Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

企業の福利厚生の種類一覧・保険の種類|手当/休暇/正社員

企業の福利厚生の種類一覧・保険の種類|手当/休暇/正社員

福利厚生の概念を一言で表すと、「企業が従業員に頑張ってもらうために用意する、給料以外のサービス」であると言えます。少子高齢化によって労働人口が減少していく中で、優秀な人材を確保するための手段として、福利厚生の整備を検討する企業も増えてきています。


企業の福利厚生の種類を一覧にした場合

一人の人が長く会社や職場で仕事をしていく為には、福利厚生の種類が整っていないと、長く勤める事が出来ません。健康に関する事や家族が増える事でも福利厚生を受けられるので、基本的な生活を送る為の手当や保険、年金は重要になってきます。

社員が受ける福利厚生の種類は、主に各種手当や年金、保険等に分かれており、通常の生活を営む為には必要な福利厚生ばかりです。

各種手当で考えた場合

会社で働く場合は、働く人の環境が変わる事を踏まえて福利厚生の種類も豊富です。本人がもらう手当にも結婚の際に支払われる手当と、子供の出産の際払われるものや、住宅手当等もあります。

また会社の役員となれば、役員手当等があり、会社で仕事を頑張った分恩給がでることになっている会社が多いです。各種手当が揃っていないと福利厚生が整っているとは言えません。そのため家族を守る為にも、きちんとした保障等が必要になってくるでしょう。

休暇で考えた場合

育児休暇や有給、夏休み、年末年始の休みなども福利厚生で考えた場合、立派な保障となります。出産の際の休暇や病気の際の休暇があるかどうかで、その企業の価値や社員を大切にしているかが分かるので、休暇を含めた、たくさんの種類の福利厚生を整える必要があります。

社員が健康に有意義に働く為には、休暇がきちんと取れないととても良い仕事はできません。その点から考えても、福利厚生の種類が多くないと会社の規模を大きくする事は難しくなるでしょう。

厚生年金などの加入等

ある程度の時間企業に勤めれば、義務的に厚生年金に入る必要があります。小さな企業や、個人事業主として仕事をしている場合は厚生年金等に入れないので、会社員として働いている人の特権になっています。

厚生年金と国民年金に加入できるので、自営業の人よりは老後の不安がなくなります。本人が受ける福利厚生にもさまざまな種類がありますが、厚生年金に入れるのかどうかでその後の人生がずいぶん変わってくるでしょう。

健康保険などの福利厚生

健康保険は病院に掛かる為の保険証などの発行をするだけなので、種類としては一つしかないです。配偶者や子供の健康を守る為にもなるので、健康保険があるかないかでずいぶん生活が変わります。健康保険を実費で払うのはかなり厳しいので企業に入って健康保険に入る必要があります。

福利厚生のさまざまな種類がありますが、企業で長く働く為に保障されている事が多いので、いかに健康に重きを置いているのかが分かるでしょう。

福利厚生施設等を利用する場合

大手企業ならば、社員が定年を迎えてから使える保養所などがあります。社員として仕事していた場合、比較的安い料金で利用できて、清潔で広い施設が多いので、大手企業に勤めている場合は老後の過ごし方まで考えてもらえます。

福利厚生もさまざまな種類がありますが、保養所などの施設がある会社はなかなかないので、それらの施設が利用できる場合は、かなり福利厚生が整っていると言えるでしょう。

福利厚生の保険の種類って何があるの?

福利厚生でも保険の種類が揃っていなければ、かなり不安な働き方をしなければいけなくなります。本人が加入できる保険には失業保険、労災保険などがあり、最近ではアルバイトや契約社員でも加入できるので、自分が加入対象かどうかを聞いてみましょう。

保険の種類としては、大きく2つに分かれますが、最低限労災保険には加入して仕事をする事が必要になってきます。

失業保険で考えた場合

失業した際に支払われる保険となります。自分が失業した場合、国から保障されるので3ヶ月なり6ヶ月は給料の6割の金額が支払われ、失業保険をもらっている場合、仕事が決まってしまえばその時点で支給停止となります。

アルバイトをしても停止されるので、職安などにアルバイトをしていても構わないか確かめましょう。福利厚生の保険の種類は、それほど多くありません。

労災保険で考えた場合

社員が加入する労災保険とは、仕事中に怪我をした際に支払われる保険となり、肉体労働の場合でも、デスクワークの人でも加入する必要があります。またデスクワークの人でも怪我をする事があるので、会社側はなるべく加入させます。

福利厚生の保険の種類は、少ないですがそのほとんどがアクシデントが起きた際の保障となっており、アルバイトでも加入しやすいというメリットがあるので、仕事をしていく上では欠かせない保険となっています。

雇用形態別に見た福利厚生の種類とは?

