Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

自由に生きるために必要なもの一覧・おすすめの仕事|男女別

自由に生きるために必要なもの一覧・おすすめの仕事|男女別

自由に生きてみたいと思ったことはありませんか。仕事や人間関係、家庭など縛られるものが多いですが、自由に生きるためにはどのような方法があるのでしょうか。自由に生きるには何が必要なのでしょうか。自由に生きるための術をご紹介します。

初回公開日:2018年07月11日

更新日:2018年07月11日

記事に記載されている内容は2018年07月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


自由に生きたい人におすすめの仕事とは?

自由に生きるという事は、何にも縛られずに生活をするという事です。人間関係やお金、仕事など、私たちの周りには縛りや制限を与える物がたくさんあります。中でも仕事は、スケジュールがネックとなります。またお金が発生するので、特に重要だと言えます。

自由に生きるためにおすすめの仕事とは、一体どのようなものがあるのでしょうか。

手に職をつける

手に職を付けるというのは、自由に生きる上でとても重要なスキルの一つです。プログラマーやWebデザイナーなどの職業は会社に雇われる仕事でもありますが、フリーランスとして働いている人もいます。スキルがあれば一人で仕事を請け負い、パソコンがあれば自宅で仕事をすることができます。

物づくりを仕事にするのもおすすめ?

近頃、ハンドメイドのアクセサリーや雑貨が流行しています。作家のオリジナリティあふれるアイディアやデザイン、世界で一つしかないというレア感が人気の理由です。ハンドメイド品を販売しているアプリケーションや、フリーマーケットのアプリケーションを利用したことがある人も多いのではないでしょうか。

ハンドメイド品を販売している人気の作家さんの中には、月に30万円を売り上げている人もおり、これだけ稼ぐことができれば十分自由に生きることができます。

インターネットを使用した仕事が自由?

インターネットを使用した職業はとても自由度が高いです。パソコンやスマートフォンなどを使用して、インターネット上で仕事をすることが増えてきています。物作りが好きな人は、アフィリエイトを始めてみるのもおすすめです。絵を書いたり曲をつくったり、自分が得意とすることを仕事にできます。

また、子供が将来なりたい職業ランキングの上位に入るYouTuberも、今や立派な職業となっています。「好きなことをして生きていく」という、自由に生きる事を推奨しているコンセプトが人気です。見てもらう人に喜んでもらえるように内容を編集し公開するなど大変な面はあります。ですが、好きなことをしてお金を稼げるというのは自由に生きることと繋がっています。

自由に生きるために必要な物とは?

みなさんは、自由に生きるためには何が必要か考えたことがありますか。漠然と自由に生きることを考えてみても、実現するためには何が必要なのかわからないことが多いでしょう。

ここからは、自由に生きるために必要な物をご紹介していきます。

お金

自由に生きるためには、やはりある程度のお金が必要です。もちろんお金は全てではありませんが、自由に生きるためにはある程度必要になります。お金が無い中で自由に生きようとすると、その自由に制限がかかってしまうからです。

仕事と自由に生きることは対極にあるように感じますが、その仕事の内容や働く環境を考えることはできます。そして好きなことを仕事にすれば、働きながら自由に生きるということもできます。

ポジティブな思考

本来人は皆、自由に生きることを望んでいます。しかし、他人からの目を気にしたり、自由に生きる選択をした後のリスクを考えたりして躊躇してしまいます。ネガティブな思考は自分自身を縛るので、自由に生きることができなくなってしまいます。このような理由でたいていの人は諦めてしまいます。

自由に生きるためには「何とかなる」と思うぐらいがちょうど良いです。ポジティブな思考は自由に生きることと繋がっているので、考え方を変えてみると良いでしょう。

周りに振り回されない

周りの意見に振り回された、自分自身を見失ってしまったという経験はありませんか。協調性は社会に属する上でとても大切なことです。しかしそれを窮屈に感じて、自由に生きることを望む人も多くいます。

ですが、協調性を全く持たないことが自由に生きることではありません。自分の意思や芯となる考えを持った上で周りに流されずにいる人が、自由に生きる人だと言えます。

男女別自由に生きる方法とは?

