Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月04日

職務経歴書の自己PRの例文・書き方・退職理由

職務経歴書の自己PRの例文・書き方・退職理由とはどのようなものでしょう。実際に職務経歴書を記載する時にいろいろと考えてしまうことが多いです。そこで、この記事では職務経歴書の自己PR例文などを簡単にまとめてみたので、参考にしてみて下さい。

職務経歴書の自己PRの例文・書き方・退職理由

状況別職務経歴書の書き方の例文

職務経歴書の自己PRの例文・書き方・退職理由

状況別職務経歴書の書き方の例文としては、どのような人を採用しようとしているかで内容が変わってきます。そのため、採用担当者の視点で職務経歴書を書くことができれば、良い内容となるでしょう。

逆に、自分の書きたいことだけを職務経歴書例文に記載しても十分に採用担当者に伝わらない場合もあります。あくまでも書き方としては、文章全体がPRの内容であるのが理想的です。最初の段階で、応募する企業が必要としている人材をイメージして、その会社に提出する職務経歴書の内容を決めると良いでしょう。

パート

パートの場合の職務経歴書の書き方と例文としては、時には、正社員の職務経歴書を意識して記載する必要もあります。最近では、パートであっても責任のある仕事を任されることが多くなっています。

その関係で、パートについてもしっかりとした職務経歴書を提出することが良いでしょう。例文としては、「前職では食品工場の中で食品の製造および品質管理の仕事を担当してきました」となります。

色々とこまかなことを記載したい気持ちもありますが、この程度の簡潔な例文の記載の方が相手によく伝わるでしょう。

主婦など

主婦の人の職務経歴書例文は、応募している企業でどのように主婦としての経験などが活かせるかがポイントとなります。また、主婦であっても過去にパート、アルバイトで仕事の経験がある人は、積極的にその内容を記載すると良いでしょう。

もしも、アルバイトなどの経験がない場合は、主婦としてどのような事に普段注意して工夫して生活しているかなどが大切になります。

主婦であれば、家計簿を作成して常にお金の流れを把握した上で買い物をするので、その点についての例文としては、「主婦として家計簿を作成して常に計算どおりにお金を使っているか把握して家族が安心して生活できるようにしてきました」となります。

共通している職務経歴書の書き方

どのような状況でも共通している職務経歴書例文の書き方としては、何が応募する企業に対してアピールになるか考えることです。

これは、自己PRの時だけ自分をアピールするのではなくて、職務経歴書全体で企業に対して内容でアピールすることが大切です。特にこれは誰にも負けないと思える事があれば、その事については集中的に記載すると良いでしょう。

職業別職務経歴書の自己PRの例文

職務経歴書の自己PRの例文・書き方・退職理由

職業別職務経歴書の自己PRの例文は、どのような職業に対して何が必要とされているかがポイントとなります。このことを良く理解していれば、職務経歴書でも自己PRを効果的に記載できるでしょう。

しっかりと職業で必要とされていることを把握していないと、自己PR例文を記載してもインパクトに欠けるものになります。また、職務経歴書と履歴書の自己PRは、同じ内容でも良いですがより印象的な自己PRにするには、別の内容を記載してより自分という人を理解してもらうと良いでしょう。

製造業

職務経歴書の自己PRの例文・書き方・退職理由

製造業における職務経歴書の自己PRの例文としては、「前職では、給湯器の製造現場で、実際に製品を組み立てる業務を担当してきたので御社に入社して、この経験をいかして品質の高い業務を行います」となります。

この例文であれば、応募している企業が給湯器関係のメーカーであれば、興味を持ってくれるでしょう。そうでない場合でも、同じような経験が活かせると考える企業もあります。大切なことは、自分の製造業における経験をどのように応募している企業に対して自己PRするかです。

書類審査では、紙面で相手に伝えるしかないので、採用担当者の考えを自分なりに分析して、どのような担当者でも面接の機会をくれるような内容にすると良いでしょう。

製造業の採用担当者の視点

では、製造業の採用担当者の視点とは具体的にどのようなものでしょう。製造業では、前職などの経験なども重視しますが、基本的に製造業の仕事を任さられるかどうかも見てきます。

そのため、応募している企業の仕事内容と同じでなくても必要とされる基本的な能力などが一致していると採用されやすいでしょう。職務経歴書例文でもそのような共通する必要とされる能力について自己PRで記載できれば、製造業の採用担当者もあなたに良い印象をもってくれるでしょう。

保育士

保育士の職務経歴書の自己PRの例文としては、どのようなかたちであなたが保育士として活躍できるかが記載されていると良いでしょう。他の保育士ではできないような内容や、経験を職務経歴書に記載できれば印象も良いです。

具体的には、「常に保育について勉強して、色々な子供を見てきた経験もあるので、誰も気が付かないような子供の変化に対応できると自信があります」となります。このような例文であれば、採用担当者もあなたに興味をもってくれるのと、面接で色々と質問したいと考えてくれるでしょう。

保育士では何を重視されるか

保育士では、子供にどれだけの興味があるかを見てきます。それは、子供がどれだけ好きであるかは、仕事をすすめる上で非常に大切だからです。職務経歴書の自己PR例文でも、なぜ子供が好きなのかや、子供が好きであるエピソードをどのように表現できるかがポイントです。

他の応募者も子供が好きであるといった内容で自己PRしてくる傾向がありますが、あなたにしかないエピソードを一緒に記載できれば採用担当者もあなたの事を覚えてくれるでしょう。

栄養士

職務経歴書の自己PRの例文・書き方・退職理由

栄養士の職務経歴書の自己PR例文としては、人に健康にかかわる栄養士という仕事をどこまで理解しているかが重要となります。栄養士は色々な場所で働く環境がありますが、特に病院などでも患者の病状を考慮してメニューを決めたりします。

