Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月26日

営業事務の仕事内容・志望動機・やりがい・大変なこと・転職方法

営業事務の仕事に就きたい人は仕事内容ややりがい、どんな事が大変かを前もって理解する事が大事です。自分の想像だけで判断しない方が良く、できる限り多くの情報を集めましょう。その情報は自分自身のためになり、本当に営業事務の仕事に就くかどうかを決める事にも繋がります。

営業事務の仕事内容・志望動機・やりがい・大変なこと・転職方法

営業事務の志望動機例

営業事務の仕事内容・志望動機・やりがい・大変なこと・転職方法

営業事務の志望動機例は「するべき業務が多くても優先順位を付けて正確に素早く行う力があり、貴社に仕事に適していると考えたためです。」や「以前営業事務の仕事をしており、その経験を貴社でも生かせると感じ、役に立つ事ができると考えたからです。」などです。これは単なる一例に過ぎませんが、中々志望動機が浮かばない人は参考にしてみて下さい。

営業事務の仕事内容

営業事務の仕事内容・志望動機・やりがい・大変なこと・転職方法

営業事務の仕事内容は、基本的に営業部で働いている営業事務のサポートをする事です。より具体的に見ると商品の管理や受発注、在庫や納品の管理、資料作成や請求書の書く事などがあります。その他にも顧客からの電話対応、顧客へのプレゼンテーションや社内会議の資料の作成の手伝いなどもあり、営業事務がしなければいけない事はとても多いです。

営業事務の仕事は簡単と想像している人は、もう一度考え直した方が良いでしょう。その想像とは裏腹に非常に大変な業務で、仕事量も多いです。特に仕事内容をよく確認していない人は、しっかりと自分の目で見る事が大切です。

営業事務のやりがい

営業事務の仕事内容・志望動機・やりがい・大変なこと・転職方法

営業事務のやりがいは、営業担当者を裏から支える事ができる所です。営業担当者が少しでも仕事をしやすいように商品の管理・受発注や資料・請求書の作成を頑張れば、会社全体の利益にも繋がります。営業事務の仕事は中々表には出ないので評価されにくいけれど、かなり大事な仕事です。

営業事務の大変なこと

営業事務の大変な事は、優先順位をどういう風に付ければ良いかです。ただ単純に任された仕事をしていても、全てを終わらせる事は中々できないです。どの仕事をどのような順番でするかを決めないと上手くいかないです。そのため実際に仕事を始める前に順番に気を付けて、正確かつ素早さを求めましょう。

優先順位を付ける事で今までよりも仕事を終わらせるスピードが速くなり、仕事のやり方が徐々に分かってきます。そうすると営業事務の仕事への取り組み方も変化して、より積極的に向き合う事ができます。

営業事務の職務経歴書の書き方

営業事務の仕事内容・志望動機・やりがい・大変なこと・転職方法

営業事務の職務経歴書の書き方は、事務処理能力の高さを伝える事とパソコンのスキルを明記する事に重点を置く事が大事です。特に営業事務は任された業務をどれだけ短時間で正確にできるかと、どれぐらいのパソコンのスキルがあるかに重きが置かれています。その2つをしっかりとできると大きなアピールポイントになり、評価が上がります。

男でも営業事務に転職できるのか

営業事務は男でも転職する事はできます。特に営業事務は女性だけの仕事ではなく、男でも事務処理能力があればちゃんとこなせます。そうは言っても企業側は女性の求めている事が多いので、そこだけは充分に注意しましょう。それでも営業事務に転職したい人は履歴書や面接に力を入れて、その企業にどれぐらいの意思があるかを伝える事が大事です。

営業事務と一般事務の違い

ここでは営業事務と一般事務の違いがどこにあるかを見ます。営業事務と一般事務は言葉だけを見ると同じように感じるけれど、仕事内容は異なります。もし今後どちらかの仕事に就く事を考えている人がいたら、どういう内容の物かを知る所から始めましょう。間違った情報や知識を持ったままで就職すると、自分自身とその企業にとっても良くないです。