自由に生きたいという思いは、男性女性関係なく多かれ少なかれ持っているでしょう。男性と女性では、生きていく上で要となるポイントがそれぞれ違います。仕事、家庭、趣味、人間関係など、縛られる物が多いと身動きが取れなくなり、悩みの種となります。

自由に生きるための方法に、男女では違いがあるのでしょうか。

男性編

中年男性300人を対象にしたアンケート調査では、普段の生活の中でつまらないと感じる頻度について、増えているやどちらかといえば増えているという回答が、およそ72%と高い数値になっています。自由になるお金も時間もなく、ただひたすらに働き続けるような「普通の人生」に疑問を感じているというのが、主な理由です。

男性が自由に生きるためには?

男性医学の専門家である堀江重郎さんは「男は本来、冒険する性質を持っている」と、自身の著書の中で発言しています。同じようなルーティーンの生活の中では、自由に生きるということができません。

男性が自由に生きるためには、男性から見ても格好良い男性になることが必要です。そのためには、野心や冒険心を強く持ち、さまざまな世界を見て体験してみたいと思うことがポイントです。

女性編

性別によって役割が分業されていた時代は男性は会社に縛られ、女性は家庭に縛られていました。その代わり一生生活の保証がされていました。しかし、現代では生き方に縛りがなくなり、特に女性は家庭と仕事のどちらか一方、または両方を選んでも社会に受け入れるようになってきています。女性も、自分の生き方を自分で選べる時代です。

女性が自由に生きるのは悪い事?

女性が自由に生きるということに、偏見の目や疑問の目を向ける人は少なからず存在します。女性には人生の中で選び取れる選択肢がたくさんあります。仕事に生きキャリアウーマンになる人もいれば、家庭に入り専業主婦になる人もいます。もちろん両方こなす人もいますが、自由に生きるという観点から見るとどう感じるのでしょうか。

女性が自由に生きるということは決して悪いことではありません。由に生きるならば「結婚をするタイミング」「仕事をどこまで頑張るか」「家庭を持つかどうか」これらのことを自自分で決めることができます。

Bottom banner

女性が自由に生きるためには?

女性が自由に生きるには覚悟が必要です。「いつ結婚するの?子供はどうするの?」や「あなたは自由そうでいいね」と言った、周りからの言葉に耳を貸してはいけません。何を言われても気にしない、自分は自分だという強い気持ちが必要です。

自由に生きたい人におすすめの名言は?

先人たちの言葉は、私たちに勇気や希望を与えてくれます。考え方や価値観が変わった言葉が、誰しも一つぐらいはあるのではないでしょうか。自由に生きたいのに勇気が出ない人や、どうしたら良いかわからない人へおすすめの名言をご紹介します。

あのキャラクターが名言を?

ムーミンというアニメの中に登場するスナフキンは、自由と音楽と旅を愛するという、とても自由なキャラクターです。そして、名言と言える言葉がたくさんあります。

中でも「何か試してみようって時にはどうしたって危険が伴うんだ」や「大切なのは、自分のしたいことを自分で知ってるってことだよ」という言葉には、自由に生きるためのヒントが隠されています。

自由に生きるということは、周りからの視線や寂しさと戦わなくてはいけないため、裏を返せば孤独だということになります。自由を求め新しいことを試すということは、成功と危険が隣り合わせです。

しかし、それが本当に自分のやりたいことならば、乗り越えていく必要があります。現代にはやりたいことがわからない人も多くいるため、やりたいことがあるというのは幸せなこととも言えるでしょう。

誰かに憧れることは良いこと?

スナフキンはもう一つとても深い言葉を発しています。「あんまり誰かを崇拝するということは、自分の自由を失うことなんだ」という言葉ですが、皆さんはどのように解釈されますか。

誰かに憧れるあまり、その人の考えに感化されすぎると自分の意思がわからなくなります。それは、自分だけの自由な発想がなくなるということです。憧れを持つことは原動力になりますが、そればかりではいけないとスナフキンは教えてくれています。

仕事をどう思うか?

