Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー会社の面接に落ちた時の対処法・落ちる原因・面接対策

タクシー会社の面接に落ちた時の対処法・落ちる原因・面接対策

タクシーの運転手になるためにはタクシー会社の面接で、なにを気を付ければよいのでしょうか。また、面接での志望動機やしゃべり方はどこに注意すればよいでしょうか。どういうスキルが求められるのでしょう。タクシー会社の面接についてコツなどをまとめました。

初回公開日:2018年07月03日

更新日:2018年07月03日

記事に記載されている内容は2018年07月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー会社の面接に落ちた時の対処法

みなさんは普段どういう交通手段を使って移動するでしょうか。電車なり自転車を使う人も多いでしょう。ダイエットや運動不足解消のために徒歩で移動する人もたくさんいます。自分の車で移動する人もたくさんいます。そしてもちろんタクシーを利用する人も多いでしょう。

ここではタクシーの運転手として働くときにどうすればよいのか、タクシー運転手になれる人なれない人の違いはなんであるのかについて深堀していきましょう。

まずはタクシー会社の面接で不採用になってしまう人の特徴や原因を探っていきましょう。そこには必ず理由があります。

不採用

まずは不採用になってしまったときの対処法を紹介していきましょう。不採用になってしまうとメンタル的にかなりツラいことも多いです。自分の人格がすべて否定されてしまったかのような感覚に陥ることもあります。

もちろんまったく落ち込まないことは不可能ですが、そこまでネガティブになる必要はありません。面接をした会社は人を見るプロではありません。なんとなくで採用か不採用を決めている可能性も大きいでしょう。ですので、落とされたからといって気にしすぎる必要はありません。縁がなかったのだな、くらいの気持ちでいればよいでしょう。

そして、次に繋げるように努めましょう。自分なりにどうして不採用になってしまったのか書き出してみることもお奨めです。しっかり反省を繰り返しさせすれば必ず雇ってくれる会社は見つかります。

タクシー会社の面接に落ちる時の原因

お次はタクシー会社の面接で落ちてしまう原因を具体的に探っていきましょう。働くといっても会社や業種によって求められる力は換わってきますので、タクシー会社で働くためにはタクシーの運転手に求められるスキルをアピールすることが大切になります。

そしてそのスキルなり適正なりを十分にアピールできない場合には不合格になってしまいます。下で具体的に説明していきましょう。

コミュニケーション

タクシー運転手に求められるスキルは自動車を運転する力だけではありません。もちろん自動車を運転するスキルは最低限必要になります。それがないと話になりません。しかし、車を運転するだけならば多くの人ができることです。

ですので、それ以上に必要になるスキルがあります。そのひとつがコミュニケーション能力です。タクシー運転手は単なる運びやではなくて、接客の一面もあります。乗車してくれはお客さんを不快にさせないこと、もっと言うとせっかくタクシーを使ってくれた人に楽しい時間を提供して価値を感じてもらうことが必要になります。

以上のように、タクシーの運転手にはコミュニケーション力は必須となります。逆に言うと人とコミュニケーションをとることが嫌いな人はタクシーの運転手は向いてない可能性もあります。

事故歴

さきほどはタクシーの運転手にコミュニケーション能力が必要なことを説明してました。タクシーの運転手にはもうひとつ必要なスキルがあります。それは安全に運転できる技術です。

自分で運転する場合は多少危ない運転をしてもすべて自己責任ですが、タクシーの運転手が危ない運転をするとブーイングが必ず会社にきてしまいます。お客様は神様という意識が強い日本ですから、ブーイングを受けることは会社としてはぜったいに避けたいでしょう。

ですので、過去の事故歴は必ず見られます。そして当たり前ですが無事故無違反の人のほうが印象がいいでしょう。いままで事故をしたことがないことはこれから事故をしない理由にはなりませんが、どちらかと言えば事故の経験がないほうが雇いやすいのは当然でしょう。

