Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー転職で失敗したと思う人の理由・失敗しない方法・失敗点

タクシー転職で失敗したと思う人の理由・失敗しない方法・失敗点

タクシーへ転職したはいいものの、失敗したと感じる人も中にはいます。なぜタクシー転職を失敗したと感じたのでしょうか。タクシーへ転職する際に失敗しない方法はあるのでしょうか。失敗点などを具体的に述べていくと、タクシー転職に失敗しない方法が見えてくるでしょう。


なぜタクシー転職で失敗したと感じるのか?

タクシー転職で失敗したと思う人の理由・失敗しない方法・失敗点

タクシードライバーへ転職をして、失敗したと感じている人はかなり多いです。好不景気の波がありつつも、タクシー業界は常に求人を出しています。なぜならタクシー業界は就職しやすいが、辞める人が多い職種だからです。

今回はタクシードライバーへ転職して失敗したと感じた人の理由について紹介していきましょう。理由がわかれば失敗しないタクシーへの転職も見えてくるでしょう。

タクシーへ転職を考えるのは中高年が多い

多業種とタクシー業界との違いは、タクシー業界に転職する年代です。タクシー業界に転職する年代は多くが40代から50代です。

40代や50代で転職を考えると、よほど特別なスキルや実績を積んでいなければ再就職は難しいでしょう。自己退職、解雇になった中高年が転職先で、以前の会社よりも高待遇を受けることも難しいのが現実です。

未経験でもタクシー転職しやすいから失敗しやすい?

40代から50代で転職を考えると、就職できれば良い方で、就職先が決まらない人の方が多いでしょう。しかしタクシーであれば、中高年でも比較的転職しやすく、だからこそ40代や50代のタクシー転職者が多いです。

しかしいざ職についてみると求人内容と実際の仕事内容や給与面で異なる点があるなど、失敗したと感じて辞めるケースが多いです。

実際未経験とは言え、タクシードライバーになるためには二種免許が必要になりますから、全くの無知でタクシードライバーへ転職することはできません。

ただ、失敗したと感じるのは実際自分でタクシーを運転し始めてからがほとんどです。

タクシー転職は固定給では稼げないから失敗する

タクシーという職種は一般のサラリーマンとは給与体系が異なります。多くの企業であれば、新人の頃からずっと働き続けていると、ある年齢に差し掛かると役職にも就くことができます。そして給与もあがります。

しかしタクシーの給与体系は、固定給プラス歩合です。タクシーへ転職を考えて求人広告の給与をチェックしても、それは固定給プラス歩合の給与が記載されています。

タクシーの固定給は実働時間や仕事をしている時間に比例しない、低いケースが多いです。そこで失敗したと感じます。歩合給で稼ぐことができなければ、給与はかなり低くなります。

失敗!タクシー転職しても考えたほど収入にならない

タクシー転職で失敗したと思う人の理由・失敗しない方法・失敗点

タクシーへ転職して失敗したと感じるのは、考えていたほど収入にならないという点でしょう。何しろ基本的にタクシーの固定給は実働時間よりも安い賃金のため、固定給だけの収入で暮らそうと考えるのは無理があります。

タクシー運転手の年収は、およそ332万円と言われます。中高年のタクシー運転手の年収に注目してみると、およそ370万円となっています。

全産業の中高年の年収が600万円前後となりますから、タクシー運転手の収入が非常に少ないことがわかります。タクシーへ転職して失敗したと感じるのはこの点もあげられます。

夜勤をしないとタクシーは稼げないから失敗!

タクシー転職で失敗したと思う人の理由・失敗しない方法・失敗点

タクシーに転職してまず感じることは、日勤だけでは稼げないということでしょう。つまり夜勤をしなければ稼げないということです。

日勤は転職したタクシー会社の固定給と、歩合のみの給料になります。日勤だけで暮らそうと考えるのなら、相当腕の良いタクシードライバーにならなければなりません。

タクシーへ転職して失敗したと感じる多くの人は、その固定給の安さにあります。歩合で稼がない限り給料はアップしません。

そこで転職した多くの人は、夜勤をすることになります。夜勤は肉体的に辛いですが、メーターが割増料金になるため日勤でタクシーを流しているより稼ぐことができます。

夜勤は稼げる時間帯だが特有の辛さもあり

タクシー転職して日勤だけでは稼げず失敗したと感じた人は、夜勤に回ることが多いですが、夜勤では夜勤なりの辛さも多いです。

昼間の生活リズムが残っているためか、夜勤でも最も眠たくなる時間帯は1時前後と言います。しかしこの時間帯は長距離が良く出る時間帯です。

失敗したと感じる瞬間は、最も眠たい時間帯に仕事を続けなけばならない点でしょう。長距離の運転でも、道が複雑なら話は別ですが、高速に乗れば単調な運転が続きますから、油断すれば眠気が襲ってきます。

