Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー会社おすすめの志望動機・例文・履歴書書き方

タクシー会社おすすめの志望動機・例文・履歴書書き方

現在、国内でタクシー運転手として働いている人は約37万人で、人気の職種と言えるでしょう。しかし免許があるからといって、誰でも勤まるものではありません。求人に応募する前に志望動機の書き方を見て、タクシー運転手としての適性も考えてみましょう。

初回公開日:2018年06月08日

更新日:2018年06月08日

記事に記載されている内容は2018年06月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー運転手として働くには?

タクシー運転手は「旅客運送」を行うため、自動車普通免許かつ第二種運転免許を取得することが必要です。

タクシー会社の中には、すでに第二種運転免許を持っていることを応募の条件にしているところもありますが、多くの場合、第二種運転免許を取得していなくても就職できるように、免許取得のための合宿制度を設けたり、取得費用の補助を行っていたりします。

タクシー会社にタクシー運転手として応募する際は、募集要項や求人票の必要条件欄を必ずチェックしましょう。

タクシー運転手は運転免許を取得し身体が健康でありさえすれば、基本的には誰でもなれる職業だと言えます。タクシー運転手が不足してる会社も多く、やる気さえあれば歓迎という場合も多くみられます。しかし「タクシー運転手にでもなるか」などと安易な気持ちで仕事に就いても、長くは続かないでしょう。

自分の適性の確認と志望動機

まず志望動機を考える前に、自分にタクシー運転手としての適性があるかを確認してみましょう。先にも述べたようにタクシー運転手は希望者も多く、実際に就業者も多い職種ですが、退職者も多いのが現状です。タクシー運転手は、昼夜逆転のシフトに対応する体力と、接客業ならではのストレスに耐えうる精神力が、ともにタフでなければ続けられません。

テキストタクシー運転手の求人に応募しようと考えている人は、志望動機を書きながら自分にタクシー運転手としての適性があるか、このようなタフさを持ち合わせているか、今一度確認してみましょう。

状況別のタクシー会社への履歴書の書き方は?

履歴書はタクシー会社の採用担当者が面接するかどうかを決める大切な材料になりますので、慎重に書きましょう。

まず、書類選考の第一印象は履歴書で決まります。書き方や内容で人物像を判断する会社も少なくありません。また面接の際に問われる内容にも大きく影響します。

採用担当者が聞きたい内容や求めている内容を見極め、履歴書は採用担当者に「この人に会ってみたい」と興味を持ってもらえるよう書くことが大切です。

履歴書の注意ポイント

日付欄は持参の場合には面接日当時の日付を、郵送の場合は発送日の日付を記入します。履歴書のすべての項目は元号ならば元号で、西暦ならば西暦で統一しましょう。

写真は3ヵ月以内に撮影したものを使用します。写真は印象を決める大きなポイントになりますのでスーツやネクタイを着用し、自然で明るい笑顔の写真を使いましょう。

印鑑は三文判で十分ですが、にじみがないよう鮮明に押します。

資格・免許の欄はタクシー運転手として働く場合、普通自動車運転免許の所有は必須ですので、取得年月は必ず記入します。現在、取り組んでいる資格がある場合は「その他特記すべき事項」の欄に記入します。

職務経歴書と志望動機

履歴書の中で最もライバルとの差がつきやすいのが、志望動機と職務経歴書の欄です。特に志望の動機欄は自己アピールの大切な場ですので、最も力を入れるべき事項です。志望動機の書き方は前職によって多少異なりますので、前職の実績や経験を生かした上手な志望動機を書き、採用担当者にアピールしましょう。

職務経歴書は履歴書の職歴の欄では書ききれない、具体的な業務内容をPRすることができます。有効に使いましょう。

職務経歴書は、在籍していた会社ごとに入社した年月と退社した年月、所属部署、課を記入します。業務内容には、社名、会社区分、従業員規模、業種、雇用形態、担当業務の内容を記入します。特に業務の内容については自己PRのポイントになりますので、詳細を具体的に記入しましょう。

