Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシーの日勤の平均売り上げ・給料相場・勤務時間・走行距離

タクシーの日勤の平均売り上げ・給料相場・勤務時間・走行距離

タクシードライバーは、勤務時間がわかりにくいです。24時間休みなくタクシーは活動していますが、日勤にこだわりたい人もいるでしょう。この記事では日勤のタクシードライバーの働き方や給料などを紹介します。タクシー業界を目指している人はぜひ、読んでみてください。

初回公開日:2018年06月19日

更新日:2018年06月19日

記事に記載されている内容は2018年06月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシーの日勤勤務のメリットとデメリットは?

タクシーは24時間営業していますが、タクシードライバーを目指している人にとっては24時間不規則に働くよりも、日勤にこだわって働きたい人もいるでしょう。タクシーの日勤のメリットは、他の人とスケジュールがあわせやすいことや、夕方や夜の時間を自由に使えることにあります。

日勤だと夕方早い時間に仕事を終えられるため、家事や子育てに時間をさけるという主婦もいます。高齢の方は、無理のない昼間に働きたいという人も多いです。

日勤のデメリットは、売り上げが少なくなりがちなことです。電車やバスなど公共の交通機関が動いている間は、タクシーを利用しない人も多いです。深夜の割り増し料金もないので日勤は頑張らないと売り上げを稼げないことがあります。

タクシーの日勤の平均売り上げは?

タクシー業界は歩合制であることが多いので、売り上げを稼がないと給料、年収に影響が出る場合が多いです。一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会によると、東京のタクシードライバーの年収は約400万円とのことです。これを参考に売り上げを計算してみます。

タクシー業界は、売り上げの50%~60%が給料として支給されるところが多いですが、今回は50%として計算します。すると年間の売り上げは約800万円、一か月分は約65万円です。また、多くのタクシードライバーの月間勤務日数は11日で、人によっては13日まで勤務可能です。一月あたり11日働いたとすると、一日あたりの売り上げは、5~6万円となります。

タクシーの日勤の給料相場は?

タクシーの給料相場について、各勤務体制別に紹介します。タクシードライバーでは日勤、夜勤以外に隔日勤務という勤務体制があり、多くのタクシードライバーは隔日勤務体制をとっています。

日勤のみ

日勤のみの場合は、深夜割り増しがないことと、利用するお客自体が少ない傾向にあるため他の勤務体制よりも給料は少なめです。日勤の場合は一般的なサラリーマンと同じように月24日程度勤務します。一回の基本的な売り上げは2万円程度が目安です。給料の相場としては、50%程度の歩合で24日ほど働いたとすると20万円台半ばといえます。

夜勤のみ

夜勤の場合はやや、日勤よりも一回の基本的な売り上げが増え、3万円程度が目安です。給料の相場としては、50%程度の歩合で24日ほど働いたとすると30万円台半ばと言えます。

隔日勤務

隔日勤務の人は一回あたり5万円程度売り上げを得る、一般的なタクシードライバーの働き方です。給料の相場としては、50%程度の歩合で11日ほど働いたとすると20万円台半ばと言えます。

給料を見ると隔日勤務と日勤で差がないように見えますが、隔日勤務は一か月の残り20日程度は休みなので時間を自由に使いたい人には向いています。また、一か月あたり13日まで勤務日数は増やせるので、さらなる給料アップも目指せます。

タクシーの日勤勤務の勤務時間は?

タクシーの日勤の勤務体制について詳しく紹介します。朝7時から夕方16時までの勤務、もしくは朝8時から夕方17時までの勤務です。一般的なサラリーマンよりも早めに仕事が始まります。

休憩時間

休憩時間は一時間程度あるのが一般的で、サラリーマンと同じように、ご飯を食べたり仮眠をとったりして過ごします。お昼ご飯を食べる場所は、タクシーという特性上、その日によって違うことが多いです。

Bottom banner

一日の流れ

タクシーの勤務体制は、日勤以外にも夜勤・隔日勤務がありますが、一日の流れは勤務体制によらずほぼ同じです。出社してまずはアルコール検査から始まります。前日遅くまで飲んでいるとアルコール検査でひっかかることもまれにあります。その日は勤務できないことになってしまいます。

