Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月25日

おすすめの企業研究方法|面接/転職/営業/ノート

新卒での就職でも、転職でも、志望する企業へ就職するためには企業研究は欠かせません。企業研究で必要な情報は十分得られていますか。企業研究は、無駄を省いて効率的に行いたいところです。今回は、企業研究の方法についてご紹介していきます。

おすすめの企業研究方法|面接/転職/営業/ノート

企業研究とは

就職や転職をするにあたっては企業研究が必要不可欠となります。それはなぜでしょうか。企業研究が浅いと就職につながりにくく、逆に企業研究をしっかりしているほど好結果を得られやすいという傾向があることがわかっています。

しかし残念なことに、このことに気付かずに、企業研究が浅いまま就職試験を受けてしまう人が多くいます。企業研究とはなんでしょうか。

企業研究とは、簡単に言えば、企業のことを詳しく知ることです。

効率的な企業研究の方法を知っていれば、阿藤的に有利に就職や転職をすすめることができます。企業研究はそれほどまでに大切なことといえるでしょう。

新卒におすすめの業界研究・企業研究方法

それでは次に、新卒におすすめの業界研究方法や企業研究方法についてみていきましょう。新卒者が企業研究でやるべきことは企業の情報を細かく見ることです。

簡単なようですが、これをきちんとしている人は意外にも少数派です。そして、その中でも効率的な方法を実践している人はごくわずかにとどまっています。では何をどう見ていけばいいのか、何をどうすればいいのか、具体的な企業研究の方法をみていきましょう。

HPのココをチェックすべし

近年では、企業がHPを開設しているところもめずらしくありません。それぞれの企業のHPにはたくさんの情報があふれていますので、企業研究にはもってこいといえます。企業理念や社風、成長性や将来性、福利厚生や給与体系など知っておくべき情報がコンパクトにまとまっています。

しかし、1点だけ注意したいところがあります。HPはその企業のものだけでなく、採用情報サイトのページもチェックしましょう。採用情報サイトを活用している会社が多いからです。

採用情報サイトでは、独自の目線で、公式HPに載っていないことまで取材して掲載しているケースも見受けられます。

企業の実態を知るには

その企業の実態を知るために必要なことがあります。その企業に在籍しているOBやOGを訪ねることです。実際にその企業で仕事をしている人の話はもっともその仕事をイメージしやすくなります。

まず学生課や教務課、指導教官だった先生に、自分の志望する企業に行った先輩がいないかを確認してみましょう。もしいれば、紹介してもらえるケースが多いです。

OBやOGを訪問する方法は、その先輩に連絡をとることから始めます。連絡先をしっていればそこに、知らなければ会社の代表電話で事情を説明しましょう。大学の後輩が先輩を訪問することはよくあることです。

また、入社1年目や2年目の若手を、新卒リクルーターとして母校訪問させることもよくあります。同じ研究室の先輩ならば、腹を割った話が聞けることでしょう。

転職におすすめの業界研究・企業研究方法

それでは次に、転職するときの業界研究や企業研究のやり方をみていきましょう。業界研究や企業研究をする方法として、ノートを活用する方法がおすすめです。ではどのように活用する方法か、確認しましょう。

ノート

転職する際には、業界研究ノートと企業研究ノートを作りましょう。業界全体として、どのような取り組みをしていてどのような課題があるのか、給与体系や福利厚生の傾向なども業界で特色があります。

業界ノートをつくったら、次は企業ノートを作りましょう。その企業の特色や求める人物像をまとめていく方法がおすすめです。

比較など

企業研究や業界研究で大切なことがあります。比較することです。比較する方法も1つではありません。色々な角度から比較するようにしましょう。

例えば、企業形態での分類、商品やサービスの対象での分類、企業規模での分類などです。

商品やサービスの対象の分類方法は、個人向けなのか法人向けなのか、どの年齢層がターゲットなのか、主に男性向けなのか女性向けなのか、国内向けなのか海外向けなのかという観点でまとめるやり方です。志望する企業以外にも同業他社の実態をみて比較していくことで、自分の希望とマッチしている企業がみつけやすくなります。

面接に向けたおすすめの企業研究方法

面接の前に、企業研究はある程度できている状態が望ましいといえます。したがって、面接前は企業研究したものをもう1度しっかり見直す方法が最適です。

企業研究をしないと、面接で落とされてしまうのはなぜでしょうか。それは、企業の人事担当者に、入社する意欲が薄いとみなされたり、他社が第1志望でもし内定を出しても来ないと思われたり、この会社に自分はぴったりだという勘違いをしているのではないかとみなされるからです。

志望動機など

志望動機は、就職試験の面接の中で必ず聞かれる大切な質問です。他の受験者も、企業研究はしてきているでしょうから、差をつける志望動機であることが望ましいといえます。志望動機は、企業が求める人物像とマッチしているかを的確にする方法がおすすめです。

具体的な方法は、企業の基本情報はもちろんのこと、同業他社との違いを明確にすることです。アピールの方法は1つではありませんが、同業他社に足りないところ、業界内の志望企業の状況やランク、そしてそれに自分が適していることを強調し、口にしなくても第1志望であることを結果的にわかってもらう方法が良いでしょう。

業界別おすすめの企業研究方法

業界によって企業研究の方法は異なります。それぞれの業界についてみていきましょう。

金融

金融業界のなかにも、銀行、保険、証券、消費者金融などがあります。金融業界は銀行の研究をする方法がおすすめです。なぜならば、銀行がこれらを複数扱っているケースが多いからです。そして、銀行の動向が、他の金融会社に与える影響が大きいからです。

また、銀行の中でもさらに細かい分類ができます。都市銀行なのか、地方銀行なのか、信託銀行なのかによっていまの状況や今後の見通しが大きく異なります。

アパレルなど

アパレル業界研究をするときは、ニュースリリースをこまめにチェックする方法がおすすめです。また、ブランドを調べることはやめましょう。自分の好きなブランドが、自分の志望条件とマッチしているとは限らないからです。

また、SNSなどで情報発信をしていることもアパレル業界では特に多く見受けられます。海外の流行を素早くキャッチしたり、国内で流行をつくりだすことだアパレル業界では大切なことです。したがって、より早く、そしてより幅広い情報を収集する能力があることをアピールする方法が適していると言えます。

職種別おすすめの企業研究方法

それでは次に、職種別に企業研究の方法をみていきましょう。職種によっても企業研究の方法は変わってきます。

営業など

例えば、営業職の企業研究の方法についてです。営業職は業界の動向をリサーチしながら研究するのがおすすめです。業界の情報を理解していることがベースにあれば、しっかりとした受け答えができます。

企業研究で魅力的な志望動機へ

おすすめの企業研究方法|面接/転職/営業/ノート

なぜ企業研究をするのでしょうか。企業研究は、企業への理解を深めるために行います。そして自分の志向と合う企業を探すためでもあります。

魅力的な異性に出会って、その人とデートしたいと思ったら、まずは情報収集から始めて、相手の好みを知り、それに近付く努力をするでしょう。企業研究もまさにそれと同じだと言えます。

自分の人生は1度きりです。悔いが残らないように、しっかりと企業研究をして就職後も活躍していきましょう。

Related