Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

欠勤控除の計算方法・手当はつくのか・有給を使った場合・仕訳

欠勤控除の計算方法・手当はつくのか・有給を使った場合・仕訳

今回は「欠勤控除の計算方法・手当はつくのか・有給を使った場合・仕訳」と題して、「欠勤控除の計算方法・手当はつくのか・有給を使った場合」についての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で使われる「欠勤控除」の用例をご紹介します。

初回公開日:2018年08月11日

更新日:2018年08月11日

記事に記載されている内容は2018年08月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


欠勤控除とは

「欠勤控除」という言葉を皆さんは聞いたことがあるでしょうか。この欠勤控除というのはどの会社でも採用している「働いた分だけの賃金を労働者に割り当てる」といった労働システムを言うもので、特に給料体制をそのまま反映した給与体勢のことを指します。

つまり、「働いた分の給料を払うけれども、働かなかった分の給料は払わない」といった当然の労働環境・労働システムをそのまま言い当てた言葉であり、すべての労働者に関係する給与システムとなります。

固定された月給が欠勤控除の指標

どの会社でも雇用契約を結んだ時点で、その被雇用者に分配する月額の固定報酬というのは決まります。この月額の固定報酬を1つの指標にして欠勤控除の算定方法は決められ、固定労働日数のうちから「働かなかった日数・時間分」をその控除額の対象とします。

遅刻した時間分も欠勤控除の対象

先述でご紹介しましたように、欠勤控除というのは「固定報酬の月額から働かなかった分の賃金を控除するシステム」を指すため、まず個別の労働者によって「その月ごとの労働日数」を算出することから欠勤控除の算定方法が始まります。

たとえばひと月に「25日」の労働日数が所定とされる場合、そのひと月分の固定報酬が25万円であるとします。その場合、「25日を25万円で割った数が1万円」となるため、「1日休んだ場合の欠勤控除額」は「1万円」となります。

遅刻に相当する時間は会社によって違う

先述しました欠勤控除の算定方法についてですが、この欠勤控除を算出する際の基準となる「遅刻時間・欠勤日数」の算定方法は会社によって違ってきます。たとえば、「15分単位」で給与の割り当てがなされている会社もあれば、「1時間単位」で給与の割り当てがなされている場合もあり、さらには「1日(日当支払い)」の会社も当然あります。

このように、遅刻分の欠勤控除を算出する場合にはまず、「それぞれの会社で固定・採用している遅刻に相当する時間分の欠勤控除の算出」が基本となるため、それぞれの会社で採用している労働環境・シフト環境を把握しておく必要が出てきます。

欠勤控除の計算方法

欠勤控除の計算方法についてですが、一般的にその算出方法は「月給額/年平均の月所定労働日数×欠勤日数」という形で割り出されます。これは先述しましたように、「その月ごとで割り当てられている固定報酬から欠勤分の給与を控除した分(取り除いた・差し引いた分)の給与算定」を指すため、すべての労働者にとって関係する算定方法となります。

その月の労働日数で割る方法

先述でも少し触れましたが、たとえば日当支払いで働く場合には「その日の何時間を労働に当てたか」という、「その日一日分での給与システムの把握」が必要となります。この場合は「月ごとの固定報酬」ではなく、その計算母体は「その日一日」となるため、「一日ごとの平均固定報酬」をまず算出しておき、その金額で欠勤控除額が算定されます。

基本給のみの算定方式

これは会社によって欠勤控除の算出法が違うように、主に欠勤控除の対象(欠勤控除を算出するための指標)を基本給のみとする場合や、その基本給に諸手当額を加味する算出法の2種類が主に取られる場合を指します。

この基本給のみの算定方法による場合は、その他の保険などの手当て分の給与が加味されない分、すぐに欠勤控除額が算出されることとなり、その分「早期にその月分の給与」が算出される形となるでしょう。

基本給と諸手当を足す算定方法

先述とは逆の欠勤控除の算定法となりますが、会社によっては「基本給に諸手当分の金額を加算した上で欠勤控除額が算定する方法」を取る場合があります。一般的には「欠勤控除の算定方法は、一年間の月平均労働日数を対象にした上で、そのうちの欠勤日数を1とする方法」が取られています。

上記を踏まえた上で、この場合でも時間外労働などの手当分の給与額は「個別で加算されること」が原則的に決められているため、年間所得・年間労働日数による給与の累算方式においても「諸手当分の金額」は個別で欠勤控除に加算される形となります。

