Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

退職代行のメリット・デメリット5つ|失敗しない退職代行業者の選び方5つ

退職代行のメリット・デメリット5つ|失敗しない退職代行業者の選び方5つ

退職代行業者は、今すぐ会社を辞めたいと思っている人の思いを、すぐに実現してくれる人気のサービスです。退職したいのに辞めさせてくれない、ブラック企業だから難しいと諦めている人には利用価値は高いでしょう。ここでは退職代行業者を選ぶポイントを詳しく説明しています。

初回公開日:2019年07月01日

更新日:2019年08月20日

記事に記載されている内容は2019年07月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


退職代行業者とは?

退職代行業者とは、会社を退職したいのに辞めさせてくれない、または辞めたいと言いづらいなど、自分から退職を申し出ることができない人に代わって退職の意思を伝え退職を実現するという業務を請け負っています。

過酷な労働環境から会社を辞めたいと考える人が多いなか、このサービスを利用する人が増えています。ここからは、退職代行サービスを利用するにあたってのメリット・デメリットを紹介していきます。

退職代行のメリット5つ

退職代行のサービスを利用する人は、「お金を払ってでも退職できるものなら利用したい」と考えている人です。

特に長年勤務した会社では、上司から説得されて申し出に失敗してしまったり、初めて退職を経験する人は、申請手続きに失敗しないかなどの不安があるでしょう。ここからは、退職代行のメリットを理解し、失敗しない退職代行の利用の仕方を学んでいきます。

退職代行のメリット1:ブラック企業相手でも退職できる

ブラック企業と呼ばれる企業には、会社を運営していくうえで不都合な理由を独自に作り上げているケースが多くあります。

例えば、退職の意思を伝えても後任が育つまで退職を認めてくれなかったり、退職者の代わりとなる社員が入社しない場合に退職させなかったりなどです。

このような場合でも、退職代行業者には弁護士と提携している業者が多く、法廷手続きが必要な場合でも対応が可能となるため、退職に失敗することはなくなるでしょう。

退職代行のメリット2:上司と顔を合わせずに済む

退職代行サービスを利用すると、上司と二度と会わずに会社を辞めることができます。退職届の提出も郵送で大丈夫です。電話が必要な場合でも退職代行サービスが代わりに電話をしてくれますので失敗がありません。

特にブラック企業では、退職を申し出たとたんに恫喝されたり、嫌味を言われたりなど、退職日を迎えるまでの数日間は大変な苦痛を強いられます。失敗や精神的な苦痛を一切受けずに退職できるのが、このサービスの強みです。

退職代行のメリット3:職場に行く必要がない

退職代行サービスへ依頼をすると、最短で当日に会社を退職することができます。会社の退職は2週間と法律で決まっている(民法627条)ことから退職日までの2週間は有給休暇を取得すれば、会社へ出社する必要はありません。

もし有休がない場合でも、退職日まで欠勤することを伝えれば当日での退職は、失敗なくまとまることでしょう。退職代行への依頼は、精神的・肉体的につらい状況でもすぐに抜け出せるメリットがあります。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

出典: http://thoz.org/law/%E6%98%8E%E6%B2%BB29%E5%B9%B44%E6%9C%... |

退職代行のメリット4:弁護士に依頼するより安い

退職代行サービスを利用せずに、直接弁護士に依頼すると15~20万円ほどの費用がかかります。弁護士資格のある人が、最後まで交渉を行ってくれるので内容については完璧ですが金額は少し高いのが現状です。

しかし、退職代行業者に依頼した場合には3~5万円程度の費用ですむので、金額の面でも大変メリットです。退職に失敗することなく、短時間で気持ちをリセットできるサービスであるところに人気の理由があるのでしょう。

退職代行のメリット5:退職に関する助言をもらえる

退職する時には、誰もが不安になります。職場でのトラブルや人間関係などに問題があったとすればなおさらです。

一般的には、上司・同僚・家族などに相談されるのですが、イジメやパワハラがあった場合には法テラスや総合労働相談コーナーなどもあります。

しかし、このようなところでは相談だけで終わってしまうケースがありますので、具体的な助言や失敗しない退職までのサポートには退職代行業者の強みが活かされるでしょう。

退職代行のデメリット5つ

ここまでは、退職代行サービスのメリットを紹介してきました。人員不足が起こっているなかでの退職の引き溜めや、ブラック企業による理不尽な陰湿な対応には、当然しっかりとした対応をして行く必要があります。

しかし、退職をするということは、自分の経歴に傷がついたり、再就職するには不利となったりする場合があります。ここからは退職代行業者を利用するにあたってデメリットを説明していきます。

退職代行のデメリット1:元上司や同僚との関係が悪くなる

退職代行を利用すると、挨拶なしでいきなり退職することになりますので、元上司や同僚との良好な関係を保つことは難しくなるでしょう。

退職代行を利用する人は、お金を払ってでも退職できるものなら退職したい。と考えていますので、退職させてくれない会社にも何か問題があることが多いはずです。

その分気楽に退職できる面もありますが、退職後の人間関係を重視したい人には、デメリットとなるためおすすめしません。

退職代行のデメリット2:費用がかかる

退職代行サービスを利用するにはお金がかかりますが、相場は3~5万円ほどです。2週間程度の有休がある人にとっては、この金額であれば十分に相殺できるのではないでしょうか。

退職することに理解を示してくれる会社であれば、お金をかけてまで退職する必要はありませんが、職場がブラック企業だったり、精神的に追い詰められて「明日で辞めます」とはどうしても言えない環境の場合には利用価値はあるでしょう。

