Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー会社へのおすすめの就職の仕方・後悔しない方法・保証人

タクシー会社へのおすすめの就職の仕方・後悔しない方法・保証人

タクシードライバーは努力や工夫次第で高収入を得ることができる仕事です。また収入にこだわらず自分のペースで働きたい方にもおすすめの仕事です。タクシードライバーとして働きたい方に向けて求人情報の探し方や、おすすめのタクシー会社などをまとめました。

初回公開日:2018年06月01日

更新日:2020年01月29日

記事に記載されている内容は2018年06月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー会社へのおすすめの就職の仕方

タクシー業界は慢性的な人手不足に悩んでいます。人手不足解消のために待遇の改善を進めている会社も多くあります。この記事ではタクシードライバーとして就職・転職を考えている方に向けて、就職活動に必要な情報や、後悔しない就職・転職の方法を紹介します。

タクシー会社の就職先の探し方

タクシー会社では通年、タクシードライバーの募集を行っています。タクシードライバーの求人はどうやって見つけたらいいのか、求人の探し方をまとめました。

ハローワーク

ハローワーク(公共職業安定所)は、国が所管する職業紹介事業を行う機関です。無料で職業紹介や、就業支援を受けることができます。ハローワークは各自治体に設置されていますが、ハローワークにある求人情報端末を使って全国の求人情報を見ることができます。

気になる求人が見つかったら窓口に行って相談すると窓口からタクシー会社に連絡し、募集状況の確認や面接の約束を取ってもらえます。

その場から面接に直行することもあるので、ハローワークに行く時は、履歴書・職務経歴書・免許証・印鑑・筆記用具などを持参し、スーツなどきちんとした服装で行くようにしましょう。

ハローワークで就職先を探すメリットは、職員に相談に乗ってもらえることです。応募したい会社の評判や、応募状況を聞けますし、不安な点は相談にのってもらえます。

求人誌やチラシなど

駅や街中、コンビニエンスストアや飲食店などに置かれている求人情報誌やフリーペーパーは無料なので、お金をかけずにタクシー会社の求人を探したい人におすすめです。気に入った求人があれば自分でその会社に電話をかけて面接のアポイントを取り、面接に行くことになります。

条件や勤務地などを検索できない点が不便ですが、スマホやパソコンが苦手な方にとってはフリーペーパーは、無料で就職情報を得られるよい手段と言えます。

インターネットの転職サイトなど

今の時代、職探しの主流となっている方法はインターネットの転職・就職サイトでしょう。スマートフォンやパソコン、ネットに繋げる環境があれば膨大な量の求人情報の中から、希望の就職先を探すことができます。

幅広い業種から就職したい会社を探せるサイトもありますが、タクシードライバーの求人に特化したサイトはタクシードライバーを目指す人にとって役に立つ情報も掲載されているのでおすすめです。

タクシードライバー向け転職・就職サイトはの中からおすすめのサイトを3つ紹介しますので、参考にしてください。

タクルート

タクルートは国内最大級のタクシー求人サイトで、全国の求人情報を探すことができます。勤務地を始めこだわりたい条件を指定して検索し、「女性歓迎・WワークOK・寮完備」などの特集求人情報から探すことも可能です。

応募したい会社が見つかったらサイト上のフォームから応募し、会社からの応答を待ちます。会社によっては最大20万円の御祝い金が出るところもあるので、しっかりチェックしたいところです。

タクシードライバー転職本部

タクシードライバー転職本部はタクシー業界専門のコンサルタントが、希望する条件に合った会社を紹介してくれるサイトです。タクシードライバー未経験者で不安を抱えていても、コンサルタントが相談に乗ってくれるので安心です。

全国700件もの求人情報があり、地方での就職、地方から都市部への就職なども対応可能です。求職者と会社のマッチング精度が高く、成約実績は業界最大級です。

転職道.COM

転職道.COMでは専門のカウンセラーが就職先を探しの支援をしてくれます。電話(フリーダイヤル)、メール、来社の3つの中から好きな方法で相談することができます。タクシードライバーに必要な資格など基本的な情報から、年収や休暇、将来性など、一般的な求人サイトではわからないことも教えてもらえます。

