Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月25日

おすすめの定時で帰れる仕事・探し方|転職/土日休み

定時で帰れる仕事は、このご時世なかなかないのが現状です。店舗の営業時間を見て店舗での仕事を探したり、大手企業で収益を大きく上げているような会社を探してみましょう。定時で帰れる会社自体が少ないので、初めは残業するつもりで仕事を探しましょう。

おすすめの定時で帰れる仕事・探し方|転職/土日休み

男女別に見た場合の定時で帰れる仕事って何?

仕事をしていて定時で帰れる仕事に就けるのかどうかは、子育てや趣味が多い人には大きい問題です。ハローワークや新聞の求人、ネットでの求人でも定時で帰れる仕事をうたい文句にしている企業はいくらでもあります。探す方法としては始めから定時で帰れる事を条件で探すしかありません。

女性は事務職などに就ければ定時で帰れる可能性が多くなります。電話のオペレーターなども定時で帰れます。逆に男性はなかなか定時で帰れる仕事は少ないと言えます。それこそ公務員や大手企業を探さないと定時で帰れる仕事は見つかりにくいでしょう。

男性の場合

営業職などの場合は定時で帰れる仕事は少ないです。男性は女性よりも会社で重要なポストに就く事が多いので、なかなか定時で帰れる仕事はありません。大手企業の責任者でも定時で帰れる仕事に就いている人はわずかです。

主な探し方は、求人の時点で定時で帰れる事を条件にしている仕事を探すしかありません。公務員のゴミ収集の環境保全局や小さな店舗であれば男性でも定時で帰れる仕事が見つかりやすいでしょう。

女性の場合

日本ではまだ女性が家庭に入ることを前提に会社で働くという文化が根強いです。シングルマザーなどは保育士や看護師などを探すようにすれば、定時で帰れる仕事が見つかりすいでしょう。女性の場合は大手企業でも事務職や総務課などは、ほとんど定時で帰れます。

面接の際に前もって、定時で帰れる仕事を探していることを面接官に伝えてみても良いでしょう。女性が転職などで仕事を探す場合、思うように稼げない内容のものが多いので定時で帰れる仕事のなかで満足する仕事に就ける確率は少ないと言えます。

転職の場合

転職において定時で帰れる仕事を探す場合は、かなりハードルが高くなります。転職の場合、企業は即戦力を求めています。転職で定時で帰れる仕事を探す場合は、前もって求人などに定時で帰れると記載している仕事を探しましょう。

大きな店舗や小さなお店、公務員、サービス自体に時間制限があるような仕事は、比較的定時で帰れる仕事が多いでしょう。転職で定時で帰れる事を条件で仕事を探すとなかなか見つからないこともあるので、定時で帰れる仕事を探さず初めは残業をするつもりで仕事を探して、徐々に定時で帰れるようにしていく方がよいでしょう。

土日が休みの仕事とは

土日が休みの病院や店舗、土日自体に仕事をしていないような会社を選ぶしかありません。最近は電話のオペレーターや通信機器のサービスステーションなども土日出勤が多いので、まずは一度就職してから、徐々に土日出勤の希望を出すなど工夫していく必要があります。

現代はサービス自体が過剰になっています。土日が休みの会社も少なくなっているのですが、大手企業や会社全体の利益が出ているような企業ならば、定時で帰れる仕事を探しやすいでしょう。

地域別に見た定時で帰れる仕事の探し方はあるのか

都会と比べて、会社の責任者に定時で帰ることを話せば、都会の企業よりも定時で帰りやすいでしょう。地方で会社自体が少ない地域は一人一人の生活に密着した仕事をしようとします。大手企業でも中小企業でも、定時で帰れる仕事を探すには都会よりも探しやすいと言えます。

定時で帰宅して何をするかを面接の際に話しておきましょう。基本的にはやはり公務員などが定時で帰れる仕事が多いです。また、その土地でしかできないような産業で大きな成功をおさめているような会社は、社員に無理をさせる事はないので、できるだけ大きな企業を探すようにすると定時で帰れる仕事が見つかりやすいでしょう。

大阪の場合

大阪は失業率が日本で一番高い反面、定時で帰れる仕事も探しやすいでしょう。大阪で有名なテーマパーク、ユニバーサルスタジオジャパンで働く際も定時で帰れる仕事が探しやすいと言えます。

