Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

歩合制の待遇・仕事の種類一覧|立場別/特徴別/最低賃金/有給

歩合制の待遇・仕事の種類一覧|立場別/特徴別/最低賃金/有給

歩合制の給料は、原則として、「基本給+歩合給」「完全歩合制」「歩合制積み立て」の3種類の給料形態になります。固定給と比べて安定感がない代わりに人より多くの給料を得ることが可能です。この記事では、歩合制について詳しく解説しています。

初回公開日:2018年08月07日

更新日:2018年08月07日

記事に記載されている内容は2018年08月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


立場別歩合制の待遇

「歩合制」とは、本人の実績によって貰える給料が変わる「成果報酬型」の給与制度です。つまり、業績がよければ給料が上がり、成果がないと給与が下がることになるため、成果を上げることができなければ生活が不安定になってしまいます。

その他にも「完全歩合制」「固定給+歩合給」という給料形態もあります。 前者は、あらかじめ決まっている固定給に加え、成績が良い場合+αで給与が支払われる仕組みです。後者は、給与が自分の業績によって決まるため、仕事の成果がなければ給料がゼロになる可能性もあります。

歩合制の仕事にもこれら3つの待遇で給料が決まりますが、「バイト」の場合はどうなるのでしょうか、解説していきます。

バイト

バイトにも歩合制の仕事があり、実績を上げることで収入が上がります。具体例を示してみましょう。ゆうパックの配送ドライバーは、配送した数や集荷した数によって給料が上がります。ですので、規定の日数出勤しなくても、目標の金額に達成することもできます。

バイトは時給で働くことが多いですが、時給が低すぎて働いても給料に不満が残る方もいます。そういった方は、歩合制のバイトをしてみてはいかがでしょうか。

歩合制の仕事の種類一覧

歩合制の仕事は、一般のサラリーマンとは違って、会社の外で働くスタイルが多くなります。ですので、働く時間を比較的自由に調整することができます。

では、歩合制の仕事である「営業」「不動産」「保険」「車」「美容」「人材派遣会社」「タクシードライバー」「フリーランスのクリエイター」の業種の働き方について解説していきます。

営業

歩合制の仕事である営業は、自分で足を運んだりコミュニケーションを取ることで契約をとります。この契約の数や規模によって給料が大きく変わります。自分の実力次第では年収1,000万円以上得ることが可能でもある職業です。

したがって、営業の際のコミュニケーションスキル・プレゼン能力などが必要であり、これらの能力が高ければ高いほど契約の可能性が高まり、必然的に給料も上がります。

不動産

歩合制の仕事である不動産は、一度の契約で大きな金額が動く代表的な業界です。大きな金額が動くため、たった1つの契約が不動産会社に大きな利益を生み出します。よって、社員のやる気を重視した人材を採用している企業が多いです。

しかし、大きな金額が動く分売ることがかなり難しいです。人並み以上の営業努力が必要となるため、忍耐や体力がいる仕事といえます。

保険

歩合制の仕事である保険に関しても、不動産と同じように1つの契約で大きな利益を生み出すことができます。したがって、歩合給を採用している企業がとても多いです。

しかし、保険の仕事で契約を取ることは楽ではありません。保険の知識はもちろん、身近な商品やさまざまな商品知識をインプットした上で顧客にわかりやすく説明し提案必要があるため、難易度がとても高い仕事です。

ですので、しっかりとして営業努力によって顧客からの信頼を得ることができれば、契約した顧客から別の顧客を紹介してもらえるなどといった、横のつながりができるため次の仕事の契約に持ち込みやすくなります。

歩合制の仕事である車関係は、営業に加えて販売の仕事もしなれけばなりません。さらに、1日1契約などといった厳しいノルマが課せられているところも多く、長時間電話をかけるなどの努力をしている社員も多いです。

車以外にも商品を扱うことがありますが、1つ1つが高額であるがゆえ売りにくいため、売れば売るほど給料が上がります。さらに、商品の価格が上がれば上がるほど歩合給の給料も高くなる傾向があります。

美容

歩合給の仕事である美容関係は、個人経営のところが多いため歩合制を取り入れています。代表的なところで言うと、美容院やネイリストが挙げられます。これらの職種は、個人の実力によって顧客がどのくらい来店してくれたりリピートしてくれるか変わってくるため売上に大きく影響します。