サイトの利用は無料、求職者の希望条件に沿って求人情報を検索したり、面接のアポイントなどもお願いできます。無料会員登録をすると企業からスカウトを受けられたり、タクシー知恵袋への質問や応募履歴の確認など、便利な機能を利用できたりします。

タクシー会社の就職で後悔しない方法

「タクシー会社に就職したけれどこんなはずじゃなかった」と後悔してしまうケースもあります。就職を後悔する主な理由は、予想していたより稼げない、体がきつい、接客のストレスなどがあげられます。

ここからは就職してから後悔しないように前もって知っておくべきポイントをあげていきます。

歩合給だから思ったより稼げない場合もある

タクシードライバーの給与体系は、A型(固定給+歩合給)、B型(歩合給のみ)、AB型(歩合給だが給与の一部を貯めておき賞与として支給される)の3種類があります。給与体系の特徴、メリットやデメリットを知っておくことが必要です。

基本的に、タクシードライバーの給与は歩合給がメインとなります。求人広告に「月収○○円」など書かれていることがありますが、ドライバーによって収入には差があり、すべての人がその月収を稼げるとは限りません。鵜呑みにしないことが大切です。

タクシー会社の給与体系・A型

タクシー会社の給与体系・A型は、基本給と、住宅手当や家族手当などの各種手当を合わせた「固定給」と「歩合給」を合わせた額が給与として支払われます。「固定給」があるので、初めてタクシードライバーの仕事をする人でも安定した収入が得られますが、歩合の比率が低めに設定されるので、歩合給を多く稼ぎたい人には不向きでしょう。

会社によっては入社してから一定の期間が過ぎると、固定給が減って歩合給がメインとなる場合もあるので、面接時などによく確認しましょう。

タクシー会社の給与体系・B型

タクシー会社の給与体系・B型は、完全歩合制と呼ばれる給与体系で、その月の営業収入に歩合率をかけた金額が給与となります。頑張れば頑張っただけ収入は上がるので、ドライバー経験者や、稼ぎたい人に向いています。

高収入を狙える反面、売上が上げられなければ給与も減ってしまい、収入が不安定になりやすいです。特にドライバー未経験者は、慣れないうちはあまり稼げないこともあるということを知っておきましょう。

Bottom banner

タクシー会社の給与体系・AB型

タクシー会社の給与体系・AB型は、歩合給ではありますが、歩合給の一部を貯めておき、ボーナスとして支給する給与体系です。例えば売上の50%を歩合給として月々支給、15%を会社で貯めておき、年に3回に分けてボーナスとして支給するといった方法です。

毎月の給与の変動を抑えることはできますが、歩合制であることに変わりはないので売上によっては希望する年収に届かないことも考えられます。

夜日勤や隔日勤で体調管理が大変なことも

タクシードライバーの勤務時間は「昼日勤」「夜日勤」「隔日勤」の3つの形態があります。一般的に「昼日勤」はい8時~17時、休憩1時間取る勤務で、生活リズムに無理がなく体に負担が少ないのがメリットです。

「夜日勤」は18時~翌2時、19時~翌3時というように夜間に勤務します。昼間に比べて遠距離の客が多い、深夜割増料金になるので高収入を得やすいのがメリットですが体に負担がかかりやすいというデメリットもあります。

「隔日勤」は1回の勤務が20時間でその間に3時間の休憩を取るという形態です。例えば朝8時~翌日の朝4時まで勤務で、その間好きなタイミングで合計3時間の休憩を取ります。出勤の翌日はお休みになります。

タクシードライバーは座りっぱなしの仕事なので、勤務時間中は腰痛や眼精疲労防止のために、適度に休憩をとることが必要です。

孤独や接客のストレスを感じることも

タクシードライバーは基本的に一人で仕事をします。自分のペースで休憩を取ったり行動できたりするので、人付き合いが苦手な人にとっては楽な気持ちで仕事ができると言えます。反面、孤独が苦手な人にとってはストレスとなります。

またタクシーはいろいろな人が利用します。時には横柄な態度や、理不尽な要求をしてくる乗客もいるので、接客をストレスと感じることもあるでしょう。タクシー会社に就職しタクシードライバーとして勤務するには、自分のメンタルを健康な状態に保てるよう工夫することが大切です。

