Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

不動産の志望動機・例文|管理/事務/営業/流通/転職/未経験

不動産の志望動機・例文|管理/事務/営業/流通/転職/未経験

不動産の志望動機・例文とは、どのようなものでしょう。特に管理や事務などの業務内容別で考えると更に難しくなります。そこでこの記事では、不動産の志望動機・例文を管理/事務/営業などの業務内容別にまとめてみたので参考にしてみて下さい。

初回公開日:2018年08月01日

更新日:2018年08月01日

記事に記載されている内容は2018年08月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


業務内容別不動産の志望動機

業務内容別不動産の志望動機は、どのような知識や経験が必要なのかがポイントとなります。それでも、不動産の場合色々な仕事を一人でやることもあるので、積極的に知識を吸収できる姿勢が志望動機で大切になります。

不動産は、他の業種と比較した場合厳しい状況が続いているので、そのような環境の中でどのような志望動機を記載して採用担当者に理解してもらえるかが採用のポイントでしょう。

管理

不動産の管理業務における志望動機の特徴は、管理として全体を見てどのように言動して業務を遂行できるかが大切です。そのため、管理の仕事の一つである賃貸などの管理をしっかりと手を抜くことなく継続して行えることが大切でしょう。

ある意味では、同じような仕事を繰り返すのが管理の仕事でもあるので、志望動機でそのような業務が得意であると記載できれば良いでしょう。

事務

不動産の事務の志望動機は、不動産に関するお金の入力などを任せても問題ないと思ってもらえるような志望動機であると良いでしょう。不動産の事務は、単調な作業をしているように見えますが、実際にはパソコンの入力一つとっても重要な仕事が多いです。

そのため、志望動機でもやる気だけでなくて自分を採用することで不動産の事務としての業務を確実に遂行するといった内容が必要でしょう。

営業

不動産の営業の志望動機としては、体力に自信があることを記載できると良いでしょう。不動産の営業は、色々なところに行って不動産に関する営業をする必要があります。

そのため、一日に何カ所も行って挨拶をしてまわったりするので、体力に自信があると志望動機としては、好印象です。もしも、不動産の営業で体力的に問題があれば一日のスケジュールをこなすことが難しくなります。

流通

不動産の流通における志望動機としては、不動産の流通を理解しているかが大切になります。不動産の流通はさまざまありますが、一つとして賃貸や一軒家の設備などの流通の管理があります。

これは、どのような設備がどのような状況で流通を考えてどのタイミングで新しく買い替えるなどの対応をする業務となります。そのため、不動産の流通の志望動機としては、流通に関してどれだけ興味と知識があるかがポイントとなるでしょう。

してはいけない不動産の志望動機

では、してはいけない不動産の志望動機としては不動産の仕事内容を理解していない状態で志望動機を記載するのはやめましょう。不動産の仕事は会社によっても違うのと少し仕事内容がわかりづらいところがあります。

そのため、あいまいな理解で不動産の志望動機を記載しても採用担当者に理解してもらうことは難しいでしょう。逆にしっかりと不動産の業務内容を理解していれば、採用担当者も好印象となります。

不動産の志望動機

不動産の志望動機としては、なぜ他の業種ではなくて不動産を志望しているのかはっかり言えると良いでしょう。不動産の仕事は、残業が続く時もあれば体力的につらい時もあります。そのため、しっかりとした理由が記載されている志望動機が印象が良いでしょう。

具体的には、「以前からあこがれていた不動産の営業の仕事をしたいと思い志望しました」などがあります。このような内容であれば、採用担当者は面接の時に色々と質問してきてくれるでしょう。

転職

転職における不動産の志望動機としては、前職との関係が一つポイントになります。前職でもしも不動産関係の仕事をしてきたのであれば、その経験を活かして再度不動産で働きたいと志望動機で記載すれば良いでしょう。

それに対して不動産が未経験の場合は、どのような理由で不動産を志望しているのか採用担当者に理解してもらえる内容が大切になります。誰でも思いつくような簡単な内容の志望動機では書類審査を通過することは難しいでしょう。

Bottom banner

転職の志望動機のポイント

転職の不動産の志望動機のポイントとは、今までの自分の経験をどのように活かせるか具体的に記載できることでしょう。例えば、不動産に必要な知識を用いる仕事に前職ついていた人は、「今までの知識と経験を活かして不動産で働きたい」と言えます。

不動産の場合、実は専門的な知識がかなり必要となり、入社後も勉強し続ける姿勢も重要です。そのため、志望動機で一生懸命不動産について勉強して、その知識を用いて不動産の仕事をしたいと記載できれば良いでしょう。

未経験

未経験の場合の不動産の志望動機は、どのような理由で未経験でも不動産の仕事をしたいと思ったのかはっかり志望動機として記載できると良いでしょう。その理由が、前職での仕事をしている時に、不動産に興味をもったなどでも良いです。

自分なりの理由をはっかりとしたものにして、志望動機としてどうアピールできるかがポイントとなってきます。採用担当者は、未経験でも採用する意志はありますが、きびしい不動産の仕事に耐えられるかを志望動機で見てきます。

未経験でもアピールするには

未経験でも志望動機でアピールするには、自分の強みを把握しておくことも大切です。それは、今まで生活してきた中や、仕事でも良いので人には負けないと思えるものが大切です。

その自分にしかない能力を未経験でも不動産の仕事で活かせると記載できれば採用担当者もあなたを認めてくれるでしょう。不動産の志望動機でアピールの力が足りないとどうしても他の人と比較された時に、負けてしまう傾向があるでしょう。

そのような時でも負けない能力を志望動機に記載できれば未経験でも上手に志望動機を書けるでしょう。

新卒

新卒の時の不動産の志望動機としては、学校などで勉強してきたことと不動産が少しでも関係がある場合は、そのことについて志望動機を記載できれば良いでしょう。

まったく学校の勉強の関係ない場合でも、今まで経験してきたことと不動産の仕事を結び付けて志望動機にすることはできます。新卒の場合特に十分に自分を分析してアピールすることがポイントとなりあすが、強調しすぎだと思えるくらいの志望動機で丁度良いでしょう。

不動産の志望動機の例文

不動産の志望動機の例文としては、「御社の不動産を取り扱う会社としての経営方針に感動してぜひ御社で仕事をしたいと思い志望しました」となります。この内容であれば、具体的な会社のどの部分に感動したのか補足説明しても良いでしょう。

志望動機を履歴書に記載するスペースには限りがあるので、簡潔にまとめることも大切です。また、自分の知識や経験が活かせる不動産屋であれば、どのように自分の力を活かせるか記載すると印象が良いです。

不動産の志望動機の悪い例

不動産の志望動機として悪い例は、一度読んでも覚えてもらないようなインパクトに欠ける内容は良くないでしょう。不動産は物件をアピールすることが仕事でもあるので、自分を志望動機でアピールできない人は、あまり印象が良くないです。

その会社についてできる限り調べたら自分をアピールするために何を記載すれば良いのか考えることで、よい志望動機が記載できるでしょう。そのためには情報収集が必要で、ネットだけではなくて必要であれば、電話をして情報収集することも良いでしょう。

採用担当者から見た好印象な志望動機

採用担当者から見た好印象な志望動機とは、不動産の仕事をよく理解していることでしょう。不動産の仕事は常に厳しい状況の中で結果を出していく必要があります。

そのような環境に耐えることのできる忍耐力などが志望動機を通して伝わってくると採用担当者もあなたのことを認めてくれるでしょう。言い換えると、採用担当者が必要としている人物像が理解できれば、複数の不動産の会社から内定を取ることも可能でしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人