Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

平均の基本給・違い・基本給の高い職業・平均昇給額・契約社員

平均の基本給・違い・基本給の高い職業・平均昇給額・契約社員

何かと気になる他の人の平均基本給について、年齢別以外に学歴別、職業別、そして中途採用や契約社員についても調べてみました。どのように人生を歩んでいくと基本給の高い職業に就くことができるのかわかる記事となっているので、一度真剣に考えてみてはいかがでしょう。


平均の基本給の違い

平均の基本給は採用された方法の違いによって異なるのでしょうか。まずはその違いについて見ていきます。

新卒

平均の基本給・違い・基本給の高い職業・平均昇給額・契約社員

新卒の平均基本給は、学歴や就職した時の年齢、職種によって大きく異なります。高卒や短大卒で年齢の若い人の多い保育士で12万円、大学院卒だと一般企業でも22万円というように倍ほど違う事もあります。

平均をみるとそうなりますが、初任給は会社がそれぞれ決めた額でもあるので、募集要項などできちんと確認してから就職採用試験に臨むなど対処することもできます。

中途採用

中途採用だと、新卒と違いどこかで経験のある人材を採用することになるのですが、平均基本給はどうなるのでしょうか。

中途採用では残念ながら既存の社員に比べて月に3万円から4万円ほど給料が低いといわれています。多くの会社では年齢とともに勤続年数に応じて基本給を出しているので、どうしても中途採用は勤続年数が少ないのでそういうことが起こります。

その代わりに能力給で上げていくなど、中途採用ならではの他の会社での経験を活かした活躍ができるようになることが望ましいです。

高卒

高卒の平均基本給は、初任給で16.5万円、5年ほど経った20代後半で19万円弱、30代前半で21万円、30代後半で23万円、と順当に5歳ごとに2万円ほど上がっていくイメージです。

一番ピーク時の50代前半で29万円をピークに、定年前の55歳から59歳で28.4万円となっています。

高卒の平均基本給は年齢と共に上がっては行くものの、ピーク時でも29万円と30万円代に乗ることはなく、なかなか厳しいお給料の額が続いてしまうことが多いことがうかがえます。

短大卒

短大卒の平均基本給は20代前半で16.9万円、20代後半で19.5万円、30代前半で22万円、30代後半で24.5万円と高卒と同じく、急激に上がることはなく、順当に3万円程ずつ上がっていっています。

高卒に比べて5年ごとに上がる額が1万円ほど多いので、ピーク時の50代前半には33万円ほどの基本給になります。定年前の55歳から59歳では32万円ほどの基本給で、その時点でも基本給は30万円を超えています。

1か月で3万円基本給が違うとすると、ボーナスも含めると年間50万円以上違うことがずっと続いていくことになるので、できることなら高卒ではなく、2年間の短大でも卒業しておくと障害の賃金は変わってくるという事を知っておくべきです。

大卒

大卒の平均基本給は、20代前半で18.8万円、20代後半で21.7万円、30代前半で26.5万円、30代後半で31.1万円となっています。

ここまでを見て気づくことは、短大卒に比べて20代前半、20代後半、30代前半では、2万円ほど高い程度の差なのですが、30代後半では大卒はぐっと5万円平均基本給が増えています。

その傾向はその後も続き、40代前半で35.9万円、40代後半で41.5万円、ピークの50代前半では44.5万円となり、いつの間にか短大卒との違いが10万円ほどついてしまい、40万円を大きく超えて来ています。

その後それほど下がらない43万円の基本給で定年を迎えていくのが大学卒業の平均です。高卒と短大卒の違いも結構あると前述しましたが、短大卒と大卒の違いも生涯賃金の違いにすると相当なので、事情が許すのであれば、頑張って大学に合格して通うことは、人生設計において重要だといえます。

大学院卒

大学院卒の20代前半の基本給は22万円、ここは初任給で大学院卒ですと既に24歳程度なので、本当に最初の給料の基本給が22万円程度だといえます。

ここからは今までと明らかにちがうことは、20代後半で大学院卒の平均基本給はいきなり30万円超えの30.3万円となっており、その後も30代前半で37.5万円、30代後半で44万円とその基本給の伸び幅も7万円から8万円と桁違いになっており、30代で大学卒業のピーク時の額を達成します。

その後、40代後半で58.7万円、ピーク時の50代前半で大学卒業の平均基本給に15万円ほどのプラスの実に60万円、50代後半も大して下がることのない59万円という基本給で60歳を迎えています。

大学院卒は基本給が高い

学歴としては一番高い扱いを受ける大学院卒はどのような基本給をたどっていくのか見てきました。理系の大学では大学院に行く人が多く、大学院の学費は簡単に元が取れると言われますがそれは本当です。

大学院卒の2割程度が就職に苦しむという統計もあるので、きちんと就職できる学問なのかということも見極めて、大学院まで通うことは、人生設計において理想的であるという数字が出ています。

年齢別平均の基本給

平均の基本給・違い・基本給の高い職業・平均昇給額・契約社員

平均の基本給は年齢を重ねるにつれ、一般的にはどのように変化して行くのでしょうか。その推移について細かく見て行きましょう。

20代

20代の平均の基本給は、20代前半では、20歳から24歳では、高卒や専門学校、あるいは短大卒で働いていることもあるので、平均基本給は20万4,500円となっています。

20代の後半になると、大学卒業、あるいは大学院卒業で就職している人が加わってくるので、平均基本給は23万7,300円と、3万3,000円ほど上がっています

月に使えるお金が3万円違うと結構ゆとりが出てくるので、学歴や経験による昇給も大きいと言えます。

30代

30代の平均基本給は、30代前半すなわち30歳から34歳でも、20代と比べると増え、27万1,700円となっています。20代後半よりもさらに3万円以上アップしています。このあたりから係長など役職に就く人も出てきます。