夜勤は稼ぎ時ではありますが、失敗すると事故にも繋がりかねない危険な時間帯です。

夜勤はお客さんを降ろした後が怖い

また夜勤はお客さんを降ろした後が最も怖いです。夜勤が大変なのは、視界が悪いことで、歩行者や対向車を見落としがちになる点です。

お客さんを乗せている間は気力を保って目的地まで運転しますが、お客さんを降ろした後、緊張の糸が切れて事故を起こすタクシーが多いです。

長時間の連続勤務になりがち

タクシー転職で失敗したと思う人の理由・失敗しない方法・失敗点

タクシーに転職すると、転職先で勤務体系を決めることになります。タクシーの勤務体系は日勤、夜勤、それと隔日勤務というものがあります。

日勤や夜勤は誰もがイメージしやすいですが、隔日勤務についてはあまり知られていません。しかし隔日勤務のほうが日勤、夜勤より稼げるとあり、転職した人が選ぶことが多いです。

ただしこの隔日勤務は長時間勤務になるため、肉体的な疲労が激しいです。隔日勤務とはどのような働き方なのでしょうか。

隔日勤務の勤務時間は何時間?

隔日勤務とは隔日で働くことで、1日働き、翌日休むという働き方です。日勤や夜勤より稼げるのでタクシーへ転職した人が希望する勤務体系ですが、ここでも失敗したと感じる人は少なくありません。

隔日勤務の実働時間は朝の7時前後から早朝5時前後までです。かなりの長時間の勤務になります。勤務時間は単純に考えると22時間です。

ただし3時間の休憩をとることが義務付けられていますから、正式には19時間の勤務時間です。しかし、19時間もずっと仕事を続けることは体力がなければできないことですから、この長時間勤務に疲れて失敗したと感じる人もいます。

睡眠不足になりやすいタクシー運転手

タクシーに転職して失敗したと感じる瞬間は、睡眠時間が少ないという点にあります。

日勤という勤務体系であれば、朝から夕方までで帰宅でき、ほぼ通常のサラリーマンと同じく睡眠時間をとることができます。しかしタクシーの日勤で稼ぐのはなかなか難しいです。

夜勤になれば昼夜逆転生活になりますから、睡眠サイクルがバラバラになり体調を崩します。また最も稼ぐことができる隔日勤務は朝から早朝までの長い拘束時間ですから、当然睡眠不足になります。

翌日必ず休みであっても、家族がいれば1日中寝ているわけにもいきませんし、睡眠不足に陥りやすいです。

座りっぱなしの勤務だから腰痛持ちに

Bottom banner

職業病だと言えますが、タクシー運転手は腰痛持ちになる可能性が高いです。失敗したと感じるかはその人それぞれですが、失敗したと多くのタクシー転職者が感じるのが、腰痛になりやすいことです。

車内で座っている時間が長いタクシー運転手は、どうしても腰に負担がかかります。そのため腰痛になる可能性が高いです。そこで失敗したと感じます。

拘束時間が長い!

タクシードライバーは拘束時間が長時間です。日勤や夜勤で13時間前後、隔日勤務になれば21時間まで働くことができるのがタクシードライバーです。

この勤務時間はタクシー会社によって異なりますが、勤務時間が減れば減るほど給料は下がります。ですから多くのタクシードライバーは少しでも長く勤務しようと考えます。

すると当然車内での拘束時間も長くなり、疲れの原因になります。

タクシーへの転職で失敗しない方法とは

タクシー転職で失敗したと思う人の理由・失敗しない方法・失敗点

上記ではタクシーへ転職したことを失敗した、と感じる理由を述べてきましたが、失敗しないためにはどのようにすればよいのでしょうか。

失敗しないために気を付けておく点はあるのでしょうか。

タクシーでの収入の目安を調べること

まずタクシーへ転職した際に失敗したと感じないためにも、自分がタクシードライバーへ転職した際にどれだけ収入を得ることができるか調べておくことがあげられます。

前職でサラリーマンをしており、役職に就いてたという人ならば、当然それなりの給料をもらっていたでしょう。しかしタクシーへ転職すると前職よりも給料が下がる可能性が高いです。

