Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月06日

第二新卒の転職の際におすすめのサイト・体験談・成功率|大手

第二新卒の転職の際におすすめのサイト・体験談・成功率とは、どのようなものでしょう。第二新卒だからと言って悩む人もいますが実際は違うようです。そこで、この記事では第二新卒の転職者が参考になるような記事を作成してみたので見てみて下さい。

第二新卒の転職の際におすすめのサイト・体験談・成功率|大手

第二新卒の転職の際におすすめのサイト

第二新卒の転職の際におすすめのサイト・体験談・成功率|大手

第二新卒の転職の際におすすめのサイトとしては、リクナビNEXTがあります。こちらの転職サイトは、かなり有名な転職サイトとなっていますが、第二新卒の特集もあり非常に良いでしょう。

第二新卒の求人数もかなりあるので色々な意味で参考になりますし、リクナビNEXTは非常に使いやすく登録も簡単です。また、はじめての転職活動であっても大丈夫なようにさまざまな情報が掲載されています。

言い換えれば、第二新卒が必要としている情報を短時間で収集することができるのがリクナビNEXTでしょう。

第二新卒は大手に転職できやすい理由

第二新卒の転職の際におすすめのサイト・体験談・成功率|大手

第二新卒が大手に転職できやすい理由としては、ポテンシャル採用があります。これは、まだ若い人がほとんどの第二新卒に対して、企業側は将来にあなたに期待してポテンシャル採用を行います。

これは、当然応募者が元気で将来の目標などがしっかりとしている場合に、採用となりますが、第二新卒では短いけれども仕事の経験を積んでいる場合もあり、そのような場合も大手に転職しやすいと言えるでしょう。

転職が当たり前になっている現状としては、大手も若い第二新卒に対して積極的に採用する基本的な考えがあります。

どのような人が大手に転職できるか

では、どのような人が大手に転職できるか具体的に考えてみると、第二新卒であっても一生懸命社会人としての経験を積んできた人は、採用されやすいでしょう。

これは、学歴だけではなくて、特に社会人になってからの数年でどれだけ頑張れたかによって、転職における人の市場価値がある程度決まるところがあります。

もしも、全力で2年間くらいの間一生懸命エンジニアとしての勉強と経験を積んできた人は、採用担当者から見た場合非常に将来が楽しみな第二新卒に見えるでしょう。

第二新卒の転職体験談

第二新卒の転職の際におすすめのサイト・体験談・成功率|大手

第二新卒の転職体験談は、色々なケースが考えられます。会社都合で急きょ退職して転職する場合もあれば、自分の都合で辞める場合もあるでしょう。

特に最近では人間関係で会社を退職して転職活動をするケースが多いです。これは、自分が好きでやっている仕事があっても人間関係だけはうまくいかない時があります。

このような時は、無理をして長期間同じ会社にいるよりかは、転職をしてしまった方が良い結果になる事もあります。

辞めてからなど

場合によっては、会社を辞めてから転職活動をするケースもあります。これは、会社で仕事をしながら転職活動をすることが難しい場合に該当します。

会社を辞めてからの方が転職活動に専念できますが、すでに会社に所属していないため、あせりなどがあるでしょう。理想的には、仕事をしながら転職活動をすることですが、それが難しい場合は退職後の転職活動となります。

体験談としては、「人間関係で悩んだ結果、先に会社をやめて環境を変える意味でも良いので、転職活動を退職後に開始しました」などになります。

転職して良かったこと

転職活動して良かったこととしては、「第二新卒で色々心配しながら転職活動をしていましたが、自分を認めてくれる会社があってよかったです」などがあります。

転職活動をはじめたばかりの時は、どのような結果になるのかとても不安になりますが、自分らしさを十分に面接で表現できれば、理解してくれる会社もあるでしょう。一つ大切な考え方としては、転職活動をすることが自分の人生でプラスに働くと考えることです。

どのようなタイミングで転職活動をする

では、どのようなタイミングで転職活動をすれば良いでしょう。それは、自分の会社に対する考え方などからも決まってきます。

基本的な考え方としては、自分に任されている仕事を終えてから転職活動をするのが良いですが、実際には状況によってはそのようにできないことが多いです。

第二新卒の転職成功率

第二新卒の転職の際におすすめのサイト・体験談・成功率|大手

第二新卒の転職成功率は、求人倍率から見ることもできます。最近の統計では、求人倍率は、1.59倍となっていて転職者にとって有利な状況となっています。

また、新卒で入社した方のうち、1/3にあたる3人に一人は、3年以内に退職しているデータから見ると、第二新卒での転職は普通のこととなっています。企業側も第二新卒に対する期待が以前よりも大きくなっているので、第二新卒者の転職活動は、前向きにとらえれば良い結果が得られるでしょう。

第二新卒の転職の成功するコツ

第二新卒の転職成功のコツとは、自分のキャリアを客観的にどう評価するかがポイントとなります。例えば、2年くらいの経験がある場合は、求人内容によっては戦力として認めてくれる場合があります。

そのため、似たような職種に転職する方法も良いでしょう。それに対してポテンシャル採用もあるので、全く違った職種にトライするのも良いです。大切なことは、自分の事を客観的に考えてどのような可能性が残っているか判断することでしょう。