あなたは現在の仕事についてどう感じていますか。ロシアの作家であるゴーリキーは「仕事が楽しみならば、人生は楽園だ。仕事が義務ならば、人生は地獄だ。」と語っています。

自身の仕事が楽園であると言い切れる人はどれぐらいいるのでしょうか。さまざまな事情から、収入のために仕方なくという思いで仕事をしている人も多くいます。楽しく仕事ができるとやりがいも感じますし、毎日の過ごし方も変わってきます。人生は楽園になるという発想に驚きを感じるでしょう。

年代別自由に生きる方法とは?

自由に生きたいという気持ちは、年代問わず誰もが思い描いています。ここからは、年代別で自由に生きる方法にどのような違いがあるのかにてついて紹介します。

20代編

20代といえば人生の序盤です。しかし、生きるための知恵や経験も浅いためつまづくことも多いです。そして生きることに疲れてしまう若者がたくさんいます。

自由に生きるために20代のうちに必要な方法は、捨てることを恐れない気持ちです。私たちの身の周りには、洋服やアクセサリーなどの目に見える物から、他人の目やライバル心などの目に見えない物まで必要な物がたくさんありますが、本当に必要な物はどのくらいあるでしょうか。

要するに、必要のないこだわりやプライドは若いうちに捨てておくことが、自由への近道になります。余計な物を捨てられれば自分らしさも見えてきます。

ToDoとは?

断捨離が終わったら、やるべきことではなくやりたいことを探してみましょう。やるべきというToDoよりもやりたいことを考えたほうが断然楽しく、自由に生きることができます。このように考えたほうが心も軽く、良い方向へ向かうことがあります。

30代編

20代と比べると、30代は社会に適合するためのノウハウや、生活の仕組みが分かってきます。また、自由に生きたいという欲求が高まり始めるのが30代です。20代から積み上げてきた人生をやり直したいと思い始めるのでしょう。

30代で自由に生きるためのポイントは、今まで積み上げてきた人間関係や環境などの繋がりを大切にしつつ、その環境をより自分らしいものに仕上げていくことです。環境を新しくするのかは別として、人間関係をしかっり築いておくことは大切です。

仮に起業するとしても、最初のうちは一人で仕事はできません。また、少ない投資をしている人にはお金も回ってきません。自由に生きるためには、それなりのお金も必要になります。稼ぐならば自身にあったやり方や環境で仕事をすることがおすすめです。

40代編

現在平均寿命も伸び、80歳が目安となっています。40代はいわば人生の折り返し地点です。40代になると、生き方もさまざまです。まだまだ働き盛りの人もいれば、40代で早期退職し、第二の人生を歩み始める人もいます。

働き方は自身の生き方とつながります。仕事が面白くて仕方がない場合は、そのままキャリアを積んで行くほうが賢明です。しかし、何か一つでも腑に落ちないようなことがある場合は、別の道を考えるのも方法の一つです。

また、結婚や子供を持つことが難しく、このまま一人で生きようという覚悟を持った場合は、潔く身軽になったほうがより自由に生きることができます。いわゆる第二の人生は、自分自身を大切にする生き方とも言えます。

本気で行動に移す人はほとんどいませんが、人生に遅すぎるといったことはありません。本当に自分がやりたいことがあるならば、仕事や環境を手放す勇気も必要でしょう。

50代編

50代からの人生を想像したことはありますか。どのように歳を重ねていくのか、どのように50代を楽しんでいくのか、不安なこともやりたいこともたくさんあるでしょう。

50代を自由に生きるためには、やり残したことをリストアップし、優先順位を決めて実行することがポイントです。50代ともなればどこか体を悪くして自由に動かせなかったり、気持ち的に老いを感じたりすることも多くなるでしょう。しかし、現実よりも理想を求める方がより自由度が高いです。

残された時間は20代よりは短いですが、まだまだ自由に動ける時間が多いです。やりたいことがどれだけ思い浮かぶか、それをどこまで実行できるかが自由に生きるための鍵となるでしょう。

あなたも自由に生きる覚悟を持とう!

人生は一度きりです。嫌な事ことや辛いことももちろんありますが、自由に楽しく生きるべきです。自由に生きるためには準備や覚悟が必要です。しかし、解き放たれたらそこからは自分らしく毎日を送ることができます。

男性も、女性も、仕事や家庭の事情など縛られるものが多いですが、自分に必要なものを選び取れる時代となりました。自分の心の声に忠実に自由に楽しく毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人