したがって、経営の仕方によっては大きな利益を生み出すことも可能です。例えば、指名制を導入しているお店やおしゃれな外観に気を使うことなどによって多くの顧客を獲得することができ、大きく稼ぐことが可能です。

人材派遣会社

歩合制の仕事である人材派遣会社は、自分が担当した人材が派遣先で働くことが成果になります。ですので、担当した人材が派遣先で働いている限り歩合給が支給され続けるという仕組みになっています。

派遣先の企業との関係がうまくいけばいくほど長く働いてくれるため、その分自分も歩合給でしっかり稼ぐことができます。

タクシードライバー

歩合制の仕事であるタクシードライバーは、ほとんどの場合で歩合制が採用されています。唯一他の歩合制の仕事と異なる点があり、「基本給+歩合制」「完全歩合制」「歩合制の積み立て」という3種類の給料形態が存在します。

初めのうちは、基本給+歩合制の給料で働くことが多いですが、少しづつ実績を上げていくことで完全歩合制・歩合制積み立てといった給料形態に変更していきます。

フリーランスのクリエイター

歩合制の仕事であるフリーランスのクリエイターは、個人で仕事をすることが多いため完全歩合制です。働き方の多くは、非常勤で企業のメンテナンスを担当したり、在宅で担当したりとこれまでの仕事よりも時間を自由に使うことができます。

ですが、フリーランスと言う職種は初めのうちはなかなか仕事をすることができず給料が全くないという状況になることもあります。ですので、かなりの勇気と覚悟が必要な仕事です。

歩合制の待遇はどうなってるの?

Bottom banner

歩合制は先にも既述したように、自分の成果によって給料をもらえるため、働けば働くほど給料が上がっていきます。ですが、成果を上げることができなければ給料がなくなるためゼロに近い金額になってしまうこともあります。

このようなケースになった場合は、給料がほとんどありませんが、固定給では適応されている「最低賃金」「残業」「有給」はどのようになっているのでしょうか、解説してきます。

最低賃金は定められています

歩合制の最低賃金はあまりイメージがありませんが、労働基準法によって最低賃金が定められています。労働基準法によると、「歩合給÷歩合給制により労働した当該賃金計算期間の総労働時間数≧最低賃金額(時間額)」という計算式によって最低賃金が支給されます。

加えて、労働基準法によって保障給についても定められています。つまり、最低賃金+保障給が支給されるため、最低限の生活ができます。

残業代ももらえます

歩合制の残業代に関しても労働基準法によって定められており、残業代×時間外労働時間で計算することができます。具体的な数字で示してみましょう。

・労働時間:10時間
・歩合給:1万円
・通常の労働時間の賃金の時間単価:1万円/10時間=1,000円
・割増賃金(残業代)、(時間外労働が3時間):1,000円×0.25×3時間=750円
・1日の賃金の総額:1万円+750円=10,750円

以上の計算式から、残業代を合わせて10,750円になります。

有給休暇の取得は労働契約により異なります

歩合制の有給休暇に関してですが、まず、歩合制の契約について解説していかなければなりません。歩合制は、一般的な雇用契約ではなく請負契約をしています。この請負契約は、当事者が一定の仕事を完成したときの成果に対して報酬を支払う契約です。

請負契約で報酬をもらう場合、雇用契約でないため有給休暇はありません。ただし、雇用契約として歩合給を採用している場合は有給休暇は取得可能です。有給休暇中の賃金の計算は複雑ですので、気になる場合は雇用者に相談してみましょう。

特徴別歩合制の仕事にはどんなものがある?

歩合制の仕事には、先にも既述したように、「基本給+歩合給」「完全歩合制」「歩合制積み立て」の3種類の給料形態があります。一般的な歩合給の仕事は、基本給+歩合給か完全歩合制が基本の給料形態ですが、タクシードライバーに関しては給料形態が多数あります。

いずれの給料形態にしても、実績などによって給料が大きく変化します。では、歩合制の中でも大きく稼ぐことができる仕事はどのような職種なのでしょうか。

稼げる歩合制の仕事は?