点呼・車庫点検を終えて営業に向かいます。昼休憩・午後の営業を終えて会社に戻ると、納金・洗車を終えて一日の仕事が終わります。人によっては適時休憩時間を取ります。

残業はあるのか

タクシーの勤務期間は厳しくきまっており、残業はほぼありません。残業がないことから、女性や高齢者にも人気です。ワークライフバランスがとりやすいことから、新卒でタクシー業界に入ってくる人もいます。

タクシーの日勤勤務希望の求人の探し方は?

タクシーは専門職であるため、普通の就職情報サイトでは求人を探しにくい傾向にあります。運転が好きで接客も興味がある人でも、タクシー業界について知ることは、なかなか難しいです。タクシー業界の求人・情報収集について紹介します。

タクシー専門情報サイト

タクシー専門情報サイトを見ると、想像が難しいタクシー業界について詳しくわかります。給料や勤務体制、先輩の仕事風景、研修制度の有無など就職するうえで知りたい情報を知ることができます。例えば、「タクシードライバー転職本部」というサイトでは詳しい情報が得られるほか、タクシー業界への転職をサポートする窓口があります。

タクシー会社個別のホームページも最近は、情報が充実しています。大手のタクシー会社に就職したい場合は、会社のホームページを必ず見てみましょう。

日勤は女性限定の場合も

日勤にこだわってタクシー会社を探している人は、日勤をやれる人の条件について確認しましょう。日勤は実質、女性や高齢者がほとんどということもあります。もちろん隔日勤務だけの採用の会社もあります。勤務体制を確認しておくことは重要です。

一方で、隔日勤務体制だった人が、日勤に変更する事例が多い会社もあります。入社後に勤務シフトを変更できるかも確認しておきましょう。

福利厚生が充実している会社も

最近は女性も多く働いているタクシー会社ですが、最近は福利厚生が充実してきています。女性なら嬉しい出産お祝い金や入社祝い金を出すところもあります。

働き出してすぐは売り上げを稼げるか不安な人も多いですが、何か月か最低給料を保障してくれる会社もあります。お金の面以外にも、タクシードライバーの仕事が初めてでも安心できるように、研修制度が充実しているところもあります。

また、タクシードライバーになるには普通免許だけでは務まりません。普通自動車第二種運転免許を取得する必要があり、入社時点で免許がない人は教習所に通って取得する必要があります。免許取得のための補助金制度があるかどうかも大事なポイントです。

タクシーの日勤の平均走行距離は?

タクシーが一日に走ってもよい走行距離は限界が決められており、関東地方の日勤の場合270km程度とされています。地域によっても限界走行距離は変わりますし、隔日勤務の場合さらに多く走ることができます。限界走行距離は、タクシー会社によっては低めの水準に設定されている場合もあります。限界走行距離は、ドライバーの過労を防ぐために決められています。

タクシードライバーは歩合制ですが、年金収入がある人はそれほど売り上げにこだわらないこともあります。高齢者が多いタクシードライバーですが、人によってはそれほど走行しなくても一日の仕事を終える場合もあります。

タクシーの日勤は人によってはベストな働き方!

タクシーの勤務体制は、日勤・夜勤・隔日勤務があり、もっとも多くのドライバーが働いているのは隔日勤務体制です。日勤はタクシーを利用する人が少ない傾向にあり、深夜割り増し料金もないため売り上げは低くなりがちです。ただし、人によってはワークライフバランスをとりやすく、普通のサラリーマンと同じ勤務体制の日勤が良い場合があります。

日勤は、女性や高齢者でも働きやすく夕方に自由がきくため、家事や子育てもしやすいです。福利厚生の充実に伴い、最近は、新卒でタクシードライバーを目指す人も増えています。タクシードライバーになるには普通の求人情報では業界のことがわかりにくいです。専門のサイトを見たり、タクシー会社のホームページを見たりして勉強しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人