Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー会社の有給休暇メリット・取り方・計算方法|休みやすい

タクシー会社の有給休暇メリット・取り方・計算方法|休みやすい

今働いている場所では、有給休暇がどのくらい残っていますか。タクシー会社で働くと、有給休暇が取りやすく、またまとめて取ることも可能です。なぜタクシー会社では休みの融通が利きやすいのでしょうか。タクシー会社の有給制度についてご紹介します。

初回公開日:2018年07月13日

更新日:2018年07月13日

記事に記載されている内容は2018年07月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


有給休暇とは?

有給休暇とは、正式には年次有給休暇と言います。一定の期間勤続すれば、正社員でもアルバイトでも有給は会社から付与され、有給休暇の期間は、労働者に賃金が支払われます。有給休暇の付与は法律で定められており、労働者の心身のバランスを保つため、労働災害の防止のためにあります。

有給休暇を取る時のポイントは?

有給休暇は、長期間働いている人であれば誰でも取得しているものであり、必要な時に使用することが可能です。しかし、申請する時に他人の目を気にしたり、仕事の進捗が気になったりすることはありませんか。

有給休暇の取り方のマナーとしては、会社自体が時期的に忙しくない時期や、自分の仕事が少ない時期に申請することが大切です。また、自分が休みの間の仕事の引き継ぎもしっかりやっておきましょう。

有給休暇の原則を知る事が大切?

ある程度のマナーはありますが、有給休暇は労働者が好きな時に取るのが原則です。

必要以上に周りの空気を読まなくても良いですし、忙しいや人手が足りないからといった理由で、雇用主が有給の申請を取り消すことはできません。同じ時期に多くの労働者が休んだり、代わりの人材もいないといった場合には別ですが、そもそも雇用主にはこういった不足の事態に陥ることを避ける義務があります。

急な冠婚葬祭などで有給を消化するケースは多く見られますが、日本人の有給休暇の取得率は、ワースト1位のレベルでとても低いのが特徴です。その上、オーバーワークで体調を崩す、鬱などにかかるという影響が多く出ています。ワークライフバランスをうまく保つためにも、有給休暇は気兼ねなくとることが必要です。

タクシー会社の有給休暇の特徴とは?

有給休暇の申請は自由であり、会社側はそれを取り下げる事ができませんが、有給休暇を申請した時に、嫌な顔をされた事はありませんか。では、私たちの身近にあるタクシー会社の有給休暇には、どのような特徴があるのでしょうか。

タクシー会社に有給休暇はある?

まず、タクシー会社に有給休暇という制度はあるのでしょうか。労働基準法の決まりから、タクシードライバーにも有給休暇はもちろんあります。しかし、タクシー会社の給料形態は歩合制となっており、一般企業の有給休暇とは少し違います。

休みやすい

タクシー会社の有給休暇の取り方の特徴として、休みやすいということが上がります。これはタクシー会社の企業規模に関わらず言えることです。

タクシードライバーはチームで仕事をするわけではないので、有給休暇だけでなく、早退や遅刻などの勤怠に関わる事柄で、他人の目を気にする必要がありません。そのため、有給休暇の申請にも特に嫌な目をされるわけでもなく、休みを取りやすいと言えます。

まとめて休める

有給休暇と連休をつなげれば、長期の休みも可能です。一般企業に勤めていると、連続した休みがとても貴重になります。しかし、なかなか希望が出しづらいのが現状でしょう。

その点、チームで仕事をするわけではないタクシードライバーは、まとめての長期休みを取っても仕事に支障が出るわけではありません。そのため、長期で休みを取って旅行に行くというタクシードライバーも多くいます。

タクシー会社の有給休暇の取り方とは?

タクシー会社の給料は歩合制という、一般企業とは少し違います。タクシー会社の有給休暇の取り方は、どのような方法なのでしょうか。

入社6ヶ月経過後から取得可能?

タクシー会社の有給休暇の決まりは会社によってまちまちですが、入社後6カ月経過しており、そこまでの出勤率が80パーセント以上を経過すると、10日間の有給休暇が発生するという会社がほとんどです。在籍年数によって変動はありますが、その後1年経過するごとに日数が増えていきます。

Bottom banner

タクシー会社の有給休暇の計算方法とは?

