Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

昼勤と夜勤の違い・メリット・昼勤の時間帯・連続でするのはありか

昼勤と夜勤の違い・メリット・昼勤の時間帯・連続でするのはありか

アルバイトでも正社員でも非正規社員でも、昼勤務と夜勤があります。会社によってどの時間帯を昼勤務と呼んでいるのかは会社によりまちまちです。夜勤でも昼勤務でもそれぞれメリットやデメリットが違うので、自分の生活や仕事の仕方に合わせて勤務時間を選ぶようにしましょう。

初回公開日:2018年07月04日

更新日:2018年07月04日

記事に記載されている内容は2018年07月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


昼勤と夜勤の主な違いって何?

どんな仕事にも夜勤と昼勤というのがあります。夜勤は時給や日給が高く設定されており、稼ぎたい人や警備員や24時間営業の店舗に勤めている場合に夜勤勤務が多いです。昼勤務のメリットは健康面を留意できて、自分の時間が自由になるので主婦や学生が昼勤務を選ぶ場合が多いです。

夜勤と昼勤務の主な違いは職種や業種で夜勤を強いられる場合と、自分で望んで高い時給を得るために夜勤を選ぶ事もあります。昼勤務の場合は8時間きちんと働ける場合もあり、厚生年金や健康保険などの待遇を受けられる可能性が高くなることです。どちらかというと昼勤務の人は会社に大切にしてもらえるという傾向があります。

昼勤務の主なメリットとは

まず、人が起きている時間に仕事ができるということで、健康管理ができてそれほど大きな病気を心配しなくて済むと言う事です。8時間の勤務の場合も多いので、アルバイトでも厚生年金や失業保険、健康保険等に加入するチャンスがあります。

勤務している時間帯が昼間なので、昼勤務の人は自分の時間が作りやすいという点もメリットになります。昼勤務の時間帯に、会社や店舗の上司も同じように仕事をしているので、それらの人達に仕事面でアピールをして、よりよい労働条件で仕事をすることもできます。夜勤より昼勤務の方がメリットが多いでしょう。

工場に勤める場合

工場は24時間フル稼働している工場も多いです。今まで、昼勤務で仕事をしてきた人は、そのまま昼勤務の方が仕事をしやすいでしょう。工場の場合は、工場の機械がトラブルを起こしても、夜、メンテナンスの業者が休みの場合も多いので、辛い環境での労働をすることも多いです。

また工場勤務の場合勤より昼勤務の方が仕事がキツくないでしょう。なぜなら、昼間の勤務で遅れをとった場合、夜勤帯でその遅れを取り戻すこともあるので、仕事がタイトになりやすいです。

タクシーの運転手の場合

タクシーの場合は夜勤務の方がお客さんが多い事もあるので、昼勤務ばかりの人が忙しと言う事はないです。タクシー業務の場合、固定給で仕事をしている場合は、昼勤務を選んだ方が、定時で帰れる可能性も高まり、また忙しくないので夜勤よりは稼げなくても、家族の介護や小さな子供がいる場合は昼勤務を選んだ方がメリットが多いと言えます。

コンビニバイトで昼勤務の場合

コンビニの店長に働きぶりを見てもらえるというメリットは他の仕事と変わりません。またコンビニの夜勤は8時間以上の勤務になる場合もあり、なかなかプライベートや自分の生活のリズムが築きにくいです。

コンビニは学生のアルバイトというイメージが大きいですが、40代になってもコンビニでのアルバイトをしている人もいるので、40代の人は生活のために夜勤を選んで激務の仕事をしていることもあります。昼勤務でコンビニのアルバイトをした方が健康面も留意できて、夕方からの時間も自由になるので、夜勤より昼勤務の方がメリットは多いでしょう。

昼勤務になる時間帯

昼勤務の時間は朝8から10時から始まる勤務と、昼から始まる時間帯も昼勤務と呼びます。その会社がどの勤務時間をどう呼んでいるかでも、昼勤務の時間帯は変わってきます。

夜勤でも夕方の5時から9時までの場合もあるので、一概にはどの時間帯が昼勤務なのかと言うのは決まっていません。8時から10時からの勤務は朝勤と呼ぶ場合もあるので、その会社でどのように呼ぶのかは会社によって違ってきます。

昼勤務から夜勤を連続ですることは可能なのか?

警察官や自衛官が昼勤務から夜勤をする事はあります。また会社や店舗の責任者やリーダーならば昼勤務から、夜勤をこなすことはあります。

労働基準法では一日の勤務は8時間となっていますが、いざ仕事をしているとそれらの決まりを守る事が難しくなります。思わぬ事故に遭ったり、会社や店舗にいなくてはいけないこともあるので、昼勤務から夜勤帯の時間に仕事をする事はあり得ます。

睡眠時間の問題はないのか?

普通のIT企業でも一日20時間の勤務の場合もあるので、いざ仕事をしていくことになれば、睡眠時間はないものだと思って仕事をしなければいけません。

また、警察官は時間外労働をすることは当たり前になっており、一度事件を担当すれば人並みの生活を送る事は難しいです。コンビニや工場の責任者も昼勤務から夜勤をすることは当たり前になっているので、仮眠室で仮眠を取ったり、違う日に休みを取る事で帳尻を合わせています。

昼勤務と夜勤を交互にこなすデメリットはあるの?

