Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー運転手の年齢制限はいつまでか・年齢制限下げの理由

タクシー運転手の年齢制限はいつまでか・年齢制限下げの理由

今回は「タクシー運転手の年齢制限はいつまでか・年齢制限下げの理由」と題して、「タクシー運転手の年齢制限や年齢制限下げの理由」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「タクシー運転手の労働環境・労働条件」についてのお得情報をご紹介します。

初回公開日:2018年05月30日

更新日:2018年05月30日

記事に記載されている内容は2018年05月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー運転手の年齢制限はいつまでか

タクシー運転手を職業とする場合、その年齢制限は基本的にありません。これは法的に定められていないという意味で、一般的には「運転が続けられなくなったときが辞めるとき」というような認識の下で、タクシー運転手の仕事は賄われています。

この「年齢制限がない」というのはいわゆる「定年措置がない」ということであるため、定年後からタクシー運転手として働き始める人も非常に多くいます。

法的年齢の定めはない

先述のように「タクシー運転手として働き続ける上では、法的に年齢制限の定めがない」という現行法令の規定によって、基本的に「体力の衰え」、「視力の限界」、「認知テストによる障害」などが認められない限り、一般的に「いつまでタクシー運転手として働いてもよい」という決まりになっています。

しかしこの場合でも「乗客への安全面・車両事故などを引き起こす際などのセキュリティ面」への配慮とともに、タクシー会社によっては「ある程度の定年規制」を自主的に設けている場合もあります。

そのため、法的に「タクシー運転手として働く際に年齢制限がない」にしても、タクシー会社によっては一般の定年規制と同じく「65歳」で雇用形態を変更することや、あるいは75歳前後で同じ内容の措置を取るなど、それなりの対処によって安全保持を促している傾向があります。

年齢により雇用形態は変わる

先でも少し触れましたが、タクシー運転手として働く際にいくら「法的に年齢制限がない」とは言っても、それによって事故を起こしてしまっては何にもなりません。そのため、タクシー会社によっては「年齢制限がない」代わりの安全措置を行なうため、自ら年齢制限による退職を勧める場合や、雇用形態の変更による措置が取られています。

雇用形態の措置については、たとえば「継続運転時間の削減」や「外回りの仕事から事務関係の仕事への転属」など、とにかく「タクシー運転手として働くのではなく、タクシー会社関連の仕事・任務」への変更によって行なわれることが非常に多いです。

タクシー運転手の視力の問題

これはタクシー運転手として働く場合に限らず、車を運転する人にとっては誰でも重要な問題となる項目で、特に「連続して車を運転し続けるタクシー運転手」にとって視力の問題は重要項目として数えられます。

基本的に眼鏡矯正によって「(両目で)0.7以上」なくてはならず、これは一般規則として認められる「第二種免許」の取得に関わる最低視力の基準と同じになります。これに加えてさらに「遠近視力」の正確さが求められ、一般的にはこの「二種類の試験」に合格しておくことが必要になります。

タクシー運転手の年齢制限下げの理由

タクシー運転手は現代において人気を取り戻しつつあるけれど、いまだに減少傾向にあるとされており、そのためのタクシー運転手の確保の措置も兼ねて「タクシー運転手採用の年齢基準を21歳以上からさらに引き下げる条項」が出されました。

これは「タクシー運転手になるためには第二種免許の取得」が必要となるため、その第二種免許の年齢制限である「21歳以上」という基準が壁になっていたことが理由とされます。

タクシー運転手の年齢制限のメリットとデメリット

タクシー運転手の年齢制限に関するメリットとデメリットについて考慮する場合、まずタクシー運転手側のメリットと、乗客側のデメリットとに大きく分けられます。

タクシー運転手にとってのメリットとしては文字どおり「就職先が広がること」や「定年後もタクシー運転手として働けること」であり、これは生活レベルを安定させるためにも非常にありがたい緩和規制として認められます。

しかしそのメリットとは裏腹にデメリットの方では、「乗客にとって果たして、本当に安全面に配慮した運転ができるかどうか」という難点があるため、この点においては今後のタクシー業界における課題としてピックアップされる場合も多くあります。

タクシー運転手の人気

現代において、タクシー運転手にあこがれて「定年後でもタクシー運転手として働きたい」とする人が徐々に増加している傾向が見られています。この傾向が生まれた原因の1つには、定年後において働ける就職口がないことが大きく影響しており、その点において「定年制度(年齢制限)が法的に定められていない」というのが魅力になっています。

