Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

工場の正社員の給料・楽なのか・面接で気をつけたいこと

工場の正社員の給料・楽なのか・面接で気をつけたいこと

工場の正社員の給与事情から面接対策までの情報を紹介します。「工場で正社員として働きたい」「昔から物作りが好きで工場で働きたい」「工場の正社員になるためには」今回はそんなみなさんの為に工場の正社員の様々な事情から面接時の注意点までまとめてみました。


工場の正社員について

工場の正社員の給料・楽なのか・面接で気をつけたいこと

工場の正社員について、給料や仕事の内容、職場環境など、疑問に思う方もいるでしょう。そんな工場で正社員として働くことに興味のある方に、工場の正社員として働いた時の給料や仕事の内容、職場環境などを以下に解説していきます。

工場の正社員の給料・年収

工場の正社員の給料・楽なのか・面接で気をつけたいこと

工場の正社員の給料は、業種や職種によっても異なりますが、一般的に高い傾向にあります。高卒か大卒、夜勤・休日出勤・残業の有無によっても異なります。また、残業、休日出勤、深夜出勤などは、基本給の割増賃金が25%と決まっていて、これに違反すると法律違反となり、労働基準監督署に処罰されます。

従って、工場の正社員では、サービス残業の概念があまりありません。時間どおりに出勤して、時間どおり作業して、時間どおりに退社します。工場の正社員はサービス残業をしたくないという人に向いています。

高卒で正社員の初年度は300万円未満ですが、5年、10年と勤続年数が上がるごとに昇給しますので、400万円、500万円と上がっていきます。以下に工場の正社員の業種別の給料状況について解説していきます。

製菓

業績は好調でも、給料が上がりません。食品メーカーは例え大手だとしても、メーカーの中でも低水準になります。食品はエンドユーザーへの販売価格の単価が安いので、どうしても給料が低水準になってしまいます。

年齢にもよりますが、残業も夜勤もかなりやって手取り20万円というのもザラです。興味があれば会社四季報などで確認してみてください。工場なので夜勤や休日出勤は必須です。製菓の場合、クリスマスなど夏と冬に繁忙期があるので、繁忙期に合わせて労働環境がかわります。

会社や工場によって昼勤夜勤の2交代制、昼勤中勤夜勤の3交代制があり、夜勤などに抵抗がない人は、気にしなくても問題ないでしょう。

化粧品など

化粧品は一般的に利益率が高いのですが、給料はあまり高くありません。しかも、人体に直接付着するので、品質管理に厳しく、現場の品質管理部門は厳しい検査基準があります。そして、化粧品メーカーの工場は比較的残業が少ないです。製品に問題が起きるなど、トラブルでも起きない限りは長時間残業もありません。その分、給料も少なくなります。

自動車バイク重機の製造業など

工場の正社員の給料・楽なのか・面接で気をつけたいこと

車、バイク、重機などは工場の中でも給料水準が高く、夜勤、休日出勤、残業などを全てこなせば、高卒の同年代の人より多くの年収が得られます。ただし、繁忙期と閑散期があるので、状況により残業や休日出勤の時間が代わってきます。その分給料も変わってきます。自動車・バイク・重機産業で働く正社員の年収は、500万円がボリュームゾーンとなっています。

製薬医療化学など

給料水準は、自動車・バイク・重機産業に次いで高いです。工場内も医薬品という人体に関わる製品を扱いっているので、事故が起きないように、整理・整頓・清潔を徹底させてきれいな工場が多いです。他業種の工場よりも楽なルーチンワークが多く、働きやすい環境と言えます。ただ財閥系企業など古くからある会社が多く、その社風に慣れるかどうかが鍵になります。

正社員で工場の仕事は楽なのか・きついのか

工場の正社員の給料・楽なのか・面接で気をつけたいこと

一般的に工場の仕事はきついです。昔で言う「3K」で代表されているように「きつい」「危険」「汚い」がセットになっています。部署によってきつさが違いますが、楽なところだと、その分残業や手当が削られて年収が下がります。自分は「楽だけど給料が安い方が良いのか」「きついけど給料が高いほうがいいのか」よく考えましょう。

工場の作業は、基本的に考えることはなく覚えたことを繰り返すだけです。工場の作業は正社員でも覚えるまでが大変ですが、一度覚えてしまえば頭を空っぽにしてもできる単純作業が多いです。それを楽と捉えるか、きついと捉えるかはその人次第です。

軽作業

軽作業の場合、簡単な作業なので正社員といえど、その分給料が少なくなります。夜勤や休日出勤、残業もないことが多く、基本給だけの場合が多くなります。そして、今は軽作業を正社員が担っていることが少なく全自動化されています。人が行う場合は正社員を使わないで、外国人労働者が担っているケースが多いです。

ライン作業・単純作業

Bottom banner

ライン作業は、機械に使われるケースが多いので、人が機械に合わせないといけないので、とにかく時間がなくきついです。作業自体は単純作業なので、頭を使う必要はありません。しかし、単純作業の繰り返しで、機械は待ってくれません。息つく暇も無いくらいきつく、大変なラインもあります。

なによりラインに入って一番きついのは、トイレにも自由に行けないということです。誰かに代わってラインに入ってもらってトイレに行くことになるので、自由にいけません。

また、立ち作業が中心なので、1日中立っていることが多いです。慣れていない人は、普段から座らないようにして、慣れておきましょう。初めは苦労します。しかし、ラインに入って数ヶ月もすれば体が慣れるので、一日中立っていても平気になります。

