Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

27歳の貯金額・貯金なしの割合|平均/中央値/夫婦/金額別の割合

27歳の貯金額・貯金なしの割合|平均/中央値/夫婦/金額別の割合

27歳で貯金がどのくらいあればいいのか、27歳で貯金額を増やすにはどうしたらいいのでしょう。また、27歳え貯金が無い場合など状況によってどのような理由があるのか見ていきます。参考にして、コツコツ貯金をしていくようにしましょう。

初回公開日:2018年09月20日

更新日:2018年09月20日

記事に記載されている内容は2018年09月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


27歳貯金はどのくらい必要か

27歳貯金はどのくらい必要になるのかは、個人の考え方にもよりますが、平均して年収くらいの貯金額があれば良いと考えます。毎月決まった貯金額をしっかりためていく事が大切です。計画を立てて貯金していけば良いです。

無理の無いように貯金をしていく事が前提であり、貯金口座と生活費全般の口座を分けておくことをオススメします。現金で貯金してしまうと、いつでも手元に自由に出し入れできるお金があることになります。

手元にあることで、せっかく貯金しているのにすぐに使える状態になってしまいますので、しっかり口座へと移していくようにしましょう。貯めたお金には手を付けないことが、鉄則です。

27歳で貯金額0の場合

27歳で貯金額0の人は、まず将来性がかなり乏しいと周りから判断されてしまいます。もちろん、理由があって貯金が無いと言った場合は特別ですが、理由なくあればあるだけ使ってしまうような人は、浪費人間と判断されます。

貯金がない事は、理由がどうであれかなり評価を下げてしまうことになります。将来のことを少しでも考えるのでしたら今からでも遅くはないので、とにかく毎月決まった金額を貯金していくように習慣づけましょう。

「自分が良ければ」と言う思考では、なかなか貯金はできません。将来のことを見据えて貯金していくようにしましょう。一度将来のことをしっかり計画することで、考え方もかわります。

27歳の貯金額

27歳で貯金はどのくらいが平均額なのか、27歳の一般的な貯金額は、価値観や生活スタイルによって違います。貯金があることで、将来への安心を少しでも手に入れることができます。また、27歳で貯金していることで計画性がある人間だと判断できます。

貯金をするにも、計画性をもって毎月しっかりしていかなければたまりません。27歳であってもコツコツ貯金していく癖をつけましょう。それが自分のためになります。できれば、家計簿のようなものを毎日つけていくことで、無駄使いを無くせます。

必要なものにお金を使う習慣づけも、貯金をしていくにはとても大切な事です。

平均

27歳の平均貯金額は、およそ200万です。その中で27歳男性は、189万です。27歳女性の平均は、138万となっています。27歳男女の平均額は男性の方が少し多いです。27歳の平均額の中の数値には、親からの財産を受け取っている人の金額も含まれています。

27歳の平均値は、あくまで自分だけの稼ぎの平均ではないので参考程度にしておきましょう。自分の年齢が27歳でも平均値より低いとしても気にすることはありません。自分なりの貯金をしていきましょう。

中央値

個々の貯金額を少額から多く順番にしていき、真ん中に出てくる値を中央値のことです。27歳で打ち出される中央値は、平均的な金額よりも確実な数字になります。この中央値を見てみると、平均値よりもかなり低く、27歳では、30万となっています。

平均値からでは、かなり低くなりますが現実的な27歳の貯金額は、この程度の金額です。実際、27歳ではそれほど多くお給料をもらえるわけではありません。27歳で一般的な貯金額が30万というのも納得できます。

収入の違いで貯金額も違ってきますが、節約を徹底してしている人は貯金も多くしている傾向にあります。

27歳の貯金なしの割合

27歳で、貯金がまったくない人の割合はおよそ30~40パーセントです。数値を見ると、思ったよりも少ないと感じます。27歳であっても、多少の貯金をしている人が多いことになります。