欠勤控除の算出方法は会社によって違う

まず覚えておきたいのが、「会社の運営管理方針によって欠勤控除の算定方法が違う」という点です。このように、会社個別で「欠勤控除の算定方法」が違ってくることを念頭に置く上では、一概に「どの会社に入社しても、欠勤控除の算出方法は同じ」とは言えず、具体的な欠勤控除額は大きく違ってくる場合があります。

欠勤控除の手当はつくのか

欠勤控除の手当はつくのかどうかについてですが、これは結論から言えば「手当は付く」となります。しかしこの場合、欠勤理由によってその手当の有無は大きく変わり、正当な理由でない限りは手当の対象とはなりません。

つまり、わかりやすい例では「遊びに行く」や「寝坊」などのきわめて私的理由によっては手当を受けられず、冠婚葬祭や傷病などといった「どうしても休まなくてはならなかった理由」にのみ手当が付けられます。この場合の欠勤控除としては、傷病手当や助成金の分類で手当を受けることができます。

傷病手当金

傷病手当金というのは基本的に「病気やケガによって会社を休んでしまった場合」をはじめ、通勤途中で事故に遭った場合などに、会社にどうしても行けなくなった場合に支払われる手当金のことを指します。この傷病手当金を受ける場合は、先述の欠勤控除とは関係なく手当金を受けることができ、月ごとの固定報酬から控除・減額されることはありません。

就業規則

就業規則というのは一般的に「それぞれの会社で規定されている労働方針に沿う上で、一般社会において規定されている労働基準法に則った上で就業しなければならない」という、社会において働くすべての人に課される規則のことを指します。

よく問題としてあげられるのが、「この就業規則に則った上で働く際に、遅刻した分の欠勤控除をどのように考えるか」というポイントであり、会社によって「遅刻時間の割り当てがまちまちであること」を踏まえた上で、一般的に規定することができない「遅刻時の欠勤控除」における給与の減額についてとなります。

管理監督者

Bottom banner

次に、管理監督者と欠勤控除の関係性についてですが、基本的に管理監督者に割り当てられる給与は「年俸制」であることが事実としてあるため、その日一日を欠勤した場合には「年間所得を月給の母体」として欠勤控除が算出される方法が取られます。

つまり、一般の社員であれば「月ごとの固定所得単位を1として考えた上で、その母体から欠勤日数分(欠勤時間分)の減額が対象となるけれども、管理監督者の場合は年間所得単位に置き換えた上で、その年俸から欠勤控除額がそのまま算定される」という方式になります。

有給を使った場合の欠勤控除

有給を使った場合の欠勤控除についてですが、基本的に「有給を使用した場合には欠勤と見なされることはなく、必ずその日一日分の60%分の給与は割り当てられる」という算定方式となります。

しかし、この有給を利用した上でなお欠勤控除が課される場合も実際にはあり、その場合は「職務怠慢がうかがわれる場合や、あらかじめ有給申請をしていないのにそれを有給として消化しようとする場合」など、これらの場合は有給を利用したとしても欠勤控除の対象となる場合があります。

欠勤控除の仕訳

欠勤控除の仕訳についてのご紹介ですが、基本的に欠勤控除がなされる場合の指標となるのは「基本給」、「勘定科目」、「手当金額」、「年間所得」、「その月ごとの平均固定労働日数」などになります。

これらの各項目をそれぞれ算定した上で「社員個別の労働日数(実時間での労働日数)と欠勤日数・時間数」が算定され、その上で欠勤控除額が算出される形となります。

欠勤控除は所得税はかかるのか

「欠勤控除に所得税はかかるのか」についてですが、これはそもそも雇用保険料をまず把握した上での控除額推定となるため、もともと所得税が基本給からは除外されている金額となり、欠勤控除額の対象とはなりません。

つまり、欠勤控除額が算定される場合には、「その月ごとの実時間における労働日数」が基準となるため、初めから基本給から除外されている所得税をその欠勤控除額の範囲内にすることはできません。

欠勤控除はその月の所定労働日数が基準

先述してきましたように、欠勤控除というのは「社員個別の月ごとの平均固定労働日数を母体とし、その労働日数によって得られる本来の基本給から控除分を除外する方式をとって算出される金額」となります。

そのため、上記を踏まえた上で欠勤控除の算定方式は「どの場合においても、労働者個別のその月単位での労働日数の割り出し」がまず必要となり、その上で「その月単位において働いていない分の給与分」を引く形となります。