大阪の特産品で大きな収益を上げているような会社は、社員に無理をさせないところが多いので、それらの企業を狙って面接を受けるのも良いでしょう。また、公務員のほか、女性ならば事務職や保育士や看護師なども定時で帰れる可能性のある仕事と言えます。

福岡の場合

福岡は都会とはかなり違います。都会よりも地域で支え合うことを忘れない土地柄ですので、より定時で帰れる仕事が探しやすいと言えます。遊園地や歯科医や道の駅のような店舗でも定時で帰れる仕事が探しやすいですし、ビジネスホテルや駅ビルの店員でも定時で帰れます。

大阪にも言えたことですが、都会よりも地方の方が定時で帰れる仕事は探しやすいです。また起業もしやすいので、若い人でも小さな塗装会社を開いて、それなりの生活を送っていたりします。都会にはない特性を理解して、地方で仕事をしてみるのもよいでしょう。

定時で帰れる仕事とはどのような仕事か?

店舗自体の営業時間が定時までのところだったり、自動車の整備や地方のバスの運転手、企業でのそれなりの地位であれば、定時で帰れる仕事があります。

定時で帰れる企業の共通した特徴として、企業自体の収益が良くなければ定時で帰れるという条件はなかなか満たすことができません。また店舗自体の営業時間が6時までとなっていたり、医療などに関わるような仕事でなければ定時で帰れる仕事は少ないと言えます。

サービスが過剰になりつつある昨今、なかなか定時で帰れる仕事自体が減ってきています。

残業が多い会社が多くなっている

面接の際に残業はできますか?という質問を受けたことのある人がかなりいます。転職で仕事を探す場合はどうしても、残業をすることを前提に仕事を探さなければ、それなりに稼げる仕事には就くことはできません。

好景気と言われても、会社は危機感を感じて他の企業よりも差をつけようとするので、なかなか定時で帰れる仕事自体が少なくなっているのは現代社会の流れとなっています。

定時で帰れる会社はあまり稼げない

定時で帰れる仕事には、稼げる仕事とそうでない仕事があります。会社自体が儲かっているのか、そうでないのかでも変わってきますが、大手企業や店舗などの仕事で定時で帰っている場合は、会社や店舗での立場が低いとなかなか収入につながりません。

シングルマザーや介護を必要としている両親がいない場合は、できるだけ残業を受け入れられるようなつもりで仕事をしなければ、いつまでも不安定な仕事に就くしかないので、生活が苦しくならないためにも、残業を受け入れるつもりで仕事をしましょう。

非正規雇用での定時で帰れる仕事はあるのか

非正規雇用の派遣社員や契約社員でも、定時で帰れる仕事は少ないです。正社員が定時で帰るために非正規雇用の人を使って、人件費を削減している場合や便利屋という役割をしている場合もあるので、なかなか非正規雇用の人が定時で帰れる仕事に就けることが難しいですし、何より定時で帰れること自体が難しくなっています。

定時で帰れる仕事を見つける人とは

定時で帰れる仕事を見つける人とはステップアップで転職をしたり、独自の会社とのコネクションがあったりと人によりさまざまです。定年後の嘱託のような仕事をしている人も定時で帰れる仕事を見つけた人だと言えます。

残業をすることを前提に面接を受けよう!

転職先の面接を受ける際は、なかなか定時で帰れることを条件に仕事を探すというのは難しいので、面接で残業はできますかと聞かれたら、まずできますと答えて、採用されてから定時で帰れる方法を考えましょう。仕事がないと収入の面で困るので、まずは仕事を見つけてから定時で帰れる方法を探す方が賢明です。

定時で帰れる仕事に就けたら長く続けよう!

このご時世なかなか定時で帰れる仕事には就けません。ただ、定時で帰れる仕事に就いている人に対して、会社は無理な事をさせないので、できるだけ長く続けるようにして、転職を考えなくてもよいようにしていきましょう。

残業を受け入れてから定時で帰る方法を考えたり、地方の企業に勤めるなど自分なりにリサーチをして定時で帰れる企業を探してみましょう。転職で定時で帰れる仕事に就けたならば、その仕事を大切にして続けていきましょう。

Related