工場の正社員面接で気をつけたいこと

工場で求められるのは、真面目で無遅刻無欠勤の勤怠状況です。正社員の場合、どんなに有能でも、休みが多いと工場では評価されません。学生であれば、高校生の時の出席状況などは特に加味され、学生時に皆勤賞を取っていれば、大きな武器になります。面接時、自分から面接官に伝えましょう。

正社員の面接では、時間にルーズなのも大きなマイナスなので、時間を守ることをアピールしましょう。また、夜勤や休日出勤も断らずにできることをアピールして方が良いです。

服装

面接時は、特にこだわりがなければ、スーツが良いです。スーツで面接を受けで、印象が悪くなる会社はあまりありません。面接を受けるなら、スーツ姿がベストです。

工場勤務では、服装の乱れは大きなマイナスなので、面接前に服装をチェックして、服装の乱れがないかを確認してから面接を受けるようにしましょう。工場勤務時は、服装のチェックが重要です。服装が乱れていると、服が機械に巻き込まれて、重大な事故を起こしてしまう可能性が高まるからです。

私服で面接を受けるならば、裾が出ていないか、襟が曲がっていないかなどの服装の乱れに注意して面接を受けましょう。当然、清潔感も重要なので、服に汚れがないかもチェックしましょう。

志望動機など

志望動機は、「物を作るのが好き」、できれば「その工場で製造している物が好きだ」というような関連性があるといいでしょう。工場の正社員においては、「稼ぎたい」「収入を増やしたい」という志望動機は、マイナスの理由ではありません。その分、休日出勤や夜勤、残業を進んでやる姿勢を見せれば、むしろプラスの志望動機として受け取られます。

そのためにも高校生時代の遅刻・早退・休みが無いようにしないと採用に響きます。工場の正社員の志望動機では、とにかく休まず働くことをアピールしましょう。

工場の正社員希望の履歴書の書き方

履歴書に書く内容は、正社員か正社員以外で大きく異なります。それは、工場で正社員に求める人物像の質が、圧倒的に違うからです。工場が正社員に求める人物像は、長く真面目に働いてくれる優秀な人材です。そのため工場で正社員として働くための履歴書は、長く真面目に働く人物だとアピールしないといけません。

例えば、履歴書の書き方一つでも雑な印象を与える書き方ではダメです。殴り書きや雑な印象を与える書き方だと面接官に「集中力や根気のない、すぐに辞めてしまう人物だ」と評価されてしまいます。

大事なのは、字が上手い・下手ではなく、「雑か丁寧か?」「誤字脱字が無いか?」ということです。例え字が下手でも、ヘタなりに丁寧に書けば大丈夫です。履歴書を書く前に、時間をタップリとって、一枚書くのに1時間かけるつもりで、ゆっくり丁寧に雑にならないように書きましょう。黒のボールペンで誤字脱字があったら書き直しましょう。

正社員での工場の仕事をやめたい時にするべきこと

正社員での工場の仕事をやめたい時にするべきことは、辞めたい理由の洗いだしです。「なぜ、辞めたいのか?」「今の職場では解決できないのか?」「他の会社でなら解決できるのか?」を洗い出してみましょう。

今の職場で解決できそうならば上司に相談してみましょう。今の職場で解決できそうもないのであれば、転職会社に登録して転職エージェントに相談してみましょう。転職エージェントに相談して「工場の仕事を辞めたいのか?」「他社の工場で働きたいのか?」が分かれば、次の職場も決めやすくなります。

また、他社の面接を受ける時は、夜勤明けや休日に面接を受けるようにしましょう。どうせやめるのだからと、休みと取って面接を受けても、その時点で面接の評価が下がっています。

もし、他社の工場勤務を考えているなら、工場は休みや遅刻が大きな減点なので、「休みをとって面接を受けにくるような人は取りたくない」と面接先の会社は考えます。

未経験で工場の正社員になれるのか

職種や年齢にもよりますが、人気のない会社ならば、未経験でも工場の正社員で採用されることもあります。休まず働くこと、夜勤や休日出勤も厭わず働くことをアピールしましょう。工場の正社員の面接では大きなポイントになります。

未経験で工場の正社員になりたいなら

未経験で工場の正社員になりたいなら、真面目さをアピールしましょう。履歴書は変えられませんが、服装や髪型、話し方、考え方などでも真面目さをアピールできます。そして、健康面も重要です。まずは不摂生な生活リズムを改めて規則正しい生活を送りましょう。工場の正社員を採用する面接の場合、面接時に普段の生活リズムを聞かれることが多いです。

工場で正社員として働きたいなら

最後に正社員として働きたいなら、自分が何を重視したいのか明確にしておきましょう。給料なのか、仕事の内容なのか、長く続けたいのかなどです。同じ会社の工場内にも、部署によっては「楽だけど給料が低い部署」もあれば、「きつくいけど給料が高い部署」もあります。面接を受ける前に、自分が何を重視したいのか明確にして面接官にそれを伝えましょう。きっと希望がとおります。

そして、面接で気をつけるべきは、真面目で長く続けれれることをアピールすることです。繰り返しになりますが、工場で大事なのは勤怠で、休みなく無遅刻無欠勤、残業も断らずに応じるという姿勢です。面接では、自分の真面目さをアピールしましょう。工場の正社員は、サービス残業をしたくないという人に向いている仕事です。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人