営業事務

営業事務の仕事は先ほども言ったように、営業部の営業担当者を陰から支える役です。あまり表には出ず、どういう事をしているかが分かりにくいけれど、仕事量は多いです。商品の管理や受発注から資料や請求書の作成までしなければいけないです。大変な仕事だけれど、それだけやりがいもあり、自分の力を試す事ができます。

一般事務

営業事務とは違い、一般事務は名前のとおりその職場の事務作業や庶務一般の事を言います。具体的な仕事の内容は来客・電話、メールの対応や請求書や資料の作成、ファイリング・データ集計です。業務事務と重なっている仕事もあるけれど、違う所ももちろんあります。特に一般事務の方がしなければならない仕事の範囲が広く、大変さは増します。

営業事務の給料・年収

営業事務の仕事内容・志望動機・やりがい・大変なこと・転職方法

営業事務の給料・年収は月に16万円~33万円の間で、一年に換算すると約200万円~400万円です。それぞれの営業事務で給料・年収は割と変わるので、しっかりと事前に確認する事が大事です。自分が想像していた額よりも低くても何も言う事はできないため、充分に気を付けましょう。本当に前もって確認していれば問題を起こす事は無く、もめずに済みます。

営業事務に求められるスキル

営業事務に求められるスキルは、事務処理能力と正確な判断力です。営業事務では特に限られた時間の中で任せられた仕事を終わらせないといけないので、事務処理能力と正確な判断力の2つは非常に必要です。その2つのスキルがあるだけで営業事務では重宝されて、大事な存在になります。もし本気で営業事務の仕事をしたい人は、事務処理能力と正確な判断力を磨きましょう。

営業事務に役立つ資格

営業事務に役立つ資格はマイクロソフト オフィススペシャリストや簿記、TOEIC、秘書検定などです。特にマイクロソフト オフィススペシャリストはパソコンのWordやExcelに関わっている事で、より高いレベルの物を持っていると企業からの評価が高まります。そのため、そこを上手くアピールすれば良く、内定にも繋がります。

簿記やTOEIC、秘書検定は営業事務に直接的な関わりは無いけれど、持っておく方が良いでしょう。簿記やTOEIC、秘書検定の能力があれば営業事務に少しでも生かす事ができて、役に立てます。

営業事務におすすめの本

ここでは、営業事務におすすめの本を見ます。特に営業事務の仕事をより知りたい人や、どういう風に仕事をすれば良いかで困っている人は参考にしましょう。自分一人で困っていても中々前に進む事はできないので、そういう時にはおすすめの本に頼る事が方法の一つにあります。そのため、普段本をあまり読まない人でも積極的に手に取る事が大事です。

事務の仕事がムリなくミスなくはかどる本

営業事務におすすめの本の1つ目は、「事務の仕事がムリなくミスなくはかどる本 仕事を効率化する88の小さな工夫」です。事務全般の事が書いてあるけれど、営業事務の仕事にも役立つ事がたくさん記されています。具体的に書いてある工夫を参考にすれば仕事の取り組み方も変わり、今まで以上に仕事をできるようになります。

営業事務の仕事は割と淡々としがちだけれど、そこに一工夫加えるだけで見え方が全く変わります。中々営業事務の仕事に慣れない人ややりがいを持つ事ができない人は、「事務の仕事がムリなくミスなくはかどる本 仕事を効率化する88の小さな工夫」を一回でも読むと良いでしょう。

長年事務職をしています。改めて業務に対する姿勢を引き締めたいと思い購入しました。当たり前の事が書いてありますが、絵もあり丁寧で良かったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RGG9YAS9R9DS... |

小さな会社の事務がなんでもこなせる本

営業事務におすすめの本の2つ目は、「小さな会社の事務がなんでもこなせる本」です。この本を読めば、営業事務の仕事を基本的な所から学ぶ事ができます。営業事務の事を全く知らない人でも「小さな会社の事務がなんでもこなせる本」があれば大丈夫で、しっかりと読み込めば頭の中に内容が入ります。

