Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

お金がほしい人がやるべきこと・おすすめの仕事・心理|男女別

お金がほしい人がやるべきこと・おすすめの仕事・心理|男女別

現代社会に生まれてきた以上、生活するためにはお金が必ず必要になってきます。お金は基本として、働かなければ入ってきません。そんなお金が入ってくるようにするために、男女別や立場別・年代別などに分けてみて、どんな人がお金欲しがってどんな仕事がいいかご紹介します。

初回公開日:2018年07月06日

更新日:2018年07月06日

記事に記載されている内容は2018年07月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


男女別お金がほしい人がやるべきこと・仕事

お金がほしい人は性別に関係なくお金が欲しいです。男性で家庭持っていれば大黒柱として家族を養う分以上の稼ぎをしないといけないので、本業で足りなければ副業で稼ぐしかありません。

女性であれば、主婦の人や独り身のOLとかでも、ブランドものが欲しい、洋服や小物類や化粧品類などを手に入れたいと思うと、簡単なバイトなどで副業してお金がほしいと思うからです。そんな男性女性別のお金がほしい人がやるべきことを具体的に紹介します。

男性の副業

お金がほしいと副業する前に、お金を稼ぐことに対しての考え方をもう一度気持ちを整理することが必要です。副業してお金が増えても、無駄遣いしてまた稼いでの繰り返しなどは、あまり賢くない生活習慣となってしまいます。

そんなお金がほしい男性の副業に最適なのは、男性ならではの体力仕事になります。体力勝負が苦手であれば、それに代わる頭脳で勝負するか、特技で勝負するのが副業にすぐ活かせる近道になります。

男性の人気職業

お金がほしい男性で、人気な職業は、景気がよくなっていることや少子化のこともあり、人材がどこも不足しています。きつい・きたない・きけんなどの仕事は高収入になり、稼げる職業になります。土木建設業だけでなく、不動産関係も資材や人材も不足しているので、自分を売り込むチャンスになります。

女性の副業

男性ばかりだけでなく女性もお金がほしい願望はあり、いろんな副業を始めることができます。本業として働いているOLや働いていなかった主婦でも、収入が少ないと不安になり、小遣い程度で稼げる副業から、本業を超える収入でも、副業で稼げることはできます。

理想の副業があっても、自分のスタイルに合わなければ、その副業が嫌になってきて体調や心理的にもきつくなることもあります。お金がほしいだけで副業を選ばず、身体と気持ちの余裕を持ちながら仕事をしてください。

女性の人気職業

お金がほしい女性が、副業として稼げる職業があります。女性ならではのサービス心がある接客業や、夜のお仕事になるコンパニオンや、ホステスなども高給なので人気ではあります。

手堅く働きたいのであれば、ポスティングやヤクルト配送や、人材派遣での登録で簡単に始めたり辞めたりでき、短い期間のもあれば長い期間もあったり、たくさんの職業を紹介できたりするので、登録されている女性の人たちは多いです。

立場別お金がほしい人がやるべきこと・仕事

立場別になかなかお金が入らない人もいます。そんな立場別の人にもどのようにすればお金が入るようになるか、どんな仕事がおすすめかご紹介します。

お金がほしい主婦(主夫)

お金がほしいと思う家庭を持っている女性の、半数以上は主婦です。主婦の場合は、家のことや子供の面倒を見ながらできる仕事を選ばないといけなくなります。条件が厳しいなかでも主婦でもやれることは実際に幾つかあります。

例えば、現在はインターネットが一般に普及しているので、自宅にパソコンがあるのであればインターネットのお仕事が、自宅にいながら子供の面倒みながらすることができます。外出できる主婦であれば、外にパートや派遣業としても働くことも可能です。

お金がほしい学生(18歳以下)

社会人だけでなく学生でもお金がほしい人はたくさんいます。小遣いがもらえない家庭や、小遣いが少なくてもっと小遣いを増やしたい人もいます。学生でも勉強と両立させながらバイトすることも可能ではあります。詳しくは下記でご紹介します。

お金がほしい高齢者

Bottom banner

お金がほしいのは、高齢者となったおじいちゃんおばあちゃんも、気持ちは同じです。年齢を重ねて定年を迎えたりして、ある一定の高齢世代になると、働ける仕事は極端に少なくなってきます。しかし、やり方次第では高齢者のおじいちゃんおばあちゃんでも、稼げる可能性は幾らでもあります。

