Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

介護タクシー運転手の平均年収・個人と企業の収入の違い・開業

介護タクシー運転手の平均年収・個人と企業の収入の違い・開業

高齢者や身体の不自由な方の移動に人気のある介護タクシーですが、平均年収はどれくらいなのでしょうか。平均年収だけでなく個人と企業の収入の違いや開業した場合の収入、介護タクシーの運転手になるにはどうすればいいのかをご紹介していきます。


介護タクシーとは?

介護タクシーは普通のタクシーとはどう違うのでしょうか。まずは介護タクシーについて説明していきます。

高齢者や障害のある人をサポートするタクシー

介護タクシーは、公共の交通機関の利用が困難で一人で外出することが難しい高齢者や障害など、身体の不自由な人をサポートするタクシーです。目的地に送り届けるだけでなく、介護関連の資格を持っているドライバーが、乗降車の手伝いや車椅子の移動のサポートなども行います。

一般のタクシーと違い、介護タクシーは完全予約制で利用します。主なサービスは病院までの送迎と付き添いですが、その他にも、市町村役場などでの公的な手続きや選挙などにも利用することができます。

介護タクシーと介護保険タクシーの違い

介護タクシーの中には、介護保険が適用となる介護保険タクシーと呼ばれるものもあります。介護保険により通常の介護タクシーより安く利用できるタクシーですが、利用するためにはいくつか条件や制限があります。

たとえば、介護保険タクシーの利用は、40歳以上65歳未満で特定疾病の人、または65歳以上で要介護状態であることが保険適用の条件となります。ほかにも、利用目的にも制限があります。通院やリハビリのために病院に行くのは対象ですが、買い物や観光などでの利用は保険適用外となります。

なお、介護保険が適用となるのは乗降車時の介助のみであり、運賃は介護保険の対象にはならないため、移送運賃は利用者の負担になります。

介護タクシー運転手の平均収入

では介護タクシーの仕事がどのようなものかわかったところで、実際に介護タクシー運転手の平均年収はどのくらいなのでしょうか。ここでは個人や開業などではなく、企業などに勤めている場合の年収を紹介していきます。

平均年収は240万〜360万程

介護タクシー運転手の場合、地域や勤務先にもよりますが、平均年収としては240~360万円程になり、月収に換算すると18万~20万前後になる場合が最も多いです。

介護タクシーは一般的なタクシー業務と違い、夜勤は基本的にはありません。予約制のため、利用者の時間に合わせてシフトが組まれたり、あらかじめ送迎の時間が決まっていたりするため、自分の予定を立てやすいのも魅力のひとつです。

タクシーのみの事業所では歩合制が多い

福祉施設や訪問介護施設での業務の一部として介護タクシーを行っているところもあり、その場合は月給制となっている場合もあります。しかし、タクシーのみの事務所の場合は通常のタクシーと同じように、固定給プラス歩合制、歩合制のみで給与を支払っているところが多いです。

月給制の場合はどれだけ稼働しても毎月の収入に変化はありませんが、歩合制の場合は稼働が多ければ多いほど収入も多くなるため、自分の頑張り次第で高収入も可能になります。

個人介護タクシーと企業介護タクシーの収入の違い

個人で営業する個人介護タクシーと、企業などに勤めている企業介護タクシーの収入は大きく変わります。現在、介護タクシーは、デイサービスなどの送迎や福祉施設での業務がメインとなっています。そのため月給制の所が多く、企業などに勤めている介護タクシー運転手の収入は安定しています。

企業に勤めている場合は仕事に困ることも少なく、収入にほとんど変化もありませんが、個人の場合は自分で利用者を増やさなければいけません。利用者が少ないと当然収入も下がってしまいますので、顧客の獲得のための努力が必要になります。

介護タクシー事業を開業・独立した場合の収入は?

