Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月23日

転職の面接のお礼メールの書き方・必要か|件名/いつ送るのか

転職先を探す場合、面接でのお礼メールと言うのは必要になってきます。最低限の常識があるかないかを転職先の企業が見極めている場合もあり、面接の後のお礼メールは重要になっています。転職先を早く決めるためにもライトな内容のインパクトのあるお礼メールを送りましょう。

転職の面接のお礼メールの書き方・必要か|件名/いつ送るのか

面接でのお礼メール 転職の場合の上手な書き方とは

新卒の面接でも、転職での面接でもビジネスマナーとしてお礼のメール 転職を面接の後に送ることが必要です。メール 転職を送る事によって合否の判断も変わってきます。できるだけ企業側の負担にならないようなライトなメール 転職を送るようにしましょう。

面接でうまくいかなくても、その後の自分の対応で結果を良い方向に持っていく事も可能です。面接でのお礼のメール 転職はできるだけ送るような癖をつければ、就職活動を常に有利に持っていく事が可能です。

お礼メール 転職の例文など

まず面接でのお礼のメール 転職は件名もメール 転職の内容もライトな内容にしましょう。

件名 面接のお礼 ○○部 ○○様
○○会社○○部
先日(本日)は面接でお世話になりました。○○と申します。
本日は私のために面接の時間を割いていただき、誠にありがとうございました。
(面接の感想や思いを書く)

(一行空けて)取り急ぎ、メールでのお礼をさせていただくメールを送らせていただきました。
貴社のますますのご発展とご多幸を祈っております。

氏名と住所を書く

敬具を書く

メール 転職自体は簡潔な文章にして、面接で感じた事を前向きに書くようにして、御社での仕事をぜひしたい旨を書くようにしましょう。

お礼メール 転職は面接で必要になるのか

面接でのお礼のメール 転職は転職でも新卒でも必要になります。メール 転職の場合はビジネスマナーを熟知している事もアピールしないととても内定を取る事はできません。そのためには今まで会社の第一線で仕事をしてきたことをアピールするためにも面接でのお礼のメール 転職は必要になります。

メール 転職でもはがきや手紙でも面接でのお礼を伝える事はできます。面接が終わった帰りに最寄りの駅前のポストに、あらかじめ書いておいた面接のお礼を手紙やはがきを投函(とうかん)するというメール 転職以外の形でもできます。意外性を持たせる意味では面接の帰りのポストへの投函も考えておきましょう。

お礼メール 転職で外資系で書く場合

外資系の企業の面接でもお礼のメール 転職は必要です。外資系の企業はなかなか採用が難しいです。日本企業とはまた違う意味でのハードルがあるので、通常の面接のお礼のメール 転職ではなくもっとインパクトのあるお礼のメール 転職を送る必要があるでしょう。ライトな内容のメールでグローバル感が出ているような内容のメールを送りましょう。

amazon、Googleやアップルなどは他の企業よりもコミュニケーション能力が高くないと仕事が勤まりません。ビジネスマナーはもちろんですが、できる事はしておいて後悔しないようにしておきましょう。

転職エージェントを使って面接のお礼メールを送る

今、転職エージェントと言われるビジネスがあります。転職をスムーズに進めるためにお礼のメール 転職の内容や面接でどのような質問をすればいいのかなどのアドバイスを受ける事ができます。

転職エージェントに資料やお礼のメールを作成してもらう場合は、自分らしさが出にくかったりします。転職エージェントを利用する人はメール 転職先が決まらなかったり、面接で自分のカラーが出せなかった人が利用するサービスです。なるべく転職エージェントを利用しない方向でメール 転職活動を続けていきましょう。

転職の際の面接ではお礼メールの件名はどうするの?

メール 転職でも新卒でもお礼のメールの件名は「面接のお礼 ○○様」としましょう。もっと違った件名を考えたければ、シンプルでインパクトのあるものに変えてもよいですが、回りくどくならないような件名にした方が良いでしょう。

件名自体はそんなに大きく変わる事はないです。むしろ社交辞令のような内容のメール 転職にしておいた方が無難だとも言えます。面接のお礼のメール 転職を送る意味は常識があるのか、受けた会社にどれだけ興味があるのかがアピールできれば、それほど大きくメールの内容が変わる事はないでしょう。

転職のお礼メールを送るタイミングはいつ?