タクシー会社の面接対策法・コツ

タクシー会社に合格するためには面接はさけて通れません。では、面接に通るためのコツはあるのでしょうか。もちろん小細工で面接に合格する必要はないという意見もありますが、少しのコツで明暗が別れるくらいなら知っておいて損はないでしょう。志望動機と面接でのしゃべり方についてコツを紹介しましょう。

志望動機

まずは最重要の志望動機についてのコツから紹介しておきましょう。志望動機がメチャメチャでは合格は厳しいです。ここでの志望動機は本音である必要はどこにもありません。例えばタクシー運転手は簡単そうだ、タクシー運転手は歩合制で稼げそうだなどと言わないほうがいいでしょう。お金のためだとか、楽をしたいからだとかは、いい志望動機とは言えません。

ですので、運転に自信があり高いモチベーションをもって働けるからなどがお奨めです。また、地域の人とタクシーの中でコミュニケーションをとるのが好きだという理由も印象がいいでしょう。


志望動機は自分の思いを伝えることも大切ですが、自分の強みやできることをアピールする場所ということを忘れてはいけません。自分の志望動機を聞いた相手がどう思うのか、を常に考えましょう

喋り方

Bottom banner

次に紹介する面接のコツはしゃべり方です。面接は志望動機のほかにも、その人から醸し出される印象も見られます。そこで好印象をもたれるためにもハキハキ喋ることは大切になってきます。

タクシー会社の面接におすすめの服装

ここでタクシーの運転手になるための面接に望むときにお奨めの服装を紹介しておきましょう。タクシー運転手はお客さんとの接点も非常に多い仕事です。お客さんを不快にさせないような人でなくてはありません。

スーツ

メラビアンの法則というものがあります。人の印象は服装などの見た目でほとんど決まってしまうということです。喋る内容よりも印象が重視される場合もあります。もちろん内容も大切ですが見た目で損をするのはもったいないです。

ですので、面接でも安心感や誠実さをアピールすることが必要でしょう。だからスーツなどで行くのが無難でしょう。タクシーの運転手は基本スーツで仕事をします。無理矢理面接で個性を発揮するひつようはありません。面接を乗り越えるためにもしっかりとしたスーツをきて望みましょう。

タクシー会社の面接結果の問い合わせ方

タクシー会社の面接を受けたあとは結果が気になって仕方がないでしょう。では、面接結果の問い合わせはどういう手段で行えばよいでしょうか。

直接

まずは、直接聞きに行くというパターンです。家が近い場合などは直接訪ねることもできなくはありません。しかしこの方法はお奨めしません。合格していたらいいですが、不合格の場合は気まずい思いをしてしまいます。

電話

次に紹介する方法は電話で面接結果を訪ねるという方法です。これは直接訪ねる場合と違い、遠くにいても大丈夫です。しかし、これも直接話すことになるので不合格の場合は気まずいことになってしまいます。

メール

最後に紹介するのは、一番お奨めのメールで結果を聞くという方法です。これは直接話す必要がないので一番無難ですし、気まずい思いもしません。

タクシー運転手は稼げる仕事

ここまでタクシー運転手についてたくさんのことを記述してきました。例えば、タクシー会社の面接に落ちた時の対処法やタクシー会社の面接に落ちる時の原因、タクシー会社の面接対策法・コツ、タクシー会社の面接結果の問い合わせ方、などなどです。

タクシー会社の面接に望むときには安心して運転をできる技術があるかどうか、お客さんを不快にさせないような人間力やコミュニケーション力があるのかどうかが見られます。逆に言えばそこをクリアすれば雇われやすいでしょう。

タクシー運転手は慣れてしまえば、難しい仕事ではありません。しかし責任をしっかりともって取り組むべき仕事でもあります。やりがいは十分ある仕事といえるでしょう。

そしてタクシー運転手は歩合制のところが多いので、自分次第で稼ぐこともできます。自分に挑戦したい人にはお奨めのお仕事です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人