介護タクシーは開業したり、独立することもできる職種です。実際に個人で開業している人も多くいます。開業・独立した場合の収入はどのようになるのでしょうか。

事業拡大による車両台数で変わる

Bottom banner

介護タクシーは法人、個人を問わず車両1台からでも開業することができます。開業には運行管理者、整備管理者が必須ですが、運転者の兼任が可能となっています。事業を拡大していき、車両を増やしていくことで収入も増やすことができます。

介護保険と連動させる場合、法人化する必要があります。さまざまな手続き、試験や多くの費用が必要になりますが、介護保険タクシーは利用者の負担が抑えられるため人気があり、高収入を得ることもできます。個人で開業し、その後に法人化することも可能です。

個人の場合は軌道に乗るまでに時間がかかることも

介護タクシーは個人で開業、独立することもできます。個人事業主として開業する場合は開業費用を抑えることができ、自由に活動することができます。ですが、介護タクシーは基本的に完全予約制のため、初めのうちは顧客がつかないなど収入が安定するまでに時間がかかることも多くあります。

利用者としっかりコミュニュケーションを取り、丁寧な接客を心がけていくうちにリピートしてくれる利用者も増え、安定した顧客の獲得へと繋がります。その他にも、介護関連の資格や勉強をしっかりとすることで利用者の満足度だけでなく、仕事の範囲も広がります。

介護タクシーの収入は安定しているのか

介護タクシーの年収や収入などを紹介いたしましたが、安定した収入は望めるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

需要は多い

介護タクシーの需要は年々増えてきています。高齢化によって在宅での介護も増え、交通機関が少ない過疎地も多く、介護タクシーの人気が高まってきています。今後も高齢者が増えていくことが予想されていますので、それに伴い介護タクシーの活躍も期待されています。

利用する人の増加で年収は変わる

企業などに勤めている月給制の介護タクシー運転手の収入は安定していますが、個人で開業していたりや企業に勤めていても完全歩合制の場合、利用する人の増加で収入も変化します。利用する人が多ければその分収入も増えますが、その逆ももちろんあるため、個人の場合などは安定した収入とは言いにくいです。

介護タクシーの需要は多くなってきていますが、その分介護タクシー業務を始める人も多く、他社との競合も考えなければなりません。個人で開業している人や完全歩合制の人が安定した収入を目指すには、安定した利用者の獲得が大切になります。

介護タクシー運転手になるには?

実際に介護タクシーの運転手になるにはどうしたらいいのでしょうか。必要な資格、未経験の場合なども含めて紹介していきます。

必要な資格

介護タクシーの運転手になるにはいくつか資格が必要になってきます。まず、タクシーの運転手に必須の普通自動車第二種免許です。普通自動車二種免許は21歳以上、第一種普通免許を持っていて取得から3年経っていると受験することができます。

普通自動車二種免許だけでも介護タクシーの運転手になることができますが、介護タクシーは一般のタクシーと違い送迎時などに利用者の介助も行いますので、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)など介護関連の資格の取得も推奨されています。保険が適応される介護保険タクシーの場合、介護職員初任者研修は必要となっています。

未経験でも介護タクシー運転手になれる

介護タクシーの運転手は元々一般のタクシー運転手をしていた方が転職することも多い職種ですが、未経験でも就職することができます。

介護タクシーは普通二種免許がないとできない職種になりますが、入職後に普通二種免許や介護職員初任者研修などの資格を取得できたり、資格の取得をサポートしてくれる制度のある事業所も多くありますので、未経験で必要な資格を持っていなくても介護タクシーの運転手になることは可能です。

安定した収入も望める介護タクシー

介護タクシー運転手の平均年収や個人と企業の違い、開業した場合の年収などを紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

需要も多くなっていて今後が期待されている介護タクシーですが、40代、50代と比較的高い年代の方がメインに活躍されています。

介護タクシー運転手は車の運転が好きで人と関わることも好きな人にはぴったりの業種です。通常のタクシーと違い利用者と関わる時間も多く、とてもやりがいのある仕事です。やってみたいけど収入面が心配、という方は安定している福祉施設や訪問介護施設などで働くのがおすすめです。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人