業種別第二新卒での転職のコツ

第二新卒の転職の際におすすめのサイト・体験談・成功率|大手

業種別第二新卒での転職のコツとしては、自分の学校での専攻と社会人としての経験を総合的に考えて、どのような業種が向いているかを把握することがポイントです。

第二新卒の場合、経験が少ないと自分で判断しがちですが、視点を変えると以外と経験を積んでいる場合もあります。そのため、まずは自分のキャリアを客観的に分析してどのような業種で自分の能力を発揮できるか決めましょう。

研究職

研究職としては、第二新卒の場合転職できる可能性はあります。コツとしては、大学などでの自分の研究内容などもアピールになる場合があります。また、社会人として経験した内容がどのようなかたちで研究職で役立つのかをはっきり言えると強いでしょう。

研究職とは、なかなか内定をもらえないと思う人が多いですが、考え方を変えれば求人内容と自分が一致していれば、第二新卒であっても十分に転職することは可能でしょう。

第二新卒で研究職で必要なこと

第二新卒で研究職で必要なことは、なんといっても研究に対する熱意が必要です。もちろん、学校における専攻や、今持っている知識や経験なども評価されますが、熱意がなければ研究職は続けることが難しいでしょう。

研究職に転職したいのであれば、その会社や研究所の概要をよく理解することです。もしも学校や社会人になってから身に付けた事が少しでも研究職で必要なことがあれば、その点をアピールして履歴書や、職務経歴書を作成すると良いでしょう。

事務

第二新卒で事務職に転職するには、本当に事務職で良いのか聞かれます。それは、場合によっては、待遇も総合職ではなくて一般職であったりする時もあります。そうなれば、他の人と同じような事務の仕事をしていても給料が安かったりすることがあります。

その点も考慮して、どうしても事務職で働きたいと思った人は、より具体的な志望理由などを記載できれば良いでしょう。第二新卒の事務職への転職は、しっかりとした志望動機がポイントとなります。

どのような人が事務で転職成功するか

どのような人が事務職への転職を成功させるかと考えると、今まで事務職につくために何かの努力をしてきた人になるでしょう。会社側からした場合、少しでも事務職につくために努力してきた人は、他の人と違って見えます。

面接や書類審査でも努力してきた人はわかるので、採用される可能性も高くなるでしょう。自分で何か努力してきた事を見つけるのが難しい人は、普段の生活から意識している事でも良いでの事務職に対する取り組みを見つけることができると良いでしょう。

金融など

金融などの第二新卒の転職のコツは、少しでも金融関係の仕事をしていた人には、可能性があります。金融関係の仕事は、一つとしては数字に強い人が採用される傾向もあります。

こういった意味では、普段から計算するのが好きであったり得意な人は、それを自己PRとして記載することで採用担当者に理解してもらうことができるでしょう。また、金融関係の仕事になぜつきたいのかといった具体的な理由もしっかりと持っていると良いでしょう。

他の業種と金融との違い

他の業種と金融との違いとは、お金を扱う仕事であるので信頼できる人を採用する傾向があります。これは、他の業種とはかなり違った点でしょう。

ある意味では、生活するために必要であるお金は、とても大切なものです。その人のお金を扱う仕事なので、信頼感があるかどうかもチェックされるでしょう。そのため、第二新卒における転職でもなぜ自分がお金を扱う金融業界で働きたいのか具体的に説明できると強いでしょう。

第二新卒の転職先の選び方

第二新卒の転職の際におすすめのサイト・体験談・成功率|大手

第二新卒の転職先の選び方としては、新しい環境でチャレンジする精神で転職先を選ぶと良いでしょう。あまり消極的に選ぼうとすると、良い会社には出会いないでしょう。

前向きな考え方で会社に応募していれば、そのあなたの意気込みが相手に伝わることで採用される可能性も高くなります。

また、会社の具体的な選び方としては、電話でも良いので応募する会社に質問などをしてみて話しをしてみるのも良いでしょう。実際に話をすることでその会社のイメージをもつことができます。

してはいけない転職先の選び方

第二新卒の転職の際におすすめのサイト・体験談・成功率|大手

してはいけない転職先の選び方は、この会社は有名だからといった考え方だけでは選ばない方が良いでしょう。最終的には、自分が入社する会社は色々な条件を満たしている会社である必要があり、会社が有名なことが重要な事ではない場合もあります。

また、かたよった情報だけで判断して転職先を選ぶことも良くないです。大切な事は、その会社に入社した場合の自分を具体的にイメージできて問題がないことです。

第二新卒の転職成功例

第二新卒の転職の際におすすめのサイト・体験談・成功率|大手

第二新卒の転職成功例としては、新卒で入社した会社を2年ほどで退職して転職したケースがあります。これは、同じようなエンジニアの仕事でありましたが、メンテナンスと設計の違いがありました。

この違いについては、転職を成功させるためにエンジニアとしての共通の必要なことを面接や履歴書などに記載することで採用担当者に理解してもらうことができたと考えられます。

第二新卒で転職を成功させるカギ

第二新卒の転職の際におすすめのサイト・体験談・成功率|大手

第二新卒で転職を成功させるカギは、やはり自分を客観的にどのように評価できるかでしょう。これは、採用担当者の立場になってあなたを見た時に、どのような求人で内定をもらえる可能性があるか考える必要があります。

もし、経験があまりなくても他の人にはない自分の能力に気が付くことができれば、第二新卒であっても転職は成功するでしょう。そのためにも、粘り強く求人を探して自己分析を落ち着いて行うことがカギとなります。

Related