Bottom banner

雇用形態別に見た場合、福利厚生の種類が変わったり、受ける保障等も変わってきます。また非正規雇用などでは、手当の金額が少なかったりするので、多くの種類の福利厚生を受けられる職場を選ぶ必要があります。

働く人の勤務時間などでも、福利厚生を受けられる種類も変わってくるので、勤務時間を増やしたりして出来るだけ多くの手当や保障を受けておく必要があるでしょう。

正社員の場合

大手企業の正社員の場合は、福利厚生が整っており、豊富な種類の保障や手当を受ける事が出来ます。大手企業でなくても、福利厚生が整っている企業もあるので、一人ひとりの社員を大切にする企業を選ぶ必要があるでしょう。

正社員として働く人は、厚生年金や失業保険、労災保険はもちろん、健康保険や家族の為の手当等が充実しており、非正規雇用や中小企業では太刀打ちできないほどしっかりしている会社が多いです。

アウトソーシングとして仕事をしている場合

アウトソーシング、いわゆる派遣社員として働いている場合は、もし手当が支給されても金額が少なかったり、厚生年金や健康保険などが完備されていない事もあるので、勤務内容や勤務時間に応じた待遇がなされない場合は、会社に掛け合ってみましょう。

雇用形態自体が不安定なものだとなかなか企業側も、多くの福利厚生を付けられません。今の働き方で大丈夫なのかをもう一度確認して、多くの種類の福利厚生が受けられる雇用形態に変える必要があります。

中小企業で仕事をしている場合

中小企業に入社しても、なかなか健康保険に加入できなかったり、手当自体が整っていない事もあります。入社する時点で福利厚生の種類や手当はどの程度支払われるのかを確かめておきましょう。

中小企業で勤める人の中には、退職金も支給されないこともあるので、福利厚生をきちんと受けられて、経営が安定している会社を選ぶ事も必要になってくるでしょう。

多くの福利厚生の種類を揃えている企業で仕事をする

本人に家族がいる場合や、年齢が高い人はもちろん若い人も福利厚生をきちんと受けられる会社を選ぶ必要があります。働く人すべてが大手企業に入社することは難しいので、小さな会社でも一人ひとりの社員を大切にするような職場を選びましょう。

本人が仕事をする為に支障が出ない程度の福利厚生を受けることができれば、それほど多くの保険や手当は必要ないです。しかし出来るだけ手当や保険が整った会社で仕事をする必要があります。

非正規雇用として働く場合は福利厚生の確認をしよう

2000年から増えてきた非正規雇用という働き方ですが、給料の面で正社員と差があるのはもちろん、退職金がなかったり、福利厚生の種類が極端に少なかったりします。

アルバイトや派遣社員、契約社員として仕事をする場合は、入社する際にどのような福利厚生があるのかを確かめて入社しましょう。本人が面接で質問をして、福利厚生などの疑問点を解消して、働くことが必要になってきます。

福利厚生は働く上での自己防衛となる

仕事をする人にとって福利厚生はセーフティーネットとなるので、企業側がどのような福利厚生をしているのかを明確にしておきましょう。

仕事をしていけば、さまざまな困難に遭遇します。その際に困らないように福利厚生があるので手当の金額や保険の種類等を聞いておく必要があります。

長く働く為にも基本的な福利厚生を受けよう!

選んだ会社の福利厚生がしっかりしていないこともあるので、その場合は会社に掛け合ったり、転職を選んだりして老後や家族が困らないようにする事も必要になってきます。

本人が非正規雇用として働く場合でも、基本的な福利厚生が整っている会社が多いので、自分の生活を自己防衛するつもりで、最低限の手当や保険を受けられるようにしておきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related