Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシードライバーへの就職の仕方・注意点・必要な資格・研修内容

タクシードライバーへの就職の仕方・注意点・必要な資格・研修内容

タクシードライバーへの就職を考えている人は、就職の仕方やタクシードライバーになることのメリットやデメリットについても知っておきたいところです。必要な資格や研修内容についてもご紹介していきますので、タクシードライバーになりたい方は読んでみてください。

初回公開日:2018年05月31日

更新日:2018年05月31日

記事に記載されている内容は2018年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシードライバーへの就職の仕方は?

タクシードライバーへの就職、または転職を考えている人もいるのではないでしょうか。運転手という特徴上、普通の会社員と同様の就職活動、転職活動で良いのかなど、タクシードライバーへ就職するためにはどのような方法をとるのがいいのか考えていきましょう。

新卒で就職する場合

まずはタクシー業界・会社について調べていきましょう。マイナビやリクナビといった就職サイトに登録し、そこからタクシー業界を探すのも一つの手ですが、タクシードライバーへ就職することを心に決めているのであれば最初からタクシードライバーの求人サイトに登録し、各会社の情報を集めるのが良いでしょう。

その後の申し込みや面接などは一般的な就職活動と同じです。志望動機を述べる際には仕事観や職場の雰囲気、待遇、タクシードライバーへの思い入れについて詳しく語るようにしましょう。

第二新卒・転職活動で就職する場合

新卒でタクシードライバーへ就職する場合と同様、タクシードライバーになる事を決めているのであれば、最初からタクシードライバーへの就職専用の求人サイトに登録し、情報を集めましょう。タクシー業界に特化したサイトで会社を調べ、直接申し込みする方が近道です。

すでに社会人経験があるため、社会人としてのマナーや常識は備わっています。そのため志望動機をしっかりと固めていく必要があるでしょう。タクシー業界が初めての人であればなおさら、なぜ転職先にタクシー業界を選んだのかなど、自分なりの理由をしっかりと述べられるよう準備してください。

自分に合ったタクシー会社を見つけるには

どの業界にも言えることですが、なぜその会社に就職したいかをしっかりと伝えるために、自分の仕事観をしっかりと固める必要があります。

例えば一期一会を大切にしたい、運転することが好きで仕事に生かしたい、長く働ける仕事に就きたいなど、自分が何を大切にしていて、それが叶えられる職場はどこなのかを意識して探すと良いでしょう。

下記リンクで自分の仕事観に合った会社を見つけることができるので参考にしてください。

タクシードライバーへ就職する際の注意点!

では、タクシードライバーへ就職するにあたり注意しておく点はあるのでしょうか。通常のサラリーマンとは違う運転手という特殊な仕事柄ですから、タクシードライバーならではの注意点を考えていきましょう。

タクシードライバーには年齢制限はあるの?

まず年齢制限に関しては一般の会社員よりは寛容で、会社にもよるものの70歳過ぎまで働くことができます。

タクシードライバーの平均年齢はなんと58歳で、一般会社員の平均年齢の42歳を16歳も上回っています。タクシードライバーは中高年で転職や再就職する人が多いのが現状で、体力や判断力などに問題がなければ他の業種よりも長く働ける職種です。

魅力的に感じますが、一方で注意力が散漫やコミュニケーション力低いと仕事にならないという面もあります。お客さんとの会話が得意な方もそうでない方も、接客をするという事と、安全に目的地まで送り届けるという点で気を抜くことはできません。

接客業で歩合制になることが多いタクシー業界なので、年齢を重ねてもお客様を相手にするという低姿勢を忘れないように注意しなければならないでしょう。若い年齢でも、免許を取得できる18歳から働くことができます。

体調管理が重要!

身体が資本なのはどの仕事においても同じですが、何といってもタクシードライバーの仕事はお客さま次第という部分が大きいので、体調管理が難しいといった面があります。食事に関しては決まった時間にとりづらいうえ、単品になりがちでバランスが偏ってしまったり、空腹時に限って長距離のお客さまを案内する場合があります。

また座っている時間が長いと体の各所に不調を感じるようになったり、不規則な勤務で集中力が途切れる、変則的なシフトで疲労が取れないなどの難点も忘れてはなりません。>休む時は休み、勤務中は集中できるよう、しっかりと体調管理をしていく必要があります。

タクシードライバーへの就職に必要な資格は?