月給額を該当月で割った場合の欠勤控除

基本的に欠勤控除の算定方法では、先述しました「月給額/年平均の月所定労働日数×欠勤日数」の他にも、「月給額/年平均の歴日数×欠勤日数」や「月給額/該当月の歴日数×欠勤日数」などの算定方式が採用されます。

これらの算定方式を採用する場合でも、それぞれの会社で取られている「遅刻時間の規定」がどのように決められているかをまず確認する必用があり、その上で正確な欠勤控除額を算出することが義務付けられます。

欠勤控除の端数は切り捨ての対処

欠勤控除額を算出する際に、基本給の金額数値を労働日数分で割った際に「余った数」が算出される場合があります。この場合はその「余った数」を「除数」として切り捨てる形を取り、欠勤控除額のうちには含めない方式が一般的に取られます。

欠勤控除は「働いた日数」が焦点となる

先述してきましたように、まず欠勤控除を算出する場合は「その月に働いた日数(実労働時間)」の割り出しが必要となり、その「実労働時間」を分母として「欠勤した日数(働かなかった日数)」を時間単位で差し引く方法が取られます。

この場合に「15分単位で遅刻とする場合」や「1時間の遅れで遅刻とする場合」、または「分単位・一日単位で遅刻を累算する方式」が取られている場合なども会社によって違うため、それぞれの会社で採用している遅刻の規定基準をしっかり把握することが大切になってきます。

ノーワークにはノーペイの原則が基準

「ノーワークにはノーペイの原則が労働の基準」という言葉はどの会社でも、またどんな労働分野でも掲げられているキーワードのようにしてありますが、欠勤控除を算出する場合でもこの「ノーワーク・ノーペイ」の原則基準に沿う形で控除額の割り当てが決定されます。

きわめて基本的な内容ですが、「働かなかった時間分を日給・月給・年給から差し引く」という形で「欠勤控除額の算定」が決まるというものであり、この「働かなかった日数・時間数」を的確に割り出すことがどの会社においても求められる指標となります。

「欠勤控除」の英語表記と意味

「欠勤控除」という言葉を英語に直す場合、基本的には「absenteeism deduction」という熟語で表記されます。他にも「欠勤」や「控除」について、いろいろな単語で示されます。

・absence(欠勤、不在、欠席)
・non-attendance(欠席、留守、欠勤)
・deficiency(欠乏、欠席、不在)
・being away from home(留守、不在)
・lack(欠乏、○○がない、不在)
・shortage(不足、欠乏、欠席)
・deduction(控除、差し引き、天引き)
・subsidy(控除、天引き、減額)
・inference(推論、差し引き、演繹法)
・recoupment(控除、報酬)

「欠勤控除」の英語表現と意味(1)

先でご紹介しました「欠勤控除」の英語表記を参考にして、「欠勤控除」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。

・The calculation method of absenteeism deduction is "maternal real-time work" as a base for that criterion.
「欠勤控除の算出法は、その基準として「毎月の実時間労働」が母体となります。」
・Since the subject of absenteeism deduction and income tax is different, the amount of deduction for that case will be calculated separately.
「欠勤控除と所得税の対象は別であるため、その場合の控除分の金額は個別の算出方法となります。」

「欠勤控除」の英語表現と意味(2)

先述しました「欠勤控除」の英語表現に引き続き、今度はいろいろな場面で使われる「欠勤控除」の用例についてご紹介します。

・Calculation of "absenteeism deduction" and "allowance" is done individually, so each allowance assigned to an employee is included in the individual calculation method.
「「欠勤控除」と「手当金」の算出は個別でなされるため、社員に割り当てられるそれぞれの諸手当は個別の算定方式に含まれます。」
・"Absenteeism deduction" is different according to the way of late prescribed by each company.
「「欠勤控除」はそれぞれの会社で規定された遅刻の扱い方で違います。」

「欠勤控除」の正確な意味を理解しましょう

いかがでしたか。今回は「欠勤控除の計算方法・手当はつくのか・有給を使った場合・仕訳」と題して、「欠勤控除の計算方法・手当はつくのか・有給を使った場合」についての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で使われる「欠勤控除」の用例をご紹介しました。

欠勤控除という言葉は基本的にビジネス用語として見られるため、多くの人にとっては「あまり聞き慣れない言葉」として認められるでしょう。しかし、一度社会に出て会社で働く場合には、この控除額の推定・算出の仕方はすべての社員に関係するため、しっかり把握しておくことが大切です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人