Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

年収500万の手取りはいくらか・手取り年収500万の仕事・割合

年収500万の手取りはいくらか・手取り年収500万の仕事・割合

この記事では、年収500万円の気になる手取り額を紹介しています。また、年収500万円の生活水準や、あなが年収500万になったとき、「どのような適正家賃がいいのか」「住宅ローン」に至るまでそして、今より年収アップを望んでいる方向けにも紹介しています。

初回公開日:2018年10月01日

更新日:2018年10月01日

記事に記載されている内容は2018年10月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


年収500万の手取りはいくらか

年収500万、700万・1000万などと聞いて「すごいな」「いいな」と思うかたもいるでしょう。ちょっと気になるのは、「手取りだといくらなの」って、気になりませんか。

自分の給料は、毎月給料明細を見て、税金や、社会保健など各種引かれて、振込額がわかります。あなたと同じくらいの給料であれば、だいたいの手取りは想像がつくことです。

それでも、他人の給料は気になります。そこで今回は、年収500万にポイントをしぼって紹介していきます。

まずは、年収500万の手取りを知っておきましょう。

年収500万の手取りは、平均すると約400万前後です。家族持ちと独身とでは、少し異なります。では、順に見ていきましょう。

家族持ちの年収500万は手取りいくら?

家族持ちで年収500万円の手取り額は、いくらでしょうか。

例えばこのご家族の場合
・配偶者1人
・子供1人

この方の年収500万円の手取り額は約410万円です。ただし、手取り額は、税金と社会保険料を差し引いた額となるので、その人によって金額は異なりますので注意です。あくまでもだいたいなので目安にして下さい。

独身の年収500万は手取りいくら?

独身の方で年収500万円の手取り額は、約390万円です。こちも同じように、手取り額は、税金と社会保険料を差し引いた額となるので、その人によって金額は異なります。

月収では?

年収500万を月収にするといくらになるのでしょう。家族持ちの例1のA(配偶者1+子供1)さんの場合では、約34万円くらいになり、また、独身の例2のBさんだと、約32万円くらいです。

ボーナスなし

年収500万でもボーナスが「あり」と「なし」では、少し異なります。まずは、ボーナスなしの場合を見ていきましょう。

Q:ボーナスなしのCさんの年収500万の手取りがいくらになりますか。

A:Cさんの手取りは、約390万から400万くらいです。平均すると約395万りなります。月収にすると395÷12=32.9166なので、約月収は32~3万となります。

ボーナスあり

ボーナスありの年収500万を見ていきましょう。ボーナスあり、このようなケースもあるので2パターンを参考にして下さい。

●ボーナスの支給が年に2回と1回の場合
・年2回のDさんは、月収約25万円
・年1回のEさんは、月収約28万~29万弱となります。


算出方法は、ボーナス支給単位を2カ月、支給回数で、税金や各種保険などを差し引くと、手取りはだいたい額面の80%くらいになります。

年2回のDさんの計算式は、年収500万円÷16ヶ月×80%=月の手取りは約25万、年収では約400万となります。同じように年1回のEさんは、500万円÷14ヶ月×80%=約28万6000円です。

350万

ごく一般的な年収350万の手取りはいくらでしょうか。こちらも家族持ちや独身で少し異なりますので国税庁の「民間給与実態統計調査」を参考にしてみてみましょう。

●手取り額
手取り額(家族持ち):約295~300万円
手取り額(独身):約290~295万円


●割合
男女合計:約17.5%
男性:約18.3%
女性:約16.5%

計算方法

年収500万円の場合は、500万円から所得税・住民税の割合と社会保険料を差し引いた金額となります。

500万-(所得税・住民税の割合+社会保険料控除72万円)=手取り金額です。

手取り年収500万の生活水準は?

実際に手取り年収500万の方はどのような生活水準なのでしょうか。いろいろなケースで確認してみましょう。

手取り年収500万家族持ちの家計簿

ケース1:専業主婦の奥さん、小学生のお子さん1人、合計3人家族の場合

条件:月収は約30万円で、年2回のボーナス(計55万)があり、天引きされる前の年収は500万円です。

●家計簿の中身
家賃:10万円
光熱費(家にいる時間が増えるから):2万円
通信費:2万円
食費(乳幼児の食事が増えるから):6万円
その他費用:(日用品、育児費用など):2万円

毎月22万円が固定した出費になります。
手取りの月給は、上記の説明のように25万円ですので1ヶ月で自由になるお金はおおよそ3万円程度になります。

あくまでも個人差はあるので一つの例として見て下さい。

3万円の使い道

自由なお金3万を1週間で割ると7500円で、週に一度くらいは家族サービスもしますし、また、仕事の同僚との付き合いや、ママ友との食事も行くことがあるでしょう。

その時の金額として、毎週末の家族サービスの食事代で大人2人分で1回2500円、外食もすることもあるので1人5000円、だいたいこのくらい金額は使うでしょう。となると、ほとんどピッタリと言っていいほど無くなってしいます。