新卒者の注意すべきポイント

新卒者は経験がないため、職務経歴書に記入事項はありませんが、自己PRにつながるのであれば、アルバイトの経験も職務経歴書に記入しましょう。また志望動機では、新卒者ならではのフレッシュさを武器にして、熱意をアピールしましょう。

新卒者の志望動機は以下のように書きましょう。

【志望動機の例】
私の祖母は買い物や病院へ行く際に介護タクシーの送迎を利用しています。祖母の生活の幅を広げ、不自由の少ない時間を過ごせるようにしてくれたタクシーの存在に、私たち家族も救われた経験から、私はタクシー運転手になりたいと思うようになりました。そして、子供のころから住んでいるこの地域に、少しでも貢献していきたいと考えています。

転職者の注意すべきポイント

転職者にとって職務経歴書は大事な自己PRの場になりますので、どのような成果を得たのかも含めて、詳細をしっかりと記入しましょう。逆に、空白の時期があると、面接の際に担当者から問われる可能性もあります。

転職者の志望動機は以下のように書きましょう。

【志望動機の例】
タクシー運転手として10年間〇〇県で働いてきましたが、先月父親が亡くなったのを機に〇〇県に帰ってきました。そして、地元で高いシェアを誇る貴社の募集を拝見し、応募しました。徹底してお客様の安全と快適な空間づくりに邁進してきた10年間の経験が、貴社のお役に立てると考えています。

未経験者の注意すべきポイント

その職種について未経験の場合は、別の仕事での経験を生かした志望動機を書きましょう。

未経験者の志望動機は以下のように書きましょう。

【志望動機の例】
私は運転が好きで、移動手段だけではなく、今後は介護や医療などのさまざまな分野でも活用できるサービスだと思い、タクシー運転手を志望するようになりました。前職で接客業をしていた実績を生かし、安全運転はもちろん、快適な時間の提供に努めます。どんなお客様に対しても居心地のいい空間を提供する貴社の理念に共感し応募しました。

タクシー会社の職務別の志望動機例は?

志望動機の書き方は職種によって異なります。まずは、その職種がどんな人物に合っているか、どんな人物が求められているかをよく考え、自分なりに当てはまる部分を探してみましょう。自分の経験や性格で必ずそれに合致する部分があります。

タクシー運転手の志望動機は?

タクシー運転手は安全運転で業務を遂行することはもちろん、お客様を快適に過ごしてもらえるような人でなければいけません。また勤務体制や給与形態から、体力や根気が必要な仕事です。

志望動機でアピールするポイントは、責任感が強いこと、接客業が好きなこと、サービス精神が旺盛なこと、コミュニケーション能力に長けていること、人の気持ちを察する心配りを忘れないことなどを盛り込むと良いでしょう。

Bottom banner

志望動機の例

タクシー運転手に応募する人は、志望動機を以下のように書きましょう。

幼い頃から、タクシー運転手という職業にあこがれていました。人を安全に快適に送り届けることに大きな喜びを感じるからです。中学高校の部活で鍛えた体力とコミュニケーション能力には自信があります。これらは、タクシー運転手として必ず役に立つと信じています。

また車の運転には自信があり、お客様が安全にかつ快適に利用していただける運転手を目指して日々邁進していきます。

事務の志望動機は?

事務職はタクシー会社の裏方であり、縁の下の力持ちとなって他の社員を支えなければいけません。また、社会人としての一般常識はもちろん、電話の応対、帳簿・伝票類の作成、パソコンの入力作業など、仕事は多岐にわたります。

自分の今までの経験や持っている資格などを生かして、志望動機を書くと良いでしょう。

志望動機の例

事務職に応募する人は、志望動機を以下のように書きましょう。

高校卒業後、五年間個人クリニックの受付をしていました。結婚を機に地元に戻り、貴社の募集要項を拝見して応募しました。エクセルとワードの資格を持っており、営業資料や帳簿の作成などは対応できます。前職の接客対応の経験に加えて明るく前向きな性格を生かし、なるべく短期間で戦力になれるように努めます。

配車係の志望動機は?

