Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

長距離トラック運転手の平均給料・安いのか|仕事内容/年代

長距離トラック運転手の平均給料・安いのか|仕事内容/年代

長距離トラックの運転手の給料は30万円ほどになります。どのような会社でどのような仕事をしているのかでも収入が変わってきます。長く長距離トラックの仕事を続けるには体力と多くの経験と免許が必要です。給料を安定させたい人は多くの経験を積むようにしましょう。

初回公開日:2018年06月25日

更新日:2018年06月25日

記事に記載されている内容は2018年06月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


長距離トラックの運転手の平均給料っていくらなの?

長距離トラックの運転手は運転技術はもちろん、経験を積んでいないとできない仕事です。大型トラックでも小型トラックでも、長距離を移動するトラックならば小型貨物か大型貨物になるので、平均的な月の収入は30万円前後となります。

会社の規模や年齢にも変わってきますが、その会社が歩合制を取り入れているのか、また基本給と歩合給と能力給を取り入れているのかにも、給料は大きく変わって来ます。

年齢が高くなれば多く稼げるという場合もありますが、長距離トラックは体力勝負の仕事なので年齢が高くなれば、稼げなくなる人もいます。それでは長距離トラックについて述べていきましょう。

主な給料が30万円と言われている

20代で長距離トラックの仕事を始めた場合、初任給は30万円に届かないでしょう。数年勤めて、やっと30万円になるといった具合です。また牽引の免許や、玉掛けの免許があるだけで、仕事の幅が広がります。

フォークリフトの免許もあれば使ってもらえる会社も多く選ぶ事ができるので、なるべく多く免許を持っていた方がよいとされています。

ほとんど長距離トラックの仕事をしていれば、平均の給料は月30万円はもらえるようになっています。運ぶ物が変わってもそれだけ需要があるので、30万円という給料はほとんどどの会社でも変わりません。

長距離トラックの運転手の給料は仕事に見合った額か

運転をして起きる事故や体力的なことを考えれば、給料に見合った金額をもらっていない可能性はあります。それは人それぞれの考え方があるので、サラリーマンとして組織内で仕事をするよりかは一匹狼で仕事をして、腕っ節で仕事をしていく自信があれば、それは給料に大きく反映されるでしょう。

長距離トラックの給料が仕事に見合っているのかそうでないかは人それぞれの考え方で決まります。

長距離トラックの給料は他の仕事に比べて安いのか

今、非正規社員が増えているので、10万円の給料を若い人が稼ぐにもかなりの努力が必要です。契約社員の雇い止めや派遣社員の認可制への派遣の変更などもあり、なかなか思いどおりに稼げません。

契約社員や派遣社員の不安定な雇用を踏まえて考えれば、長距離トラックの給料は安いとは一言では言えないです。チームワークもある程度必要になりますが、運転が好きな人にはやりやすい仕事と言えます。

仕事内容別に見た長距離トラックの運転手の給料とは

長距離トラックの運転手でも、トラックに乗せる物や経験を多く積まないとできない仕事があります。高価な物を運んだり、会社自体が能力給を積極的に採用しているのかで、長距離トラックの収入は大きく変わるでしょう。

仕事内容別に見ても、車やバイク、高価なピアノやエレクトーンを運ぶ長距離トラックや、保険をかける必要がない物でも、長距離の距離を長い時間走る事で給料が変わってきます。とにかく経験値が必要な仕事になります。

高価な物を運ぶ長距離トラックの場合

バイクや高価な楽器を長距離トラックで運ぶ場合は、バイクの免許である自動二輪免許も必要になります。また楽器を運ぶ場合はクレーンを操作する必要があるので玉掛けなどの免許が必要になるので、比較的給料は高くもらえます。

それでも30代から40代で40万円から50万円ほどです。エアコンの取り付けをする場合もあるので、電気技師の免許もあれば、また給料が変わってきます。長距離トラックの仕事はどれだけ潰しが利くかで給料が変わってきます。

長距離での移動が長いトラックの場合

長距離トラックで、何日もかけて休みがない仕事に就いている人もいます。走行距離が長い事で給料を多くもらっている人です。先ほどご紹介した、トラックの免許以外の資格や免許を持っている場合は、能力給として給料が上がっていきますが、長距離トラックなどのガテンの仕事はどれだけ現場で色々な事ができるかで給料が変わってきます。

他の免許を持っていない場合は多く距離を走る事で稼ぎます。その場合会社にもよりますが、給料は30万円ほどになります。

年齢別に見た長距離トラックの主な給料

長距離トラックとして働いている会社がどのような会社なのかにもよりますが、多くの場合は年齢を重ねれば、給料やボーナスは自然と上がっていくようになっています。

年齢を重ねて、仕事が減っていく場合もありますが、その場合は体を壊していたり、違う仕事にシフトチェンジしていく場合、仕事をセーブするので給料が減っていきます。多くの長距離トラックの運転手はサラリーマンのように年齢を重ねれば給料は上がるようになっています。

20代の場合

情報処理の専門学校を卒業したのに、仕方なく長距離トラックの運転手になった人が多かったのが就職氷河期と言われている世代の人達です。IT系の仕事に就く事ができない人がトラックの運転手になる人がもっとも多かったのが2000年です。

