Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー運転手の副業は可能なのか・副業している人の割合・理由

タクシー運転手の副業は可能なのか・副業している人の割合・理由

タクシーの運転手は休みが多く時間の融通が利くので、他のサラリーマンよりも副業がしやすい環境にあります。タクシー会社も副業を禁止していない所が多いのですが、実際にタクシー運転手がする副業はどういうものか、注意点は何かを考えていきましょう。

初回公開日:2018年06月22日

更新日:2018年06月22日

記事に記載されている内容は2018年06月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシー運転手の副業は可能なのか

タクシーの運転手は仕事が大変な割に収入が少ないというイメージがあります。そのためタクシー運転手をしながら副業をしている人、または副業を考えている人は意外と多いです。しかしタクシー会社によっては副業を許可しているところもあれば、禁止にしているところもあります。

最近は副業を許可しているタクシー会社も増加していますが、どういう理由で許可しているのか、また禁止しているのか、それぞれの理由について考えてみましょう。

許可

タクシー会社は運転手の副業に関しては寛容なところが多いです。全ての会社ではありませんが、特に禁止はしていない会社が多いです。タクシー運転手の仕事は休みが多いので、自由に使える時間も多く、その時間の使い方まで会社が干渉しないという形で、許可と言うよりも黙認と考えたほうが良い場合もあります。

タクシー運転手をしながら副業をしたい場合は、タクシーの運転手の業務を第一と考え、タクシー運転手の業務に支障がないようにするようにすると良いでしょう。

禁止

日本企業全体的に見ると、副業禁止の会社が圧倒的に多いです。公務員が副業禁止であることは知られていますが、一般企業も副業禁止であることが定められていることが多く、よほど給与に不満がなければ副業をする人は少ないです。

タクシー会社では副業に寛容なことが多いですが、禁止している会社もないわけではありません。タクシー運転手は神経を使う仕事で、肉体的にも疲労が溜まりやすいです。休日が多いのは、疲れを癒してもらうためであり、副業をしてもらうためではありません。できればタクシー運転手に専念して欲しいというのが、副業を禁止している会社の本音でしょう。

副業をしているタクシー運転手の割合

タクシーの運転手を本業にしている人は、会社が副業を禁止していない場合であっても、副業をしているということは、あまり公にすることはありません。軽作業やドライバーなどの、すぐに収入になるアルバイトならまだしも、アフィリエイトや投資などはすぐに収入にはならず、投資の場合は損をしてしまうリスクもあります。

投資やオークションなども副業に入れるのであれば、かなりの数のタクシードライバーが副業をしていることになります。しかし実際にすぐに収入になる作業系のアルバイトをしている人の割合は、それほど多くはありません。副業は収入増に役立ちますが、休日が潰れてしまう、体力的に辛いということを考えると、難しいことのほうが多いです。

タクシー運転手が副業をする理由

タクシー会社で運転手として勤務する人たちに副業をする人が多いのには、いろいろな理由があります。よく言われる理由は「収入が低いこと」と「時間の融通が利くこと」ということですが、そのことについて詳しく説明します。

給料が安い

タクシー運転手の収入は歩合制になっていることが多く、収入が一定しません。タクシーの利用者は不景気になると減少する傾向があり、収入的には厳しくなります。長距離の乗客が続かないと収入が増加するということは難しいです。チップなども収入になるので、続くと結構な収入になりますが、それもあまり期待できません。

年収にすると一般サラリーマン程度の収入になることが多いタクシー運転手ですが、将来のために副業で収入をアップさせることを考える運転手が多いです。

時間に融通がききやすい

タクシー運転手の勤務形態は隔日勤務になっていることが多いです。一回の勤務時間は連続で18時間から21時間になるので、神経や身体の疲労が溜まりますが、翌日は丸一日休みになります。またタクシー運転手は月間13乗務までという決まりがありますので、休日は一般サラリーマンよりは多くなります。

その休日を疲労回復に努めるか、収入増に充てるかは、人それぞれの状況によりますが、副業にうまく利用すると、大きな収入増になることもあります。

タクシー運転手におすすめの副業

タクシー運転手が副業をするとき、タクシー運転手ならではの副業や向いている仕事があります。どういう仕事がタクシー運転手の副業としておすすめなのか、いくつかの例をあげてご紹介してみます。

運転業

副業を認めているタクシー会社の中にはドライバーの副業を禁止している会社があります。しかしドライバーの副業が禁止されていなければ、慣れている運転業務の仕事がやりやすいでしょう。

運転業にもいろいろありますが、企業の役員の送迎車、幼稚園バスの運転手、宅配業者のドライバー、引っ越しトラックの運転手などがあります。

宅配業者のドライバーは配達業務があり、引っ越しトラックは大型荷物の運搬などもありますが、いずれも拘束時間が短くタクシーの業務に差し障りのないものも多いです。くれぐれも安全運転に心がけて事故がないようにしましょう。事故を起こすと副業もタクシー運転手の業務も失ってしまうことになりかねません。