具体的な自己PR例文としては、「今まで勉強してきた栄養士としての知識や経験を活かして、さらに勉強して専門的な知識を用いた栄養士としての品質の高い仕事をします」といった内容となります。

栄養士に必要なこと

では、栄養士に必要なこととは何でしょう。例えば、普段から栄養について興味があって自分で料理を作る時も工夫する姿勢がある人とない人とでは、相当なひらきがあります。

普段から料理をして知識や経験を積んでいる人は、栄養士としての基本的な素養があると思ってもらえるでしょう。それに対して、普段はまったく料理をしない人は、どんなに上手に自己PRをしたとしても相手に自分の能力を伝えることは難しいでしょう。

事務

事務における職務経歴書の自己PRは、事務職で必要とされる能力のうちで自分が自信のあるものを相手にどのように伝えるかがポイントでしょう。事務職は、効率的にてきぱきと仕事をこなす必要がありますが、自分がもし入社したらどのような能力を発揮して、どのようなかたちで会社に貢献できるかを説明できる必要があります。

具体的な自己PRとしては、「御社に入社させていただいたら、ミスを最小限に事務職としての仕事を行い的確な業務を遂行します」といった内容になります。

事務職で他の人と自己PRで差をつけるには

事務職で他の人と自己PRで差をつけるためには、自分が採用担当者の視点で考えてみることです。事務職は誰でも採用すれば良いというものではなくて、採用担当者はしっかりとした目的があって採用活動をしています。

特に事務職の採用では、最終的にどのようなポストで働いてもらうかも考慮した採用となるので、事務職の応募にふさわしい長期的な視点に立った自己PRをできれば、企業側もあなたを認めてくれるでしょう。

看護師など

職務経歴書の自己PRの例文・書き方・退職理由

看護師などの職務経歴書の自己PRの例文は、厳しい環境でも長期にわたって勤務できるような自己PRが必要とされます。看護師の仕事は、イメージよりも体力的につらいところがあります。

特にシフト勤務があるため、最初は問題ないですが時間が経過すると徐々につらくなってきます。そのため具体的な自己PR例文としては、「以前から夢であった看護師としての仕事を自信のある体力を発揮して行います」となります。この内容であれば、面接官もあなたに具体的に質問してきてくれるでしょう。

看護師の印象的な自己PR

看護師の印象的な自己PRとしては、自分が今まで経験してきた内容を上手に自己PRとして伝えることができれば良いでしょう。印象的な自己PRとは、あなたらしい自己PRでもあります。

他の人が経験した事のない看護師として役にたつ経験などがあれば、積極的に自己PRで記載しましょう。逆にあまり印象的な経験がない人でも、どんなに小さな経験でも自己PRとして、自信をもって記載できれば良いでしょう。

職務経歴書の退職理由の例文

職務経歴書の自己PRの例文・書き方・退職理由

職務経歴書の退職理由の例文としては、色々なケースが考えられます。場合によっては、正直に退職理由を記載する必要がない場合もあります。また、会社都合での退職であれば、しっかりとその内容を記載することです。

具体的な退職理由の例文としては、「前職では、会社の経営が悪化した結果、会社と話しあいを続けましたが、結果として解雇となって退職しました」となります。このような内容では、問題があると考える人もいますが、実際の事であればそれで良いです。

正直に退職理由を記載できない場合

正直に退職理由を記載できない場合は、できる範囲で退職理由を記載すれば良いでしょう。退職理由は重要なものですが、すべて正直に言わなくてはいけないという事はないです。

退職理由は、人間関係にともなったものもありますが、それをすべて正直に職務経歴書で記載してしまえば、マイナスのイメージになる場合もあります。そのため、退職理由についてはできる範囲で前向きな内容の退職理由が記載できれば良いでしょう。

職務経歴書の志望動機におすすめの例文

職務経歴書の自己PRの例文・書き方・退職理由

職務経歴書の志望動機におすすめの例文としては、他の人と違った特徴的な志望動機を記載できると良いでしょう。例えば、「海外展開をしている御社で、今まで培ってきた英語力を発揮して海外のお客とコミュニケーションをとるような営業をしたいと強く思い御社を志望しました」となります。

このような内容であれば、採用担当者もあなたの英語力に興味を持ってくれるでしょう。また、海外のお客を英語でコミュニケーションをとりたいと記載する人を多くはないでしょう。

職務経歴書の転職理由におすすめの例文

職務経歴書の自己PRの例文・書き方・退職理由

職務経歴書の転職理由のおすすめの例文としては、前向きな内容の転職理由であれば印象が良いでしょう。具体的な例文としては、「前職では、機械設計を行ってきましたが、御社でさらに機械設計について学び、より高度な機械設計の仕事をしたいと思い転職活動をしています」となります。

これは、応募している会社に対してもPRになる内容になっているので、インパクトがあり良いでしょう。さらに高度な機械設計をしたいという思いは、採用担当者も理解してくれるでしょう。

採用担当者が認める職務経歴書の自己PR

職務経歴書の自己PRの例文・書き方・退職理由

採用担当者が認める職務経歴書の自己PRとは、他の人ではなくてあなたを採用した場合に、どれほどメリットがあるか記載されていると良いでしょう。

そのため、自己PRを記載する時は、応募している企業が必要としている人物像を明らかにして、自分の言葉で自己PRを記載できるとインパクトがあります。ポイントとしては、会社概要や、求人内容、会社のホームページ全体からヒントを得て、自己PRにつなげると良いでしょう。

Related