今のような過剰なデフレもなく、物により以上に物価が高い物もなかったので生活しやすかったので、長距離トラックの仕事さえできれば、生活はできていました。20代の長距離トラックの運転手の給料は27万円から33万円ほどになります。その金額はここ20年間変わっていません。

30代の場合

30代になれば、大型免許も取得している人も増えるので、給料は30万円から40万円ほどになります。体調が悪く、仕事を思うようにできなかったり、若い人にばかり仕事を回すような会社ならば、30代でもなかなか40万円という給料は難しくなります。

Bottom banner

40代の場合

40代まで長距離トラックの仕事をしていれば、さまざまな経験を積んでいてチームのリーダーともなっているので、リーダーでなくてもリーダーでも50万円ほどもらえています。

バブル経済の頃はトラックの仕事はある意味花形でした。トラックに多額の費用をかけて、芸能人のペイントをしたり、収入の多さを競うことができていました。その頃から仕事をしている人は自分の会社を持っている人も多いので、中には給料が50万円を越える場合もあります。

通販が急速成長して物流が重要視されている

インターネットの急速な普及で、通販の世界が進みました。長距離トラックで運ぶ物が増えたので、トラックの運転手の需要が増えました。しかし給料の面ではなかなか思いどおりの給料をもらえていません。それだけ運ぶ物が多いので、他のトラック会社自体も増えているので、競争相手が多いからです。

大手の配送会社も外注会社を利用して、配達をしています。それらの理由があり、なかなか給料に見合った給料がもらえていません。

店の過剰サービスが物流の速度を加速させている

いついつまで届けますというキャッチフレーズをつけたり、店のサービスに合わせた物を集めるために長距離トラックで遠くから、新鮮な物や都会ではない物を集めて店に出すので、長距離トラックの運転手が嫌うような、仕事が増えました。ネットで調べて店で買い物したり、店の評価をするのでなかなかトラックの運転手の体調や都合を考えられなくなっています。

引越し業も長距離トラックの仕事なので需要がある

引越し業者が今、急成長しています。昔よりも色々な理由で引越しをする人がいるからです。離婚や結婚、職場や住む場所を変える人が増えているからです。一っとこにいて一生そこで暮らしていくというスタンスは核家族が少なくなっている今では、なかなか難しくなっているので、引越しの長距離トラックの需要が増えています。

運転手のメンタル面を会社は考慮すべき

長距離トラックの仕事はとても激務です。体に掛かる負担は体だけでなく、運転する際の神経にも関わってきます。時間が不規則なので、寝不足や睡眠時間を取れていない場合もあり、エコノミー症候群にもなりやすいです。

バスやタクシーの運転手と同じように、なかなか人や物の安全を考えての仕事はなかなか難しいです。トラック会社はメンタル面の管理ができないと大きく成長できないでしょう。

体力的にハードな仕事なので長くは出来ない仕事

サラリーマンもそうですが、どの仕事をするのにも体が資本になります。重い書物や雑誌、携帯電話の請求書などを運ぶ場合は機械の力を借りながら、物を運ぶ事になります。たとえ力を使わなくても、腰に負担がかかります。中には腰を痛めて、その後生活が厳しくなった人もいるので、なかなかトラックドライバーを長くする事は難しいでしょう。

体力がある人は自身の体力を過信します。そのことが逆に裏目にでることもあるので、体と精神を労ることを考えていく余裕がないととても長く仕事を続ける事は難しいでしょう。

上下関係は仕事が出来るかどうかで決まる

サラリーマンもそうですが、長距離トラックなどの仕事はどれだけ仕事ができるかで上下関係が決まってきます。若い人が幅を利かせている場合もあるので、多くの免許を持ち、若いうちから多くの経験を積めるのかが重要です。

そもそも年金を支払う仕組みがない会社もあるので、80歳になってもトラックの仕事をしている人もいます。どの仕事もそうですが、若いかそうでないかよりも、長く仕事をしていくにはその現場で力のある人に従わなければ、長く職場にいる事は難しくなります。

道に詳しくないと出来ない仕事

燃料の高騰や、高速道路の料金の変化に合わせて、普段と使っている道と違う道を使うことはあるので道を知っていないとできない仕事になります。今はスマホで道を調べる事ができますが、ある程度、頭の中で道順を組み立てるのはスマホでは無理です。

震災や自然災害などで通れない道も出てくるので、その場合の道を選ぶ力も必要です。

そもそもの労働条件を良くするべき

通販の普及や、東京オリンピックに合わせた会場や道路整備などに長距離トラックの出番は増えています。東京オリンピックの会場の作業員の負担が多く、そのことも問題になりました。トラックの仕事をする人の労働環境を整えれば、非正規社員や犯罪、少子化問題もなくなっていくでしょう。

トラックの仕事をする人が多いので、収入が安定すれば結婚をして、将来への展望も見えてくるからです。非正規社員をなくすことやトラックの運転手の待遇をよくすることは日本の将来を明るくする事に繋がります。

長距離トラックの仕事は体力と経験が必要になる!

音楽や芸術で生計を立てるよりも、より現実的な稼ぎ方となります。長距離トラックの仕事はサラリーマンと対して変わりません。職場が運転席になっただけで、自分の仕事を広げていくのは自身の努力次第になります。

体力や多くの免許や仕事で培った経験がなければ、長距離トラックの仕事を続ける事は難しいでしょう。トラックドライバーという仕事は需要があるので、健康さえ気をつければ仕事に困る事はないでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人