Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー会社の事務の仕事内容・給料相場・必要な資格・就職方法

タクシー会社の事務の仕事内容・給料相場・必要な資格・就職方法

皆さんこんにちは、今回は「タクシー会社の事務の仕事内容・給料相場・必要な資格・就職方法」と題して、「タクシー会社の事務の仕事内容・給料相場・必要な資格」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「タクシー会社事務に勤める際のお役立ち情報」をご紹介します。

初回公開日:2018年06月11日

更新日:2018年06月11日

記事に記載されている内容は2018年06月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


事務職について

事務職というのは基本的に、一般事務、営業事務、経理事務、総務事務、人事事務・労務事務、法務事務、貿易事務、学校事務・大学事務、医療事務などを指して言われますが、タクシー会社で従事する事務職としてはこのうちの「一般事務」と「経理事務」の2種類となります。

完全なデスクワーク

事務職というのは一般的に「完全なデスクワーク作業」という名目の下で、パソコンスキルが問われる業務に就いたり、その延長で「経理事務」に見られる日報などに記載されている金額の計算(合算)などが主流となります。

特に外回りをしながら「タクシーに乗車して乗客を目的地まで送迎する」などの肉体労働的な仕事はなく、机上で済ませる(完了する)仕事がメインとなります。

取得しておきたい資格

先述しましたように、タクシー会社で携わる事務職というのは主に「一般事務」か「経理事務」となるため、それに見合った資格取得が望ましいと言えます。この場合に特に取得しておきたい資格は「マイクロソフトオフィス スペシャリスト(OS)」、「簿記検定」、「秘書技能検定」などとなるでしょう。

タクシー会社の事務の仕事内容

タクシー会社で実際に携わる主な事務職としての仕事は、経理事務の方がやや多いと言われ、その場合は「タクシードライバーが個別で提出する日報に記載された金額の総合計を算出する」といった、計算分野での仕事が多くなるでしょう。

この他にも電話予約により「無線を使ってタクシーの配送を伝達する」という電話オペレーターの仕事も含まれますが、多くの場合は完全デスクワークに就く際には経理担当による仕事がほとんどとなります。

経理事務

先述しましたように、タクシー会社で事務職として従事する場合の多くは「日報に記載されたその日の売上金額の総合計を算出する」などの現金チェック・管理などの仕事になることがほとんどです。

経理事務の主な仕事内容は「会社運営を直接的に担う分野の仕事」となるため、その仕事に就く上での資格取得が望ましく、簿記検定資格や先述の「マイクロソフトオフィス スペシャリスト(OS)」などといったやや専門スキルを生かせる資格取得が必要となる場合もあります。

一般事務

タクシー会社で携わる場合の一般事務の仕事内容は、タクシー配送と経理事務、また接客などを兼ねた「総合事務系の仕事」となる場合が多いでしょう。特に無線を使ってのタクシー配送を行なう際には、パソコンに映し出された地図上の表示(タクシーの現在地と乗客がいる地点)との割り出しを行ない、その位置関係を確認しながらの誘導がメインとなります。

接客要素

「電話や無線を使って行なう仕事だから、タクシー会社の事務職でも接客要素があるのでは」と懸念する人もいるでしょうが、基本的にタクシー会社で行なわれる事務職(特に無線オペレーター)の場合は、タクシードライバーとのやり取りが基本となるため、乗客との連絡のやり取り(接客)はありません。

パソコンスキル

これは先述しました「一般事務(無線オペレーターを含む)」と「経理事務」に従事する際の両方において必要なスキルとなるため、なるべくならパソコンについての専門知識を確保しておくことが望ましくなるでしょう。

特に先述の「マイクロソフトオフィス スペシャリスト(OS)」や「簿記検定資格」の取得をはじめ、デザイン系専門技術資格の取得やプログラマー資格などを持っていると、さまざまな局面で役立つことになるでしょう。