事務職と同様タクシー会社の裏方であり、縁の下の力持ち的存在です。また当日急遽ドライバーが休むなど、急な予定変更も多々あります。そのため、どのドライバーをどのように配置するか、配車係は冷静かつ的確な状況判断が求められます。

このような適性に応じた志望動機を書きましょう。

志望動機の例は?

配車係に応募する人は、以下のように志望動機を書くと良いでしょう。

前職では販売員としてデパートに勤務してきました。販促計画を積極的に実行し、売上目標達成に向けて改善を繰り返した実行力と精神力は、人より持っていると自負しています。配車係という仕事は前職と分野は異なりますが、私のこれまでの経験が生かせるのではと思い、貴社の募集要項を拝見して求人に応募しました。

オペレーターの志望動機は?

配車係と同様、冷静かつ的確な状況判断が求められます。それに加えて、コミュニケーション能力も長けていなくてはいけません。急な予定変更にも慌てることなく冷静に対処でき、滑舌良く、聞き取りやすい声と棘のない口調で話せる人が良いでしょう。

志望動機にも、そのような適性を盛り込みます。

志望動機の例は?

オペレーター係に応募する人は、以下のように志望動機を書くと良いでしょう。

前職の事務職では営業事務をしていました。明るく元気な応対を心がけ、的確な作業、応対、取次に努めてまいりました。この経験で人との関りが多い仕事をしたい、人の役に立ちたい、と実感したため、貴社のオペレーターに就きたいと志望しました。

貴社に入社したら前職での経験を活かし、効率よい業務の遂行とより良いチームワーク形成のために、力を尽くしたいと考えています。

タクシー会社の面接ではこう答えましょう!

まず、事前に会社の情報(企業理念や会社の規模、実績など)を入念に集め「なぜ、この会社に入りたいか」「なぜ、この会社を選んだのか」を明確にしておきます。

面接当日は採用担当者からいくつか質問を受けることになりますが、まず質問者の話を最後までしっかりと聞きましょう。決して遮ってはいけません。そして、その質問者の意図に沿った回答をしましょう。「そんな回答を期待していたわけではない」と思わせない、正しい会話のキャッチボールが必要です。

志望動機には注意が必要!

志望動機については、履歴書に書ききれなかった経験やエピソードなどを簡潔に付け加えると良いでしょう。しかし志望動機などを話し始めると、うっかり長くなってしまうことがあります。「結論→根拠」「概論→詳細」の流れで要領よく話しましょう。

志望動機に関しては「私が御社を志望する理由は2つあります。まずはー」のように話すと聞き手も聞きやすくなります。普段の会話の中でも意識して、話し方を改善すると良いでしょう。

タクシー運転手になろう!

タクシー会社への志望動機はいかがですか。

タクシー運転手は比較的広く門戸の開いた職種で、体力があればなることは簡単です。しかし実際に仕事をすると、接客業であるが故のストレスも大きく、勤務時間が長いため体力や集中力も要します。

また歩合制という独特の働き方に対応しなければいけません。経験を積んだ結果、個人タクシー運転手となると自由も得られますが、一方で年収が一般的な会社員に満たないケースもあります。

一方、少子高齢化の影響で運転できない高齢者の送迎が増える、訪日観光客の増加に伴い外国人のタクシー利用者が増える、などの新しい需要も見込まれます。

タクシー運転手になろうと決めたら勤務地周辺の地理に精通する、コミュニケーション能力を養う、英会話を習うなど地道に努力し、明るく前向きな姿勢で働けばきっと道は開けるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人