例えば、シルバー人材センターや、今までの培ってきた能力や経験を、専門にする講師になる人だっています。お金がほしい場合には、高齢なこともあるので身体の健康を気遣いながら、自分に適したバイトやビジネスをすることをおすすめします。

年代別お金がほしい人がやるべきこと・仕事

年代層によってもお金がほしい状況は変わらないです。子どもでもお金がほしいですし、大人になるともっとお金の使う額が大きくなりもっと欲しくなるでしょう。そんな年代別に、やるべきこととおすすめのお仕事をご紹介します。

中学生

中学生の年代になってくると、お金がほしいものがいろいろ増えてくる年ごろになります。例えば、ゲーム機やソフト代、漫画コミック代など欲しいものの値段が、園児や小学生時代に比べ高くなってきます。そんな中学生でもできる仕事はあります。

それは、家庭内の手伝いをしてお小遣いを増やしてもらうことが一番の近道になります。あとは、親が副業や在宅しているもので手伝えるものは手伝ってあげることでもちょっとしたお小遣い稼ぎにはなります。あくまで中学生時代は、本業の学業をおろそかにせず、お金を稼ぐことはちょっとだけに留めておくべきです。

高校生

高校生になってきますと、周りの人たちを意識しだす年ころになり、自分があまり欲しくないものでも必要以上に見栄をはってしまいお金がなくなる高校生もいます。学生の間は、本業の学業をしっかり励んで物欲はなるべく抑える努力をしましょう。

それでもお金がほしい事情は人それぞれで、そんな高校生でもできるお仕事は、コンビニや新聞・牛乳配達などが定番でしょう。高校生ですと、活動範囲の動ける範囲が限られてくるので、その地域範囲に合った仕事がいいです。パソコンに詳しいならネットを利用したバイトも良いでしょう。

大学生

大学生になるとある程度の仕事に就ける範囲が、中学生や高校生に比べて広がってきます。よく大学生がしている職業で挙げられるのが、家庭教師や新聞配達、コンビニ・水商売・接客業などがあります。居酒屋やファミレスの店員に大学生が多いのも、この業界は人材不足なので、そこまでの知識経験なくてもすぐ勤められることができるからです。

お金がほしい人におすすめの仕事

お金がほしい人はしっかりと長時間働ける本業として稼いだ方が収入は確実に増えます。定番として、専門職を活かした士業(弁護士、税理士、行政書士、一級建築士など)や、エリートと呼ばれる教授やパイロットや医者などが高収入になります。しかし、いきなりそんな職種には就けないし、学歴や学力が無い場合でも稼げる仕事は他にもいくらでもあります。

今はインターネットも発達して、インターネットで稼げることはたくさんありますので、自分に合ったネットビジネスしたりバイトをするのが賢いでしょう。まずは、仕事しながらでも、学業やスキルを身につけることはできるので、両立を目指すことをおすすめします。

お金がほしい人の心理

まずお金がほしい人の特徴の事例を挙げます。金遣いが荒い・生活レベルより収入が少ない・お金の借金ローンがある・お金を貯めておきたいからなどあります。金遣いが荒い人や、生活水準より収入がすくない人は、まず生活の仕方や収入支出の流れをちゃんと理解して、生活スタイルを見直すことが必要です。

仕事してお金が入ってもまた出て行く流れであれば、繰り返しの意味で悪循環で良くありません。まず現状に必要なモノから考えて、ギャンブルや借金は失くすようにしましょう。お金がほしい人は顔や行動に出やすい傾向にありますので、そのような人には怪しい仕事を持ちかけたり詐欺の仕事もありますのでご注意ください。

お金より仕事に幸せを感じたい

学生から社会人になったりすると、生活スタイルが仕事1つになってきます。学生のときの学業時間が、社会人では仕事の時間が増えそれと同時に収入もいっきに増えます。お金を稼ぐということに、意識が集中してしまい、仕事自体の楽しみや、やりがいを忘れてしまう人がいます。あくまで、お金は仕事の延長線上の報酬と考えたほうが、仕事に対しての幸せ度が高まるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人