タクシー会社就職に保証人が必要な理由

タクシー会社に就職する時はほとんどの会社で保証人を立てることが必要です。主な理由は2つあります。1つ目は、ドライバーが病気や事故などで入院することになった場合、会社関係者では集中治療室に入れない場合があるため、2つ目は、ドライバーが重大な事故などを起して賠償請求される事態になった時のためです。

タクシー会社が保証人が必要とするのは、身元引受人と連帯保証人を必要としているからです。

タクシー会社に就職を希望する人の中には保証人がいなくて困っている方もいます。面接時などに人事担当者に相談して解決できる場合もあるので、あきらめずに相談しましょう。

地域別就職におすすめのタクシー会社

ここからは、大阪、東京、神奈川、沖縄にあるタクシー会社の中から、就職におすすめの会社を紹介します。

大阪でおすすめのタクシー会社

大阪で就職におすすめのタクシー会社は、日本交通株式会社です。業界有数クラスの総合交通サービス企業です。自社教習所があり、2種免許取得費用は会社負担、教習中は支援金が1日1万円出ます。入社後1年は月給24万~29万円保障+歩合、その後は固定給15万+歩合給+諸手当です。

勤務時間は8時~翌2時の隔日勤で、勤務明けの休みとは別に月6~8日の公休があります。通常のタクシーから、企業専属ドライバー、ジャンボハイヤー、中・小型バスへステップアップも可能です。

社員サポートも充実しており、乗務員の安全を確保するための独自の無線システム、防犯体制が整備されています。西国内大手規模の自社整備工場があり、営業車両の整備も万全で、安心して働くことができます。

東京でおすすめのタクシー会社

東京で就職におすすめのタクシー会社は、三鷹市の大国自動交通です。日本交通グループ会社です。営業エリアは東京23区、三鷹市、武蔵野市です。2種免許取得費用は全額会社が負担してくれます。給与は基本給176000円(試採用は171000円)+歩合給+残業手当+深夜手当で、常務開始後3か月間は42万円保証です。

通常のタクシーの他、ビジネス向け(通称黒タク)、観光・ケア・キッズの3分野に特化した事前予約制のサービスなどあり、キャリアアップしていくことも可能です。

神奈川でおすすめのタクシー会社

神奈川で就職におすすめのタクシー会社は、日本交通横浜です。乗務開始後3カ月間は月給35万円最低保証があり、その後は月給18万円+歩合給となります。2種免許取得費用は会社負担、6~19日間の教習中は日当1万円が支給されます。

勤務時間は隔日勤で月12回乗務、隔日勤明けの休みと別に、月6~8日の休みを取ることができます。有給消化率100%、自分の時間を作りやすいです。

通常のタクシー、ハイヤー、運行管理業務、管理職へのキャリアアップも可能です。就職してからのフォローアップが充実しています。

沖縄でおすすめのタクシー会社

沖縄で就職におすすめのタクシー会社は、那覇第一交通株式会社です。業界最大手の第一交通のグループ会社です。2種免許取得費用は会社負担、研修日当の支給もあります。勤務時間は7時から16時の昼勤と、17時から翌2時の夜勤が基本、月平均24日勤務ですが、相談に応じてもらえます。

車両は全車カーナビ搭載なので地理に不安な方も安心して働けます。社員には特典として琉球バス・那覇バスフリーパスが発行されます。管理職登用制度があり、タクシー乗務員から管理職へのキャリアアップも可能です。

タクシードライバーは自分に合った働き方ができる

タクシー会社に就職したい方に向けて、求人の探し方・就職前に知っておきたいこと・おすすめのタクシー会社などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

タクシードライバーは自分のペースで働くことができ、自分の努力や工夫しだいで高収入を望める仕事です。また人の役に立てるという点でもやりがいのある仕事です。組織の中で働くよりも、自分に合った働き方ができる職業と言えるでしょう。

タクシー会社への就職を考えている方は、自分がどんな働き方を望んでいるのか、よく検討したうえで自分に合った待遇や条件の会社を見つけてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人