Bottom banner

退職代行のデメリット3:退職代行を理解してもらえない

退職代行業は、つい最近有名になり現代社会に求められているサービスのため、上司や親の世代には、まだまだ理解されていないのが現状です。

辞める会社にどう思われても構わないが、家族や友人には心配させたくないということであれば、事前に退職については話しておきましょう。

退職代行を利用しても家族や友人にバレてしまうということはありません。退職することと、退職代行を利用することは別に考えたほうが良いでしょう。

退職代行のデメリット4:トラブルに巻き込まれる恐れがある

退職代行サービスは、最近では健全なサービスとして認知されています。しかし万が一悪質な業者を選んでしまうとトラブルに巻き込まれることもあります。

注意点としてあげられるのが・弁護士資格のないスタッフが非弁行為を行う・退職に失敗しても費用の返金がないなどです。

トラブルがあると聞くと怖いですが、退職率100%を継続しているところも多く弁護士とも連携していますので、きちんとした代行会社を選べは問題ありません。

退職代行のデメリット5:法律に関する業務は行えない

退職代行業が行うサービスは、あくまでも依頼者に代わって「退職の意思を伝えること」です。残業の未払い請求があったり、パワハラなどの慰謝料請求などは、業務の範囲を超えてしまう場合があります。

弁護士とも気軽に相談できる代行サービスも増えていますが、別料金になることは心得ておきましょう。例えば、ブラック企業で代行会社でも交渉困難が予想される場合には、弁護士に直接依頼したほうが良い場合もあります。

失敗しない退職代行業者の選び方5つ

ここまでは、退職代行業者を利用するにあたりメリットやデメリットをご紹介してきました。このようなサービスは今後もニーズが高まり増えて行くことは間違いありません。サービスの内容や料金設定にも違いがでてくるでしょう。

ここからは、たくさん存在している退職代行業者のなかでも失敗しない退職代行業者の選び方についてお伝えします、ぜひご覧になってください。

失敗しない退職代行業者の選び方1:実績がある業者を選ぶ

退職に失敗しない代行業者を選ぶには、実績がある業者を選ぶことが大切です。サービスを行っている年数や過去の成功実績などが判断材料となるでしょう。

よく代行業者のホームページを見ると成功率100%継続中と書いてあるのを見かけますが、本当であれば優良会社と判断して良いでしょう。

心配な場合には、電話をかけても調べることができます。相談は無料となっているも多く利用する前に電話をして確認することも可能です。

失敗しない退職代行業者の選び方2:料金が分かりやすい

失敗しない退職代行会社を選ぶ際には、料金体系をしっかり確認しておく必要があります。料金は高くても安すぎても良くありません。知名度や実績がなく激安で退職代行を受け付けているところはおすすめできません。

また、電話1回につき○○円などと何かにつけて追加費用が発生するところも注意が必要です。相場は3~5万円になりますが、正社員の退職代行のほうが若干高くなることが多いです。料金体系が分かりやすいところを選びましょう。

失敗しない退職代行業者の選び方3:サポートや保証がある

優良代行会社であれば、会社からの連絡は本人を通さず代行業者にするようにしてくれたり、逐一依頼者に報告をくれたりします。

失敗しない退職代行業者を選ぶなら、電話やメール、LINEでも相談できるサポート体制や顧問弁護士の指導料がついている専門性が強いところです。若干費用も高めですが返金保障がついていれば安心していいでしょう。

失敗しない業者選びには依頼者の気持ちを理解してくれる業者がおすすめです。

失敗しない退職代行業者の選び方4:退職に関しての専門性がある

過去に何人ぐらいの退職代行の案件を取り扱ってきたのか、弁護士や司法書士のサポート体制は整っているのか、このような情報が事前につかめていれば専門性が高い退職代行という判断はできるでしょう。

依頼者側からしてみれば退職に失敗は許されません。会社の就業規則に対しての知識がないなどのレベルの低い代行サービスは選ぶべきではありません。失敗のない退職を実現するためにも代行業者への事前連絡は大切です。

失敗しない退職代行業者の選び方5:非弁行為を行っていないか

勤務先に退職の意思を伝えてくれる退職代行サービスは、一方では「非弁行為」ではないかとも疑いをもたれているのも事実です。

非弁行為とは、弁護士ではないものが報酬を得る目的で法務事務を取り扱うこととされています。さまざまな解釈がありますが、退職の意思をそのまま会社に伝えることは非弁行為にあたりません。退職願いを代筆したり給与の未払い交渉を弁護士以外の人が行うと非弁行為にあたります。

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

出典: http://thoz.org/law/%E6%98%AD%E5%92%8C24%E5%B9%B46%E6%9C%... |

退職代行業者に詐欺はある?

退職代行サービスを利用した口コミ情報を調べてみても「退職に失敗した」「退職代行業者に騙された」という声は見つかりませんでした。利用者の多くが「即退職できたのでスッキリした」というようが安堵した声が多かった印象です。

退職代行サービスは新しいサービスですので今後は利用者も増大していくでしょう。そうなると新手の詐欺がでてくる可能性がありますので、失敗しないポイントは確認しておく必要があるでしょう。

辞められないと悩むなら退職代行を利用しよう

会社やアルバイトがつらくて仕事を辞めたいと考えていても、なんとなく勤務先に気を使って辞められないという方も多いでしょう。

退職を会社に伝えるには、さまざまな段取りを考えたり、タイミングを見計らったり、失敗したらどうしよう。と思い悩む日も多くなります。

そのようなストレスを抱えるなら、失敗しない退職をもっとうとした経験豊富な退職代行業者を利用するのがおすすめです。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related