Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー会社への転職の仕方・成功する人失敗する人の違い・給料

タクシー会社への転職の仕方・成功する人失敗する人の違い・給料

日本の観光者の増加、高齢者の増加に伴いタクシー会社への転職を考える人は増えるでしょう。タクシー会社への転職を経て、やりがいや働く環境など、前職では得ることのできなかった喜びを得ることができた人も多くいます。年代を問わず転職できるという点でもおすすめです。

初回公開日:2018年06月05日

更新日:2018年06月05日

記事に記載されている内容は2018年06月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー会社への転職の仕方

現在マイカーを持っている人は減り、その影響でタクシーを利用する機会は多くなっています。日本が観光地として世界に認識され始め、海外からの旅行客も増えていることで、タクシー利用は増えています。そしてタクシー業界はこの先も衰退しない仕事と言っていいでしょう。

タクシーの需要が増えていることを背景に、タクシー会社ではドライバーの採用に積極的に取り組んでいます。現在では新卒でタクシードライバーになる人に加えて、転職でタクシードライバーになった人も多くいます。タクシードライバーへの転職はいま関心が高まっていると言っていいでしょう。

タクシードライバーに転職するためには、まず業界を研究し、転職サイトなどを見てみるのがいいでしょう。タクシーは人を乗せるという接客業なので、接客の常識や道路交通法の知識が必要不可欠です。

転職サイト探し方

タクシードライバーに転職を考えるにあたって、転職サイトへの登録は必要不可欠でしょう。求人情報誌や求人票など転職情報が記載してあるものは他にもありますが、情報の多さと更新の頻度の高さから転職サイトをおすすめします。中には地方に密着したものや、業種を絞り込んだ転職サイトなどもあり、自身の希望にあった仕事を見つけることができます。

タクシードライバーに転職するメリットは、出張や地方赴任などがないことです。なので転職サイトでタクシードライバーの仕事を探すときには、勤務地を重視すべきです。自分の自宅の近くや詳しい町を選ぶ人もいます。

未経験者

転職サイトは、賃金、職種、勤務地などによって条件を絞ることができます。タクシードライバーに初めて転職する人であれば、「未経験者可能」という条件でさらに絞り込むと良いでしょう。

志望動機

タクシードライバーは責任感の必要な仕事です。そのため、転職する際にはしっかりとした志望理由が必要となります。単に「楽そうだから」などと浅い考えで望んだりすることはやめましょう。現在はモラルに対する風当たりが強くなっているため、生半可な考え方ではタクシードライバーに転職することはできないでしょう。

タクシードライバーに転職する志望動機には、自身がタクシーに乗った経験から感じたことを述べると良いでしょう。例えば、「以前タクシーに乗ったときにドライバーの親切な応対に感動した。そこからタクシードライバーへの転職を考えた」などの具体的な話をすると、思いが伝わりやすいでしょう。

タクシードライバーは日常的に運転をする仕事なので、「運転が好き」というのは大きなアピールポイントになるでしょう。また「人と接することが好き」という理由も好まれます。

タクシー会社へ転職する人の成功と失敗の違い

一般に転職には失敗はつきものです。ただし企業研究や業界研究を熱心にすればするほど、転職に失敗する可能性は低くなると言えます。タクシードライバーへの転職も例外ではありません。お客様と一期一会の接客をするという特殊な職業であるため、成功と失敗が顕著に出る職業といってもいいでしょう。

タクシー会社への転職に成功する人と失敗する人の違いは、何のために転職するかという目的をはっきり持っているかどうかであると言えます。安定した収入を得たいというのも、はっきりとした目的と言えるでしょう。タクシードライバーに転職することでどんなことをしたいか具体的に考える必要があります。

タクシードライバーは一般には同僚やチームというものが存在しません。稼働時間や休憩時間などをある程度自分で定めるということに慣れる必要があります。

後悔

タクシードライバーに転職して最も多い後悔は、人間関係によるものでしょう。タクシードライバーはお客に暴言を吐かれることも少なくありません。またモンスタークレーマーとも呼ばれる人のクレームにも対処しなくてはなりません。神経をすり減らす仕事であることは間違いありません。

またお客に多く接する機会はあるものの、一般にタクシードライバーは孤独な仕事であると言えます。仕事中は誰とも雑談することもできず、ラジオだけが唯一の楽しみだという人も少なくありません。仕事の愚痴や相談を仲間内でできないことにストレスを感じ、転職したことを後悔する人も多くいます。

やりがいというものを感じにくいのもタクシードライバーの特徴です。乗せるお客のほとんどは愛想なくお金を払うだけです。褒められることがないというのも後悔する理由になります。

