Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

若者タクシー運転手特徴・急増している理由・平均年収・メリット

若者タクシー運転手特徴・急増している理由・平均年収・メリット

若者がタクシー運転手を選ぶ理由とメリットに関してを記事にしています。タクシー業界の事情も入っていて若者をタクシー運転手として採用したい業界事情も説明しています。夢を実現する若者を応援しているタクシー会社もあるので若者におすすめです。

初回公開日:2018年06月12日

更新日:2018年06月12日

記事に記載されている内容は2018年06月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


若者タクシー運転手の特徴

タクシー運転手といえば一昔前は中高年の運転手が多いイメージでしたが、近年は若者のタクシー運転手が増えてきています。実際に新卒でタクシー運転手を職業として選ぶことも多くなってきていて、平均年齢58歳と高めだったタクシー運転手の平均年齢を、新卒の若者が入ることによってかなり引き下げています。

どのような理由によって新卒の若者がタクシー運転手という職業を選ぶのかを知っていきましょう。

夢を追うための手段とする

夢を追うための手段として、タクシー運転手を選択している若者が増えたことも事実でしょう。サラリーマンからラーメン屋を開業するといった形で事業主になるのではなく、続けていた仕事で経営者となれるタクシー運転手は一国一城の主となるには向いているからです。

経営者として一国一城を築けるというのは夢です。条件的に厳しいことがあることも珍しくはありませんが、タクシー運転手は最短で10年で個人タクシーの資格を取ることができるようになります。

ミュージシャンや、芸能活動をしたい若者もタクシー運転手として働いていることもあります。勤務形態を選べば自分のやりたいことに時間を多く取ることができるからです。

自分の頑張りしだいでは金銭的な不安を少なくすることができ、生活面での充実も図れるのは魅力となるでしょう。

個人タクシー資格

個人タクシー資格は、タクシー運転手として働いていると最短で10年で取れます。実現するには少し厳しい条件がありますが、実現できれば手に職を付けることができるので一生安泰と言えるのではないでしょうか。

タクシー運転手になるための二種免許

個人タクシーの運転手は経営者ですが、その資格を取るためにはタクシー会社で勤務しておかなければいけません。第一種普通免許を持っているだけではタクシーの運転はできないので、まずは、二種免許と呼ばれるタクシー運転手の免許を取らなくてはなりません。

二種免許を取ることができる資格は、年齢が21歳以上で第一種普通免許取得から3年以上が経過していることが条件になります。

交通取り締まりを受けて、停止や取り消しを受けていたりすると処分期間が終了するまでは二種免許の受験ができません。そして受験期間中に運転免許の停止や取り消しを受けた場合も受験資格がなくなります。

10年間の無事故無違反

二種免許をとってタクシー運転手になったらすぐに個人タクシーの資格が取れるわけではないので勘違いしないようにしましょう。年齢によって条件が違ってきますが、最も若い年齢で35歳未満の場合を例として見てみましょう。

最低でも継続して10年以上同一会社のタクシー、もしくはハイヤー事業者に運転手に運転手として雇用されていることが条件となります。この条件は同じタクシー会社に勤務していれば問題なくクリアできるでしょう。

難しいのは、10年間無事故無違反であることが条件となっていることです。どんなに気を付けていても、事故は予期しないところで起きてしまいます。自分が悪くなくても道路上を走っているだけで過失割合として1は取られてしまいます。

若者タクシー運転手が急増している理由

労働基準法を無視した超過勤務を課したりする企業が社会問題になっています。そのために仕事と自分の時間を両立できるようにしようと考える若者が増えてきています。

タクシー運転手の働き方は、近年の若者の考え方に合った働き方ができるので、若者がタクシー運転手を選ぶのではないでしょうか。

新卒での募集を増やす会社の増加

新卒での若者の募集を増やす会社が増えたこともタクシー運転手になる若者の増加に一役買っているのではないでしょうか。これはタクシー業界の事情も切実だからです。

タクシー運転手の平均年齢が58歳というのは、かなり高い数字となっています。いつまでも働いていられるものではないので、高齢化が進むということは将来の働き手が足りなくなることが予想されます。