タクシーの給料は固定給と歩合を合わせた金額ですから、収入の目安をつけておくと転職に失敗しません。

タクシーの勤務形態を知っておくこと

またタクシーの勤務形態を事前に知っておくことも重要です。タクシーにはどのような勤務形態があるのでしょうか。

比較的サラリーマンの勤務形態に近い日勤

通常のサラリーマンと同じ日中だけ働く勤務形態がタクシーの日勤です。勤務時間は8時間勤務、休憩は1時間です。朝7時から夕方4時まで、もしくは朝8時から夕方5時までが基本です。

タクシー会社によって差はありますが、概ね上記の時間帯がタクシーの日勤です。

夜間のみの夜勤勤務とは

タクシーには夜勤という勤務形態もあります。夜勤は毎日夜のみ勤務します。タクシーは夜間は割増料金になるため、日勤よりも稼ぎやすくなります。ですから給料もアップしやすいです。これが夜勤のメリットです。

さらにお客さんの傾向も昼間と異なり、繁華街でお酒を呑み、終電を逃した人が多く、長距離のお客さんも多くなる傾向があります。それに加え、深夜の割増料金がありますから、売上が上がりやすいです。

ただし昼夜逆転生活になるため、健康管理はしっかり行わねばなりません。

隔日勤務とはどんな勤務形態?

タクシーで主流の戦力となるのが隔日勤務という勤務形態です。そして最も稼げる勤務形態であり、タクシーに転職する人が最も希望するシフトです。

隔日勤務は日勤と夜勤を一気に勤務するような勤務形態です。つまり、朝出勤して、早朝まで勤務し続けるスタイルです。

そして勤務した翌日は必ず休みになり、勤務日は隔日です。ただ、勤務した翌日は丸1日休みとは言え、朝から早朝まで働くスタイルはかなり長時間勤務になり、体に負担がかかります。

タクシーの転職での失敗点をあげてみよう

タクシー転職で失敗したと思う人の理由・失敗しない方法・失敗点

タクシーに転職して失敗したと感じた点はどの点なのでしょうか。調べてみましょう。

まず前職よりも収入が見込めない、給料が安いという点が大きい問題です。給料をあげようと考えると長時間の隔日勤務にシフト変更する他ありませんが、隔日勤務は拘束時間が長く、体力的に辛い勤務形態です。

中高年に多くタクシーへ転職する人が見受けられますが、中高年は徐々に体力的にも落ちていく頃ですし、給料の面で見てみると前職に就いていたほうが良かった、という人も多いです。

タクシーへ転職して成功した人・失敗した人

タクシー転職で失敗したと思う人の理由・失敗しない方法・失敗点

タクシーへ転職して失敗した人ばかりだとは限りません。成功している人もいます。その違いは何なのでしょうか。成功した人、失敗した人の違いを紹介します。

完全実力主義で成功するかしないかが決まる

タクシー業界は一般の企業とは異なり、実力主義、どれだけお客さんを乗せることができるかで給料が決まります。一般の企業は年功序列で給料があがっていきますが、タクシーはお客さんを乗せれば乗せただけ給料がアップします。

タクシーへ転職して成功した人は、土地勘があり、お客さんの流れをよく掴んでいる人です。また一期一会であるお客さんとの繋がりを持つために、ドライブテクニックを身につけています。

失敗した人、向いていない人は、コミュニケーション能力が低く、自分に厳しくなれない、1人で仕事中でもじっくりお客さんを探すことができない人でしょう。

失敗のないタクシーへの転職を目指そう!

タクシー転職で失敗したと思う人の理由・失敗しない方法・失敗点

ブラック企業が多いと噂されるタクシー業界ですが、実際はしっかり法律を守って社員を管理しています。タクシー会社も事故を起こされると問題ですから、休みはしっかり与えています。

ただタクシードライバーは自分1人で仕事ができるという自由な反面、いかにポイントを見つけてお客さんを捕まえるかが売り上げを伸ばすコツになります。

タクシーへ転職しようと考えている人は、まずは転職したいタクシー会社の情報を仕入れて研究し、実際自分と合っているかどうか、さらに自分がどの勤務形態で働けば収入を伸ばすことができるのか考えましょう。

そうすれば失敗のないタクシードライバーへ転職することが可能です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人