不安

タクシードライバーに転職した人は少なからずいくつかの不安を抱えている人がいます。その不安の中で最も大きなものは、身体的な不安でしょう。人の命を預かる仕事である以上、万全の体調で仕事に臨まなくてはなりません。場合によっては、仕事の前日から体調を整えることも必要になってきます。

現在高齢者による車の事故が多発しているように、加齢に比例して事故の発生率は上がってしまいます。視力の衰えや判断能力の低下はタクシードライバーにとって大きな不安であると言えます。もし事故を起こしてしまうと慰謝料などを払わなくてはいけないばかりか、タクシー会社をクビになってしまう危険性も大いにあります。

タクシー会社への転職を考える人は、第2第3の転職を考えている人は少数派です。人生最後の職場となると抱える不安も大きくなってしまいます。

年代別タクシー会社への転職理由

タクシードライバーに転職する年齢は幅広いと言えます。前職が合わず若い20台のうちから転職する人もいれば、前職を早期退職した50代60代の人もいるでしょう。一般にタクシードライバーは男性が多いですが、少なからず女性も存在します。

転職理由にはいろいろなものがありますが、どの年代でも安定した収入を得たいというのは大きな理由であると言えます。日本が高齢化社会になるにつれてタクシーの利用者も増え、自動化が進む世界においても、最後まで人間が必要である仕事の一つと言えるでしょう。

20代

20代のタクシー会社への転職理由は、運転が好きという人が多いです。例えば観光地を巡ったりすることが好きな人や、海や山などの綺麗な景色を見るのが好きな人などは、タクシー会社への転職を考えることもあります。

Bottom banner

成功する人

お客を乗せてコミュニケーションをとることが好きな人、運転が好きで道を覚えるのが得意な人は成功すると言っていいでしょう。現代においてはカーナビをつけているタクシーが一般的ですが、カーナビに頼りすぎず自らの経験と知識で最適のルートを導き出せる人は、お客にとってもいいドライバーと認識されるでしょう。

30代

30代の転職は、前職でなんらかの不満があり転生に踏み出すことが多いです。前職で人間関係に疲れた人などは、一人で黙々と仕事ができるという理由でタクシードライバーを志望することもあります。

成功する人

30代では前職の経験を生かし、勤勉に仕事を遂行できる人が成功できる可能性が高い人です。ひとりの仕事だと、ついさぼったりごまかしたりしてしまいがちですが、接客業に誠実に向き合う姿勢は、上司やお客など周りの人間みんなに認められることでしょう。

40代

40代での転職はなかなか勇気が必要です。それでも転職する必要があるような大きな理由であることが多いです。例えば周りの環境により安定した収入が必要になった場合など、40代の人が転職に踏み出すこともあります。

成功する人

40代の人は大きな理由があり転職に踏み出すことが多いので、その目的を叶えるためであれば辛い業務内容にも耐え成功できるでしょう。長年社会人を経験している人であれば、世間の世知辛さも理解しているはずなので、辛いことや大変なことをはねのける気持ちを持っていると言えます。

50代

50代の転職は前職を早期退職している人が多いです。再びの転職をすることが難しいことがわかっているので、最後の職にしようと転職を決意する人が多いです。人と関わることを望んでタクシードライバーになる人もいます。

成功する人

50代でも新しいことに興味を持ち続ける人は成功する人と言えます。新しい道や新しい観光地への興味を持つことで、お客を運ぶのもスムーズにすることができるでしょう。

60代

一般に60代での転職は難しいと言われています。しかし昔バスの運転手をしていて経験を生かしたいなどという理由でタクシー会社への転職を考える人もいます。現に60代でも若者に負けない知識やドライブテクニックを持っているドライバーも多くいます。

成功する人

60代でタクシー会社への転職が成功する理由は、経験によるところが大きいでしょう。年齢を重ねた分、混む時間帯や混む場所など若者よりも知識と経験は多いと言えます。

タクシー会社へ転職後の給料相場

免許が必要であること、知識と教養が必要であること、接客業であること、お客の命を預かっていることから、タクシードライバーの給料の相場は高いと言われています。タクシー会社ではグループを組んでタクシーを配車したりすることもあるので、残業なども少なく働く環境は整っていると言えます。

タクシー会社への転職がおすすめな訳

調整されたシフトと接客で得ることができる喜びは、タクシー会社に転職する大きな理由になりえます。タクシードライバーには1台ずつタクシーが割り当てられるので、まさにタクシーは相棒と言えるでしょう。そんな相棒と一緒に定年まで働けるのは大きな喜びであると言えます。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人