未来の働き手を確保するためにも新卒での募集を増やし、若者を増やすことによって将来的なタクシー運転手の確保を考えるタクシー会社が増えてきています。

若者タクシー運転手の平均年収

Bottom banner

気になるのは若者がタクシー運転手になっても年収が低いと、将来への不安が出てくるのではないでしょうか。個人タクシーの資格を取れるとしても条件がありすべての人が取れる訳では無いからです。

実は、タクシー運転手の平均年収は、新卒の若者でも一般企業に就職した新卒の若者と大差のない数字になっています。大学新卒の若者の平均初任給は、厚生労働省の調べではおよそ20万前後です。それに対してタクシー業界大手の会社が公開している情報では、新卒の若者の初年度の年収は平均すると300万となっています。

年度によっては多少の違いが出てくるのでしょうが、一般企業と大差のない初任給と年収となっているので特に気にすることは無いのではないでしょうか。

稼げるのか

若者に限ったことではないですが、タクシー運転手として働き始めたら多く稼げるのかと疑問を持ちますが、タクシー業界ならではの給与形態となっているので、頑張り次第では一般企業に就職するよりは稼げるでしょう。

タクシー業界の多くは基本給に加えて、それぞれの売り上げに応じた歩合給を採用している会社が多くなっています。基本給は少し低く設定されていますが、歩合給が加算されるので頑張れば頑張った分だけ給料は増える事になります。新卒の若者であっても頑張りしだいでは初年度から多く稼げるようになるでしょう。

若者タクシー運転手になるメリット

タクシー運転手になるのは中年を超えてから、という考えをする人も多いのでしょうが、若い時からタクシー運転手をすることはメリットも多いです。若者がタクシー運転手を選ぶ理由としては納得できるメリットがあるので紹介していきます。

まとまった休みが取れる

タクシー業界は24時間営業ですので、決まった勤務日があります。しかし、勤務形態も色々あり隔日勤務という形での勤務、日中のみの勤務、夕方から早朝までの勤務といった勤務形態から選ぶことができます。

タクシー業界の多くは最低出勤日数はありますが、自分で計画を立てて休みを取ることもできるので、自分の必要な時に合わせて、休みをまとめて取ることが可能です。

頑張れば頑張っただけ給料が上がる

基本給は、最低出勤日数を出勤する事で保証されていますが、それだけではなく歩合給も加算されるので、頑張れば頑張った分だけ給与に反映されることになります。

実際に情報公開しているタクシー業界の大手の企業では、初年度からずっと右肩上がりで給与が上がり続けて、5年後には年収で600万を記録している企業もあります。

ただし、タクシーですからお客様を乗せて走ることが仕事ですので、タクシーをただ走らせているのではなく、お客様を乗せて走り、売り上げを上げるように頑張らなくてはなりません。頑張って売り上げを上げると、その分が歩合として初めて給与に反映されます。

タクシー運転手に向いている人の特徴

若者が、タクシー運転手を職業として選ぶことが増えてきていますが、若ければタクシー運転手として歓迎されるわけではなく、タクシー運転手として向いているとみてもらえなければ採用されないでしょう。ここからは、タクシー運転手として向いている人の特徴を一つ紹介します。

接客業だという自覚が持てる

タクシー運転手は接客業です。お客様のニーズをくみ取ることが要求されます。お客様を乗せてただ目的地に運ぶだけでは、向いているとは言えないのではないでしょうか。

車内の雰囲気や空調に気を配り、走行中の速度、乗り心地にまで気を配ることができ、お客様を最優先で考えることができる人が向いているでしょう。

夢の実現のために

若者がタクシー運転手を職業に選ぶのは、自分の夢のためであったり、もしかしたらただ単に将来を見据えての事だったりするのでしょうが、タクシー業界における働き手の高齢化という、切実な事情があったりもするのではないでしょうか。

タクシー業界の大手企業では、若者の夢を応援するといったことを積極的に行う企業が増えてきているのも事実です。会社が応援してくれるなら、夢が叶った時には快く送り出してくれるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人