時給について

一般的にタクシー会社で事務職として働く場合、給料報酬は「時給制」となります。平均的なタクシー会社での事務職の基本給は時給制で「1,100円から1,700円」の間が多く、月換算すると「10万円から15万円辺り/月」が相場と言われています。

もちろんキャリアによってこの賃金の差額は出てくるため、さらに報酬アップが認められることもありますが、一般的なタクシー会社での事務職の給料は「20万円/月もらえれば多額」となります。

タクシー会社の事務の給料相場

先でご紹介しました「時給制によるタクシー会社での事務職の報酬」についてですが、入社し立ての職員の場合とベテラン職員の間では、「6万円から7万円/月ほど」の報酬の差額が出てくる場合もあります。

この主な理由・原因はやはり「即戦力となれる実力の差によるもの」と、「取得している資格や学歴の差」などがピックアップされる場合があるため、なるべくタクシー会社での事務職で働く際に都合がよい資格取得を検討することが望ましいでしょう。

一般的にタクシー会社の事務職で働く際にもらえる給料相場ですが、これは先述のとおり「10万円から15万円辺り/月」が一般的な相場として認められ、多額の場合でも「20万円前後/月」であることが多いでしょう。

キャリアで給料のバラつきもある

Bottom banner

先でもご紹介しましたように、どうしてもタクシー会社での事務職で働く場合には「即戦力としてすぐに働ける人材が求められる」という傾向があるため、タクシー会社での事務職で円滑に実力を発揮できる人の方がまず採用されやすく、またそうした人の方が多額の給料が支払われる場合が多くなります。

これはタクシー会社によって採用方針・給料方針が違ってくるため一概には言えませんが、たいてい一般的に言われるのは「ベテランのキャリアを持つ事務職員の方が給料が高く、その場合の新人の給料との差額は5万円以上も違う」といった、やや大きなバラつきが見られることです。

タクシー会社の事務に必要な資格

たいてい一般的な「タクシー会社での事務職求人」の広告では「主だった資格取得の必要なし」と記載されている場合が多いですが、しかし実際には先述しましたように「マイクロソフトオフィス スペシャリスト(OS)」や「簿記検定資格」の取得をはじめ、デザイン系専門技術資格の取得やプログラマー資格などを取得しておくことが必要な場合があります。

資格取得していることによってその事務職員に信頼性が生まれることになり、それによって任される事務職の仕事も増えてくるということになります。

タクシー会社の事務員に就職する方法

最も簡単な方法は、インターネット上に掲載されている「タクシー会社での事務職求人(indeedなど)」で募集が掛かっている会社に応募し、そこで個別に連絡を取り合って「書類選考」、「面接」にこぎ着けることになるでしょう。

一般的にタクシー会社の事務職として働く場合の「望ましい資格取得」の項目では、「高卒以上/要普通自動車免許(一種・AT可)」などと記載されてあり、事務職員でも「普通免許の取得」が義務付けられている場合がほとんどです。

その辺りの基本情報を先に確認しておき、その上で一般の就職活動時と同じく履歴書や資格取得を証明するコピーを送付し、その後に面接の運びとなります。

おすすめのタクシー会社の事務の求人の探し方

先でもご紹介しましたが、タクシー会社での事務職求人を探す方法としては「インターネットでの募集状況を確認する方法」が最も手っ取り早いでしょう。インターネットでは各タクシー会社での事務職求人における「必要事項」が丁寧に記載されており、さらにそのページ上で応募までができるという、スライド式のシステムが採用されています。

またインターネット環境下にない場合は、最寄りのハローワーク(職業安定所)に行ってその旨を伝え、その上でハローワーク職員によってタクシー会社での事務職求人を検索してもらうことになります。

この場合でも同じく「インターネットを利用した上での検索」となるため、じっくり検索するためには自分でインターネットを利用できる環境を用意しておき、そこで「自分にとって最適なタクシー会社の事務職」を検索することがおすすめされます。