3日以内、もしくは当日に送りましょう。面接で熱い思いを面接官に伝えられた場合は当日、採用の電話が来る人も中にはいます。その事も踏まえてメールが送れる環境であれば、面接が終わったらすぐにお礼のメールを送るようにしましょう。

転職は新卒よりも厳しい状況で仕事を探していきます。他の人との差別化を計る意味でも、一歩進んだアピールをしないと企業側にインパクトを残せないので、ほかの人よりも進んだ対応が必要です。

翌日の場合

翌日に送る場合は、「先日は大変お世話になりました。○○日に面接を受けさせていただいた○○です。」と必ず付け加えておきましょう。翌日か当日にお礼メールを送ることを心がけましょう。

翌日でも当日でも面接官の記憶に残っている段階でメールを送らないと、採用の可能性が低くなります。一昔前は面接の後のお礼メールという習慣はなかったですが、コミュニケーション能力を重視する時代になり、特に外資系の企業では面接の後のお礼メールは必須となっています。

3日後の場合

当日や翌日にお礼のメールを送れない場合は、3日以内に送るようにしましょう。3日でも忙しくて送れない場合はあえてお礼のメールを送らない方がよいです。なぜなら、他の企業で採用されなくて、まだ結果の出ていない会社の面接のアピールをしていると思われるからです。

転職の場合はどれだけ忙しくても、すぐに面接のお礼のメールができなければ、早くて正確な仕事はできないと企業側は判断します。そうならないためにも早めのお礼のメールは、どうしても必要です。

メールでなく郵便でもお礼を使えよう!

電話で面接のお礼を伝える事はしなくてもよいので、メールか郵送でのお礼のメッセージを送るようにしましょう。郵便はメールが主流になっている現代では、貴重な通信ツールです。郵便を送る人はマメな人と言うアピールもできるので、仕事もしっかりしてもらえるというイメージを企業側に持ってもらえます。

郵便でも面接のお礼はできますが、電報や電話などでの面接のお礼はしない方がよいでしょう。時と場合を考える事も必要です。

面接のお礼を伝えるという意味とは

面接を受けた企業でどうしても働きたいという気持ちが強ければ、面接のお礼メールは送るべきです。お礼メールの中に面接で話した事を交えて、さりげなくアピール文を書いても良いでしょう。常にライトな内容のメールを送りつつ、アピール性があるメールの作成をしましょう。

転職の面接は新卒の面接と違う!

転職の面接は新卒とは違います。さまざま年齢や職歴のある人が転職先の企業へ面接に来ます。その中で生き残るためには自分のカラーを出せないととても採用への道は開けません。

前職の特技や今までの職歴を生かして、今の会社で何ができるのかを考えて面接を受けましょう。

お礼のメールで出来るだけ自分をアピールしよう!

面接のお礼を郵送で送ったり、メールを面接をしたすぐ後に送ったりと、インパクトを持たせる事が必要です。フットワークの軽さをアピールしないと営業職やIT関係の仕事はなかなか採用にならないです。非正規雇用も増えているので正社員として仕事をしていくには一歩進んだ企業側への対応が必要になります。

面接を成功させるためにしておくこと

志望動機や自己PRや会社へ入ってどのような人間になりたいのかを明確にしておくべきです。また10年後や20年後の構想や将来どのような会社にしていきたいのを話せるようにしておけば、そんなに困る事はないでしょう。面接前にどれだけ自己分析ができているかで結果は変わってきます。

面接のお礼メールを送って転職を成功させよう!

20代でも30代でもどれだけビジネスマナーを心得ているかで、転職が決まるかどうかが分かります。前の職場でどのような仕事をしてきているのかがわかるからです。そのためにも最低限のマナーは心得ておきましょう。

転職を決めるのは職歴や資格も必要ですが、それ以上に一般常識が必要になってきます。会社の顔となって仕事をするような場合は面接のお礼メールをどれだけ重視しているかで採用が決まるのでできるだけ当日や翌日にお礼のメールを送るようにしましょう。

Related