーになるには、当然メリット・デメリットがあると言うことを考えておかなくてはいけないでしょう。

メリット
・給料が高い
・長く働けば大型、フォークリフトの免許を取得させてくれる制度がある
・食事の時間は自分で調整できる

デメリット
・拘束時間が長い
・運転中、気を抜くことができない
・先輩について横乗りの期間が長い


トラックドライバーになるには、拘束時間が長いですが給料が高いと言うことを理解しておけば良いでしょう。 また、トラックドライバーになるには、経験した上で自分しか得られないメリットも存在することでしょう。

資格が欲しい人トラックドライバーから始めましょう

トラックドライバーになるにはどうすればいいのか・必要なこと

いかがでしたでしょうか。トラックドライバーになるには辛いことも、楽しいことも色々とあることをわかって貰えたことでしょう。フォークリフト、大型の免許と資格を多く持っていれば給料も高くなる傾向にあります。

しかし、それだけではなく長く働けば資格を獲得できると言う良い点まで揃っています。給料が良く、スキルアップのための資格が多く欲しい方にはトラックのドライバーの仕事をしながら、今よりもさらに高みを目指していきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人