状況別タクシー会社事務の面接での志望動機の答え方

これはタクシー会社の事務職求人についてだけではなく、一般企業での事務職での面接でも同じことが言えますが、まず事務職に就こうとする際には「自分の現状のスキルと、その会社で求められている事務職でのニーズがしっかりつながっているかどうか」を確認しておくことが大切です。

上記を踏まえた上で「自分の特技・性格による自己アピール」などを伝えておき、とにかく「その会社でなくてはならない」という自分なりの仕事へのアピールをすることが必要になります。

パート

パートの場合の面接の必須事項は、まず「働ける時間をできるだけ多くしてもらうこと」が面接を有利に運べる鉄則となるでしょうか。パートならではの特典を生かす形で、「会社が人材をほしがる時間帯に仕事ができること」をアピールする形で、そのニーズを埋められることを最大のアピールにするとよいでしょう。

その上で、これまでに習得してきた事務職への実力を自分なりにアピールし、この場合でも「パソコンスキル」や「無線オペレーターとして活躍できるアピール」をしておくことが肝心です。経理担当を希望する場合では「簿記検定資格の取得」を先に伝えておき、計算ではミスのない仕事ができることを存分にアピールするとよいでしょう。

正社員

正社員の場合はパートや派遣社員の場合と違って、そのタクシー会社の事務職で従事すべきあらゆる事務関係の仕事に覇気を示すことが大切となるため、ひととおりの事務職(総合事務、一般事務、経理事務など)においての実力を存分にアピールすることが大切になるでしょう。

上記に加えて特に正社員の場合は、そのタクシー会社で勤続する形となるため「場合によってはタクシーに乗車する機会」なども増えてくることもあります。そのため、普通免許や中型自動車免許などの免許取得の掲示もしっかりしておくことが大切です。

派遣など

派遣社員というのは「一定期間において働く、短期型就労の社員」となるため、基本的にはパート社員の場合とほぼ同じ扱いを受けることになります。もちろん何らかの伝手による提携会社からの派遣社員の場合はそれなりの待遇を受けることもありますが、飽くまでも一般の派遣社員の場合は上記のように、勤続社員としての扱いは受けません。

そのため派遣社員の場合でも、まず「いつでも働ける」という仕事(事務職)への意欲を示しておくことが大切で、事務職に従事する際に必要とされる資格はできるだけ多く取得するに越したことはありません。

タクシードライバーをバックアップする仕事

先述におきまして、パート、正社員、派遣社員の場合の、タクシー会社の事務職で働くためのベターな就職方法についてご紹介しましたが、主にタクシー会社での事務職の仕事というのは「タクシードライバーの仕事をバックアップすること」に他なりません。

あるいはタクシーを配車(配送)することによって、乗客にとっての利便性を助けることにもなるため、タクシー会社での事務職で行なう仕事というのは「会社の経営を直接的に支援する仕事」と「タクシードライバーへの支援」、「乗客への支援」という三重の仕事量を支える、タクシー会社にとって中枢的な仕事となります。

タクシー会社の事務職の仕事内容を把握しましょう

いかがでしたか。今回は「タクシー会社の事務の仕事内容・給料相場・必要な資格・就職方法」と題して、「タクシー会社の事務の仕事内容・給料相場・必要な資格」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「タクシー会社事務に勤める際のお役立ち情報」をご紹介しました。

タクシー会社での事務職に就く人はある程度「横ばい傾向」であると言われるため、タクシー会社での事務職にてどうしても働いてみたいと言う人にとっては現代こそ「ねらい目の職種」となるでしょうか。

タクシー会社の事務職で求められる仕事内容も、一般事務で求められる能力・技術とそう変わらない点が多いため、まずはパソコンスキルを身に付けておき、その上でタクシー関連の専門的な仕事への知識を増やしていきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人