Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

未経験でのトラック運転手への転職はできるのか・知るべき注意点

未経験でのトラック運転手への転職はできるのか・知るべき注意点

未経験でのトラック運転手への転職はできるのか・知るべき注意点とは、どのようなものでしょう。トラック運転手へ転職希望する人はかなりいるでしょう。そこで、この記事では未経験でのトラック運転手への転職についてまとめてみたので参考にしてみて下さい。


未経験でのトラック運転手への転職はできるのか

未経験でのトラック運転手への転職はできるのか・知るべき注意点

未経験でもトラック運転手への転職はできるでしょう。もちろん最低限の普通免許などは必要になりますが、未経験でも採用しているのがトラック運転手です。トラック運転手に転職するには、面接でどのように対応するかもとても重要です。

ポイントとしては、なぜ未経験なのにトラック運転手への転職を希望しているのかでしょう。他の仕事をしていた人は、なぜその仕事ではなくてトラック運転手をしたいのかがはっかりしていると面接でもしっかりと答えることができるでしょう。

どのような人が未経験でトラック運転手に転職するか

では、どのような人が未経験でトラック運転手に転職するのでしょう。それは、幼少の頃からなんとなくトラック運転手にあこがれていた人などが転職するケースもあります。また、他の職種への転職が厳しくなったのでトラック運転手に転職を希望する人もいるでしょう。

どのようなケースでも共通なのが、車の運転が苦にならない人でトラックの運転に集中して仕事をしたいと考えている人がトラック運転手に転職するでしょう。

未経験でのトラック運転手転職の成功率

未経験でのトラック運転手への転職はできるのか・知るべき注意点

未経験でのトラック運転手転職の成功率は、厳密にいうことは難しいですがあまり会社にこだわらなければ、かなりのパーセンテージでトラック運転手の転職は成功するでしょう。

それでも、転職した後に会社に問題があったり自分には合わないと感じる人もいますが、転職そのもの自体は、比較的できると言えるでしょう。その理由としては、トラック運転手は多くの会社が募集をしていて応募するチャンスがかなりあります。

トラック運転手の転職のポイント

トラック運転手の未経験の方のポイントは、一つとしてトラック運転手の仕事をどれだけ理解できているかが大切です。

理由としては、トラック運転手はイメージとして運転だけしていれば良い仕事と思われますが、実際にはトラックの洗浄や積み荷を自分で積んだりおろしたりと色々な仕事があります。

これらの仕事内容を把握してトラック運転手の転職をすれば書類審査も通る可能性が高くなるのと、内定ももらえるでしょう。

未経験でトラック運転手に転職前に知るべき注意点

未経験でのトラック運転手への転職はできるのか・知るべき注意点

未経験でトラック運転手に転職する前に知るべき注意点としては、未経験であることはあまりネガティブに考えないことです。確かに考え方によっては経験者の方が優先される時もありますが、未経験者を求めている会社もあるのが事実でしょう。

それは、まだ経験を積んでいないので、変なクセのついた運転でないことが理由です。会社としては、これからトラック運転手として転職して経験を積んでもらって会社の戦力になってもらいたいと考えます。

体力的に大変な仕事

トラック運転手は、体力的に大変な仕事でしょう。理由としては、未経験なのに時間的に不規則になりがちなのと、夜遅くまで働くことも多いです。その中で体調を崩す人もいるでしょう。また、朝早くからトラック運転手の仕事がある時があります。

これは、現場まで移動する必要があるため、朝からの仕事の場合早い時間帯で出勤となります。さらに長時間労働としては、長距離運転手の人は10時間を超えても仕事をしているケースもあります。

他の仕事と比べて何がつらいか

では、他の仕事と比べて何がつらいのでしょう。実際にはトラック運転手転職した場合、未経験でも運転だけでなく荷物を自分で移動したりすることもあります。そのため、重いものを持つこともあるので他の仕事と比べてかなりつらいことになります。

また、仕事内容によっては毎日運ぶ荷物が違うため、よりつらい仕事となります。もしも同じような荷物をいつも運んでいる場合は、徐々に慣れてくるでしょう。

毎日重い荷物を運ぶ

未経験でのトラック運転手への転職はできるのか・知るべき注意点

トラック運転手は毎日思い荷物を運ぶのが普通でしょう。未経験の方は、トラック運転手は、運転だけしていれば良いと思いがちですが、実際には違うようです。もちろん求人によっては、重い荷物を運ばなくても良いケースもあります。

このような場合は、未経験の求人に重いものを運ぶことはないといった内容が記載されています。それでも通常であれば、何も記載されていない時は、重い荷物を運ぶことも仕事であると思った方が良いでしょう。

トラック運転手は腰を痛める人が多いのか

トラック運転手は腰を痛める人が多いでしょう。これは、トラックの運転をしているだけでも同じ姿勢で長時間運転するため腰に負担がかかります。また、重い荷物の積み下ろしをしている時に、腰を痛めるケースもあるでしょう。

いずれにしても未経験のトラック運転手は、腰を痛める人が多く腰をケアしながら仕事をしている場合が多いでしょう。上手に腰痛とつきあってトラックの運転をするのが大切です。

運転するだけではない

未経験でのトラック運転手への転職はできるのか・知るべき注意点

トラック運転手は、未経験でも運転するだけが仕事ではないです。例えば、積み荷を受け渡す時には取引先の担当者と話しをして荷物の確認をしたりします。ここで必要なことはコミュニケーション能力であって、あまり理不尽な対応をしていると注意されてしまうこともあるでしょう。