タクシードライバーの必須資格は自動車の第二種運転免許です。第二種運転免許の受験資格は21歳以上、大型自動車免許・普通自動車第一種免許・大型特殊免許のいずれかの免許を 取得してからの期間が3年以上の者とされています。

多くのタクシー会社では第一種運転免許を保有している人に対し養成訓練を行っており、資格取得を支援しているので、資格を持っていないという人でも安心してよいでしょう。

また、働く地域によってタクシーセンターの地理試験に合格しなければなりません。最短の道筋・距離・料金・所要時間などを考慮してお客さまを案内する技能を身につけるためのテストで、東京地域・大阪地域・神奈川県(横浜市、川崎市、横須賀市お、三浦市) の会社でタクシードライバーとして勤務する場合は取得が必要です。

Bottom banner

タクシードライバーへに就職後の研修内容は?

前述のように資格取得試験と地理試験に合格するための講習・試験の後、実務研修が始まります。座学研修ではタクシーの車内の機器の取り扱い方、顧客対応や事故防止に関して学び、実務では教習車を使い走行する研修があり、これらで基礎を身につけられるでしょう。

また、研修では営業するエリアの地理の把握や無線営業のやり方、日常点検や洗車についての講習などを学ぶので、タクシードライバーとしての技術と知識が研修で身に付きます。その後配属先での実務研修もあり、先輩から担当地域についてのアドバイスなどを受けてひととおりが終了となります。

タクシードライバーへ就職のメリット・デメリット

タクシードライバーを目指す人にとって、就職のメリットとデメリットは気になるポイントでしょう。それぞれポイントごとに見ていきます。

自分の時間が取れる!?

勤務形態によっては自分の時間がかなりとれるのがタクシードライバーの仕事でのメリットです。

サラリーマンと同様9時に出勤して17時ころに退社するという日勤形態や夜間に長時間勤務する夜勤形態、その他に隔日勤務というものがあります。隔日勤務は朝から深夜まで長く勤務するため疲労もありますが、勤務後に長く休みが取れるという特徴があります。

隔日勤務は10日から13日勤務で、通常の20日より少ない勤務日数です。そのため自分が希望する働き方ができれば、自分の時間もしっかりとる事ができます。しかし不規則な勤務になると体調を崩しやすくなったり、集中力を無くしやすいため無理せずにスケジュールを組むことが重要です。

自分の夢を追える

他の仕事より勤務日数が少なく、自由に使える時間がたくさんあるため、自分の夢を追う努力がしやすいです。働いてお金を稼ぎながら自分の夢を追いかけたいという人には、タクシードライバーの仕事が最適と言えるでしょう。

チームでの仕事より個人で仕事をしたい!

タクシードライバーの仕事は個人で働く時間が他業種よりも圧倒的に多いので、チームで上司や同僚と仕事をするよりも個人で淡々と仕事をしたいという人には向いている職業です。職場でストレスを感じることが少なく、パワハラなどの心配も他業種に比べてありません。

タクシー業界に就職した人の離職率が他業種よりも低いのは、そういった人間関係でのストレスがないことも大きな要因であると言えます。

デメリットはある?

前述したように体調管理が難しいという点と、歩合制であるがゆえに収入が不安定であるという面がタクシー業界に就職した際のデメリットといえます。

またお客さまとのトラブルも少なくありません。最悪乗り逃げなどの被害に遭うこともありますし、交通事故についても注意しなければならないので、仕事中は常に気を張り詰めている状態です。

タクシードライバーに就職する際にはこうしたデメリットについてもしっかりと意識を向けておく必要があります。

平均年収を知っておこう!

平均年収は約300万、平均月収は約20~24万円です。

歩合制なため稼げる人は月に40万ほど稼ぐことができるようですが、全体の2%に満たないので、多くの人は20万前後が月収です。他の業種と比較すると若干低くなりますが、多くのタクシードライバーは定年後の再就職などが多いため、定年後にしっかり収入を得られるという点では良い業種であるといえます。

タクシードライバーは魅力的な仕事!

いかがでしたでしょうか。タクシードライバーは人手不足もあり、他業種よりも就職しやすい業種です。新卒や転職、再就職でも、就職する際にしっかりと研修を受けることで一からスタートできるというのは大きな魅力であると言えます。就職先に迷った際にはタクシードライバーにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人