昼勤務と夜勤を交互にすることは体調を考える余裕がなくなるので、デメリットが多くなります。正社員で勤める場合は、昼勤務と夜勤を交互にする事もあるので、非正規社員の人の管理や面倒を見る事もあるので、それらのことを踏まえて考えれば、仕事上のキツさやデメリットが目立つでしょう。

昼勤務と夜勤を交互にこなすことのメリットはあるか

昼勤務と夜勤を交互にこなしていれば、いやでも仕事に詳しくなり、上司や責任者に頼りにされます。仕事の流れを理解している事になるので、昼勤務と夜勤をしている事での信頼度も上がり、正社員やもっと条件の良い、雇用形態で仕事をするチャンスがあります。

いいように会社に使われていると思わずに、昼勤務と夜勤のメリットを自分で見つけてよりよい雇用形態での仕事ができるようにしましょう。

今の企業は長い勤務時間の会社が多い

Bottom banner

ブラック企業でなくても、過剰なサービス合戦もあり、会社で仕事をしている時間が長くなっています。また個人の評価も重視する企業が増えているので、顧客のアンケートなども参考にする事もあり、それなりの大きな企業で仕事をする場合は長い勤務時間や個人の評価と言う物を重視する傾向にならざるを得なくなっています。

会社自体の収益を上げる事が難しくなっており、長い勤務時間でも残業代が未払いだったり、みなし残業だったり、意味もなく勤務時間が長い事もあるので企業の勤務時間のあり方が問われています。

残業代をきちんと支払ってもらおう

昼勤務でも夜勤でも時間外労働をすれば、賃金を払う事になっています。残業代を支払わない会社があるのはもちろん、非正規社員が正社員と同じ仕事をしていても、同じような賃金が払われず、問題になり訴訟を起こす人が多いです。

昼勤務でも夜勤でも、残業代を支払ってもらうようにしましょう。もし聞き入れられない場合は、労働基準監督署などに連絡を入れて、それなりの対応をしてもらいましょう。

夜勤をするには体調を整えておこう

もともと体調が悪い人が生活のために、夜勤をするのはあまり好ましくないです。できれば昼勤務を選びましょう。

夜勤より昼勤務の方がメリットが多く、仕事を長く続けるためにも昼勤務の方がよいです。生活に行き詰まっていても、キツい夜勤は選ばずに資格や免許を取得して、より環境の良い仕事ができるようにしましょう。

会社の健康診断はきちんと受けておこう

通常、企業で夜勤専門で仕事をしている場合は、年に2回の健康診断があります。それだけ昼勤務の人よりも夜勤は不規則な生活になり、なおかつ激務です。

食事等も家で作った物を食べるだけで、コンビニのお弁当に入っている保存料などを口にしないで済みます。色や味の良い食べ物は薬で美味しい味を作り出しているので、返って体に毒です。朝食や昼ご飯の残り物を持っていくだけでも、健康を考える事ができます。

また睡眠時間などもきちんと取れるようにしておきましょう。

本当は昼勤務の方が仕事の能率は上げやすい

昼勤務の方が、仕事の能率が上げやすいのは誰でも知っている事です。人が眠っている時間に仕事をする事は体に毒になるだけでなく、仕事の能率も下げます。会社でそれなりに良い仕事をしていこうと思えば、昼勤務の仕事を探すようにしましょう。

夜勤で仕事を探す場合は、男性の非正規社員などが多いので、できれば昼勤務の条件のよい労働環境を選んで仕事をしていくべきです。昼勤務の方が多くのメリットがあります。今いる会社で長く仕事をしていきたいと思えば、昼勤務で働けるようにしましょう。

夜勤勤務の高い時給より良い労働条件の仕事を探そう

定年後の人が年金だけでは生活できずに、深夜勤の仕事をすることが多いです。現役時代に大手企業等に勤めていれば、それらの職歴を活かして、区役所や公務員などの嘱託の仕事をする事も可能です。

目先のお金よりも、細く長く続けられる仕事を探していきましょう。もし無理をして体を壊せばそれだけで、医療機関にかかる費用も必要になり、結局は本人が損をします。

労働条件の向上がなされていない現実とは

顧客が過剰なサービスを求めたり、物自体の価格が高かったり、また逆に安かったりするので、なかなか安定した人件費を労働者が得る事が難しくなっています。労働に見合っていない仕事は現代では当たり前になっています。

国会では色々な法案が可決されていますが、どの法案も賛否両論がありとても労働者にとってよいものとは限りません。高度経済成長の時代のように働けば報われるような、労働環境の整備が必要でしょう。

40代の人でもアルバイトをしている人が多い

40代の人でもアルバイトをしている人が多いです。特に男性の場合は夜勤を選んで仕事をしているので、なかなかよい労働環境での仕事を選べなくなっています。ルーチンワークをすることはスキルを積めないので、長い目で見ると本人にとってプラスにはならないでしょう。

アルバイトの場合、どの年代でも10万円の賃金はなかなか得るのが難しいです。夜勤専門でアルバイトをするよりかは昼勤務で、上司や店舗の責任者などに仕事面でのアピールをして、よりよい労働環境の仕事に就けるようにするしかありません。

夜勤で働く場合は残業が多くなるという現実

夜勤で仕事をする場合は、昼勤務の業務の帳尻を合わせる場合もあるので残業が多くなることも多いです。昼勤務は女性が就いている場合が多く、安全性や犯罪のことも考えて女性の夜勤を避けている企業も多いです。

夜勤でも責任者が就いている事が多いので、ステップアップに必要なスキルや資格を聞いておき、よりよい労働環境の仕事に就けるようにしても良いでしょう。

自分の納得できる時間帯で勤務しよう!

昼勤務でも夜勤でも、自分がよいと思えばその勤務で一生懸命仕事をするべきです。昼勤務も夜勤もそれぞれ会社により、メリットとデメリットがあります。人は悪い面ばかり追求しがちですが、良い面も見ていきましょう。

ステップアップできるのは何も昼勤務ばかりとは限りません。どれだけ仕事に対しての情熱や責任感があるかが問われています。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人