手取り年収500万独身男性の家計簿

独身でメーカーに勤めているサラリーマンの例をご紹介します。月収は26万円で、年2回のボーナス(計83万円)があり、税引き前の年収は500万円です。

家賃:8万円
光熱費:1万円
通信費:1万円
食費:3万円
その他費用(日用品、など):1万円

とすると、合計で14万円が固定した出費となります。
月の手取りが23~24万円とすると、1ヶ月に自由になるお金は約10万円になります。

あくまでも個人差はあるので一つの例として見て下さい。

年収500万円の最適家賃

どちらの世帯もそうですが、カギとなるのは家賃でしょう。では手取り年収500万で最適な家賃価格はいくらでしょうか。

家賃は年収(月収)の2.5割〜3割が適正だとよく言われます。しかし、家賃を年収3割で設定すると家計は、かなり圧迫される可能性が高いでしょう。ゆとりを考えるなら年収の2.5割
で家賃設定がベストです。計算すると下記になります。

・額面年収:500万円
・最適家賃:10.4万円


もう少し先のことまで考えるあなたなら、手取り年収で計算するのもいいでしょう。

手取り年収500万で住宅ローンはいくらがベスト?

年収500万円の場合、住宅ローンはいくらまで組むことが可能でしょうか。

年収500万円の場合、金利1.5%で返済期間30年とした場合の借入可能額は3404万円です。

ただし、借入可能額をMAXに借り入れすることは注意が必要です。月々の住宅ローン返済額が高くなってしまい、この先お子さんが生れた場合に、お子さんのためにお金を使うことができなくなってしまう可能性もでてきます。

現在の家賃を参考に月々の返済額と借り入れ額

月々の返済額を基準に借入額を決めることをおすすめします。

例えば、現状の家賃が7万円とした場合、月々の住宅ローン返済額を7万円にすると今の家計を崩すことなく生活ができます。

毎月の返済額を7万円にした場合の借入額は2280万円です。(住宅ローン金利1.5%、35年返済、元利均とう、ボーナス時加算なしの条件の場合)条件によっては多少上下しますので、個々で確認をお願いします。

大切なことは、今後必要となる資産、先を見据えて借入額を決めることが大切でしょう。

マイカー資金は?

「車」の購入額は一般的に年収の1/3~1/2といわれています。マイカー購入のローンで必要なことは欲しい車を手に入れることも大切ですが、「もしもの時の万が一」を考えて対応できる額でマイカーローンを組むことも考えておきましょう。

JAバンク「マイカーローン返済シミュレーション」で、例えば、200万円の「車」を5年ローンを組んだとします。その時の月々の返済額は3万5000円くらいになります。

大学までの教育費は?

Bottom banner

子どもの教育費には、幼稚園、小学校、中学校、高校、今では大学に行く子どもも増えています。通学する学校が公立か私立かによって大きく変わってきますが、子ども1人当たり約700〜2000万円程度の金額がかかると言われます。

また、学習塾、部活動、水泳やピアノの習い事、その他に活動費を含めると大きな金額が動きます。子どもが生まれた時。現在子どもがいる方も「教育費用の計画」をしっかりと立てることもとても大切なのでおすすめします。


子どもが生まれた時に「学資保険」へ加入することもおすすめです。教育費用の計画をもとに毎月一定額を支払い、満期になった時に返ってくる保険です。

学資保険へ加入も視野に

年収500万や手取り額に関わらず、子どもが生まれた時に「学資保険」へ加入することをおすすめします。「教育費用の計画」に基づいて毎月一定額を支払い、満期になった時に返ってくる保険です。

あくまでも個人の自由なので強要はしませんので、興味のある方は個々で確認をしてみてください。

手取り年収500万の仕事

手取り年収500万の生活水準はご理解いただけたでしょうか。生活水準を理解するにつれて、手取り年収500万の仕事や、今より年収をアップを目指そうと感じた方も多いのではないでしょうか。ここでは、平均年収が高い企業ランキングをご紹介します。

手取り年収500万の企業ランキング10選

手取り年収500万以上の企業ランキングTOP10は以下のとおりです。

順位企業名平均年収(単位:万円)
1M&Aキャピタルパートナーズ2,253
2GCAサヴィアン2,153
3キーエンス1,688
4朝日放送1,518
5TBSホールディングス1,509
日本テレビホールディングス1,469
7フジ・メディア・ホールディングス1,447
8テレビ朝日ホールディングス1,433
9伊藤忠商事1,395
10日本M&Aセンター1,385