現在のタクシー運転手の平均年齢

Bottom banner

タクシー運転手として働く人のうちにはもちろん若い人もいますが、それでも中年から壮年齢に差し掛かる人の方が遥かに多いとされています。一般的な統計によれば、タクシー運転手として働いている人の平均年齢は「58歳前後」と言われており、今後においてはさらにその年齢が向上する見解が持たれています。

安全性への配慮によるタクシー運転手の雇用

先述でもご紹介しましたが、いくら「法的にタクシー運転手として働く際には、年齢制限が定められていない」と言っても、その加齢が原因になる形で事故を起こしたり、乗客を危険目に合わせてしまっては何にもなりません。

そのためにタクシー会社によって「雇用形態の変更」が取られたりあるいは「自主的に定年制度を取り入れたりするタクシー会社」も中にはあります。これらはすべて「乗客の安全面への配慮や車両事故などの回避」を目指した措置となるため、とにかく車両を運転する際には必ず「安全セキュリティ面の確保」はなされます。

認知テストによるタクシー運転手の年齢制限

一般的に「65歳から75歳にかけてタクシー運転手として働く場合」には、その間に定期的に「認知テスト」が施行される場合があります。これも「乗客にとっての安全面での配慮・事故回避のための措置」の一環として行なわれるテストで、技能講習を受ける科目と同じく、任意で受けなければならない雇用基準のうちに含まれます。

タクシー運転手の武器は運転スキル

タクシー運転手として働く際に「法的に定められた年齢制限がないこと」を受け、タクシー業界では特に「運転スキルの向上・維持」というのが「タクシー運転手として職業を続けられる唯一の武器」として認められる傾向があります。

この運転スキルにはもちろんタクシー運転手として持たなければならない「接客マナーの遵守」なども含まれ、いわゆる「好印象を持たれながらにして、その運転スキルも充実していること」が利点となります。

つまり、いくら年齢が若くてもこの「運転スキル」や「接客マナー」が乏しい場合は「タクシー運転手として認められない場合」が普通に見られることになり、その場合は雇用契約を打ち切られる場合も多々あります。

年齢制限の見直しがされる可能性

先述でもご紹介しましたが、「タクシー運転手の年齢制限が法的に定められていないことにより、高齢ドライバーによる事故率の向上も引き上げる傾向がある」という、車両事故撲滅への視点から見て真逆の傾向を生んでしまう可能性が出てきてしまいます。

現代では車両事故の多くが「高齢ドライバーによる運転過失」によって事故が頻発しており、この現実の状況に見合わせる形でタクシー業界でも「年齢制限の見直し」が図られる可能性は十分想定されています。

定年後の職種としてのタクシー運転手

タクシー運転手として働く上で「年齢制限が法的に定められていないこと」は今後さらに問題視される可能性がありますが、それでも「定年後の就職先」として広く許容された門戸の獲得は、定年者にとっては非常にありがたい職種であることに変わりありません。

そのため、「定年後の職種の1つ」としてこのタクシー運転手として働くことがピックアップされる(注目される)ことが非常に多く、またタクシー運転手として働ける就職口が全国的に多く散在するため、この「タクシー運転手として働けることの魅力」というのは根強い人気を誇っている傾向が見受けられます。

年齢制限がないのが魅力

先述でご紹介しましたように、やはり「仕事を継続して行なう上で年齢制限がない」というのは、他の職種と比較した上でも非常に大きな魅力の1つとなるため、現在では男性ドライバーに追い付く形で女性ドライバーの急増も目覚ましい一途を見せています。

最近ではタクシー運転手として働くだけではなく、バスの運転手や電車の車掌、さらには女性パイロットなども登場し始めている状況があるため、このタクシー運転手として働く上で「女性ドライバーの登場」というのはさほど珍しいことではありません。

その場合でもやはり「タクシー運転手として働く上で、年齢制限が法的に定められていないこと」がタクシー運転手として働くことへの最大の魅力となっている場合が多く、今後も女性ドライバーの活躍が継続して見られる可能性も想定されます。

タクシー運転手の年齢制限について把握しましょう

いかがでしたか。今回は「タクシー運転手の年齢制限はいつまでか・年齢制限下げの理由」と題して、「タクシー運転手の年齢制限や年齢制限下げの理由」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「タクシー運転手の労働環境・労働条件」についてのお得情報をご紹介しました。

タクシー運転手として働く上で最大の魅力はやはり、「雇用環境を見る上で、法的に年齢制限が定められていないこと」が主にピックアップされやすく、この「年齢制限フリー」を目当てにする形で「定年後はタクシー運転手として働くこと」を希望する人も非常に増えてきています。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人