Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

日勤のタクシー運転手の給料相場・メリット・給料を上げる働き方

日勤のタクシー運転手の給料相場・メリット・給料を上げる働き方

転職活動の際に、勤めていた会社で身につけた技術や知識が専門的すぎて、他社では使いづらく、転職活動の際にアピールできるものが少なくて困ってしまうという人は多いです。そのようなときに、給料も悪くないタクシー運転手が転職で人気となることがあります。

初回公開日:2018年08月22日

更新日:2018年08月22日

記事に記載されている内容は2018年08月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー運転手は転職で人気の職業

今までは同じ会社でずっと働き続けることが良いこととされてきましたが、今では自分に合った仕事を見つけることが優先されるようになってきています。

しかし、勤めていた会社で身につけた技術や知識が専門的すぎて、他社では使いづらく、転職活動の際にアピールできるものが少なくて困ってしまうという人は多いです。

そのようなときに、車の運転を日常に行っていて、給料も悪くないタクシー運転手が転職で人気となることがあります。また、勤務形態によっては仕事をする時間もある程度は融通が利くことも人気の高い理由の1つです。

タクシー運転手の勤務形態

タクシーは捕まりにくい時間帯はあるものの、駅などに行けば早朝でも深夜でも、見かけることがあります。これはタクシーの運転手によって、働き方が違うためです。

タクシーの運転手の中には、昼だけ仕事をする人もいれば、夜だけ仕事をする人もいます。また、休憩時間を挟みながら1日通して20時間も仕事をする人もいます。これらの働き方にはそれぞれメリットがあれば、デメリットもあります。

昼日勤

タクシーは早朝でも深夜でも見かけます。そのため、拘束時間が長く、休むことができない仕事を思っている人もいます。しかし、タクシー運転手でも一般の企業のように、朝から夕方まで仕事をするということも可能です。

朝から夕方までを仕事の時間とすることで、世間と時間感覚をズラすことなく、規則正しく生活を送ることができます。女性のタクシー運転手が夜に仕事をするのは危険なため、女性の場合は昼日勤でタクシー運転手をする人が多いです。

昼日勤のデメリット

規則正しい生活ができるということで、昼日勤を望むタクシー運転手もいます。しかし、お昼にタクシーを利用するお客さんは長距離利用されることが少ないです。また、他にも多くのタクシーが動いているため、お客さんを捕まえることも難しい場合があります。

タクシー運転手の給料は基本的に歩合制となっているため、お客さんの少ない時間帯で、お客さんを捕まえることができても、単価が低いことから昼日勤はタクシー運転手にとって不利な時間帯となります。

夜日勤

夜日勤のタクシー運転手は夕方から翌朝まで仕事をします。夜にタクシーを利用する人は終電を逃した人などが多いため、長距離利用のお客さんが多くなります。また、夜には割増料金となるため、単価が上がります。

そのため、タクシー運転手の給料は歩合制のため、夜はお客さんの数が少なくても、効率良く仕事をすることができます。

夜日勤のデメリット

夜にタクシーを利用する人は、食事などをしていて終電を逃してしまったという人も多いです。そのため、お酒が入っているお客さんも多く、目的地に到着しても寝てしまって起きなかったり、お酒で気が強くなってしまっていて喧嘩口調になってしまっていたりなど、トラブルとなってしまうこともあります。

隔日勤務

タクシー運転手として働く人は、隔日勤務で働く人が多いです。隔日勤務は朝から翌日まで、休憩を挟みながら、ほぼ一日を通して仕事をすることです。昼日勤や夜日勤を希望する運転手もいますが、タクシー会社としては昼日勤や夜日勤で限定して人を雇ってしまうと、運転手に勤務時間に偏りができてしまうため、基本的には隔日勤務として募集をしています。

1回の労働時間は長いですが、隔日勤務の場合は仕事が終わった翌日は明け休みとなるため、1日仕事をして、翌日は休むということになります。また、5日ごとに公休もあるため、明け休みと合わさることで頻繁に連休があります。

