Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

女性管理職の比率と割合・なりたくない理由・悩み・メリット

女性管理職の比率と割合・なりたくない理由・悩み・メリット

女性管理賞の比率は年々増加傾向にありますが、まだまだ低いのが現状です。この記事では女性管理職の特徴や服装、メリットや悩みなどについてご紹介します。女性の昇格について気になる方、女性管理職のメリットを知りたい方はぜひご覧ください。

初回公開日:2018年09月12日

更新日:2018年09月12日

記事に記載されている内容は2018年09月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


女性管理職の比率・割合

女性の社会進出が多くなっていることに伴い、管理職に女性が就くケースも珍しくなくなりました。しかし2017年度の都内企業の女性管理職の比率は8.6%と男性管理職に比べるとまだまだ低いのが現状です。役職別に見てみると係長職の割合が最も高く、部長職の割合はわずか4.9%と低い水準にとどまっています。

この記事では女性管理職の特徴や服装、メリットや悩みや課題などについて説明していきます。

女性管理職の特徴

女性管理職に見られる特徴として挙げられるのが「観察力がある」といった点です。女性管理職者は女性ならではの細やかな気配りができ、全体を見渡す能力も男性より優れています。細やかな気配りにより信頼関係が構築され、全体を見渡すことで組織力を強めていくことができます。このような点から女性管理職者の確立が求められています。

スーツ

女性管理職は周りから注目される存在です。そのことを自覚しておきましょう。部下の信頼を得るためにもジャケットを着用し、スーツ姿を決めましょう。女性管理職ならばそれ相応のビジネスファッションをすることが大切です。

女性管理職の服装

女性管理職の服装はスーツでジャケットが基本です。スーツのため黒を多用しがちですが、黒は威圧感が出やすい色です。そのためスーツは黒よりも威圧感の少ないグレーがおすすめです。威圧感が減った分相手は自分に心を開いてくれます。ですが毎日グレーを着用するのも良くありません。自分の気を引き締たいときは黒のスーツが良いでしょう。

女性管理職者は仕事の予定によって、スーツを着回すことが大切です。

女性管理職のメリット

女性管理職の存在は企業にとってメリットになることが多いです。厚生労働省によって実施された調査で、管理職の女性比率が増加している企業は経常利益も増加傾向にあるという結果がみられました。この章では、企業にとっての女性管理職のメリットをご紹介します。

従業員のやる気が上がる

女性管理職の方がいると従業員たちは仕事に対し、会社が公平公正な評価をしてくれて考えます。自分をきちんと評価してくれていると考えて仕事をしていれば、自然とやる気がみなぎり、仕事の効率が上がります。従業員のやる気で溢れている職場は、雰囲気も明るくなりどんどん仕事の効率が良くなります。

優良な人材を確保できる

仕事効率の良い企業は、社会的評価も向上します。社会的評価が向上すれば、自然と優良な人材が集まってきます。優良な人材が集まり切磋琢磨すれば、さらに仕事効率が上がること間違いなしです。企業が繁栄するためにも女性管理職は必要な存在です。

女性管理職の悩み

女性管理職の悩みは、相談する相手が少ないことです。女性管理職の割合は役職が上にいけばいくほど低くなります。女性管理職は同じ境遇の方が少ないため、悩み事ができても相談できず抱え込んでしまう傾向にあります。

やはり小さな悩みでも人に相談することが大切です。上司やチームメイト、似た境遇の方など、どなたでも良いので仕事の相談ができる人を見つけておきましょう。

Bottom banner

女性管理職になりたくない理由

企業にとってメリットのある女性管理職ですが、女性一般社員の8割は昇格を望んでいません。女性一般社員が女性管理職になりたくない理由は「家庭への影響があり、昇格後に無責任な行動はできない」と考えているからです。女性はどうしても結婚や出産、子育てに時間を費やしてしまいます。