手取り年収500万円を超える業種

年収500万円を越える主な業種は以下のとおりです。

不動産
銀行
総合商社

マスコミ
生保損保
出版

コンサル
製薬メーカー
広告
インターネット関連

となります。これら以外でも、各業界有数シェアを誇る企業であれば、年収500万円になることが多いです。また、外資系企業では、その人の実力次第で年収、給料は変わりますので手取り年収500万以上も可能でしょう。

手取り年収500万円を超える職種

手取り年収500万をこえる職種は、以下のとおりです。

営業職
金融ディーラー

編集職
ディレクター職
士業

金融ディーラー、営業は、売り上げによるインセンティブが高い職種なので成績を出している方、成果を出している方は手取り年収500万以上も多くいます。

また、マスコミ・広告・出版業界では、ディレクター業や編集業でも手取り年収500万円を超える方も多いです。ただし、この業界は長時間の残業代も含まれており長時間残業というのが大前提となるでしょう。

そして、弁護士、公認会計士、医師なども手取り年収500万円を超えることが多い職種です。

転職方法

今より年収アップを目指している方もいることでしょう。そんな方におすすめの転職サービスを紹介します。

年収アップを目指している方は、一つの方法として「キャリアカーバー」や「ビズリーチ」などの高年収求人を中心に扱う転職サービスに登録しておくこともいいでしょう。

キャリアカーバー

キャリアカーバーは「ビズリーチ」に比べると知名度は低いです。ポイントして人材業界最大手の「リクルート」が運営、手がける高年収向けの転職サービスとなります。

ビズリーチ

年収アップを目指している方にまずおすすめなのは、「ビズリーチ」です。

有名なリクナビNEXTやDODAとは少し異なり、ワンランク上やハイクラス向けの会員制の転職サイトです。メインは高年収求人なので、年収500以上、もしくは目指せ1000万円の方に非常におすすめです。(登録すると非公開の求人も閲覧が可能になります)

有名なものの一つに、登録後「職務経歴書」を具体的に記入することで、多くの企業からスカウトが届くこともあります。

未経験者には?

未経験者で手取り年収500万を目指すなら、まずは「リクナビNEXT」や「DODA」がおすすめでしょう。

「未経験者」「手取り年収500万」のキーワードで検索できるので個々で確認して見てください。

女性では?

女性の手取り年収500万への転職方法はどうでしょうか。

今や女性も「結婚や出産をしても長く働き続けたい」、「キャリアアップし稼ぎたい」と考える女性も多いことでしょう。女性のサポートにも手厚く、経験豊富で、良い求人を持つ転職エージェント選びが重要なカギを握ります。

エージェントごとに非公開求人を持っているので、好条件や優良企業と巡り合うには、複数のサービスを活用することが「コツの一つ」です。最低でも3社以上の転職サービスを利用して転職活動をおすすめします。

おすすめ3選は以下のとおりです

3 位 :リクルートエージェント

求人数、知名度とともに高いのが「リクルートエージェント」 です。

ポイント
求人数、質は他の会社と比べると圧倒的です。非公開求人も多いので通常の転職サイトでは、見つけることができない求人もたくさんあります。

2 位 :アイデムスマートエージェント

20代の若い世代を中心に「若手の転職」に力を入れていて強いです。

ポイント
約40年、求人サイト運営をしており、その実績から「他では取り扱っていない質の高い求人を紹介してくれる」と転職業界では高評価を受けています。

1 位 :マイナビエージェント

利用者の「満足度」が最も高い評価があるのは、「マイナビエージェント」です。

ポイント
「質の高い求人をしっかりと紹介してくれる」と口コミ、レビューでも多く書かれています。マイナビエージェントにしかない「独占優良求人」が多いのも魅力と強みです。

手取り500万の割合

国税庁が毎年発表している、民間給与実態調査の国税庁の報告のよると、年収500万〜600万円の男女合計割合は、9.5%となっています。

ちなみに割合を多く締める順番は以下とおりです。
一番多い年収帯が17.3%の300〜400万
2番目は17.3%で200万〜300万
続いて15.2%で100〜200万

という順番です。年収400万以下を合わせると58.2%となり、全体の約6割が年収400万以下となっています。

男女の割合は?

男女別の年収500万円の割合は下記のとおりです。

男性の年収500万〜600万円の割合は、12.8%
女性の年収500万〜600万円の割合は、4.7%


また、手取り年収500万で多い年代は、平均で見ると35歳〜59歳です。

チャレンジとバランスを大切にしましょう!

手取り年収500万についてこの記事で紹介してきましたがいかかでしたでしょうか。手取り年収500万の方は、全体の約10割弱しかいません。

逆を言えばあなた次第で今より年収アップすることも可能ということです。チャレンジしてみたいという方は、自分の可能性を信じてチャレンジしてください。

また、現在年収が500万という方やこれから手取り年収500万になるという方もいます。「今のバランス」と「将来のバランス」も視野にいれて考えておくことも大切でしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人