Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月25日

第二新卒の転職におすすめのエージェント・時期・失敗体験談

第二新卒の転職をする時にはエージェントに頼む事や面接の対策をする事、履歴書の書き方を工夫する事など、行うべき事が多いです。それは自分自身で行動をしないと、第二新卒の転職が中々成功しないためです。したがって周りの人に頼るのではなく、積極的に動きましょう。

第二新卒の転職におすすめのエージェント・時期・失敗体験談

第二新卒の転職におすすめのエージェント

第二新卒の転職におすすめのエージェント・時期・失敗体験談

第二新卒の転職におすすめのエージェントは、DODAです。DODAは面接の対策や職務経歴書の書き方などのアドバイスをたくさんしてくれて、実践力が非常に身に付きます。特に面接や職務経歴書が苦手な人でも全く心配はいらず、しっかりとついていく事ができます。そのため、少しでも苦手意識のある人はDODAに積極的に頼りましょう。

DODAは第二新卒の転職の心強い味方なので、とても信頼する事が可能です。本当に親身になって面接や職務経歴書を行うので、その内容がより頭の中に入ります。

第二新卒の転職時期・期間

第二新卒の転職におすすめのエージェント・時期・失敗体験談

第二新卒の転職時期・期間は、1か月~3か月の間です。割と短いスパンで行われるので、そこだけは前もって理解しておく事が大事です。新卒の時とは全く違い、選考が早い段階で進む事があるので事前に面接の準備をしましょう。特に面接は急に行っても自分の言いたい事を伝えられないため、どこまで準備できるかがカギになります。

特に第二新卒の転職時期・期間が1か月~3か月と短いと、焦る人もたくさん出ます。しかしながら、焦って第二新卒の転職に取り組んでも良い結果を生まないので、冷静な判断で物事を見ましょう。そうすれば第二新卒の転職で自分が今何をすれば良いかがわかり、正しい行動を取る事ができます。

第二新卒の転職失敗体験談

第二新卒の転職失敗体験談は「企業の事を想像で判断して、仕事内容を具体的に見なかった。」や「すぐに内定を欲しかったため、企業・業界研究の手を抜いた。」、「さまざまな企業を受け過ぎて、中途半端な結果になった。」などがあります。これらは事前の準備を怠っていなければ防ぐ事ができた部分なので、これから第二新卒の転職をする人は教訓にしましょう。

第二新卒の転職失敗体験談を参考にすれば、どこに気を付けると良いかがわかります。特に初めて第二新卒の転職をする人にとっては重要な事で、とても役に立ちます。

第二新卒の場合の転職の面接対策方法

第二新卒の転職におすすめのエージェント・時期・失敗体験談

ここでは、第二新卒の場合の転職の面接対策方法を見ます。特に第二新卒の転職は新卒の時と同ように面接の重要性はかなり高いので、どれだけ前もって対策ができるかが合否をわけます。具体的な対策方法はいくつかあるので、それらに意識的に取り組めば面接にしっかりと臨む事ができます。

理由

第二新卒の場合の転職の面接対策の1つ目は、理由です。その企業に入りたい理由をどうするかで、相手からの印象がかなり変わります。的外れな理由にすると全く気持ちが伝わらず、内定まで持っていく事ができません。自分の気持ちも込めつつ、その企業のどういう所に引かれたかを入れれば伝わりやすさは上がります。

理由を考える事は難しいけれど、そこをクリアしないと次には進む事ができないので目一杯頭を使いましょう。その際に企業の情報を今まで以上に集めると良く、上手い理由を考える際のきっかけになります。

姿勢

第二新卒の場合の転職の面接対策の2つ目は、姿勢です。企業の面接官は、面接を受けている時の自分達の姿勢にも着目しています。理由も大切だけれど、どれだけ正しい姿勢でいる事ができるかも重要度は高いです。もし面接の短い時間の中でも姿勢を保てなければ、実際の仕事でも一つの事に集中力を発揮できないと企業の面接官に思われます。

やはり姿勢一つで印象はかなり変わるので、普段から椅子に座る時には意識しましょう。毎日のように気を付けていれば自然に良い姿勢になり、第二新卒の転職の面接時に面接官からの印象を悪くせずに済みます。

言葉遣い

第二新卒の場合の転職の面接対策の3つ目は、言葉遣いです。言葉遣いが悪いと、企業の面接官の印象を悪くします。面接のような敬語が求められる場面で適切な言葉を使う事ができないと、会社でも他の人と一緒に仕事をできないと企業の面接官に思われます。言葉遣いに関しては意識するだけでも変わるので、普段から充分に気を付けましょう。

具体的に、自分よりも目上の人と話す機会を定期的に作る事が重要です。自分から積極的に丁寧語を話せば、徐々に自分の身体に身に付きます。やり方を工夫する事も一つの手段で、上手く行えば大きな効果を得る事ができます。

第二新卒の転職におすすめの本

第二新卒の転職を上手く成功させたい人は、本を読む事も大事です。最近では第二新卒の転職におすすめの本がたくさん発売されていて、とても役に立ちます。そのおすすめの本を利用すれば第二新卒の転職をする時に何に気を付ければ良いかがわかり、内定に近づく事ができます。そこで今回は、第二新卒の転職におすすめの本をいろいろ見ていきます。

第二新卒の転職を少しでも有利に進めたい人は、そのおすすめの本を手に取りましょう。そうすると第二新卒の転職のイメージも変わり、良い影響をもたらします。

第2新卒の『転職力』

第二新卒の転職におすすめの本の1つ目は、第2新卒の「『転職力』―きみの意志には、一貫性がありますか?」です。この本を読めば、第二新卒の転職で何をすれば良いかが詳しくわかります。どういう心持ちで転職に臨めば良いか、から、面接の仕方まで書いてあるので本当に活用できます。全く第二新卒の転職の事を知らない人でも大丈夫で、理解しやすい内容になっています。