特に出産は長期の休みが必要です。妊娠はとてもおめでたいことですが「女性管理職だから」と悩んでしまうこともあるでしょう。このような点から女性一般社員の昇格希望者は少なくなっています。

女性管理職を辞めたいとおもうとき

女性管理職に就いたものの「管理職を辞めたい」と考える人も多いです。特に20代~30代のうちに女性管理職に就いた方は、年上の方が部下になることに抵抗があり、どのように接すれば良いか悩みコミュニケーションに不安を覚えるといったケースがよくあります。

まずは少しずつ信頼関係を築いていきましょう。話し言葉は丁寧に、指示は的確に行うことが大切です。信頼関係を築いていけば、自然とコミュニケーションも取れるようになっていきます。

上司と部下からの板挟み

中間女性管理職の方は上司からの指示、部下からの要望などで板挟みにあい「もう辞めたい」と考えることもあるでしょう。女性管理職は部下の育成も行わなければなりません。板挟みにあったときは踏ん張りどきです。まずは部下の要望から聞き入れ、アドバイスを行うと良いです。

上司には業務の報告を必ず入れておくことが大切です。上司からの指示であっても、中間女性管理職者一人で責任を負う必要はありません。上司に業務の報告をし、業務内容を把握してもらいましょう。

このように行動していけば、上司と部下からの板挟みから抜け出すことができます。中間女性管理職者で悩んでいる方はぜひ実行してみてください。

女性管理職の課題

女性管理職の課題はどのようにして女性管理職者を増やしていくかです。この課題を解決するためには、企業の意識を改善することによって女性一般社員の考え方を変えることが必要です。

女性一般社員の8割の方が女性管理職になりたくないと考えています。この考えを減少させていくことが女性管理職の人数を増やしていく第一歩となります。若い女性社員が管理職に抵抗を持たないようにするには「仕事へのやりがい」を持たせることです。仕事にやりがいを感じるようになると自然と出世への欲が生まれてきます。
  
また子育てへの配慮のしすぎが女性管理職者が少ない原因ともされています。これを「マミートラック」といいいます。マミートラックについて詳しく説明します。

マミートラック

産休や育休明けの女性一般社員に対し過度な配慮をすることを「マミートラック」といいます。産休や育休明けに「育児で大変だろうから」と負担の少ない業務へと変わる場合があります。しかしこの業務内容の変更こそが女性管理職の人数が少ない原因の一つです。

業務負担を軽減すればそれだけ昇格への道が長くなります。育児を行っている方が残業するのは難しいですが、仕事ができないわけではありません。産休や育休明けの方は、できるだけ残業をしないよう仕事を効率よく行うことが大切です。

女性管理職の比率目標

内閣府男女共同参画局では「2020年までに女性管理職の比率を30%以上にする」という目標を掲げています。女性管理職の比率は年々増加傾向にありますが、2017年度でも8.6%ほどしかおらず、目標達成は厳しいのが現状です。

この目標を達成するには、会社側の改善が求められます。女性管理職者が仕事と家庭の両立を行えるようなサポート体制を早急に取り入れることが必要です。また産休や育休明けだからと楽な仕事への移動を配慮するのではなく、昇格の道からは外れない程度の負担軽減が良いでしょう。

多くの女性一般社員が「女性管理職にはなりたくない」と考えています。内閣府男女共同参画局の目標を実現するにはまずは女性一般社員の考えを変えることが重要です。

女性管理職を目指してみましょう

女性管理職についてさまざまな角度から説明してきましたがいかがでしたでしょうか。女性管理職の割合はまだ少なくどうしても注目されやすいです。そのため服装には十分に気をつけておきましょう。

女性管理職の存在は従業員のやる気アップにも繋がります。やる気が上がれば仕事の効率も良くなります。また女性は男性より「観察力がある」とされています。女性ならではの細やかな気配りができ、全体を把握する能力にも優れています。

女性管理職は会社にとってメリットになることが多いです。ぜひ昇格を目指して日々の業務に取り組んでいきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人