また、タクシー会社には労働者を月に262時間以上拘束してはいけないという決まりがあるため、残業のこともそれほど心配することはありません。

隔日勤務のデメリット

Bottom banner

タクシー運転手として仕事をするのであれば、多くの人がこの隔日勤務で働くことになります。なので、昼日勤や夜日勤のみを希望しても、会社から受け入れられないこともあります。

また、休憩を挟みながらであっても、長時間の勤務は慣れていない人にとっては辛く感じることが多いです。そのため、体が慣れるまでに体調を壊してしまうという人もいます。

日勤のタクシー運転手の給料相場

先に述べた通り、タクシー運転手の給料は歩合制であることが多いです。会社によって条件は違いますが、給料の相場は売り上げの約50%ほどと言われています。

また、お客さんの単価が低い昼日勤のみであれば25万円前後、夜日勤のみであれば30万円前後、隔日勤務で25万円前後がタクシー運転手の給料の相場と言われています。

隔日勤務の給料も日勤の給料もあまり差がないように思えますが、隔日勤務の場合は2日に1日は休みであることや、給料が歩合制のため、昼と夜のお客さんの両方を捕まえられることから、隔日勤務では相場以上の給料を得る人も少なくなりません。

日勤タクシー運転手の給料のメリット・デメリット

タクシー運転手は基本的に歩合制となります。なので、お客さんを乗せるほど給料は上がることになります。なので、タクシー運転手は努力次第で給料を上げることができます。

しかし、昼日勤で働くタクシー運転手は長距離利用が少ないお客さんが多い時間帯に仕事をすることになります。

また、夜日勤の人は長距離利用のお客さんは多いですが、昼ほどタクシーを利用する人は多くありません。そのため、夜日勤で働くタクシー運転手は常に他のタクシーとお客さんを奪い合いをしている状態になります。隔日勤務であれば、昼と夜のお客さんを満遍なく捕まえることができます。

タクシー運転手の給料を上げる日勤の働き方

タクシー運転手の給料は歩合制です。そのため、お客さんを乗せることができなければ給料を上げることができません。しかし、世の中には非常に多くのタクシーが走っているため、お客さんは他のタクシーと常に奪い合いの状態となります。

なので、タクシー運転手が給料を上げるためには、お客さんを獲得するための努力をする必要があります。

休憩時間の取り方

タクシー運転手の休憩時間は制限があるものの、いつ、どこで休憩を取るかは運転手が判断します。そのため、タクシー運転手の休憩は場所とタイミングが毎日異なります。

タクシー運転手にとって、休憩のタイミングは重要で、休憩している間は他のタクシーにお客さんを取られてしまう可能性があります。そのため、お昼ご飯の時間をずらしたり、お客さんを狙っている地域の人の流れや、時期によって、お客さんを逃さないように休憩時間を考える必要があります。

稼げる時間の把握

上記で述べた通り、人の流れや時期によって、タクシーを利用する人が増減したりします。また、特殊な人の流れや時期だけでなく、日常生活の流れを読む必要もあります。

なので、どの時間にどこに行けばタクシーを利用する人がいて、今はどこでどのようなイベントなどが行われているのかなどを把握しておく必要があります。

地域の事前確認

上記で述べた通り、日常生活の人の流れを読むことも大切ですが、イベントなどがあるときには人の流れが大きく変わります。なので、イベントがあることを事前に確認しておかないと、いつも通りの動きをしてしまい、多くのお客さんを逃す可能性が高いです。

お客さんを逃すということは、給料を下げていることと変わりないので、常に人の流れを読むために、事前情報は入手しておかないと行けません。

タクシー運転手の給料は努力次第

タクシー運転手は転職で人気が高い職業です。車の運転であれば、普段から行っている人も多いため、特殊な技術を必要としません。また、タクシー運転手の給料は歩合制です。そのため、努力次第で給料を上げることもできます。

ただし、日常生活の運転ではなく、お客さんを乗せて走るということを忘れては行けません。仕事として運転手をするという自覚を持ちましょう。その自覚がまた給料を上げることになります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人