業界の話から実際の活動まで詳しく書かれていたので、
役に立ちました。今後の活動でぜひ実践していきたいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RQ4UNOZL8LM5... |

成功者はこう書いた! 職務経歴書・履歴書 完全版

第二新卒の転職におすすめの本の2つ目は、「成功者はこう書いた!職務経歴書・履歴書 完全版」です。第二新卒の転職をする人の中で職務経歴書や履歴書の書き方に不安を持っている人がいますが、そういう時には成この本を読むと良いでしょう。基本的な書き方から、どこを工夫すると評価が高いかを知る事ができます。

この本が1冊あるだけで、職務経歴書や履歴書の完成度が違います。中々自分一人では上手くいかないと考えている人は、この本を手に取ってみましょう。

史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集

第二新卒の転職におすすめの本の3つ目は、「2020最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集」です。第二新卒の転職をする際にSPIやテストセンターを課してくる企業があるので、その対策を前もってする事が大事です。SPIやテストセンターでどこまで知識を持っているかを相手企業は見るので、高い点数を取れるように上手く活用しましょう。

史上最強の転職者用SPIよくでる問題集

第二新卒の転職におすすめの本の4つ目は、史上最強の転職者用SPIよくでる問題集です。転職者のために作られた物で、問題も非常に絞られています。それぞれの問題のポイントがしっかりとまとめられているので、分かりやすさがかなりあります。面接対策や履歴書を書く事に重点を置きたい人に有効で、時間を削減することが可能です。

重要度に応じて星の数でカテゴリーが一覧表示されているので
急なときなど重要度の高いものから順に進めることができ、
問題の解説もわかりやすいので重宝します。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1FF15CWN442... |

第二新卒で大手に転職できた人の理由

第二新卒で大手に転職できた人の理由は事前の準備を怠らずにして、自分が本当にどういう仕事を行いたいかを明確にしたためです。特にその企業でしたい事がはっきりしていると、面接官は他の第二新卒の人よりも注目します。企業の欲しい人材はどれだけ自社の仕事に貢献できるかなどで、ビジョンが明確な第二新卒の人はとても欲しくなります。

第二新卒の転職の場合の履歴書の書き方

第二新卒の転職におすすめのエージェント・時期・失敗体験談

第二新卒の転職の場合の履歴書の書き方に関しては特に職歴と志望動機、自己PRの欄が大事です。具体的に職歴と志望動機、自己PRの欄に何が書かれているかにより、その企業の内定を貰う事ができるかが違ってきます。新卒の時と同じように書いていては上手くいかないので、充分に注意しましょう。

そこで今回は具体的に職歴と志望動機、自己PRの欄に重点を置いて、書き方を見ます。どういう風に書けば良いかがわからない人は、できる限り参考にしましょう。

職歴

職歴に関しては、短期間しか働いていない場合でも書く事が鉄則です。履歴書に嘘を書くと、それが見つかった時点ですぐに落とされます。短期間しか働いていないと面接で聞かれる事はほとんどだけれど、すぐに落とされるよりは内定を貰えるチャンスはまだあります。職歴を正直に書いて、面接で聞かれる事を想定して答え方をしっかりと準備しておきましょう。

志望動機

志望動機については他の人と同じような文章では無く、独自性が大事です。誰でも簡単に思いつく文章を書いても面接官には何も伝わらず、どれぐらいその企業を志しているかは把握できないです。できる限り自分の言葉で書くようにして、他の人と差別化を図りましょう。そうすれば面接官も注目してくれて、面接の時には話のネタにもなります。

自己PR

自己PRに関しては、どこまで具体的な表現で自分を表す事ができるかが重要です。履歴書に書く時には割と抽象的な表現を使いがちだけれど、やはり具体的な表現を使わないと自己PRに支障をきたします。実際に具体的な表現で書くにはもう一度自分を見つめ直して、どこが一番誇れる所かを見つけましょう。そうすれば、自己PRの欄により具体的に書く事ができます。

第二新卒で事務職に転職する方法

第二新卒の転職におすすめのエージェント・時期・失敗体験談

第二新卒で事務職に転職する方法は、エージェントに頼る事が一番早いです。自分一人で探す事も方法の一つにあるけれど、それでは限界が出てきます。エージェントならば自分の正確やスキルに合っている事務職を探してくれるので、決して無理をせずに済みます。そのため自分一人で探すよりも、エージェントに積極的に頼りましょう。

第二新卒の転職におすすめのスーツ

第二新卒の転職におすすめのスーツは、黒色の物です。スーツにはいろいろなスーツがあり、どれを選ぶかによって自分の色を出す事もできるけれど、第二新卒の転職の場合は黒色が無難です。新卒の時と同じように第一印象が特に大事なので、少しでも印象を落とさないためにも黒色以外の色は避けた方が良いでしょう。

第二新卒の転職を頑張りましょう

第二新卒の転職におすすめのエージェント・時期・失敗体験談

第二新卒の転職をする時にはいろいろ気を付ける事があるので、それらを充分に意識しましょう。特に第二新卒の転職は新卒の仕事を探す事とは違うので、全くの別物として考える事が大事です。具体的にエージェントに頼む事や面接の対策を練る事、履歴書の書き方を工夫する事など、しなければいけない事はたくさんあります。

多くの人が考えている以上に第二新卒の転職は大変なので、少しでも早く内定が決まるように一生懸命に頑張りましょう。第二新卒の転職をする事は自分の生活がかかっているので、今何をすれば良いかをはっきりとさせれば、本当にするべき事が見えてきます。

Related