30代後半すなわち35歳から39歳になると、憧れの30万円を超えて、30万1,000円となります。基本給で30万円を超えていると結婚していても十分に生活していける金額ではないでしょうか。

40代

Bottom banner
平均の基本給・違い・基本給の高い職業・平均昇給額・契約社員

40代前半すなわち40歳から44歳の平均の基本給は32万8,600円です。33万円近くと35万円が見えてきており、家庭を持って教育費がかかる時期ですが、なんとかやっていけそうな額となっています。

40代後半すなわち45歳から49歳の平均の基本給は、35万7,300円です。35万円も超えてきて、20代前半の平均基本給に15万円ものプラスとなっています。働き出して20年以上経過し、まさに脂ののった時期であることでしょう。

50代

50代前半、すなわち50歳から54歳の平均の基本給は、37万4,800円で、額としては40万円がみえてはきていますが、伸び率としては伸びが低くなっていることがわかります。

そして50代後半、すなわち55歳から59歳の平均の基本給は、20代前半からずっと見てきて初めての減額の36万4,100円となっており、人によっては定年を前にして、第一線から退いて、でもなお安定した給料をもらっている人の割合が増えていることがうかがえます。

平均の基本給が高い職業

平均の基本給が高い職業はどのようなものがあるのでしょうか。いくつか職業をあげて基本給が高いのか低いのか、みていくことにします。

介護

高齢化社会を支えてくれている、今の日本には欠かせない存在の介護福祉士ですが、その平均基本給はどうなのでしょうか。

介護士の平均基本給は、重労働なのに12万円程度から始まり、ピーク時でも24万円程度と一般のサラリーマンよりも低い額になっています。

きつい仕事の割に給料が安いというイメージは本当だと言えます。これからの高齢化社会を考えると、国で待遇を見直していくべきレベルです。

保育士

平均の基本給・違い・基本給の高い職業・平均昇給額・契約社員

子供たちを優しく指導してくれる、子供の憧れの職業の保育士ですが、その基本給はどうなのでしょうか。

保育士の基本給は20代前半で12万円程度から始まり、ピーク時がほかの職業に比べて早い、45歳から54歳までの間で24万円ほどとなっています。

介護士同様、今の少子化の貴重な子供をきちんと育てていくのに、また共働きが一般化している現代日本においてとても重要な役目を負っているのに、一般のサラリーマンより低い平均基本給となっています。

こちらも保育園と幼稚園の統合という流れと共に労働条件改善を必要とされる職業だといえます。

薬剤師

平均の基本給・違い・基本給の高い職業・平均昇給額・契約社員

パート勤務の場合も時給が高く、年収も高いイメージのある薬剤師の平均基本給をみていきます。

薬剤師の平均基本給は、最初から32万円程度とやはり高いです。薬剤師の年齢別の基本給を追っていくと、その幅が広いことがあげられます。初任給でいただける安くない額を確保はできるのですが、人によって伸びていく人と変わらず保っていく人がいるようです。

薬剤師は資格を取るのに大変さやお金を伴う職業ですので、どのように働きたいのかも考えて就職することが大事と言えます。

製造業など

平均の基本給・違い・基本給の高い職業・平均昇給額・契約社員

製造業の一つとして、ビルやマンション、一戸建てを実際に建ててくれる、とび職の平均基本給を見ていきます。

製造業の一つの職業、とび職の平均基本給は、専門職であることもあり、21万円からはじまり、ピーク時で31万円ほどとなっています。

介護や保育に比べると高い平均基本給ですが、危険と隣り合わせということを考えると、決して高い給料ではないともいえます。

基本給からの平均昇給額

平均の基本給・違い・基本給の高い職業・平均昇給額・契約社員

契約社員の基本給平均

基本給の昇給していく額や比率は、一つは最終学歴に大きく影響しています。高卒などでは全世代を通して5年ごとで2万円ずつ程度しか昇給していかないのに対して、大学院卒では最初から3万円程度で、年を重ねるに連れて昇給の幅も増していくという、高卒からは考えられない昇給が見られます。

それぞれの持って生まれた能力や経済事情、勉強の好き嫌いなど色々な要素がありますが、きちんと将来を見据えて学校をどこまでどのようにしていくかを考える必要があります。

契約社員は正社員とは基本給の平均は違うのでしょうか。どのように違うのかについて見て行きましょう

契約社員の基本給

契約社員の基本給は、正社員に比べて63パーセントほどの金額になっているといわれています。具体的には20代前半で17万円ほどで、その後、最初の5年で2万円ほど上がるもののその後はほとんど上がることなく定年まで行ってしまいます。

正社員と違い昇給をしないのです。仕事内容が正社員と同じで上がって行かないのはやはり納得がいかないことなので、仕事内容と基本給にギャップがある場合は、出来るだけどこかで正社員を目指した方が賢明と言えます。

基本給は様々な要素が絡んでいる

平均の基本給・違い・基本給の高い職業・平均昇給額・契約社員

基本給は、学歴、年齢、職業など様々な要因が絡んで、驚くほど人によって異なることがよくわかりました。

長い期間働く間、やはり給料の額というのはとても大切な要素です。なんとなく職業や会社を選ぶのではなく、学生のころから将来設計をして、収入の計画をたてて職業を選んでいく、そのために勉強をしていくというような意識を持つことがとても大切です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related