営業事務の具体的な仕事内容と多くの人が想像している仕事内容では少なからず違いがあるので、「小さな会社の事務がなんでもこなせる本」で詳細を確認すると良いでしょう。間違った認識をずっとしていると、どこかでミスが出るので今の内に対処する事がおすすめです。

労務関係の知識、債権法や手形小切手法の知識、簿記の知識、社会人としてのマナー、最低限必要とされる知識が記載されています。

読む側を考えた頁の構成、読みやすさと本の内容は、評価できると思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2K8BOZPPPLW... |

オフィス事務の上手なすすめ方

営業事務におすすめの本の3つ目は、「ミスを防ぎ、仕事をスムーズにする オフィス事務の上手なすすめ方」です。この本は効率的な仕事を進め方を教えてくれて、無駄が無くなります。特に営業事務ではたくさんのするべき仕事をどれだけ早く、正確に終わらせる事ができるかが重要なので、非常にうってつけの本になっています。

特にパソコンの良い使い方に関しても書かれていて、非常に役に立ちます。最近の若い人はパソコンよりもスマートフォンを使っているので、そういう人達に「ミスを防ぎ、仕事をスムーズにする オフィス事務の上手なすすめ方」は有効です。

主に、仕事をはじめて1・2年の人が、基本をおさえるために読むのに適した本です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1PTZTYW7NUS... |

書き方の基本 まねして書ける! OK文例集

営業事務におすすめの本の4つ目は、「書き方の基本 まねして書ける!OK文例集―ビジネス文書からメール、ツイッター、フェイスブックまで (プレジデントムック)」です。営業事務ではメールで他の人と連絡する事があり、文章の書き方をしっかりとしていないといけないです。

そういう時この本が役に立ち、具体例も乗っているので非常に参考になります。自分で中々良い文章が思い浮かばない時に読めば、ヒントを貰う事ができます。

いい文章と悪い文章の比較が具体的に載っているため分かりやすい。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R34SYHDVDXZO... |

御社の営業力が躍進する75の処方箋

営業事務におすすめの本の5つ目は、「ウェブ営業力 御社の営業力が躍進する75の処方箋」です。営業事務は営業担当者を支える役目も担っているので、「ウェブ営業力 御社の営業力が躍進する75の処方箋」は非常に役に立ちます。営業に関する内容なので営業事務で働いている人が読んでも大丈夫で、営業担当者が困っている時には手を差し伸べる事ができます。

初めて営業事務で働く人もできる限り「ウェブ営業力 御社の営業力が躍進する75の処方箋」を読み込むと良いでしょう。営業事務の仕事は営業担当者との関係も大事なので、営業側の仕事も理解する方が自分のためにもなります。

どうすればWebで営業できるのか、についてきちんと解説されているのとてもよい。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R10JKHOM8NYQ... |

プルデンシャル生命の「売る力」2

営業事務におすすめの本の6つ目は、『アメリカ本国を驚愕させたプルデンシャル生命の「売る力」2 ―ライフプランナー33名が語る営業を極める6つの力』です。この本には営業事務の仕事をする人にも大事な事が書かれているので、読む価値は大いにあります。営業担当者と少しでも良い関係を築きたい時にも手に取ると良く、とても参考になります。

営業事務を頑張ろう

営業事務の仕事内容・志望動機・やりがい・大変なこと・転職方法

営業事務の仕事をしたい人は、具体的な仕事内容を知る所から始める事が大事です。自分の想像している物と本当の仕事内容では少なからず違う部分があるので、充分に気を付けましょう。本当の仕事内容を理解すれば、履歴書に書く志望動機もより具体性を求める事ができます。特に志望動機は営業事務の事をどれだけ知っているかで、内容に違いが出てきます。

営業事務では持っておくと良いスキルや資格もあるので、今の内から頑張ると良いでしょう。スキルや資格が一つあるだけでも面接官へのアピールになり、他の人よりもリードできます。本気で営業事務で仕事をしたいならば、スキルや資格を何個も身に付けて、取るぐらいの勢いを持っている方が良いでしょう。

Related