いざと言う時に、少しでもお金に余裕があれば対応の仕方も変わりますので、少しずつでも良いので貯金をしていく心構えを持ちましょう。また、無理して貯金してしまうと生活が苦痛になります。

自分の収入でできる範囲で無理のない金額を貯金していくようにしましょう。さらに副業など、時間や体力に余裕があれば、副業で得た収入をすべて貯金に回しても良いでしょう。基本の生活は本業の収入で賄うようにすることで、貯金もたまりやすくなります。

金額別27歳の貯金の割合

金額別27歳の貯金の割合は、貯金をしている人や将来どのくらいお金が必要なのか、さまざまなことが気になりますし、不安になります。ここで金額別27歳の貯金の割合を見ていく事にしましょう。

貯金額はあくまでも一般的な割合ですので、参考にしながら自分にあったやり方をしていくようにしましょう。貯金額が少ないといって焦りは禁物です。少しずつでも「貯めていく」ことが大切です。

Bottom banner

100万

27歳で100万貯めている人の割合は、3割に満たないです。100万に達しそうな金額を貯めている人は、そこそこいると考えますが、社会に出て間もないというのとお給料がそこまで多くないと言ったことが理由に考えられます。

貯金は、生活費など実際かかるお金を計算し無理のないような金額を貯めていくようにすると、長続きします。貯金する癖をつけていくことで、必ず貯蓄額は高くなります。

200万

200万貯めている27歳は、男女ともかなり低いです。男女合わせて200万の貯金をしている人は、何か目的がある場合や計画性をもってしっかり貯金ができる人です。例えば、結婚資金や将来必要となるお金を今から少しでもためていこうと言う人です。

300万

300万貯めてる人は、かなり数値として低くはなりますが27歳という若さでも300万あるのは、親からの支援など多くの理由が含まれます。また、若い世代でも自分で起業し起動になっている場合は、収入も多いと考えられるので貯金額も高くなります。

400万

400万の貯金は、一般的な27歳の収入面から考えるとどうやってためていくのか不思議になります。実家暮らしをしていれば、お金がかかる部分がかなり排除されます。毎月使うと考えられる一人暮らしの出費額を貯金に回すことができます。

700万

親の資産や、援助などで27歳でも貯金が700万あるといったケースがあります。もちろん自身の貯金額もあると考えますが、家庭が裕福な子供は親からの譲受が多くありますので、若くても700万あるケースがあります。

1000万

1000万貯めるのは、容易な事ではありません。割合としては2パーセント未満です。この数値は、自らの稼ぎで貯めたと考えられます。その他、1000万の貯金がある場合は相続などがあります。どちらにしても、若い世代で貯める金額としてはかなりの高額です。

コツコツ節約して、不必要なものにはお金を使わないそして毎月決まった金額を貯金していく事がとても大切です。

27歳の夫婦での貯金

27歳の夫婦での貯金は、独身の場合とは額が高くなります。もちろん、夫婦どちらかが貯金をするといった気持ちが無い場合は、額も少なくなります。夫婦で共働きの場合、男性の収入そして女性の収入で貯金額も違うことや、夫婦でまとめた一定金額を貯金している場合もあります。

個々で収入が違いますが、将来を見据えた場合夫婦でしっかり金額を決めて貯金していくようにしましょう。また、浪費癖がある場合、夫婦間で話し合いをして少しでもためていく気持ちを持つようにしましょう。

27歳でも貯金は持続させよう

若いから、収入が少ないからと言って貯金をしないと言うのはよくありません。少額でも毎月貯めていく事で最終的には貯金額が高くなります。若い時に、働けるうちに貯金をしていけば、将来必ず安心というものが手に入ります。

現時点での収入で、生活に無理のないような貯金の仕方を持続させていきましょう。生活に無理がでてしまうと、貯金もしなくなります。夫婦で貯金をする場合は、二人で話し合って目標を立てることで、継続することができます。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人