倉庫系

倉庫での作業は体力に自信がある人に向いています。あまり神経を使うことはありませんが、体力を使いますので、翌日まで疲れを持ち越してしまいがちな人には不向きです。しかし倉庫系の作業は日勤の派遣で募集していることが多く、一日だけの勤務としては高収入になることが多いです。体を動かすことが好きな人にはおすすめの仕事です。

軽作業など

Bottom banner

倉庫の仕事のような力を使うものではなく、比較的軽いものを扱ったり手先だけを使うような仕事であれば、力仕事よりは疲労は少なくなるでしょう。郵便局や宅配会社の手荷物の仕分けなどは繁忙期にはたくさんの人手を必要としていますので、短期で仕事をするには向いています。

しかしタクシーもハンドルを握る仕事ですので、あまり手が疲れすぎてしまうような仕事は避けるようにしましょう。

自動販売機の設置所探し

自動販売機の設置場所を探すというアルバイトがあります。収益が見込めそうな自動販売機の設置場所を見つけて報告する仕事ですが、日頃いろいろな場所を走って土地勘があるタクシー運転手に向いている仕事です。1件につき2万円から5万円位の報酬を受け取ることができますので、たくさん設置場所を見つければそれだけ収入が増えていくことになります。

在宅系

在宅系の仕事とにはいろいろなものがあり、すぐに収入につながるものもあれば、それほど収入にならないものも多いです。ネットオークションは、やり方によっては大きな収入になることがありますが、売れる商品を見つけてタイミングよく売ることがポイントになります。手作りが得意な人は、自分が作ったものを販売することもできます。

アフィリエイトは多くの人がやっていますが、コツとタイミングが大切で、自らもサイトを作っておくことが必要なので手間がかかります。またすぐに収入につながることは少ないです。

在宅系はすぐに収入につながるものは少ないですが、休日に体を疲れさせずに仕事をしたい人や、手作りが趣味でそれを販売してみたい人などにおすすめです。

タクシー運転手を副業にすることも

タクシーの運転手が副業をすることについて説明しましたが、反対に他の仕事をしている人が副業としてタクシー運転手を選択することもあります。タクシー運転手を副業にするとはどういうことなのか、ご紹介していきます。

個人事業主

脱サラして会社を立ち上げたり飲食店の経営を始めたりした人は、すぐに軌道に乗せるまでは難しいことが多いです。本業が軌道に乗るまでの副業としてタクシーの運転手を選ぶ人は少なくありません。時間に融通が利き、短時間で高収入を得ることが可能だからです。

アーティストや俳優を目指す人

アーティストや俳優などを目指す場合も、なかなか高収入にはつながりません。アーティストや俳優として軌道に乗るまでは生活していくのも難しいことがありますので、それまでの間の収入源としてタクシーの運転手を副業として選択する人も多いです。

アーティストや俳優として売れるには実力だけではなく運もありますので、結局はタクシーの運転手が本業になるということも少なくありません。

タクシー運転手が副業をするときの注意点

タクシーの運転手をしながら副業をするときには、気をつけておかなくてはいけないことがあります。タクシー会社では決して副業を奨励しているわけではありません。

本来はタクシー運転手に専念してほしいところなのですが、休日の過ごし方まで干渉しないというのが本音でしょう。そのことを踏まえて、以下の2つのポイントに注意して副業をするようにしましょう。

就業規則の確認

タクシー会社は他の会社に比べると副業に寛容なことが多いです。しかし全てのタクシー会社が副業を許可しているわけではありません。中には禁止になっている会社もあります。タクシー会社に運転手として就職する場合は、まず就業規則をしっかりと確認するようにしましょう。

就業規則で副業が禁止されていれば、もう少し収入が欲しいからという理由で、規則を破って副業をするわけにはいきません。副業をするかもわからないという状況でタクシー会社に運転手として入社する場合は、就業規則で副業が禁止されていないかどうかを確認してからにしましょう。

無理をしないこと

タクシーの運転手は、とても神経が疲れる仕事です。乗務時間も長いために疲労が溜まってしまう傾向があり、そのため休日が普通のサラリーマンよりは多くなっています。無理をして副業をしたことで疲労を癒すべき休日に疲れてしまうと、タクシーの業務に支障が出てしまうことがあります。

そうなると本末転倒で、タクシー運転手の仕事も副業もどちらも失ってしまうことにもなり兼ねません。疲れやすい体質の人や体力に自信がない人は体力を使う副業は避けるようにしましょう。くれぐれも副業をする場合は、本業であるタクシーの運転に支障が出ないようにしなければなりません。

まずは副業OKのタクシー会社探しから!

タクシーの運転手は、副業をしやすい環境にあります。タクシー会社がタクシー運転手の副業を禁止していないことが多いこと、休日が多いことなどがその理由にあげられます。しかし全てのタクシー会社が許可しているわけではありません。

タクシーの運転手として専念する場合はともかく、収入増のために副業をする可能性がある場合は、タクシー会社を探す時に副業を許可しているところを探すようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人