歩合制の仕事の中でも「不動産」の仕事が一番稼げます。不動産は、他の商品と比べて、一度購入されればすぐに手放すこともありません。加えて、マンションなどの仲介業を数多くこなすことで仲介手数料をたくさん得ることができます。

その他にも、土地の売買・土地の活用・投資用の不動産の販売などによって大きな利益を上げることができるので一般のサラリーマンよりも大きく稼ぐことが可能です。

歩合制のメリット

歩合制のメリットは、成果が給料に直結するため、自分の実力次第で一般のサラリーマンの倍以上の給料を得ることが可能です。加えて、一定の給料ではないため自分の給料を上げるためにモチベーションが高くなり、必然的に自分の仕事のクオリティーも上がります。

歩合制は、自分の実力が給料に反映するため年齢関係なく給料を上げることができます。さらに、詳細に解説するべく、「頑張った分だけ給料アップ」「モチベーション高まる」労働時間の裁量が大きい」という点について記述していきます。

頑張った分だけ給料がアップする

歩合制のメリットは、頑張った分だけ給料が上がるという点です。固定給の場合は、給料が一定のため、成果を上げたとしても給料が上がることはありません。

しかし、歩合給のは成果を出せば出すほど給料が上がるため、モチベーションを保つことができます。これらは非常にとても大きなメリットです。

モチベーションが高まる

歩合制のメリットとして挙げられるのは、成果が出た分だけ給料に反映されるため、モチベーションが高まりやすいという点です。特に、自分のモチベーションによって給料が前後するため、頑張って働こうという意欲がわきます。たくさん稼ぎたいという方にはぴったりです。

加えて、モチベーションが高まると仕事のクオリティが上がりやすい傾向にあるため、必然的に給料アップを狙うことができます。

労働時間の裁量が大きい

歩合制のメリットとして挙げられるのは、労働時間の裁量が大きいという点です。言い換えると、成果によって給料が上がるため、自分に合った友好的な時間の使い方ができます。加えて、固定給の場合、会社の拘束時間がありますが、歩合給の場合、拘束時間が少ないため、効率的な時間の使い方ができます。

したがって、毎日出勤するのではなく、月に数回出勤するだけであとは直接仕事をとりにいくという働き方になることが多いです。加えて、そのまま家に帰るケースが多くなります。会社に出社して時間に縛られる働き方が嫌な方にはぴったりな働き方です。

歩合制のデメリット

歩合制のデメリットは、自分で仕事を取ってきて自分で交渉を重ねるため、必然的に長時間労働になりやすいという点です。したがって、会社へ出勤する必要がないかわりに、不規則労働になりやすいです。

また、固定給よりも競争が激しく成果が出なければ給料が少なくなり生活が不安定になってしまいます。このように、歩合制はハイリスクハイリターンの働き方になります。「給料が不安定」「ハードワークになりやすい」という2点について詳しく解説していきます。

給料が不安定

歩合制のデメリットは、固定給ではないためまず初めに何と言っても給料が不安定になってしまうという点が挙げられます。ですので、成果を上げることができなければ給料がかなり減ってしまうリスクもあります。

自分の力に自信がある方は歩合制でバリバリ働くことができますが、自信がない方は歩合制によって給料の増減が大きくなってしまい生活バランスが不安定になる可能性もあります。

ハードワークになりやすい

歩合制のデメリットとして挙げられるのは、働いた分だけ給料が上がるのでハードワークになりやすいということです。歩合給は、自分で時間を調整しながら働くことができる反面、働き過ぎてしまうという欠点があります。

したがって、自分のスケジュール管理ができる人が歩合制で働くうえでは必要になります。逆に、しっかり管理できないタイプの方は、歩合給の仕事で働くときに体調を崩しやすいので注意が必要です。

歩合制は実力のある人が稼ぎやすい!

歩合制は、自分の実力や業績、契約数によって給料が大きく変化します。固定給ではないため、手柄を上げれば上げるほど給料がそれに応じてアップします。

歩合給には、基本給+歩合給・完全歩合制・歩合制積み立ての3種類の給料形態が原則になります。一般的な歩合制の仕事は、基本給+歩合給や完全歩合制の場合が多いですが、タクシードライバーなどのような変わった給料形態も存在します。

固定給と違って成果を上げなければならないため、プレッシャーがかかる分、成果を上げれば上げるほど給料が上がるためモチベーションも高まりやすいです。自分の腕に自信がある方は、ぜひ歩合制の仕事をしてみてはいかがでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人