有給は二年で消滅してしまうのでその前に長期で使用する人もいれば、身内に不幸があった場合や、家族が旧に入院してしまった時などのやむおえない事情がある場合などに使用されます。有給期間中は、休みではありますが給料が発生する期間です。

有給休暇中に発生する給料の計算方法をご存知ですか。一般企業に勤めていても知らない人は多くいます。タクシー会社の有給休暇の計算方法とは、どのような方法なのでしょうか。

支払額の計算とは?

一般企業での有給休暇の消化の場合、1日に支払われる給与の金額は、1日の日割り計算か、時給制の場合は時給×7.5時間という形で支払われます。しかし、タクシードライバーの給与は給料制ではなく歩合制です。お客さんをたくさん乗せたり、より遠くへ走行したり、頑張れば頑張った分だけ月の給料が上がる仕組みです。では、タクシー会社の有給計算は、どのような方法がとられるのでしょうか。

タクシー会社の有給休暇の計算方法は、会社によって違いがありますが、大体の会社が直近3ヶ月の売り上げ平均を日割り計算というやり方を使用しています。タクシードライバーは固定給で給料が支払われるわけではないため、有給を消化するタイミングの直近3ヶ月の売り上げが基準となります。

勤続年数

有給休暇は勤続年数が長ければ長いほど増えていきます。しかし、付与された有給休暇が二年間のうちに消化しない場合、消滅してしまいます。

タクシードライバーは歩合制のため、一般企業とは有給の計算方法が違います。しかし、勤続年数によって付与される有給休暇の日数には変わりはありません。入社後6カ月を経過して、そこまでの出勤率が80パーセント以上である場合、10日間の有給休暇が発生します。その後は勤続年数によって、1年あたり10日から20日間の有給休暇が付与されます。

タクシー会社で有給休暇を取るデメリットは?

有給休暇は自身の休みとくっつけて連休にすることもできますし、休みではありますが給与が発生します。普段行けないような場所へ遠出ができたり、いつもとは違う休みの過ごし方ができます。

何もデメリットがなさそうに感じる有給休暇ですが、タクシー会社で有給休暇を取る場合、何かデメリットがあるのでしょうか。

歩合部分の給料が減る

タクシードライバーは個人で仕事をするため、自身の都合で長期休暇を取ることもできますし、有給休暇を取る時も気兼ねなく申請ができます。しかし、長期で休みを取るということは、その分月の売り上げが下がります。当然のように歩合給が下がり、その月の給料は少なくなります。

給料を減らさないためには?

タクシードライバーは副業としても人気ですが、専業でも頑張れば頑張った分だけ給料が上がる仕組みになっています。給料を減らさないためには、長期休暇を取っても安定した収入が得られるようになる努力をすることが必要です。

有給休暇時に支払われる金額の計算が難しい

一般企業であれば、1日の日割り計算や時給計算をすれば、有給休暇時に支払われる給与の計算ができます。しかし、タクシー会社は歩合制なので、有給休暇を消化した場合の給与計算が難しいのがデメリットです。

直近の給与から計算されるため、有給休暇を申請したタイミングによっては、支給される金額が微々たるものだったり、想像していた金額よりも少なかったなどといったギャップを感じる場合があります。一般企業の有給休暇とは勝手が違いますし、およその目安が計算できるだけで安心感は違うでしょう。

有給休暇で自由を満喫しよう!

タクシー会社は日勤、夜日勤、隔日勤でシフトが組まれていることが多く、その中でうまく有給休暇を申請すれば、一週間などの長期間休みを取ることが可能です。その上、一人での仕事なので自分がいないことで起こる穴を考える必要もありません。

給料携帯は少し特殊ではありますが、有給休暇のないタクシー会社はなく、出勤時に仕事を頑張って歩合の率をあげれば、有給時に支払われる給料も上がります。

休みや心にゆとりがあってこそ仕事ははかどる物です。気兼ねなく有給休暇を申請し、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人