また、トラック運転手は現在の仕事の状況を上司に報告する必要もあるので報告、連絡、相談といった基本的なことも大切になります。また、もしも問題ある時は上司に電話報告を適切にすることのできる力も必要でしょう。

Bottom banner

トラック運転手の仕事内容

トラック運転手の仕事内容としては、積み荷の確認をすることがあります。これは、一度積んで移動中の積み荷が問題ないか確認する仕事です。特に運転中に荷物の音がした場合は、荷物が崩れていないかチェックします。

この時は、荷物の確認も重要ですが一度中を見たらしっかりとロックを確認することです。荷物を確認した後に、ロックをしていないととびらが開いたままで運転することになり危険でしょう。

命を危険にさらすリスクがある

未経験でのトラック運転手への転職はできるのか・知るべき注意点

未経験でトラック運転手に転職した場合は、とくに命を危険にさらすリスクがあります。理由としては、普通車でも首都高などは危険がありますが、トラックであればさらに運転が難しくなります。

そのため、はじめてトラックで運転するような道は事前に確認しておく必要があります。最悪の場合、トラック運転中に事故を起こしてしまい命の危険もあるでしょう。また、トラック運転手の場合、時間がないなかで運転することがありより危険だと言えるでしょう。

集中力が必要なトラック運転手

トラック運転手には、集中力が大切で持続することができることが必要です。短時間の集中力であれば多くの人も問題ないですが、長時間の運転における集中力とは人によって差が出てくるでしょう。

ひどい場合は、集中して運転することができなくなり居眠り運転をしてしまうこともあります。このような状態ではいつ事故を起こしてもおかしくないでしょう。未経験のトラック運転手に必要な重要なことは、集中力だともいえるでしょう。

運転以外の仕事もある

トラック運転手の仕事には、運転以外にもありますが入社前に想定していなかった内容などもあります。例えば、取引先で営業のような仕事をするように言われることもあるでしょう。

もともとトラック運転手をしたい人で営業も抵抗なくできる人は、どれほどいるのでしょう。トラック運転手と営業とは、かなり違った内容の仕事なので経験のない人にとっては、つらい業務となります。

面接で聞かれるトラック運転手の質問

面接で聞かれるトラック運転手の質問としては、大型の免許はありますかと聞かれることがあります。これは、もしも大型の免許がなくても求人内容に問題ないと記載してあれば、ほとんど関係ないでしょう。

一番面接官が聞きたいのは、大型の免許を取得する意志があるかどうかです。会社として大型のトラックを所有している企業は多く、新しく採用した人にも場合によっては大型の運転を任せたいと考えます。

未経験でトラック運転手に転職時面接で質問すべき点

未経験でのトラック運転手への転職はできるのか・知るべき注意点

未経験でトラック運転手に転職時に面接で質問すべき点としては、未経験で入社した場合の教育についてでしょう。最初から何も教わらないでトラック運転をしてくれと言われてもかなり危険があります。

そのため、未経験でトラック運転手に転職を志望しているのであれば、面接の時にどのような教育があるか確認すると良いでしょう。運転するトラックのクセなどもあるので、教育でしっかりと注意点を教えてもらう方が安全でしょう。

労働時間の長さなど

未経験でトラック運転手に転職する際の面接で労働時間については確認しておいた方が良いでしょう。会社によっては長時間勤務が常識とされているところもあります。

特に未経験でトラック運転手の仕事に転職を希望する人は、体力の問題もあるので労働時間についてはできる限り聞いておいた方が良いです。このようなはずではなかったと思っても入社後では仕方ないケースもあります。

言ってはいけない質問とは

未経験でのトラック運転手への転職はできるのか・知るべき注意点

言ってはいけない質問とは、どのようなものでしょう。例えば、給料が一年経過するとどれくらい上がるのかといった質問については、あまりしつこく質問しない方が良いでしょう。運送業者は経営がとても厳しいところが多く、一年後どうなっているかわからないでしょう。

そのため、企業としても質問されても答えることができない会社が多いです。このような内容の質問は、面接でしつこく聞いてしまうと印象がよくないので注意が必要です。

難しい面接での質問

未経験でのトラック運転手の転職の面接における難しい質問として、会社の経営状態などがありますが、人によっては確認したい人もいるでしょう。または、今後の会社の経営方針なども気になるところです。そのような時は、問題のない範囲で質問すると良いでしょう。

例えば、「他の会社と御社の経営との違いについて教えてもらえますか」などがあります。この質問であれば、面接官も何らかの返事はしてくれるのと、やる気のある応募者と思われることもあります。

もしも面接でこの質問をしたら問題になるのではないかと考える内容であれば、ひかえた方が良いでしょう。それでも、本当に重要なことについては多少リスクがあっても聞いてしまった方が良いです。

未経験でトラック運転手に転職するコツ

未経験でのトラック運転手への転職はできるのか・知るべき注意点

未経験でトラック運転手に転職するコツは、いくつかの会社に応募して実際に面接を受けてみることです。こうすることで、運送業界の面接がどのようなもので、書類審査などのポイントも見えてきます。

面接においては、いくつかの会社を受けていると未経験者に対する質問の傾向がわかってきます。面接でわかったコツを次回の面接で活かせるようにメモでもしておけば、自分にあったトラック運転手の転職における面接対策ができます。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人