Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

給料が安い職業とその理由・転職する方法・デメリット|消防士

給料が安い職業とその理由・転職する方法・デメリット|消防士

たくさんある職業の中で、こんなに安い給料でという職業もあります。給料が安い職業と安い理由とは、どのようなものなのでしょうか。また、転職する際にはどのようにすればいいのでしょうか。さらに、給料が安いことによるデメリットはあるのでしょうか。ぜひ読んでみてください。

初回公開日:2018年08月24日

更新日:2018年08月24日

記事に記載されている内容は2018年08月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


給料が安い職業と安い理由

社会人になると、何らかの形で働かなければいけません。世の中には、多種多様の職業がありますが、給料が安い仕事も多々あります。どのような職業の人が給料が安いのでしょうか。また、その理由はどんなところにあるのでしょうか。順番に解説していきます。

消防士

消防士の給料は安いほうではありません。どちらかと言えば、公務員の中でもいい方です。しかし、夜勤があったり、急な出動があったりで、気持ちの休まる暇がありません。さらに、時間があるときには、厳しい訓練も受けなければならず、場合によっては、現場で命を落としてしまうこともあります。命がけで24時間体制の仕事であると考えれば、消防士の給料は安いです。

保育士

保育士は、小さな子供を預かる仕事です。主に小学校にあがる前の子供がが対象です。子供は、先生の言うことを聞かずに元気にはしゃぎまわります。それに加えて、保育士として、報告書や事務仕事をしなければいけないこともあります。さらに、万が一事故があったときには、保育士の責任になり、信頼を失います。給料自体もかなり安いです。

保育所によっては、給料がいいところもありますが、仕事もきつく責任があり、信頼問題に関わることもあるため、いろいろな意味で給料の安い職業です。

自動車整備士

自動車を整備する自動車整備士は、中学や高校を卒業してすぐ見習いとして働く人が多いため、給料は中卒高卒レベルになるため安いです。しかし、自動車整備士免許は、国家資格ですので、勉強して資格をとってキャリアアップすることで、給料もあがっていきます。また、自動車整備士の専門学校を卒業して働き始めることもできます。

また、自動車を扱う仕事ですから、整備中の事故で命を失う危険もあるため、自動車整備士の給料は安いと言えます。

介護士

ホームヘルパーや介護施設で働く介護士は、時間給で働く人も多いです。もちろん、固定給の人もいますが、24時間体制で介護をする場合もあるため、時間給にするとかなり安くなることもあります。また、仕事内容も力仕事から気配りまでしなければならないため、給料の割にはハードです。

仕事内容がハードなだけではなく、何か事故が起きた場合は、当然介護士の責任になるため、総合的に見て給料の安い仕事だと言えます。

薬剤師

薬剤師の仕事は、給料がいいです。時間給にしてもいい職場が多いです。しかし、薬を扱う仕事ですので、間違えれば命にかかわりますし、信頼も失います。また、薬剤師によっては、派遣やフリーランスで働く人もいます。

給料そのものはいいですが、人の命に関わる仕事という意味では、薬剤師の給料は安いと言えます。

教師

教師の仕事は、授業するだけではなく、事務仕事や課外授業など多岐にわたります。また、中学や高校の部活の顧問になった教師は、休みの日も試合などに行かなければいけないこともあり、休みがありません。ある意味、ブラック企業と言ってもいいくらいの教師の仕事も給料が安いと言えます。

郵便局

郵便局は、基本的に土日祝日はお休みですが、配達などで郵便を届けたりしなければいけませんし、郵便貯金の手続きや切手やはがきの販売など多岐に渡ります。しかし、仕事量が多い割には給料が安い所が多いです。また、地域によっては、郵便局員が少ないところもあるため、その分仕事がハードになります。

作業療法士

作業療法士は、病気や加齢により動けなくなった、または、動きづらくなった人の社会復帰をするためのリハビリや精神的なサポートをする仕事です。基本的な動作の回復をサポートする理学療法士と違い、具体的な動きや行動、場合によっては、リハビリなどを総合的に行うため、かなりの負担があります。作業療法士は、仕事内容の割には、給料が安い仕事だと言えます。

JR東日本

Bottom banner

JR会社は全国にありますが、どの仕事も人を運ぶ仕事ですので、休みがありません。特にJR東日本は、東京も含みますので、かなりの量のお客を運ばなければならないため、他の地域よりも仕事がハードで、その割には給料が安いと言えます。

飲食業

料理を作って提供したり、お酒などを提供する飲食業は、給料が安い仕事です。仕事が厳しく労働時間も長いため、給料が安くても、使う暇がないため結果お金が残ると言う人も多いですが、もともとの時間給や基本給は、その地域の最低賃金に近いところもあります。しかし、人手不足や悪いうわさが広まった店舗などでは、かなりいい給料を出すところもあります。

給料が安いことを理由に転職する方法

給料が安い事を転職理由にするのは、働いている会社に対してイメージが悪くなります。ヘッドハンティングされたなどの理由でしたら、会社も納得するでしょうが、そうでない場合は、退職理由が給料が安いということを言わないようにしましょう。あくまでも、円満退社を行い、悪いイメージがつかないようにしましょう。

また、一般的には、転職を繰り返していると、こらえ性のない人と判断されてしまい、転職する度に、給料が安い職場になってしまうこともあります。現在の給料が安いからと言って、むやみに転職せず、給料が上がるまで続けることも一つの方法です。

かけもちを視野にいれる

給料が安い場合は、かけもちで働くのも一つの方法です。かけもち先の方が給料がいい場合は、現在の職場を退職してもいいですし、時間帯も違うため、そのまま続けてもかまいません。どちらも給料が安い場合であっても、両方の給料を合わせればいい収入になります。

給料が安いデメリット

給料が安い仕事をしていた場合、どのようなデメリットがあるのでしょうか。ここでは、給料が安い職場で働いている場合のデメリットについて解説していきます。

モチベーション

給料が安い職場で働いている場合、モチベーションが下がります。自分が好きな仕事をしていれば、給料が安くてもモチベーションは下がりませんが、好きな仕事をしている人は、ほんの一握りです。大抵の人は、自分の嫌な仕事をしている場合が多いです。嫌な仕事で給料まで安ければ、モチベーションは維持できません。

いざというときに

給料が安い職場で働いている場合、生活がギリギリということも多々あります。人間、いつ何が起こるか分かりません。いざと言うときにまとまったお金がなければ、身動きが取れなくなることもあります。給料が安いと、いざと言うときのための貯蓄をすることもできません。

結婚を意識したときに

結婚をする相手が給料が安いと、冷めてしまうという人もいます。愛はお金じゃないとは言っても、現実問題お金が必要になることもあります。将来を考えている相手がいる人にとっては、給料が安いのはデメリットになります。

遊びたい時など

給料が安いと、遊びに行きたいときや、旅行したいときにお金がない場合があります。できなかったことというのは、ストレスになり、仕事でのモチベーションをさらに下げてしまうこともあります。

しかし、給料が安くても、先に旅行費用を積み立てる、遊ぶためのお金を最初に確保しておくなどの方法でモチベーションを維持する人もおりますので、参考にしましょう。

給料は安いけれども

給料が安く貯金が全くなくても、明るく元気に生活している人はいます。また、給料が安くても、うまくやりくりをして、貯金をしている人もいます。給料が安いというのは、最終的にその人自身の価値観が決めることであり、職業で決めるものではありません。

それでも、給料が安いときに、給料がいい会社に転職することは悪いことではありませんし、自分の可能性という意味では、どんどん挑戦していきましょう。最終的に、給料が安いかどうかは自分自身で決めましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人